« 正しいポジションに乗る練習 | Main | ターンとターンをつないでみよう (基礎パラレル 1) »

Sep 06, 2005

ズレとキレ

斜滑降をして、まっすぐ進んでいる段階では、板を水平にした状態で斜めのところを滑っているので、エッジが食い込んで細いシュプールができているはずです。いわゆる「切れている」状態です。
一方、斜滑降からズリッとターンしたり、例の横滑りをやっているときには、板は横方向にも移動しているので、幅広いシュプールになります。いわゆる「ずれている」状態です。

この「ズレ」と「キレ」の違いを端的にいうと、板の長手方向に対して横方向に滑るか (ズレ)、縦方向に滑るか (キレ)、という違いです。もちろん、ズレれば運動エネルギーが吸収されて、スピードが落ちます。切れた滑りでは、スピードはあまり落ちません。

だから、いわゆるカービングターンでキレまくった滑りをすると、スピードは落ちにくいし、細いシュプールが 2 本できます。それがきれいなターン弧を描いていると、振り返って見たときに自己満足の世界に浸れます (それが下の写真。この中には私がつけたシュプールが入ってるけど、それがどれなのかはヒミツ)。

3a21e283c920f83b92ca28ddcaef10861

実際にやってみると分かりますが、たとえ緩斜面でも、切れていて、かつきれいなターン弧を描いたシュプールをつけるのは、なかなか難しいもんです。

よく、ずれているのは下手くそ、切れているのは上手い、と単純に考えてしまいがちなんですが、そんなものでもありません。そもそも、スピードをコントロールするには「意識的にずらす」ことも必要です。たいして上手くない人が急斜面で切れた滑りをしたら、止まれなくなって怪我します。

まず、最初はターン中にずらしながら滑ってみて、感触をつかむことが必要です。それは安全のためにも必要なこと。それに、意識的にずらすことができなければ、「ズレ」と「キレ」の感触の違いも分からないから、意識的に切ることだってできません。
ぶっちゃけ、私の滑りが格段にレベルアップしたといわれるようになったのは、基本に立ち返って横滑りを徹底的に練習し直してからです。これができてないと、荒れた斜面や急斜面に行ったときに手がつけられなくなりますよ、ほんと。

|

« 正しいポジションに乗る練習 | Main | ターンとターンをつないでみよう (基礎パラレル 1) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 正しいポジションに乗る練習 | Main | ターンとターンをつないでみよう (基礎パラレル 1) »