« April 2006 | Main | June 2006 »

May 2006

May 29, 2006

米軍の契約の面白さ

防衛庁や米軍では、民間企業に発注を行った案件に関する情報を公開しています。米軍ではそれを誰でも電子メールで受け取れてしまうところがものすごいのですが、それに関連する話。

空軍向け JSF・F-35A 関連の契約が米海軍から出ている、という話を本館に載せたら「私が誤訳したんじゃないか」といってる奴が 2ch にいたんですが、ソースではちゃんと「NAVY」と書いてあるんですね。米軍の発注では、たまにこういう珍妙なことが起こります。ある軍種が、実際には他の軍種に引き渡す装備を発注するという現象が。

この件以外でメジャーな事例では、空軍基地の土木工事に関する発注が陸軍を窓口にして行われたりします。軍の施設に関する土木工事を陸軍工兵隊 (Army Corps of Engineer) が仕切ることになっているのか、あるいは空軍が陸軍から独立した歴史的経緯によるものなのか。ハリケーンの被害を受けた海軍関連施設の災害復旧については海軍が発注していましたから、状況にもよるようです。

海兵隊の場合、海軍が調達の窓口になっています。だから、海兵隊向けの AFV 発注案件が「Contracts」では「NAVY」の下に載っていたりします。飛行機のシリアルナンバーも、確か海軍と海兵隊で通しになっていたはず。でも、これはそんなに違和感ありませんね。

それと比べると、H-60 系のヘリをまとめて陸軍が発注している事例の方が、違和感があります。でも、もともと H-60 系列は陸軍の UH-60 ブラックホークから始まっているわけですし、空軍や海軍の H-60 系ヘリはドンガラよりアンコの方が大事です。となれば、機体はまとめて陸軍を窓口にする一方で、キモとなるミッション・システムは空軍や海軍が発注する、という方が理に適っているのかなとも思います。

P.S.
ググってみたら、Army Corps of Engineer のことを「陸軍エンジニア部隊」と訳してる人が意外といるんですね。これこそ大誤訳。軍隊組織で Engineer といえば「工兵」に決まってるでしょーが。ぶつぶつ。

| | Comments (7)

May 28, 2006

メガライナー

バスなのに「鉄」のカテゴリに入れるのも変なのですが、バスだけでカテゴリを立てるほどのネタもないので、御勘弁ください。

去年、開業直後の TX に初乗りに行ったとき、往復とも同じじゃつまらんということで、行きは東京駅からメガライナーに乗っていきました。2 階席の最前列に陣取っていたのですが、ピッチングが意外と激しかったです。
Pict0112

Pict0117

これ、普通のバスより車体が長いせいで「どこの道路でも通って良い」というわけに行かず、通っていい道路を限定して当局の認可を得ているのですね。だから、首都高速が渋滞したり通行止めになったりすると、けっこう厄介なことになったのではないかと。

障害報告@Webry」さんによると、メガライナーが乗客減で採算の取れない状態になって運転終了、他の路線に転用するとかいう話です。混雑度の高い「ドリーム号」なんかに転用できたら便利ですが、あの短距離昼行仕様の狭い椅子は替えないといけないし、通れる道路が制限されているのも扱いにくいです。
かといって、あんなモンスターが威力を発揮できるほどの混雑路線は多くないでしょうし、さて、どうするんでしょうか。

追記 1 :
WikiPedia を見たら、先にリタイアした関東鉄道持ちの 2 両が西日本 JR バスに転配済みとの由。となると、やっぱり東海道筋に ? ビックリしたのは「12 速 AT」という記述。

追記 2 :
2ch のメガライナースレより。
【全長15m】メガライナー【追い越し禁止】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/bus/1124166634/

100 :名74系統 名無し野車庫行:2005/10/19(水) 20:32:17 ID:gudEkQFb
100だったらこの車4台全部買う

101 :名74系統 名無し野車庫行:2005/10/19(水) 22:40:38 ID:bZDyUBnO
>>100
お買いageおめ。

わろた。さあどうする ? 新車で 1 台 8,000 万円だって。


追記 3 :
本当に「青春メガドリーム号」なんてのができてしまいました。あの椅子で一晩寝ろと ? どんなに安くても私はゴメンです。それに、2 階の最前列なんか座った日には、ピッチングがひどくて大変ですよ。

| | Comments (0)

May 27, 2006

パクリ ?

