« ヒトリストの経済学 | Main | モサモサの新雪を楽しむ »

Dec 11, 2005

タイの得意技

JDW (2005/12/7) によると、タイは 2004 年にロシアとスウェーデンに対して、戦闘機と鶏肉のバーター取引を持ちかけたそうです。その件に関する当事者の説明がこれ。

"They both have wings and they can both fly"

激しくワラタ。

まあ、タイに限らず、東南アジア諸国はバーター取引が得意技なんですけれど。しかしなあ。

|

« ヒトリストの経済学 | Main | モサモサの新雪を楽しむ »

Comments

Yahooの翻訳に通してみたら「彼ら両方は翼があります、そして、彼ら両方は飛ぶことができます」となりました。

いまいちニュアンスとか理解できないのですが・・・どう捉えたら良いでしょう。まあかなり笑うしかない意味になるでしょうが。w

Posted by: にゃんこ | Dec 11, 2005 at 03:27 PM

多分、「どっちも翼があって飛ぶことができるものなんだから、バーター取引は成立する」という理屈なのでしょう。
どこまでが本気で、どこまでがジョークなのか、なんとなく測りかねる発言ではあります。しかし、雑誌の取材に対してこういうジョークをいうものなのかどうか…

Posted by: 井上 | Dec 11, 2005 at 03:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ヒトリストの経済学 | Main | モサモサの新雪を楽しむ »