« 川と噴水とビールと花火 | Main | 100 隻のタンカー »

Oct 29, 2005

チャンポンのイニシエーション

オウム真理教のおかげで、「イニシエーション」という言葉のイメージもすっかり悪くなってしまいましたが、本来は「開始, 創始, 創業」「加入, 入会, 入門, 入門式」といった意味の言葉です。(according to Microsoft Bookshelf 3.0)

オフィスが新宿の K ビルにあった頃の話です。
当時、MSKK 社員の昼飯/晩飯スポットというと、線路をくぐった先の歌舞伎町側か、あるいは小滝橋通り周辺のエリアでした。その歌舞伎町側、西武新宿駅の近くに、「北京」というお店があります。MSKK にやってきた新人はたいてい、このお店に連れて行かれるのが常でした。

この「北京」の名物はチャンポン。といっても、いわゆる長崎チャンポンとは別物で、海鮮系の具をメインにして、唐辛子で真っ赤っかにしたやつです。かなーり辛いです。有無をいわさず (?) これを食べるのが、新人にとっては半ば恒例のイベントでした。かく申す私も、この洗礼を受けた一人だったりします。

カレーを筆頭にして、辛いものは基本的に好きな私ですが、これはちょっと舌に合わなくて苦労させられました。最初の一度きりで二度と頼まず、「北京」に行っても違うメニューばかり選んでいたのですが、中には癖になっちゃってて、このチャンポンを頼んでは真っ赤っかなスープを全部飲み干してしまう人も。私はそれを見て

( Д) ゚ ゚ ポカーン

このお店、ググってみると今も健在みたいで、チャンポンも相変わらず存在しているようです。チャレンジなさりたいという方を止めはしませんが、自己責任でどーぞ。

そういえば、昼飯を終えて山手線のガード下を歩きながらオフィスに戻る途中、向こう側から古川さんが一人で、タッタッタッと走ってきたことがあったような…

|

« 川と噴水とビールと花火 | Main | 100 隻のタンカー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 川と噴水とビールと花火 | Main | 100 隻のタンカー »