松下電器は米軍の戦争を支える「パソコン兵器」の回収を行え!
http://www2s.biglobe.ne.jp/~mmr/glocal/2006/698/ToughBook.html

[AML 6745] 松下電器はパソコン兵器の回収を!
http://list.jca.apc.org/public/aml/2006-April/006423.html

上の記事は、"かの有名な" 下の記事の文体を変えてあるけれど、書いてあることはまんま一緒。杉さまの了解を取ってるんでしょうか。それとも無断転載で、文句つけられないために文体だけいじったとか ? どっちなんでしょうね。
まあ、杉さまは「転載自由」といっているから転載しても問題ない訳ですけれど、それならわざわざ文体をいじる理由もない訳でして。不可解です。

| | Comments (3)

May 25, 2006

ハイウェイラジオの大嘘つき

私が信用していないモノのひとつに、ハイウェイラジオ (と、VICS) があります。なぜかといえば、ドライバーはトラブルに関する情報を知りたいだろうに、そういう情報はギリギリまで隠蔽するから。

たとえば、どこかでアクシデントが発生すると、その手前の IC までに対象を限定して「○○までは順調に流れています」。つまり、画面には「ノートラブル」の情報しか出てこないわけです。本当は、その先で問題が発生しているのに。
だから、最近では私の方も学習してしまい、途中の IC までの情報しか出てこないと「その先で、何かまずいことが起きてるな」と考えます。そして、たいていはその通りになります。

いってみれば、ハイウェイラジオや VICS の情報はサハフ情報相みたいなもんで、「渋滞 ? そんなモノはここから 100km 以内にひとつも存在しませんよ」てなことをいっておいて、その先でドカスカ渋滞している… そんな感じなのですね。


今日、かぐらに滑り納め (?) に行ってきました。その帰りに関越道を走っていたら、上里 SA の先で渋滞しているという情報。「寄居 PA を先頭に、交通集中による渋滞、抜けるのに 15 分」とハイウェイラジオが宣っていたわけです。

ところが、実際に渋滞に突っ込んでみたら、完全に動きが止まってしまっています。交通集中による自然渋滞なら、多少なりとも流れているもの。なんかヘンです。
第一、場所がヘンです。もっと先の花園 IC 付近なら微妙に上り坂になっているせいで自然渋滞の名所ですが、寄居 PA はそれよりもっと手前。ぁゃしぃです。しかも、渋滞を抜けるのに 15 分どころか、30 分はかかりました。そりゃ、流れが完全に止まってるんですから当然です。

で、やっと渋滞の先頭にたどり着いたら、前方のクルマが次々に左に車線変更してます (私は右端の追越車線にいた)。しかも、警察の人が旗なんか振って誘導してます。

001_1

「交通集中による渋滞」で、車線規制して警察の人が誘導 ? そんな馬鹿な。絶対に何かあると思って、荷物の中から急いでデジカメを出しました。その後の状況は以下の通り。

002_1
規制して空けたスペースに警察のスカイライン。

003_1
な、なんだこれは !?

つまり "真実" が何だったかというと、下り線側の追越車線を走っていたトラックが転倒して中央分離帯に突入、積荷が分離帯を越えて上り線側に乱入してきたので、当該車線を規制していたのですね。上の写真で、分離帯に乗っかっている「白い物体」が、その転倒したトラックの荷台です。
どうやら、東日本高速道路会社とダ埼玉県警の用語では、こういうのを "交通集中による渋滞" と呼ぶようです。そんな馬鹿な話がありますか。

まったく、ウソの情報を流したり、所要時間の情報はアテにならなかったり。一体全体、何のためのハイウェイラジオでしょうね。

| | Comments (3)

May 23, 2006

木亥兵器

いまだに、米海軍のイージス艦が入港するというと「核兵器を積んでいるに違いない。入港ハンターイ」と寝言みたいなシュプレヒコールをやらかす人がいるそうですね。そりゃまあ、「核疑惑」を言い立てる方が何も知らない人に対するアピール力がある、と考えるのも無理からぬところですが。

イージス艦に搭載できる可能性がある核兵器というと、BGM-109A トマホークしかありませんが、これはとうの昔に現役を退いています。第一、いくら "戦時" だからといって、核兵器でテロリストを爆破しようとするほどトチ狂った人はいませんって。それどころか、最近では炸薬の代わりにコンクリートを詰めた JDAM を投下したり、ヘルファイアでは威力過大だといって APKWS II 計画を再興したりと、個々の兵器の精度を上げつつ威力を抑える方向に話が進んでいるというのに。
そういう現実には目をつぶって、「"戦時" と称しているから核兵器を積んでいるに違いない」と因縁をつける人がいるのだから、始末が悪いというか何というか。

そこまでいうのならいっそのこと、反対派の皆さんに義理立てして、イージス艦の上甲板に「木」と「イノシシ (亥)」を並べて載せておいたらどうでしょうね。そうすれば、木亥を積んでることになるし♪

| | Comments (7)

May 22, 2006

カップルプラン

ワラタ 2 ッキ : 最期の望み
http://blog.livedoor.jp/warata2ki/archives/50035027.html

肝心のエントリ本文よりも、コメント欄の #36 が可笑しくて。

>>米32
>牧師がプロテスタントで、神父がカトリック
>牧師は結婚できるけど、神父はしない方がいいらしい
>牧師には女性もいるけど、新婦は男性のみ

な、なんだってー。

>新婦は男性のみ
>新婦は男性のみ
>新婦は男性のみ

(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル

それはそれとして。

高速道路を走っていると、なぜか特定の IC 近辺にラブホが集中的に林立していることがあります。パッと思いつくのは、御殿場とか本庄児玉とか横浜町田とか。多分、「子供の教育によろしくない」とかいって反対する人がいたりとか、同様の理由で自治体が規制をかけてたりとか、そんな事情があるのでしょう。だから、反対運動や規制のない場所に集中してしまうと。

でも、「子供の教育に良くない」と主張しそうな、そのおかーさんたちの子供がこの世に生を受けたのは、そのおかーさん達がダンナ (だよな。違ったら問題だよな) と、あんなコトやこんなコトをしちゃったからです。そのことを棚に上げて、あんなコトやこんなコトの現場であるところのラブホを規制しろといいますか ?

