« スキーに運動神経は大事 ? | Main | サイドカーブを使ってターンしてみる (カービングターン 1) »

Sep 06, 2005

ターン弧を変えてみる (カービング入門 2)

角付けして、サイドカーブを使ってターンする、いわゆるレールターンの要領がつかめたら、ターンとターンの切替で斜滑降を挟まずに、身体を反対側のターン内側に倒すことで、角付けを一気に反対側に切り替えてみます。
たとえば、右ターンでは身体が右に傾いて、右脚を畳み込んだ状態になっているので、そこで左脚を畳み込みながら身体を左側 (斜面の下側) の斜め前方に向かって倒すように移動させると、反対方向へのターンに入ることができます。そのとき、ターン外側の脚 (右ターンなら左脚、左ターンなら右脚) は、膝を伸ばしていきます。

要約すると、ターンするときの基本的な流れは、こうなります。

1. 斜滑降でスタート。ある程度、スピードをつけること
2. 外脚を一緒に曲げないように注意しながら内脚を畳み込む。この動作で身体が内側に倒れる
3. 板がたわんで、ターンが始まる
4. フォールラインを過ぎたら、身体をフォールラインの方に向けつつ板の真上に戻して、ニュートラルな直進状態に
5. そのまま動きを止めずに、今度は反対側の脚を畳み込んで逆方向のターンに入る

ですから、真上から見たときに、身体の中心は板が描くターン弧の内側を通っているわけです。

1004be56b1b4f0a3f3033f932a3a6bb51

☆余談☆
慣れないうちは、スキッディング系のターンと同様に、身体を伸ばしながらターンを抜け出して、次に反対側の脚を畳み込みながら身体を沈めてターンに入る、というのもアリです。でも、スピードが上がってくると、上下動が滑走スピードに追いつかなくなって、身体が遅れてしまいがちになります。ですから、後々のことを考えると、身体を上げずに切り替える方法をマスターする必要があります。
☆☆

スピードが上がってくると実感できますが、カービングターンでは強い遠心力が発生するため、それをしっかり受け止めてやる必要があります。
それには、膝を曲げるよりも、伸ばし気味にしている方が有利です。膝を曲げた姿勢で強い遠心力 (の反力) を受け止めようとすると、最悪の場合、膝を痛めます。スキッディング系のターンなら、板がずれることで遠心力を吸収してくれますが、カービングではストレートに力がかかってくる点に注意してください。

とりあえず、サイドカーブに沿ってターンできれば第一段階は OK ですが、それだけでは困ります。というのは、サイドカーブなりにターンしているだけでは、ターン弧の制御ができていないからです。

カービングの場合、ターン弧を制御するには、「角付けの量」と「角付けのタイミング」が重要になります。角付けの量はターン弧の大きさに、角付けのタイミングはターンの深さに、それぞれ影響します。
つまり、浅いターン弧で曲がりたければ、角付けを控えめにして、フォールラインを過ぎたところで早めにエッジを外して切り替えに移ります。また、角付けの量が同じでも、ターン後半の山回りを長く引っ張ってから切り替えると、深いターン弧になります。

自分がそうなんですが、カービングで大回りすると、ついついターン後半の山回りを引っ張り過ぎて、次のターンに入るのが遅れるんですね。それを防ぐには、山回りに入ったら、間を置かずに次のターンに向けた動きを始めるぐらいでいいと思います。慣れてくると、山回りを引っ張ってからパッと反対方向に切り替えることもできますが。

あと、慣れてきたら「内脚の付け根を軸にして骨盤を回す」とかいう話も出てくるんですが、とりあえず「そういう概念もある」ということで。当の私がまだ、意識しながら身体にいちいち命令しないとできません。

|

« スキーに運動神経は大事 ? | Main | サイドカーブを使ってターンしてみる (カービングターン 1) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« スキーに運動神経は大事 ? | Main | サイドカーブを使ってターンしてみる (カービングターン 1) »