« March 2006 | Main | May 2006 »

April 2006

Apr 29, 2006

春スキー三昧

朝の 3 時に起きて、クルマを飛ばして Hakuba 47 に行ってきました。ドピーカンの晴天で、雪は腐りまくり、午後にはいたるところがコブだらけになりました。
たまたま DEMO 9 3V を持ち込んでいたので、板の張りが強くてコブにポンポン飛ばされそうになったのですが、ボテボテの雪を蹴散らしながら勢い任せに滑りました。師匠が呆れてたかも。

こういうコンディションだと、しなやかに処理してくれる AMC600 の方が滑りやすいですね。ちょっと反省。

ちなみに、EN 写真工房のサイトにある「若い井上」とは私のことです。はい。
中村さんの連続写真は、滑りを改善するのに役立ちますよ~ (経験者談) 白馬五竜や Hakuba 47 で見かけたら、ぜひとも写真を注文してくださいね。

余談
関越道上り線、新座料金所を過ぎた先で「練馬大泉方面 右車線に寄れ」(だったかな ? 後半がちょっとあやふや) という掲示を見て「練馬大根方面」と読み間違えた件について。
しかし、練馬といえば大根でしょ、大根。
(追記 : 「練馬・大泉方面は右側車線に」でした)

| | Comments (0)

Apr 27, 2006

いやー笑った笑った

この件に関連するサイト (敬称略。トラバ送信先) :
当サイト本館の Opinion
障害報告@webry
にゃんこの独り言
南の島の何でもあり
【真っ赤な血潮が】革命ごっこ【ドンバラヤ】
罵詈総論(ニュースを騙る)
スピード狂いの日常(仮)
キャンプと本とプログラミング
落伍弟子のブログ
そーのうちなんとかな~るだろぉ~
綾波書店
個人研究者の愚痴帳
KWAT の blog 三号二型
D.B.E 遊撃隊
アルマヴィルへの道
風枕
Fucker’s Diary

秋葉原のヨドバシに行くと、Panasonic の Toughbook を展示してあります。目の付け所は買いますけれど、いったい 1 年に何台売れるでしょうか。貴重な展示スペースを使っているだけに、ちょっと心配になってしまいます。
それはそれとして、最高に噴飯モノの投稿に関する御注進をいただいたので紹介しましょう。

[paml:05340] 松下電器はパソコン兵器の回収を!
http://peaceact.jca.apc.org/paml/5300/5340.html

これを書いた人はアホですか まともな考え方をする常人には思いつかないような、ユニークな思考をするのですね。

COTS 化がものすごい勢いで進行している昨今、なにも Toughbook に限らず、米軍 (に限ったことではないけれど) では民生品のパソコンをものすごい勢いで使っているし、Windows も Linux も Solaris も HP-UX も Intel プロセッサもイーサネットも、みんな軍事的利用例はあるわけです。オープンソースだから平和利用しかしていない、なんてことはないのでお間違いのなきよう。それなのに、松下だけ槍玉に挙げてどうするのかと。

多分、たまたま日本の企業だから目についた、ってところなんでしょうけれど、それをいうなら素材メーカーなんて、どこでどんな使われ方をしてるか分かりません。
ついでに書けば、中東の方にはトヨタ・ランドクルーザーのシャシーを使って軍用装甲車を造ってしまった国もあるし、アフリカの紛争国家に行けば「テクニカル」、つまり機関銃や RPG を積み込んだピックアップトラックが大活躍。そういう話を知ってて意図的に無視しているのか、それとも知らないのか。

まあ、この手の人達は同じ行為でも「アメリカがやると悪、ソ聯や中国や北朝鮮やアラブ諸国がやると善」というダブルスタンダードを平気でやらかすので、この程度の不見識でいちいち驚いてはいけないのかも知れませんけれど。

☆追記☆
そもそも、米軍の研究機関である DARPA が開発したネットワークに起源を有するインターネットを通じて、こういう軍事と民生のクロスオーバーを非難する呼びかけを行うところからして、一種の自己矛盾じゃないですかねぇ。平素はさんざ米軍のことを非難しておいて、米軍が開発したテクノロジーはちゃっかり使わせてもらうってのは、いささか調子がよすぎるんじゃないかと。
軍用に関連するテクノロジーを拒絶するなら、インターネットも駄目、レトルト食品も駄目、M&M チョコレートも駄目、缶詰も瓶詰も駄目、電子レンジも駄目、飛行機には乗らない、というぐらい徹底すればいいのに。

| | Comments (26)