といっちゃうと極論ですね。
実際問題として、性風俗や買売春 (援交も含む) の場所にも利用されるから規制すべし、という考えにも理はあります。それに、小さいうちから何でもかんでもオープンにするのは問題です。段階を踏みながらキチンと正しい知識を持たせて、その場の欲求だけで後先のことを考えずに、あんなコトやこんなコトをしちゃいかんぞ、というモラル的な側面も育成する必要があります。

逆に、あまり「寝た子を起こすな」路線に走ってしまうのも問題です。いったんタガが外れたときに、却って厄介なことになるかもしれません。

一方では、シティホテルに「デイユース」のプランがどーどーと存在していたり、JTB が「カップルプラン」の宣伝をメールで送ってきたりしている状況もあります。そっちは規制しなくていいのか、という声が上がらないのも、考え方次第では妙な話です。結局のところ、夫婦であれ恋人達であれ、そこでナニをするかは基本的に自明なわけで。

結局、これも「単純に白黒つけて一刀両断しようとすると破綻する」という類の問題なんじゃないですかねぇ。

| | Comments (0)

May 20, 2006

安すぎたかも、のガイドライン

【うそ】マイケル・モーズレー米空軍参謀総長インタビュー【うそ】

F-22A の価格について参謀総長は、「安すぎたかも」とそれぞれ内包する技術や原価を考慮した発言をする。参謀総長は F-15 イーグルの導入時を振り返り、

「これは F-22A の価格です。高いとか安いとか、"戦闘機として" というくくりでは考えてほしくないんです。F-22A というものは他にはないわけですから。
例えば、アメリカ軍の士官食堂で食事をした時の代金と、ミャンマー軍での食事の代金を比べるのはナンセンスですよね ? これは極端な例ですが、まさにそういうことなのです。その戦闘機で何ができるか、というのが問題なのです。すばらしい体験ができるのなら、価格は問題じゃないと考えています。

F-15 イーグルの調達を始めたときも高いと言われました。B-2A スピリットのときもそう。しかし、いざ実戦配備されると、どちらもそれまでの軍用機では考えられないような実力を示しました。それは、どちらもそれ以前の軍用機では実現不可能な戦闘ができたからです。
F-22A でも、最新のステルス技術やスーパークルーズ、Link 16 や TTNT といったデータリンク機能によるネットワーク中心戦闘など、これまでには体験できなかったワンサイドゲームができるようになっています。そして、F-15 や B-2 のように、理解ある納税者なら間違いなく買ってくれると思っています」

と、価値観をどこに見いだしてくれるかによるのだという。


…いやしかし、本当に参謀総長がこんな発言をしたら、議会で袋叩きに遭うのは間違いないでしょう。

| | Comments (2)

May 19, 2006

ノーツ兵器だっ !

EADS 社が納入するオマーン軍の新型指揮管制システムでは、Windows Server 2003 や Lotus Notes R7 を活用する由。

大変だ !
「Windows 兵器」と「Notes 兵器」じゃないか !
マイクロソフトと IBM に回収を求めなくていいのか !
マイケル・ムーアなら突撃取材ものだぞ !

>> 誰とはなく

| | Comments (0)

May 18, 2006

新型 PC 二題

個人的に買いたいと思うかどうかはともかく、メーカーが工夫を凝らした新製品を送り出してマーケットを刺激するのは、基本的にはよいことです。それはそれとして、何かと話題の新製品 2 機種について、個人的に感じたこと。

◎MacBook
現物の写真を見た途端に、既視感にとらわれました。何が ? キーボードが。
この "スイッチ感あふれるデザイン" のキーボードは、まるで三菱電機の「Pedion」みたいじゃあーりませんか。子供がイタズラして取っちゃわないように、ということで、こういうデザインになったらしいのですが。

◎VAIO type U VGN-UX50
いかにもソニーらしい、とはいえますね。こういうモノを作って話題を攫ってこそソニー。小さなモノを作らせてこそソニー。ただ、この手の商品はなかなか実績に結びつかず、長続きしにくいという現実もあるわけですが。
それと、同じモノでも作ったのがソニーでなかったら、記事の数や記事そのものの分量が半分ぐらいになってたんじゃないかと。どこのメディアでも、大きく扱ってもらえるのは 1 にアップル、2 にソニー。3・4 がなくて、5 がその他。ふざけた話だと思いますが、視聴率やページビューが気になる商業メディアとしては、致し方ない部分もあります。

| | Comments (0)

