« なぜショートターンするの ? (ショートターン 1) | Main | テールコントロールと反発力 (ショートターン 3) »

Sep 06, 2005

ショートターンとロングターンの違い (ショートターン 2)

「滑り方」という観点からすると、ショートターンには 2 つの特徴があります。

◎リズムが速い
ロングターンだと、ターンを始めてゆっくり回し、抜け出した後はまたゆっくりと次のターンに入っていきますが、ショートターンはもっと忙しいです。ターンそのものが速いだけでなく、ターンを抜け出した時点でもう、次を始めていないといけない。この「忙しさ」がひとつの特徴になります。

◎身体は真下に向けて一直線
ロングターン、身体の位置はターン弧に合わせて左右に移動しますし、特にカービング要素が入ったロングターンだと、身体の向きもターン内側を向く時間が長くなります。ですが、ショートターンでは身体は常にフォールライン方向で、かつ動きも一直線 (に近い)。だから、ターン弧は脚が左右に繰り出される動きによって作られます。

(参考 : 2005 年技術選の動画。誰のでもいいので、大回りと小回りを比較してみると違いが分かります)

それまでロングターンばかりやっていたのが、いきなりショートターンを始めようとしても大変ですから、こんな感じで練習してみてはどうでしょう。

・直滑降からテールを押し出して急停止、を繰り返してみる。左ターンで急停止したら、次は右ターンで急停止、という具合に交互に。できるだけ動きを素早く

・まずはロングターンから始めて、ターン弧を小さめにしていく。意識的に板を回す操作をしていかないと難しいです

・ターンのつなぎ目で間をおかずにパッと切り替える。このとき、身体は常にフォールラインに向け続ける (難しいのは、乗る脚が切り替えのところで入れ替わるのを、素早くやるところですかね。たとえば左ターンから右ターンに切り替えるのであれば、外脚になる右足に乗っていたものを、次のターンで外脚になる左足に乗せ替えないといけないわけです)

ちなみに、マテリアルの話になってしまうんですが、ショートターンをやりやすい板と、やりにくい板があります。動きが早くなりますから、短めで、あまり重くない板の方が楽ですね。逆に、長くて固くて重い板だと大変です。不可能とはいいませんが、疲れます。

そういう意味で感動的だったのが、SALOMON の StreetRacer 8。安比で試乗してみたんですが、軽快で扱いやすくて、もう笑っちゃうぐらいクルンクルン回って面白かったです。いままで乗ったどの板よりも、速いピッチでショートターンできたんじゃないかと。
ただ、スピードを上げてロングターンすると軽さが裏目に出て、安定性がなくて怖かったです。そういう意味では、いま使っている DEMO 9 Pilot 3V は安定性と回頭性のバランスがいいですね。

|

« なぜショートターンするの ? (ショートターン 1) | Main | テールコントロールと反発力 (ショートターン 3) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« なぜショートターンするの ? (ショートターン 1) | Main | テールコントロールと反発力 (ショートターン 3) »