Apr 26, 2006

何でも起源を主張すりゃいいってもんじゃ…

ゴルフの元祖は中国の球技 ?・中国が主張」(NIKKEI NET)

でた ! 「起源を主張する」。

そのうち「初の飛行機は中国で開発されていた」「ミサイルの起源は中国だ」「オリンピックの起源は中国だ」とかなんとかエスカレートして、最後には「人類の起源は中国だ」なんていいだすかも。こういうのって、いったんやり出すと歯止めが利かなくなって引っ込みがつかなくなり、どんどん話を大きくしてしまうものだし。

でもねえ。
冷静に考えれば分かるとおり、なんでも「起源」なら偉いってもんじゃないでしょ。「元祖」と「本家」は別だったりするわけで。こんなことばかりいってるのは、いってみれば劣等感の裏返し。やってる当事者が大真面目なだけに、傍から見てると滑稽だと思いません ?

| | Comments (4)

Apr 24, 2006

よ~く考えよう 見出しは大事だよ~

といっても矢田ちゃんの話ではなくて。

高 1「話すうちいさかい、突発的に犯行」 中 2 殺害 (asahi.com)

パッと見たときには、これが「話すうちに諍いになった」という意味だとは分からなくて、( Д) ゚ ゚ ポカーン
「話すう・ちいさかい」だと勘違いしてしまい、なんか焼肉屋引越屋の名前みたいな見出しだ… と思ってしまったですよ。

お願いだから、適切なところに句点を入れて、もっと分かりやすい日本語にしてくれませんかね > 築地

| | Comments (0)

Apr 23, 2006

まずはぷちコブで

新カテゴリーを作りました。「コブ斜面に挑戦」。
1 級受検の必修科目ですが、それはそれとして、「どこでも滑れるようになりたい」という欲求をクリアするには、コブでも新雪でも突撃してみないといけません。


GALA 湯沢に行ったら、「ジジ」の上の方がぷちコブ状態になっていました。雪が柔らかいので、たくさんの人が小回りすると滑った跡がえぐれて、コブが育つのですね。いきなりまともなコブ斜面に突撃するのは自爆コース一直線なのでアレですが、これぐらいなら練習にちょうどいいです。

DVD「ゲッカン渡辺一樹 Vol.2 コブ攻略編」や、右にリンクしてある本なんかに書いてありますが、もっとも基本的な攻略法はスキッドライン、つまりコブの腹でずらしながら降りる方法です。具体的には、こんな感じです。

1. 滑るラインを決める
2. 目指すコブの腹に乗り上げながら、脚を曲げて凸を吸収
3. 乗り上げたら板をひねりずらして、コブの腹を削りながら降りる
  (このとき、伸ばし荷重を使う)
4. 次のコブに乗り上げて、以下同文

コブの真上ではなく腹に乗り上げるのと、コブの上にストックを突いて、バランスを取りながら乗り上げるのがポイントみたいです。うっかりして、大きめの凸の真上に乗り上げてしまったら、脚がばらけて焦りました。

そうそう、コブ斜面ではクローズスタンスが必須だそうです。あと、上体がかぶってると、コブに乗り上げながら脚を曲げて吸収したときにつんのめるので、フォールラインを向いたままで上体を立て気味にしないといけないそうです。だから、先に整地でベンディング切り替えのショートターンを練習しておくとイイと思います。
って、みんな渡辺一樹デモの受け売りです (爆)。

言葉では分かってても、実際にやってみると難しいなー。

| | Comments (2)

Apr 19, 2006

マイクアレイと曳航ソナーの関係

最近、ヤマハが VoIP 関連製品として会議システムを売り出したのですが、そこで使用しているマイクアレイが、なかなか面白いです。
見た目は細長い棒ですが、この中にマイクが 32 個 (片側 16 個ずつ、2 列) 入っていて、誰かが喋るとそちらに向けて指向性を強めることで、周囲の雑音が入りにくくなるんだそうです。

「そんな器用なことができるの ?」と思ってしまいましたが、よくよく考えると、入ってくる音声の位相差をマイクごとに調べることで、方位の計算ができるのですね。なんのこたあない、曳航ソナー・アレイや、フェーズド・アレイ・レーダーの受信と同じ考え方です。そう閃いた途端にパッと理解できました。兵器の知識が妙なところで役に立っています。

| | Comments (4)

Apr 18, 2006

F-22A の珍写真

F-22A の大掛かりな整備を担当するのは、ユタ州 Hill AFB にある Ogden ALC。
そこに F-22A が到着した様子を報じる写真がこちらに載っているのですが、珍しいことに増槽付きです。ちょっと貴重な写真かも。

| | Comments (0)