May 16, 2006

エコノミーホテル (2)

(「エコノミーホテル (1)」からの続き)

この手のホテルの特徴は、朝飯が簡素化されている点にあります。東横インではおにぎり・みそ汁・コーヒーだけでしたが、スーパーホテル新井・新潟では一応、「朝食バイキング (和食 & 洋食)」の体裁になっていました。もちろん内容は "それなり" ですけれど、なにせ一泊 \4,980-。それを考えれば頑張ってます。まともなシティホテルの朝食バイキングなら、それだけで \1,500- かそこら必要なんですから。

こういうのと比較すると「豪邸」に見えてしまうのが、夏油と安比をハシゴしたときに利用した、ホテルメッツ北上。もっとも、メッツは先の 2 つよりもひとクラス上に分類すべきではないか、という気もしますが。

004

この 3 軒、いずれも部屋にイーサネットのコネクタが来ていて、高速インターネット接続が可能だったのは重宝しました。しかも、インターネットへのアクセス回線は光ファイバーで、8M ADSL を使っている自宅より速いぐらい。新井に行ったときに、ちょうど MS 製品の定期更新日とかち合ってしまったので、ホテルの部屋で Windows Update してしまったのは秘密です。

ただし、東横インでは FTP 接続ができなかったのが減点要素です。これでは Web サイトの更新やログのダウンロードができません。そこで、FTP だけは仕方なく PHS を使いました。本当なら VPN 接続も許可して欲しいところですが、これは比較的レアな使い方だから、致し方ないかも。

| | Comments (0)

エコノミーホテル (1)

分かりやすく総称する言葉を思いつかないんですが、サービスを簡素化してコストダウンしたビジネスホテルの一群というのがあります。R&B ホテル、東横イン、ロイネットホテルズ、スーパーホテルなどなど。

一度、小樽の某所で大ハズレを引いて以来、私は泊まる場所にはそれなりにおカネをかける主義です (といっても程度問題ですが)。ネグラの快適性は仕事や旅行の良し悪しに直結しますから、いくら安上がりでも、著しく快適性を損なう要因があると忌避したくなります。ただ、以前だと「安かろう悪かろう」だったのが、最近の新興ビジネスホテルの一群は、安価でもそれなりに快適に使えるのも事実。

去年の末に安比に行ったとき、「話のタネに使ってみるか」ということで盛岡の東横インに泊まってみました。それなりの予測はしていたのですが、ひとつだけ想像を超えていたのが部屋の狭さで、さすがにこれにはビックリ仰天。ドアを開けて、細長い通路を奧に向かっていった先の風景がこれ。

001

002

たまたま、私が泊まった部屋がエレベーター裏の隙間に押し込んだような部屋だった、というのもあるのでしょうが、特にベッドとデスクの間のくっつき加減は超絶モノです。家庭用のエアコンをそのままつけてあったのにも、ちょっとビックリしましたけれど。
Web サイトの写真で見る限り、ノーマルのシングルルームはもうちょっと余裕があるようです (参考)。


次は、このあいだ ARAI にスキーをしに行ったときに泊まった、スーパーホテル新井・新潟の部屋。普通のシングルではなくて、スーパールームと称するツインルームなのですが、ベッドが二段になっているのがキモです。しかも、それぞれが直交しています。

003

こんなの初めて見ました。でも、こういうレイアウトにすると圧迫感がないのはよいですね。上段に上がるハシゴと洋服掛けを上手く組み合わせてあるのは良いアイデアです。
スーパーホテル新井・新潟では、部屋が狭いという印象はありませんでしたが、ユニットバスが超絶モノの狭さでした。私はスレンダーだから平気ですが、太ってたら辛そうです。まあ、そういう人は温泉大浴場に行ってもらうということで。

あと、部屋に電話がなかったのも特徴的。でも、携帯電話を持っている人が多いでしょうから、これは大して差し支えなさそうです。

(つづく)

| | Comments (0)

May 14, 2006

所要時間の速算

高速道路をクルマで走っているとき、あるいは都内を電車で移動しているときに、所要時間をパッと知りたい場合があります。新幹線みたいな乗り物であれば、事前に時刻表で調べるわけですが、東京近辺で電車に乗るのに、いちいち時刻表を調べたりしないものですから。そんなときの個人的ノウハウ。

◎電車編
都市部の通勤電車や地下鉄であれば、駅間距離は 1km 前後のことが多いので、「一駅 2 分」で計算すると、おおむね実態に近い数字が出ます。ただし、これは通過駅がない、各駅停車の話です。通過駅があれば所要時間は縮まるのが普通ですし、逆に郊外では駅間距離が広がるので上乗せする方がいいかも知れません。

