« ターン弧を変えてみる (カービング入門 2) | Main | スピードを落とす方法と、スピードを引き出す方法 (カービング入門 3) »

Sep 06, 2005

サイドカーブを使ってターンしてみる (カービングターン 1)

よくいわれていることですが、カービングスキーの場合、板を傾けて角付けしてやるだけでターンできます。それはなぜかというと、カービングスキーはサイドカーブが付いていて中央部がくびれてますから、エッジを立てると、細くなっている中央部が前端と後端をを支点にして、簡単にたわんでしまうんですね。その結果、板全体がカーブして、それに沿ってターンできるというわけです。

761045d8ce23814f2f8e7bb45fe175601

今まで、この話をしてこなかったのは、これを最初に覚えるとスピード制御ができなくて危険だから。まず、ちゃんとずらしながら板をコントロールできるようにならないと、斜度が増したときに止められなくなって危険です。
カービングがきれいに決まると、横ずれのない、細いシュプールが 2 本できます。でも、横ずれがないということは、ズレによって運動エネルギーを吸収していない分だけ、スピードが上がっているわけです。それなのにスピードを調整する方法を知らないと、ただの暴走スキーヤーになってしまいます。

エッジを立ててカービングターンをやる場合、身体全体をターンの内側に傾ける必要があります。具体的にどうするかというと、ターンに入るところで、内脚の膝と足首を曲げて、畳み込みます。内脚を畳み込めば、当然ながら身体は内側に倒れます。これ、ゆっくり滑っていると難しくて、ある程度の勢いが要りますね。

このとき、左右の板に均等に角付けしてやらないと、左右の板が違う曲がり方をして、股裂きになったり、トップが重なったりします。また、カカト荷重になっていると、うまくいきません。板のトップを強く押さえる意識を持つぐらいでちょうどいいです (いわゆるトップコントロール)。

まず、緩斜面で斜滑降して、スピードが乗ったところでターン内側の脚を軽く畳んでみましょう (外脚を一緒に曲げちゃわないように注意)。内脚を畳み込むことで、全身が均等にターン内側に倒れて、板がスーッと曲がってくれば成功です。
ただし、直進しているうちにいきなり倒し込むと完全に内脚に乗ってしまい、バランスを崩します。順番としては、こんな感じ。

  1. 内脚を軽く畳んで、エッジを立てる
  2. 板に雪面から圧力がかかってきて曲がり始めたところで、グッと倒し込む
  3. 板がたわんで本格的にターンを始めるので、その力を脚でしっかり受け止める

ターンから抜け出したところで、角付けを止めて板をフラットな状態にすると、斜滑降に戻ります。このとき、身体を完全に伸び上がった状態にしてしまうとバランスを崩しやすいので、あまり伸び上がらないように注意してください。膝も、伸びきってしまうと次で苦労します。
次に反対側の脚を畳みこめば、今度はそっち側に向かってターンを始めます。後は左右が入れ替わるだけで、やることは同じです。

使っている板のサイドカーブにもよりますが、そんなにサイドカーブがきつい板でなければ、この操作で緩やかなターンを左右に繰り返すことができます。それで細いシュプールがついていれば、第一段階は突破です。これで、いわゆるレールターンの状態になります。

|

« ターン弧を変えてみる (カービング入門 2) | Main | スピードを落とす方法と、スピードを引き出す方法 (カービング入門 3) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ターン弧を変えてみる (カービング入門 2) | Main | スピードを落とす方法と、スピードを引き出す方法 (カービング入門 3) »