二度手間・三度手間

特に日経 BP のサイトが目立つんですが、

1. トップページの記事一覧でリンクをクリックする
2. 該当記事の冒頭部分が表示される
3. 下端に「本文はこちらで御覧ください」といった内容のリンクがある
4. それをクリックすると、また同じ冒頭部分を読まされる
5. その後は、複数のページに分かれた本文を順番に見る

というパターンの構成になっている Web サイトがあります。サイトを重くしないために複数のページに分割するのはいいとしても、先頭 1 ページ分ぐらいを二度も三度も読まされるのはかないません。

もちろん、なにがしかの理由があってそうしているのでしょう。「とりあえず冒頭部分を斜め読みできるように」とかなんとか。

しかし、結果的には読者に無駄な手間を強いているように思えてならないのですが、どうにかならないもんでしょうか。どこのニュース系サイトでもこういう構成を取っている、というわけではないのですから、普遍的な原理原則が根拠として存在するとも思えないのです。

| | Comments (0)

Apr 16, 2006

お買い物

ヨドバシのポイントを投入して、gigabeat のフラッシュメモリ版・P シリーズを買ってみました。コンパクトで嵩張らない上に、可動部分が無くて気楽に取り扱えるので、滑りに行くときにも連れて行けそうです。

キャパは 1GB と少ないですが、録音機能があって、ライン入力か内蔵マイクから録音ができるそうです。つまり、まだ MD のまま残っているエアチェックものや、何かとっさに録音が必要になった場面で使えるんじゃないかと。お値段、\15,800- なり (ただし全額ポイント投入なので、実際はタダ)
普通、「経費になるものは現金、経費になりそうにないものはポイント」なのですが、当面、家電関連の買い物は予定していないので、ポイントを使ってしまいました。ま、いっか。

1GB モデルと 512MB モデルの価格差は、たったの \3,000-。しかも、店頭に残っている 512MB モデルというと「CanCam タイアップの限定モデル」だけで、カラーリングもパッケージもミョーに気恥ずかしいデザインだったので、パス。

さて、思惑通りに活躍してくれるでしょうか。

| | Comments (0)

Apr 13, 2006

選択を誤ったイラン

イランが 3.5% の濃縮ウラン製造に成功して「核技術保有国宣言」をしたんだとか。
まあ、3.5% では原発の燃料にはなっても原爆には使えません。ただし、この数字が本当なら、という前提での話ですけれど。(国際的非難をかわすために、わざとサバ読んで控えめな数字を出してるかも知れないですから)

しかし、イランは選択を誤ったような気がしますね。そんなに大量破壊兵器が欲しければ、国連や IAEA がうるさくいってくる核兵器なんか止めて、「5,000 度で燃焼して人体だけを焼き尽くす超兵器」こと白燐弾を導入すれば良かったのです。これなら誰も止められません。


はい。どう見ても「白燐弾 = 超兵器」と主張する人に対する嫌味です。本当にありがとうございました。

| | Comments (4)

Apr 12, 2006

「店舗一覧」に載らないお店

神奈川県には「店舗一覧」に載っていないマクドナルドが 2 軒あります。マクドナルドで使えるものとして提供された、「サービス券」や「割引券」の類が利用できない店舗でもあります。

御存知の方は御存知のお話ですが、これは厚木と横須賀の米海軍基地にあるマクドナルドのことです。基地祭で一般公開されたときには、われわれ市井の日本人もこれらのマクドナルドに行くことができます。確か、メニューは本国と同じで、値段もドル建てだったと記憶していますが、最近はどうなんでしょうか。

ちなみに、海軍の基地にあるバーガー屋はマクドナルドですが、空軍はバーガーキングでした (今も同じかな ?)。実は、基地にある購買部の名称も軍種ごとに違っていて、海軍は NEX (Navy Exchange の略。成田エクスプレスじゃないよ)、空軍は「Commissary」と呼んでいます。これらの、基地内にある購買部などの厚生関連施設を統轄する組織が DeCA (Defense Commissary Agency) です。

バーガーキングは日本では馴染みの薄いので、私はワシントンのダレス空港にあるバーガーキングで何か食べようと思ったときに「どんなものが出てくるのか」と心配になった記憶があります。確か、「マクド」や「モス」とはえらく違ったテイストのバーガーだったような。