◎高速道路編
90km/h で走ると分速 1.5km。120km/h で走ると分速 2km。だから、目的地までの距離をこれらの数字で割れば、所要時間は分単位で概算できます。起点に向かって走っている場合ならキロポストの数字をそのまま、その他の IC や SA・PA ならカーナビの画面や看板に出る距離を、それぞれ同様に割り算します。
電光掲示板や VICS で表示する所要時間予測は、どうやら 80km/h で走っている前提で、かつ 5 分単位か 10 分単位に切り上げているようなので、場合によっては妙に過大な数字になる場合があります。

| | Comments (0)

May 12, 2006

リッターあたり 131 円

春スキーの時期になると公共交通機関が使いにくくなるので、クルマで行くことが多くなります。最近はガソリンが高値なので、頭が痛いです。もっとも、うちのクルマはレギュラーガスで走るので、まだマシです。それに、高速がメインならリッター 12km 前後は走りますし。

近所のガススタだと会員価格 \134- (通常価格はもっと高い) ですが、意外な穴場は高速道路のガススタ。あれはどこの SA/PA で入れても同じ価格になるように統制 (?) されていて、その統制価格が現時点でリッターあたり \131-。下手な市中のガススタより安いのですね。
これは、統制価格が卸価格の変動に対してリアルタイムに追従せず、定期的な見直し時期にだけ変動するから、らしいのです。次の価格見直しで、この現象は解消されることでしょう。だから、価格が下がる時期には反対に、市中の価格と比べて高速道路で入れるガソリンがすごく高くなることもあり得ます。

高速道路のガススタというと「市中より高い」というイメージがあり、他に選択肢がないとき以外は避けてしまいがちですが、たまにはこんなことも起こる、という話でした。

参考リンク :
http://www.e-nexco.co.jp/company/pr/honsha/2006/0330/index.shtml

| | Comments (0)

May 11, 2006

気分は寝台車 !?

昔は、夜行列車に乗ると運転中に乗務員が来て寝台をセットしたり、逆に寝台を解体して座席に戻したりしていました。運転時間が長くて、座席を必要とする時間帯が無視できないくらいあった、ということなのでしょう。
今では省力化のために、最初から寝台はセットしたままですし、途中で解体するようなこともありませんから、これも歴史の一コマです。581/583 系の寝台設置/解体作業なんか、メカヲタクの人が見たら感涙モノだと思うのですが。

話は変わって。

毎日、「Kojii.net」のログ解析をしていますが、特にリファラに注目しています。
昨日の分のログでリファラに登場した「にゅーあきばどっとこむ」さんで紹介されていたのが、「変形コンピュータベッド」。普段は PC 用のテーブルですが、折り畳み式になっているベッドを引き出すと寝床に変身するという優れもの。私が学生の頃に住んでいたような狭いアパートにこれがあれば、どんなに助かったことでしょうか。

そんなことよりなにより、この「変形コンピュータベッド」の機構は、なんだか国鉄の寝台車が備えているベッド折り畳み機構と似た印象を受けます。シングルベッド版のアームや袖体の外見は 14 系の B 寝台 (中段。電動昇降式) にそっくりですし、ダブルベッド版の方は (幅がまるで違うものの) ナロネ 20 の 1 人用個室を彷彿させます。
昔、夜行列車に乗って寝台設廃作業を興味津々で眺めていたような人なら、とても楽しめそうです。

ふう。これで冒頭の話題とちゃんと結びついたぞ、っと。

| | Comments (4)

May 09, 2006

"不発弾" の真実

佐世保の米海軍基地で、工事現場から不発弾が発見されたそうです。もちろん、太平洋戦争中に投下されたやつでしょう。

「不発弾」とは、投下されても信管が作動しなかった爆弾や砲弾のことです。信管とは早い話が起爆装置で、直撃した瞬間に起爆させる「瞬発信管」、直撃してから数秒後に起爆させる「遅発信管」(遅動信管)、発射から一定時間が経過すると起爆する「時限信管」、電波やレーザーを使って近くに物体が接近すると起爆させる「近接信管」など、いろいろなバリエーションがあります。

勘違いされやすい話なのですが、炸薬が詰まっているとはいっても、爆弾や砲弾を起爆させるのは信管なので、その信管が作動しなければ炸裂しません。衝撃などで起爆しにくいように工夫した「低鋭敏性炸薬」なんてものもあるぐらいです。
そのため、信管を抜いてしまえば、爆弾や砲弾そのものをパワーショベルでひっかけても爆発しません。つまり、「不発弾処理」とは信管を抜いて無力化する作業なのです。ただし、元々は作動させるつもりでセットした信管ですから、何かの拍子にいきなりドカンと来る可能性はあるわけで、そのために爆発物処理班という専門家集団が必要になります。

ちなみに、信管のことを英語で fuze といいます。だから、「○○信管」は「○○ fuze」といいます。種類によって、爆弾や砲弾の先端に取り付ける場合と、後端に取り付ける場合があります。
似たようなパーツで雷管というものもありますが、こちらは blasting cap といいます。信管というと爆弾・砲弾・ミサイルの弾頭といった軍用品に限定されますが、雷管の方が対象が広くて、ダイナマイトを起爆させる場合、あるいは銃の薬莢を作動させる場合などに用いられるパーツも雷管です。イラクなんかで武装勢力の武器集積所が発見されたときの報道発表では、"fuze" と "blasting cap" は別物として扱われています。

| | Comments (10)

