« アドボカシー 2 | Main | 兵士の呼び方 »

Nov 18, 2005

目標マーキングと白燐弾

JDAM みたいな GPS 誘導爆弾、あるいはペーブウェイみたいなレーザー誘導爆弾なら関係ない話ですが。

自由落下爆弾、あるいは非誘導式ロケット弾を使って攻撃するときには、爆撃機や攻撃機がターゲットを確認しやすいように、目標をマーキングします。
たとえば、第二次世界大戦中に多用された市街地夜間爆撃では、まず航法がうまい爆撃機が目標となる都市の周囲四隅に焼夷弾を落として火災を起こして、マーキングをやります。残りの爆撃機は、その四隅の枠内に爆弾を落とせばいいというわけです。
(もっとも、その裏をかくために防衛側がニセの火災を起こしたりすることもありますが)

地上軍を支援する近接航空支援では、前線航空管制官 (FAC。フ○ックと読まないでね) が乗った航空機が、ターゲットの位置に発煙ロケット弾を撃ち込んでマーキングします。攻撃機は、その煙の位置を狙って爆弾やロケット弾、あるいは機関砲なんかを撃ち込むわけです。
また、地上にいる兵士が、ターゲットに発煙手榴弾を投げ込む場合もあります。用途別に使い分けられるように、発煙手榴弾は煙の色によっていろいろな種類に分かれています。

突如として話題になった "化学兵器" こと白燐弾とは、このマーキングに使用するものです。ロケット弾の弾頭に白燐が仕込んであって、撃ち込まれると燃えて煙を出します。つまり、主な目的は上空から明瞭に視認できる煙を出すことで、これを使って何かを破壊するのが主目的というわけではありません。まあ、付随的に火災になる可能性までは否定しませんけれど。
米軍では、この発煙ロケット弾のことを「WP」あるいは「ウィリー ピート」と呼んでいます。目標マーキングの手段としては、はるか昔のベトナム戦争の頃から当たり前のように使われているものです。別に目新しいものでもなんでもありません。むしろ骨董品です。

この発煙ロケット弾のことを、"新型の化学兵器" と称して非難しているウスラトンチキがいるらしいですね。化学反応を起こすものはみんな化学兵器だというなら、人間のオナラだって化学兵器でしょうに (爆)。

|

« アドボカシー 2 | Main | 兵士の呼び方 »

Comments

視点がずれてるよ。

Posted by: きき | Nov 20, 2005 at 04:14 PM

そういうことを書くときには、どこがどうずれているのかを書くのが筋ってものです :-p

Posted by: 井上 | Nov 20, 2005 at 04:22 PM

もしもーし、具体的な「ずれている」点の指摘は無しですかー。書き逃げですかー。

Posted by: 井上 | Nov 21, 2005 at 11:39 AM

 ずれてる、と言えば、ずれてるんですけどね、ただ、見る方向が違うだけで。

 正直言えば、白燐弾がソフトターゲットに与える焼夷効果はそりゃ悲惨の言葉に尽きるのでありまして、しかし、そう言う事は私や井上氏にしてみれば既に常識で今更言及する程の事じゃない、どっちかと言えばウソをついてまで他人を非難する事の報に危うさを感じるんですな、それがずれている、鬼畜米英のする事を弁護するとは何事だ!ってんだったらずれているンでしょうが。

 ただ、それはどっか明後日の方角から見た場合、ずれているように見えるだけの事、逆に言えば、批難した方の見識を世間にさらけ出すだけの事なんですがね、匿名で物を言う無責任な何かですよって。

Posted by: ooi | Nov 26, 2005 at 09:35 AM

確かに、結果として「米軍非難に対する非難」になっているから、とにかく米軍の悪口をいわないなんて怪しからん ! という人にとってはずれてるかも。

でも、批判するにもやり方ってものがあるわけです。いまさら白燐弾ごときで鬼の首でも取ったように大騒ぎ、しかもそれが勘違いに基づくものだったとあっては、そっちの方が根本的にずれていると思うのです。

だいたい、元ネタの方でこんな状況 ↓ になってるわけですし。(JSF 氏のところからコピペ)
http://teanotwar.blogtribe.org/entry-b3313cb42d6f5c3d5c34bc8617b06cb0.html

Posted by: 井上 | Nov 26, 2005 at 11:23 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« アドボカシー 2 | Main | 兵士の呼び方 »