« リフトが止まる ! | Main | 軍事英語入門 I »

Dec 23, 2005

タイ( ´_ゝ`)フーン

公式リリースがニュースソースに間に合わなかったので「今週の軍事関連ニュース (2005/12/23)」に入れるのは見送ったのですが、サウジアラビアがユーロファイター・タイフーンの発注を決めたそうです。これで割を食ったのは、なんといってもラファールを売りつけたかったフランスでしょう。これで、韓国 (F-15K)、シンガポール (F-15SG) に続いて三連敗です。(追記 : このエントリをポストした後で DID の記事が入ってきたので、追加しておきました)

ただし冷静に考えると、サウジアラビアはもともとイギリスとのつながりが強く、ライトニングだのトーネード IDS/ADV だのを導入して、「蛇の目の楽園」と化していた状況があります。そこに独自色の強いフランス製兵器が食い込むのは至難の業。現に、「ルクレール戦車をサウジが買う」という話も観測気球だけで、一向に具現化しません。タイフーンに負けたラファールもしかり。

国と国との歴史的つながりは、往々にして兵器購入の際の選択肢に大きく影響します。アジア・中東・アフリカ諸国の場合、「元宗主国」から兵器を購入する事例が多数。そのことを知っておけば、どこの国が何を買うかという話になったときに、それほど大外しな予測はしないで済みます。
もちろん、例外が発生する可能性はありますし、政治体制の変化 (と、それに伴う外交政策の変化) が原因で、兵器の供給元をガラッと変えてしまう事例もありますが。後者の典型例として、エジプトとイランがありますね。

ただ、ある国の装備体系に合わせてしまうと、後からそれを変えるのは大変です。航空自衛隊の機種選定でアメリカ機以外がすべて当て馬扱いされるのは、そういう理由。そう考えると、いろいろな国の戦闘機を混ぜて使っている台湾、ギリシア、インドあたりは、現場が大変でしょうね。

|

« リフトが止まる ! | Main | 軍事英語入門 I »

Comments

 ミリネタばかりのツッコミで申し訳ない(^^;

 ふと、サウジの戦闘機群を見ていて思ったのですが、この分だと案外F-5系列の更新にグリペンをにらんでいるのかもなあとか、妄想が働いてしまいました。

 グリペンも結構苦戦している組ではあるのですが、それでも大方全敗のラファールに比べたら欧米どちらの兵器でも何とか使用出来て、エンジンに選択肢のあるグリペンは軽戦闘機程度で何とかなる国、または軽戦闘機の代替が必要な国にしてみれば比較的有効な選択肢なんですよね。

Posted by: ooi | Dec 24, 2005 at 10:13 AM

どうなんでしょう。表向き、トーネードの代替としてタイフーン、という話になっていますが、実は玉突き式に F-5 が追い出される可能性も、なきにしもあらずかもしれません。

実は、RSAF のトーネード IDS に対して、LANTIRN ポッドを搭載する作業が進んでいます。どうして RAF と同じ TIALD じゃないのかが謎なんですが。

あまり戦闘機の機種ばかり増えると、アスラン空軍のごとき様相を呈してきますね。

Posted by: 井上 | Dec 24, 2005 at 02:16 PM

グリペンといえばこんなの見つけますた
http://www.light.gr.jp/light/products/gunjou/(18禁)
お一ついかがですか

Posted by: 憑かれた大学隠棲@ほっとけない調布駅の狭さ | Dec 24, 2005 at 10:31 PM

ここここれってゲームなんですよね ?
ゲームの世界から遠ざかって長いですが、こういう時代になっちゃってるんですね ( ゚Д゚) ポカーン

グリペン、個人的には好きなんですよ。変に背伸びしないで、自国の国情に合わせて無理なくまとめているところに好感が持てます。
ただ、あの機体が有用性を発揮するカスタマーは、意外と限られそうなのが惜しいところですね。

Posted by: 井上 | Dec 24, 2005 at 11:40 PM

とりあえず早速ご購入の上レビューをお願いします(・∀・)
あとCiv4日本語版でしょうか

つくばというと都市伝説が多い都市ですね
http://www2r.biglobe.ne.jp/~isobe/tsukuba/main.html

Posted by: 憑かれた大学隠棲@ほっとけない調布駅の狭さ | Dec 25, 2005 at 12:37 AM

 まあ、敢えて軽戦闘機止めちゃっても問題ないラインナップですからねえ。>サウジ

 でまあ、何で上みたいなこと言ったかというと、BAeがグリペンの輸出時のパートナーだったなあと、ふと、そこから連想したわけですが(^^;

 まあ、そう入ってもグリペンは素晴らしいと思いますよ、なんと言っても、ラファールには出来ない輸出に成功しているわけですから、それだけ取っても高評価です(マテ)

>群青色の何とか
 ウチの友人連の評価では、結構ぐんにょり来るよなあと言う話もないではありません、多分アレはグリペンの形をした何かなんでは無いかという話も出ています。(イラストが怪しいなあとか、結構評価が雑誌に引きずられてるよなあとか、まあ、色々と)。
 ま、この手のゲームの設定上の揚げ足を取るなんてのは、正しいゲームの楽しみ方じゃないと思うんですが、どっちにしろ、何だかんだ言っても紙芝居ゲームなので、お話を楽しめるのか楽しめないか、そこに尽きるんではないかと。>評価

Posted by: ooi | Dec 25, 2005 at 07:49 PM

>玉突き式に F-5 が追い出される可能性も、
>なきにしもあらずかもしれません。

F-5Eなら中古として何処かに売れそうだけど。少なくても周辺国がMig-21等、古い機種を使っているなら、F-5Eも使い続けることは出来るかな。個人的には、サウジのF-5がどうなるかに注目です。イラク空軍に売り飛ばされたりして。ところで英国のタイフーン導入について、某情報筋では外交関係でギクシャクしていたことから、タイフーンの導入が危ぶまれていたとか。

Posted by: 通行人 | Dec 27, 2005 at 01:03 PM

F-5 の配備先が Taif というところがミソですね。南西部の、紅海を挟んでスーダンやエジプトに隣接する、比較的脅威度の低いエリアです。そう考えると、安上がりな F-5 を使い続けるというシナリオにも理はあります。

ただ、どう見ても F-5 の方がトーネードより古いと思うのですが、そこがひっかかるところです。常識的には、古い機体から代替するものでしょうから。

となると、F-5 をイラク空軍に供与するというシナリオも考えられますが、イラクの政権をシーア派が握ると、スンニ派のサウジとしては援助しにくいかもしれません。

Posted by: 井上 | Dec 27, 2005 at 05:48 PM

続報。トーネード ADV の代替用で、IDS の方は使い続けるつもりみたいですね < RSAF

なんでも、タイフーン導入に関する政府間合意には、トーネード IDS のアップグレード話も含まれてるそうで、報じられる金額に幅がありすぎる一因はそれかも。

Posted by: 井上 | Jan 07, 2006 at 09:29 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« リフトが止まる ! | Main | 軍事英語入門 I »