引きこもり支援

引きこもり支援 NPO 無理やり連行・監禁、ほかに数人」(asahi.com)

「引きこもり支援」って、強制的に引きこもらせるって意味だったのね… それは「支援」とはいわないのでは。

| | Comments (0)

May 08, 2006

キャンセルはダブルクリック

こちらで話題になっていた「ダブルクリックで行き先指定を解除できるエレベーター」の話。

私はかなり以前から知っていましたが、初めてこの種のエレベーターに遭遇したのは、実は調布にあるマイクロソフトのオフィスです。ある日、同僚が

「知ってた ? これってダブルクリックするとキャンセルできるんだよ」

と教えてくれて、まさに

( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェー

という感じ。以来、あちこちでエレベーターに乗る度にダブルクリックを試しては、ひとり、悦に入っています。しかし、私が住んでいるマンションのエレベーターは残念なことに、ダブルクリックが通用しないタイプ。

一般的傾向としては、比較的新しめで黒くて四角いボタンを使っているエレベーターだと、ダブルクリックが通用する場合が多いようです (言葉だけだと分かりにくいので、どこかで見つけたら写真を撮ってきます)。古い建物でもエレベーターだけ交換してることがありますから、外見だけでは分かりません。

傑作だったのは、今は亡き新宿の T-ZONE。エレベーターのボタンの脇に「このエレベーターはダブルクリックするとキャンセルできます」と張り紙がしてありました。「ダブルクリック」と明記してしまうあたり、さすが PC 屋さんです。同じ新宿のヨドバシカメラ本館にも、一部にダブルクリック対応のエレベーターがあったような気がしますが、こちらはそんな張り紙はしていませんね。

なんにしても、はなから「各駅停車エレベーター」に設定されている Apple Store 銀座には無縁のお話でございます、はい。

| | Comments (6)

May 05, 2006

160 円でバスを貸し切った話

前のエントリでは熱くなってしまったので、渋滞のニュースを見ていたら思い出した話をひとつ。
実は、あちこちで喋って回っている話ですが、本館でもここでも書いたことがなかったので。

まだ学生の時分で、小田急沿線に住んでいた頃の話です。
調布に住んでいた友人のところを訪ねた後、「さて、どうやって帰ろうか」と思案しました。京王相模原線だと稲田堤・登戸と二度の乗換が必要で、しかも稲田堤は駅が離れてます。明大前まで引き返して下北沢に出るのも大変です。そこで、小田急の柿生に行くバスがあるのを見つけて、それを使うことにしました。神奈川県内に住んでいたので、目的地に近い方がバスの後の電車代が安くつくという理由で。

南口のバス乗場に出て時刻表を確認したところ、確か 17 時台で、03 分と 48 分のバスがあったと記憶しています。ただし 03 分は過ぎてしまっていたので、バス停の前にある「真光書店」(「まひかりしょてん」ではなくて「しんこうしょてん」)に立ち寄り、40 分過ぎにバス停に戻りました。

ちょうど 48 分頃にバスが来ました。バス停には「交通事情のために遅れる可能性が云々」とあったので、時刻通りに来るなんて偉いじゃないかと思いつつ、160 円払って乗り込みました。乗客は私だけでした。
ところが、その後がいけません。大渋滞に巻き込まれて、多摩川原橋を渡るまでにどえらい時間がかかる始末。最前列の席にいた私も、運転手さんも、もはや諦めムードでウンザリです。

そして、運転手さんが唯一の乗客である私に、確か「お客さん、どこまで行くの」とか何とか訊ねてきたのです。そこで私、「終点の柿生までですぅ」。そしたら運転手さんの返事がこれです。

「すみませんねぇ。実はこれ、03 分のバスなんですよ」

( Д) ゚ ゚ ポカーン

確か 1 時間以上かかって、やっとこさ多摩川原橋を渡りました。その後は、鶴川街道を通って稲城、黒川、柿生と移動するルートです。その途中、稲城のあたりで向こうから来たバス (本来の 48 分発) とすれ違ったら、なんと運転台の位置を合わせてバスを止めてしまい、双方の運転手さんが一言二言。「本来なら、もう車庫に入ってる時間なんだけどネー」とかなんとかボヤいてました。

# そりゃボヤきたくもなるけど、道をふさがないで YO!

その後は何も問題なく柿生に到着したのですが、もう時刻なんてメチャクチャです。そして、調布から柿生までの間、乗降はゼロ。つまり、私は 160 円で 2 時間ばかり、バス 1 台を貸し切ってしまったというわけです。もっとも、こんなに時刻がアテにならないバスでは、利用したくても無理ですが。

