« 頭より先に板を走らすな (切り替えと落下) | Main | ショートターンとロングターンの違い (ショートターン 2) »

Sep 06, 2005

なぜショートターンするの ? (ショートターン 1)

ショートターン。別名「小回り」ともいいます。ちょっと古手の人だと「ウェーデルン」なんて言葉も使います。もっとも、ウェーデルンはショートターンの中のひとつ、という分類ができるので、当節「ショートターン」というと、かつてのウェーデルンより意味が広いと思います。

コース幅をいっぱいに使い、ゆったりと大きな弧を描くのがロングターン、いわゆる大回りですが、それに対してショートターンは速いリズムで左右のターンをどんどん切り替える点と、ターン弧そのものが小さい点が特徴になります。

ちなみに、ロングターンとショートターンの中間として、ミドルターン (中回り) なんて言葉もあります。でも、定量的な境界が明快に規定されているわけではなくて、大回り >> 中回り >> 小回り という相対比較みたいな感じです。「中回りの定義って何ですか」と訊かれた某デモは「大回りと小回りの中間」といってますし。(さらに「圧雪車の幅 1~1.5 台分」と続くのですが)

なんでわざわざ、忙しくて疲れるショートターンをするかというと、理由はいろいろあります。

・コース幅が狭い
・コースが混んでいる
・急斜面でスピードコントロールしやすい
・格好良さそうに見える/上手そうに見える (本当かよ)
・検定の種目にあるから (おい)

特に、コブ斜面を攻略するにはショートターンが必須科目になるので、「上級者」と呼ばれたい人はショートターンを避けて通れません。(というと話が逆ですね。みんながショートターンしまくるから、板が通ったところが溝になってコブが育つのです)
もっとも、最近では SAJ バッジテストの 3 級から「パラレルターン小回り」なんて種目がありますけど。

実用的な面からいうと、スピードコントロールでショートターンを使うというのは重要です。いわゆるテールコントロールで、テールを押し出してずらしながらショートターンすることでスピードを殺せれば、相当な急斜面でも安全に降りられます。これは重要です。

そんなわけで、自分もまだヘタレなのでアレなんですが、これからしばらく、ショートターンについて書いてみたいと思います。

|

« 頭より先に板を走らすな (切り替えと落下) | Main | ショートターンとロングターンの違い (ショートターン 2) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 頭より先に板を走らすな (切り替えと落下) | Main | ショートターンとロングターンの違い (ショートターン 2) »