« テールコントロールと反発力 (ショートターン 3) | Main | エッジの錆には御用心 ! »

Sep 06, 2005

クイックな切り替えと落下のエッセンス (ショートターン 4)

ショートターン (小回り) というぐらいですから、ターンはコンパクトに、素早くどんどん繰り返していかないと格好が付きません。いや、格好のためにやるとは限らないのですが。

ロングターン (大回り) を初めたての頃なら、ターンとターンの間に斜滑降を入れて、きちんとニュートラルの状態を作る必要があります。でも、ショートターンがショートターンたり得るには、ニュートラルの状態を悠長に入れている時間はないので、ターンから抜け出したらすぐに次のターンに入ることになるかと思います。正確には、ニュートラルの状態は存在するわけですが、一瞬で通り過ぎちゃうわけですね。

それを実現するには、身体は常に立てた状態でフォールラインに向け続ける必要があります。つまり、動かすのは下半身だけ。板の向きとエッジの立て加減を、膝や股関節を使ってコントロールします。このとき注意する必要があるのは、板を回しすぎて、横に向けてしまわないこと。それをやると、次のターンの谷回りに入れるのに難儀をします。

また、テールを押し出してエッジングする際に、多少、上下動の力を借りると楽です。特に、私みたいに体重がない人はそうです。
ただし、上下動をやりすぎないように注意する必要があります。動きの量が多いと、速くターン連続させる動きに追従しづらいからです。また、ターンから抜け出すときに、真上ではなくフォールライン側に伸び上がって、積極的に落ちていく必要があります。そうしないと、上体が置いて行かれて後傾になります。

あと、ロングターンをやるときよりも両脚をくっつけて、クローズスタンス気味にする方がいいかもしれません。その方が見栄えがいいし、足がばらけてバランスを崩す事態を避けやすくなるようです。

いきなり、速いピッチでショートターンするのは難しいかも知れません。そんなときは、まず中回りぐらいでゆっくり滑ってみて、動きを確認してみるとイイと思います。それで感じが掴めたら、だんだんとピッチを早めてみます。何でもそうですけど、まずゆっくりした動きで動作を確認するのは大事です。

慣れてきたら、ターン弧をいろいろ変えてみるのもよいです。斜度のきついところでは、テールをしっかり押し出して深回りにするとスピードのコントロールがしやすくなります。逆に、斜度がないときや雪がグサグサのときには板が走らないので、押し出しを控えめに、浅回りにします。

|

« テールコントロールと反発力 (ショートターン 3) | Main | エッジの錆には御用心 ! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« テールコントロールと反発力 (ショートターン 3) | Main | エッジの錆には御用心 ! »