それからずいぶんと月日が経過して、調布駅南口に何年か住んでいました。その頃には、確か柿生行きのバスはなくなってしまったのか、路線免許維持のために極めて間引き運転していたのか… そして、私はクルマを買って自分で運転するようになったので、多摩川原橋を起点とする鶴川街道の渋滞にはさんざ悩まされたものです。

この多摩川原橋が 4 車線になるそうですが、南武線・京王線の立体化と合わせて、鶴川街道の渋滞緩和に多少は貢献することでしょう。と期待したい。

追記
そういえば、安比高原から盛岡に向かうバスを一人で貸切状態にしたこともありましたけれど、これは「1,070 円で 1 時間」。それと比較すれば、「160 円で 2 時間」の方がインパクトが大きいですね :-)

| | Comments (0)

May 04, 2006

自己満足な平和活動

綾波書店」さんからの情報によりますと、例の杉原氏、強力な援軍 (苦笑) を得たようです。転送・転載歓迎だそうなので、遠慮なくやらせてもらいましょう。

[AML 6944] Fw:『確かにパソコンは丈夫な方がいい』ピースチョイス情報 (44) より引用。

----- 引用はじめ
【転送・転載歓迎/重複失礼】 
 
 杉原浩司です。先日4月22日に発信した、イラクなどの戦場で使用され今なお虐殺に加担している松下電器製ノートパソコン「パナソニック・タフブック」の回収を求める呼びかけを、「ピースチョイス」の方が転送紹介してくれました。貴重な補足情報が含まれていますので、下記に紹介させていただきます。(この件につき情報などありましたらお寄せいただければ幸いです)

※なお、私が文中で引用した『戦うコンピュータ』(毎日コミュニケーションズ)の著者である「テクニカルライター」の井上孝司さんが、私の呼びかけに対する興味深い「批判」を自身のサイトに書かれていますので、こちらもご参考までに紹介します。

●「opinion:松下電器はパソコン兵器の回収を、だって!?」
  (井上孝司さんのサイトより)
 → http://www.kojii.net/opinion/col060501.html

●以下は「ピースチョイス」さんの紹介文です。
[ピースチョイス→ http://3chan.net/~peacechoice/index.htm ]

□転送歓迎(ピースチョイスより、と付記くださると助かります)□

 今号はメールの転送です。ピースチョイスとしても、是非とりあげたいことをやってくださったので、御紹介します。

 以下杉原さんのメールで話題にしている商品は「パナソニック・タフブック」です。
http://panasonic.biz/pc/toughbook/index.html

 確かにパソコンは丈夫な方がいい。しかし戦場の過酷な環境に耐えるほどの丈夫さはいるのでしょうか。
 パソコンがより便利になって気分のよいことはたくさんあります。しかし戦争で敵を殺すのに大活躍しているパソコンは気分のよい商品だろうか。

 イラク駐留兵の技術サポート担当者は、大きなボストンバッグほどのケースを携帯しており、中にパナソニックのコンピューターと通信技術の一式を積んでいます。(hotwiredの記事参照)
http://www.wired.com/news/images/0,2334,65182-15702,00.html

 IT技術の発展により、戦場での生死は、兵士の強さではなく、情報量にかなり左右されるようになった。ベトナム戦争映画で観たようなジャングルで孤立しているアメリカ兵はもういないのです。

 イラクで駐留兵は、遠くの状況を衛星写真を呼び出して、敵の姿を確認し、適切な攻撃方法を決定し、必要な応援や資材を呼び出している。こうしたシュミレーションや計算にパソコンは欠かせません。
 イラク民兵や、場合によって民間人は、こうしたIT技術によって捕捉され、狙われ、効率よく殺されていくデータみたいなものです。

 パナソニックは、単なるハードとしてのパソコンを提供しているだけというかもしれません。本当でしょうか。

 パナソニックは、米軍がどういう使い方をするか知っていて、パソコンを納品しています。決してアメリカ国内の米軍兵の給料を計算するためのものでなく、戦場でどのように人殺しを「支援できるか」について知っています。
 そしてこの取引をありがたいと思っている。今後も戦争や占領が継続して、取引が伸びることを願っている。

 杉原さんが言うように石油暖房機の犠牲者の命は尊重しても、イラク人のそれは大したことない、ということでしょうか。

 松下電器の基本理念には「全世界に事業を展開しているグローバル企業として、私たちは、人権を尊重し、各国・各地域において法令を順守するとともに、文化・宗教・価値観などを正しく理解・認識することに努め、それらに対し敬意をもって接し、誠実に行動します。」とあります。
----- 引用終わり

私が本館で書いた指摘については、貴重なとか何とかいいつつも、見事にスルーしています。大方、そんなことだろうと思いましたが。反論のひとつでも頂戴できればと思ったのですが、甘かったようですね。

