« サイドカーブを使ってターンしてみる (カービングターン 1) | Main | 頭より先に板を走らすな (切り替えと落下) »

Sep 06, 2005

スピードを落とす方法と、スピードを引き出す方法 (カービング入門 3)

以前に取り上げた、スキッディング系のパラレルターンでは、上半身は常に立てた状態でフォールラインに向け続けるのが基本です。その場合、股関節の下と上で、身体の軸が別々の向きに通ります。進行方向に合わせて体の向きを変える滑り方もありますが、意識的にずらしながらすべる際には、身体をフォールラインに向け続けるほうが楽です。

でも、カービングターンでは全身を内側に倒しこみ、身体が板の進行方向に向かう (「正対する」ともいう) ので、身体の軸 (体軸) は、一直線に通った状態になります。

身体の向きについては細かい話がいろいろとあるのですが、基本パターンとしては、以下のように考えておけば、そんなにハズしていないと思います。

・スキッディングのパラレルターン : 外向傾姿勢。上半身は常にフォールラインを向く。骨盤はターン外側に傾ける
・カービングのパラレルターン : 上半身も一緒にターン弧の内側に倒す。身体は原則として板の進行方向に向かう。骨盤はターン内側に傾ける

ただし、これは最初から最後までスキッディング、あるいはカービングで通す場合の話です。

レールターン、あるいはそこから発展してカービングでターンした場合、板のズレがないので、スピードがあまり落ちません。緩斜面ではありがたいのですが、急斜面で最初から最後までカービングで突っ走った日には、スピードオーバーになる可能性が大です。

かといって、最初から最後までずらしたらカービングになりません。そこで、速度調整の方法としては、

・ターン前半の谷回りでずらす (スキッド & カーブ)
・ターン後半の山回りでずらす (カーブ & スキッド)

の 2 パターンが考えられます。

スキッド & カーブの場合、まず、ターン始動時にカカトを押し出しながら板をずらして向きを決めます。その後で角付けを強めてズレを止めて、板を走らせながら抜け出すことになります。どちらかというと、ショートターン向きだろうと思います。

それに対してカーブ & スキッドの場合、ターン後半でズレを入れて、出すぎたスピードを調整することになります。この場合、ターン始動時はカービングですからトップコントロール、つまり板のトップ寄りに荷重してエッジを食い込ませます。そして、フォールラインを向いたあたりで荷重ポジションをカカト寄りに移動させます。すると、あら不思議、テール側がズリズリッとズレてくれます。
私はまだヘタレなので、カービング大回りでぶっ飛ばしていたらスピードが上がっておっかなくなり、ターン後半でずらしてスピードを落としてしまうことがよくあります。そんなときに、この手を使います。

ちなみに、山回りに入ってから角付けしたままで荷重ポジションを後ろに移動させると、板の走りを引き出すことができます。ターン後半で加速するテクニックですね。春の悪雪みたいに板の走りが悪いときには、このテクニックが役に立ちます。
つまり、同じように荷重ポジションを後ろに移動するのでも、タイミングによって挙動が違ってくるので、この辺の使い分けは要注意です。

|

« サイドカーブを使ってターンしてみる (カービングターン 1) | Main | 頭より先に板を走らすな (切り替えと落下) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« サイドカーブを使ってターンしてみる (カービングターン 1) | Main | 頭より先に板を走らすな (切り替えと落下) »