と、ここまでは米軍の話でしたが、それ以外でも似たような話はあります。最近のネタですと、調布市に「店舗一覧」に載っていないスタバがあるそうです。

| | Comments (9)

Apr 09, 2006

疑惑は本当だった

ブーツが緩いんじゃないの ? 疑惑」の続編。

ちょっとした出来心で、古いマテリアル、つまり HEAD の C130 Light と SALOMON の Ellipse 9.0 を引き連れて滑りに行ってみました。「そんなに滑りに差は出ないだろー」とタカをくくっていたのですが、大間違い。ブーツが緩すぎて、板を全然コントロールできませんでした。凹凹凹。

妙なもので、家で Ellipse 9.0 を試し履きしてみても、そんなに緩いという感じはしません。今回、緩さを埋め合わせようとして厚手のスキー用ソックスを履いていったのですが、そんなものは焼け石にガソリン。緩さと、ソックスの厚さのせいで怪しくなった足裏感覚などが原因で、滑りが炎上しました (意味不明)

なにせ、強い外力がかかった場面や強いエッジングを仕掛けた場面で、ブーツが緩いせいで板がブルブルとぶれるのです。こんな状態で板をまともにコントロールできるはずもなく、トップが重なった状態で突っ走ってひっくり返る、なんていう下級者みたいな醜態までやってしまいました。凹凹凹。

いろいろ試行錯誤した結果、ブーツのバックルをギリギリと限界まで締め上げて、やっとこさ、板をコントロールできるようになりました。とはいうものの、ショートターンなんかは最後まで怪しい感じでしたが。
今日の滑りを知人に見られたら「おまえは本当に 2 級持ちなのか」と疑われそうです。2 級どころか 3 級も怪しい内容だったので、誰にも見つからなくてよかった (屍)

つまり、1 月に NASPA で勃発した疑惑は本物で、Ellipse 9.0 は緩かったのです。しかも、バックルを締め上げすぎたせいで、滑っているとシェルが骨に当たって痛いし。

とまあ、そんなわけで。
本日の実験運用の結果を受けて、C130 Light と Ellipse 9.0 はクビにすることにしました。

04_ellipse_9(あんたはクビじゃ)


P.S.
REXXAM 君だとコントロール性抜群で、インソールのおかげか足裏感覚もいい感じなのですが、その代償で「どえりゃー寒い」です。細身のシェルでサイズが REXXAM 君と同じで、もうちょっと暖かいブーツってないかしらん。

| | Comments (6)

Apr 08, 2006

イギリスのヨーロッパ離れ ?

英 BAE Systems 社が、保有している Airbus Industries 株を EADS 社に売却するようです。その件に関するプレスリリースで目をひいたのが、以下の部分。

We believe that now is the right time for us to divest our Airbus shareholding to allow us to concentrate on our core transatlantic defence and aerospace strategy.
(中略)
Selling its stake in Airbus is entirely in line with BAE Systems’ declared strategy to be the premier transatlantic defence and aerospace company with a strong footprint in both the United Kingdom and United States.

"transatlantic" といえば、対米関係しかあり得ません。F-35 をめぐる技術情報開示問題でゴタゴタしているアメリカとイギリスですが、その最中にこういう動きがイギリス側から出てくるのは、なかなか興味深いです。

実際、過去にもアメリカがイギリスにだけ引き渡した装備というのはいろいろあるわけで、両国の関係の深さは侮れません。具体例としては、ポラリス SLBM、トマホーク SLCM、CEC などがありますが、なかなかセンシティブなものばかりです。

| | Comments (0)

Apr 06, 2006

Apple に絡めて二題

このへんのコメント欄でボコボコにいわれている UMPC ですが。果たして、Apple が、あるいは SONY が同じようなものを出したら同じ展開になったでしょうかね。あるいは OS が Linux だったら。

個人的には「原稿が書けないマシン」は買えないので、よほど何か強力なドライブがかからなければ UMPC に手を出すことはないと思います。でも、それは物書きという (どちらかといえば) マイノリティに属する稼業の視点に立脚した話。立ち位置が変われば、UMPC が凄く魅力的に見えるケースというのもある… かもしれません。

この手のニュースにパッと飛びつく人は、いってみればコアなユーザー層が多数派を占めるわけですが、そういう人ほど個人的な思い入れが強いというか価値観が固まっているというか、(私にとっての「原稿を書けること」みたいな) 譲れない判断基準があるものです。そして、それに合わないと見るとボコボコにこき下ろすのが常。でも、それってある種の視野狭窄なのかも知れません。それに、好き者に受ける製品が広く一般受けする製品とは限りませんし。