上のメールを見ると、どうやら「松下が掲げる企業理念と、米軍が松下製品を使うことは矛盾している」という言い分のようです。
じゃあ、松下が Toughbook を米軍に納入しなければ、それで万事オーケーなのかと。松下以外の企業が米軍に製品を納入するのはオーケーなのかと。松下だけが杉原氏の視点から見て「いい子」になればそれでいいのかと。HP の iPAQ が FBCB2 の端末になって、件のメールで扇情的に

イラク民兵や、場合によって民間人は、こうしたIT技術によって捕捉され、狙われ、効率よく殺されていくデータみたいなものです。

と書かれている行為に活用されることは問題ないのかと。どうなんですか。

ずいぶんと底の浅い「平和運動」じゃありませんか。え ?
民生品の軍事利用がかつてないほどに盛んな昨今、そのすべてを問題視するというなら、まだ分かりますよ。でも、「松下だけをターゲットにすることの説明が全然ついていない」という事実は変わらないのです。

杉原氏が猛反対されている様子の MD にしても、イージス・システムのベースライン 7.1 では MIL Spec 対応品がほとんど消え去って、ほぼ完全に COTS 化されているわけですよ。それなら、「MD 反対活動家」の杉原氏としては、そのベースライン 7.1 に使われているコンポーネントの納入について、ことごとく反対してメーカーに回収を要求するのが筋じゃありませんか。松下だけ槍玉に挙げておいて、そっちはスルーですか。

それとも、英語で文句を書かなければならない相手はスルーなんですか。目の前の、取り付きやすい相手しか攻撃しないのが氏のやり方なんですか。それで世界が平和になると思っているんですか。イラク人の生命は尊重しても、ダルフールやコンゴやその他の紛争地域で亡くなっている人のことはスルーなんですか。

だから、杉原氏の最初のメールみたいなのを、私は「オナニーだ」って書いたんですよ。「Toughbook の回収を求めたり、イージス艦の入港に反対するよう求めたり、といった呼びかけをしている自分」に酔ってませんか、あなた。

追伸
「ピースチョイス」さんにも一言。とりあえず「IT 技術」とか「シュミレーション」とかいう誤記は恥ずかしいから、止めた方がイイと思いますよ。老婆心ながら。

| | Comments (6)

May 03, 2006

仕事用のカバン

そろそろ、普段のノリに戻しましょうかね。

◎ワラタ 2 ッキ:オシャレなバッグない ?
http://blog.livedoor.jp/warata2ki/archives/50031958.html

↑爆笑してしまいました。「白衣」というだけで早とちりしたのが失敗のもとですね。私も理系大学生だったから、本やノートなんかが大量にあって、通学の際には荷物が重くて往生したものです。

それはそれとして。
仕事に必要な小道具がいろいろあります。ノート PC は当然として、取材・打ち合わせの記録に使う IC レコーダー、名刺ケース、地下鉄の路線図・乗換案内図。さらには IC レコーダー用の予備電池、ボールペン (なぜか Lockheed Martin のロゴ入り)、三文判、その他ゴチョゴチョと。

こういったものをカバンに放り込むわけですが、デリケートなデジタルものもあるので、頑丈なつくりの方が嬉しいです。そこで愛用しているのがゼロハリの PC ケース・DZ5。丈夫なことはこの上なしですが、重くて仕方ありません。ショルダーなので振れやすいのも問題で、某所でガラスにぶつけて割りそうになったこともあります (汗)。
そこで最近では、状況によってカバンを使い分けて、軽量化を図ることもあります。取材なんかでは持ち歩くものが多いのでゼロハリ、編集者との打ち合わせや私用外出ではノート PC だけあればいいのでもっと簡素に、といった具合でしょうか。

Pict0303

もっぱら仕事用のゼロハリ。何か貴重品を持ち歩く場合にも、これを携えて出動。やたらと重たい体力練成アイテム。

Pict0302

だいぶ前に新宿小田急で買ったカバン。軽くていいけれど、中が細かく仕切られすぎていて、ややアイデア倒れの感もあり。一応 VAIO Type S でも収まるサイズ。

これが女の人だと、さらに細々と持って歩くものが増えて、しかもバッグをいろいろ使い分けるんだから大変ですね。
そういえば、どうしてレディスファッションの業界ではバッグのことを「バック」って書くんでしょうか。謎です。

| | Comments (2)

May 02, 2006

日本パソコン兵器ユーザー会

http://toughbook.jp/faq.html

より引用。

>その他雑多な話題
>Q. 日本パソコン兵器ユーザ会に名称変更する予定はありますか。
>A. そのような予定はありません。

激しくワロタ。笑いすぎてお腹が痛いです。
例の電波メールが投稿されたのを受けて追加したのですね。ちゃんと当該投稿にリンクしてあるし。

| | Comments (7)

May 01, 2006

無題

いやー笑った笑った」の続編。

ジョークでポスター作っちゃいました。お持ち帰りはご自由にどうぞ (クリックすると拡大します)。

Toughbook2

ちなみに、このポスター作成には、又吉イエス風選挙ポスター生成スクリプト「e-マタヨシ」を使わせていただいております。

| | Comments (4)

« April 2006 | Main | June 2006 »