« 領収書の宛名 | Main | チャンポンのイニシエーション »

Oct 26, 2005

川と噴水とビールと花火

古川さんの blog に触発されて、前から暖めていたネタを投下。

会社が笹塚に引っ越した後で、引っ越し作業に関わった関係者が集まって、バモラで慰労会をやりました。今だったら業者を入れてやらせてしまうところですが、昔は社員が自ら作業することも多かったのです。
この慰労会には、引っ越しに際していろいろと肉体労働した私も呼ばれていたのですが、その宴会の席で財務部長 (当時) の I さんが真剣な顔で、こんな趣旨のことをおっしゃっていました。

「夏になったら、裸足になってここの前の川に足を突っ込んで、ビールを飲みながら花火を上げる奴が出ないかと心配なんだよ」

川というのは、前に書いた、バモラ公園の中を流れる川のことです。いちばん上 (京王線に近い側) に噴水か何かがあって、そこから下流に向かって流れてきている川です。一応、両側に石を積んで仕切ってあるので、そこに座るとちょうどいい感じなのですね。

実際には、誰もそんなことはしなかった (と思う…) のですが、心配するということは、そう思わせるだけの "実績" があったということ。最近では普通の会社になってきたようですけれど、昔は「仕事はハードにやるけれど、ハメを外すときも盛大にやる」という雰囲気がありました。なんというかこう「サムライ集団」という感じがありましたね。中には、ちょっと公開の場には書けないような話もあります (犯罪って訳じゃないです YO!)。

でも、会社が大きくなって知名度が上がってくると、あまりハチャメチャにハメを外せなくなってしまうのも確か。会社が大きくなる上では避けて通れない通過儀礼みたいなモノですね。

|

« 領収書の宛名 | Main | チャンポンのイニシエーション »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 領収書の宛名 | Main | チャンポンのイニシエーション »