« セブンイレブンと深夜のタクシー | Main | 川と噴水とビールと花火 »

Oct 24, 2005

領収書の宛名

いかんいかん、ずいぶんと間が空いてしまった。

フリーで仕事をしていると、「領収書」はとても大事です。仕事で使った経費の証明になるから、現金と同等の価値があります。といっても、実際に得になるのは「額面の数字×税率分」だけですけれど。

私の苗字は比較的メジャーですから、「宛名はいかがいたしますか ?」と訊かれたときでも「井上、としてください」でたいてい通じます。念を押すなら、「井戸の井に上下の上」で OK。
ところが、いつぞやの秋葉原デパート内書店では、これが通じませんでした。「井戸」が分からなかったみたいです。最近の若い子って、そういうもんですかねぇ。

「井上」なんていうメジャーな苗字でもこれですから、横文字の長ったらしい名前が多い IT 業界で、会社の名前で領収書をもらうのは結構面倒です。なにせ「マイクロソフト」ですら怪しいもので、笹塚あたりの商店街のおばちゃんにかかると「マイクロさん」になってしまうという有様。もっと長くて、かつ、一般的にはなじみの薄い単語を使った社名を持つ会社にお勤めの方なんかは、さぞかし苦労なさっていることでしょう。

|

« セブンイレブンと深夜のタクシー | Main | 川と噴水とビールと花火 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« セブンイレブンと深夜のタクシー | Main | 川と噴水とビールと花火 »