« デジカメ遍歴 (前編) | Main | F-35 のニックネーム »

Jun 02, 2006

デジカメ遍歴 (後編)

デジカメ遍歴 (前編)」の続き。

5 台目 : Canon IXY Digital 200a
PowerShot G2 は、常に持ち歩くにはちょっと大きくて重かったので、携帯性の高さに期待して買い足した 1 台。スキーにデジカメを携えて行くようになったきっかけでもある。実際、匡体はいたってタフ。
画素数とレンズの関係もあり、画質はそれなり。バッテリが小型で、持続時間があまり長くなかったのが泣き所。これをきっかけに「主力機」と「携帯機」の 2 台体制になった。

6 台目 : MINOLTA DiMAGE A2
α-7 Digital の話が聞こえてきていたものの、重いから、という理由でデジタル一眼は遠慮して、PowerShot G2 と入れ替わりに投入。ズームリングが手動式、しかも光学ズームが 7 倍もあるのはとても良い。
バリアングル液晶ではないものの、電子式ファインダーと液晶ディスプレイが上向きにチルトするのは、ローアングルで撮影するときなんかに便利。機能ごとに独立したボタンを用意しているので、ボタンやスイッチだらけ。でも、パッと設定を変えるには、この方が助かる。
どうも画質がパッとしないなあと思ったのは、発色が派手な PowerShot から乗り換えたせい。いろいろ試した結果、ホワイトバランスをこまめに合わせてやることで、かなり改善された。ただ、晴天だと雪面が白飛びしやすいので、スキー場に持って行くには不向き。

7 台目 : Canon PowerShot S50
IXY Digital 200a と入れ替わりに、画質改善を目指して 2004 年春にリプレース。ガタイは大きくなったものの、これもタフだし、バッテリ寿命は延びたし、画質もなかなか。操作系が大きめなので扱いやすく、スキーの友として酷使中。筐体の表面が濡れるような目に何度も遭っているのに、ビクともしないのは立派。

8 台目 : KonicaMinolta α-Sweet Digital
コニミノがカメラ事業から撤退するというので、手持ちのαレンズを活用するべく慌てて購入。これからガシガシと使い込む予定。
手持ちのαレンズはすべて使えるし、しかも手ぶれ補正がバッチリ効く。しかも、バッテリが DiMAGE A2 と共通なのも助かる。レンズがいいおかげなのか、それとも CCD サイズのせいか、全体に画がシャキッとした感じなのはよい。オートホワイトバランスも DiMAGE A2 より改善されている感じ。

|

« デジカメ遍歴 (前編) | Main | F-35 のニックネーム »

Comments

デジカメは親父様からもらったのと、自分のお金で買った二台だけですが、ああいうのは面白いですよね。
2台目を購入したのは部活でも使うからなんですが、PowershotA80でした。

でも、井上さんの場合はお仕事な訳で……あれ? スキーの友?

Posted by: ちっち | Jun 02, 2006 at 11:22 PM

えー、あー、うー (大平正芳か YO! > おれ)

特にカメラというやつは、普段からいろいろな状況で使って "手に慣らして" おかないと、イザというときに役に立ちませんから (^^;

Posted by: 井上 | Jun 03, 2006 at 01:35 AM

>イザというとき
八戸行きのはやてに乗り合わせたヘイデン大将に巡り会ったときのIXYとかですか?αじゃおおきいし、Caplio Pro G3だとHackされちゃうし。

Posted by: sionoiri | Jun 03, 2006 at 07:42 AM

そそそそんなことは (汗)

ちなみに、3 台目のサイバーショットは Fort Meade まで行ったことがあります。

Posted by: 井上 | Jun 03, 2006 at 12:50 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« デジカメ遍歴 (前編) | Main | F-35 のニックネーム »