それはそれとして。
次期 MacOS X のコードネームが "Leopard" だという話がチラチラ出てきているようですが、「案の定」という感じです。でも、その次はどうするんでしょうね。"Leopard 2" さらに "Leopard 2EX" とでもするのかしらん。あと、カタカナ表記が「レパード」だと売れ行きが悪そうだから、是非とも「レオパルト」と表記していただきたく。

| | Comments (5)

Apr 05, 2006

ミスコンテスト

「ミス駒子」1 人に 選考後にミセスとわかり取り消し (asahi.com)


「第 45 代ミス駒子」の 3 人が、選考から 1 カ月で 1 人になってしまった。(中略) 選考後に既婚者だったことが発覚した 1 人 (29) の資格を取り消し、別の 1 人 (30) の辞退を受け入れた。

先生 ! バツイチの「ミス」は OK ですか ?

と、悪ふざけはともかく。
越後湯沢駅のコンコースに行くと、いきなり「駒子」の人形がガラスケースに入って鎮座しているので、ちょっとビックリします。さらに、近所には「駒子の湯」なんてのもあります。ついでに書くと、駒子がスキーをしたのは、今でいうところの湯沢高原布場だそうですね。

しかし、既婚者なのに「ミスコンテスト」に応募するってすごいなー。応募資格に「未婚女性」って書いてあるだろうに。ていうか逆に、なんで「ミセス」じゃいけないのかと思ってみたりなんかして。

| | Comments (0)

Apr 04, 2006

C-5 ギャラクシー墜落

たまにはこういう使い方も。

デラウェア州 Dover AFB 近くで、17 名が搭乗した C-5 輸送機 (ANG 436th AW 所属) が墜落事故を起こしました。軍の発表では「生存者の有無については不明」となっていましたが、CNN によると全員無事で、若干の負傷者のみ。その CNN によると、2 番エンジンが停止したために緊急着陸しようとして、失敗したのこと。

C-5 の墜落事故は、1990/8/28 に "Operation Desert Shield" に参加していた機体が、ドイツの Ramstein AB を離陸した直後に墜落して以来。このときには、搭乗していた 17 名のうち 13 名が死亡しています。そのほか、デビューしたての 1975 年 4 月に南ベトナムの Saigon で、ドアロックの異常が見つかったために緊急着陸しようとした機体が墜落、乗っていた 314 名のうち 138 名が死亡しています。

で、こういうニュースを報じるのに、これはないと思うけれど > DoD

----- 引用はじめ
The C-5 stretches almost the length of a football field and stands as high as a six-story building. The cargo compartment is 121 feet long, 19 feet wide and 13 feet high. The Berlin Airlift required 308 aircraft of the C-47 vintage, the military equivalent of the DC-3. Seventeen C-5s could have completed the same operation, according to a fact sheet on Dover Air Force Base's Web site.
----- 引用終わり

飛行機の事故って連鎖しますからねぇ。続かないといいんですが。

追記 : 写真を追加しました。
060403f0859c017

060403f0859c018

(Photo by USAF)

| | Comments (2)

Apr 03, 2006

イランの真意

最近、やれ「レーダーを回避する弾道ミサイルを開発した」だの「防禦不能な超高速水中ミサイルを試射した」だのとイランが吹かしています。事の真偽はともかくとして、核開発がらみで国際的に孤立感を深めていることと、堰を切ったようにこの手の話をバンバン飛ばしていることは、決して無関係ではないでしょう。

早い話が、この手の発表を濫発するのは「核開発してるからといって、(かつてのバビロン作戦みたいに) 軍事力で強制排除しようとすると、ロクなことにならないぞ」というメッセージを送る狙いがある、というのが通例です。
ただし、その効果が期待できるのは、相手が真剣に受け止めざるを得ないような内容の場合。あまりにもフカシが過ぎると、却って虚勢とみられて逆効果、てなことになるかも知れません。そこのところの匙加減は、結構難しいのです。

現に、弾道ミサイルについていえば、イスラエルの弾道ミサイル専門家が「国産なんて真っ赤な嘘で、ロシア製の SS-26 (Iskander-E) じゃないの ?」と疑義を呈している始末。こんなことをいわれるようでは、示威効果は半減です。

イランの立場として「画期的な超兵器があるぞ」と誇示したい心境になるのは分かりますけど、本気にしてもらえないようなネタばかり飛ばしていると、ただの「狼少年」になっちゃいますよ。

| | Comments (20)

« March 2006 | Main | May 2006 »