« デジカメ遍歴 (後編) | Main | ノロノロ暴走するエスティマ »

Jun 03, 2006

F-35 のニックネーム

Choice of Names for JSF Narrows (DefenseNews.com)

F-35 のニックネーム候補が、以下の 6 種類に絞り込まれたそうです。

  • Black Mamba
  • Cyclone
  • Lightning II
  • Piasa
  • Reaper
  • Spitfire II.

んー、どれもパッとしないような。"Lightning II" は YF-22A でも取り沙汰されていたニックネームだし、Black Mamba なんて…
そういえば、1990 年代初頭に TR-3A Black Manta なるステルス偵察機の存在が噂されましたけれど、あれって何だったんでしょうね。

個人的には "Cyclone" かな。でも、これはこれで三菱自動車のエンジンみたいだし (いつの話だよ)

|

« デジカメ遍歴 (後編) | Main | ノロノロ暴走するエスティマ »

Comments

個人的にF-16ファルコン(タカ目)繋がりで「ケストレル(チョウゲンボウ)」希望だったのですが。

Posted by: 通行人 | Jun 04, 2006 at 04:14 AM

個人的には、ケストレルというと Rolls-Royce のエンジンを連想します。ハリアーのプロトでもいいのですが。

世界各地で 3,000 機以上使おうという大企画なんですから、もっとこう、華のあるネーミングにならないもんでしょうか > JSF

サイクロンで思い出しましたけれど、トヨタが LASER っていいだしたのをきっかけに、自動車メーカー各社がエンジンにニックネームを付けるのが流行りましたね。トヨタの LASER と BEAMS、三菱のサイクロンは覚えてるんですが、他所は何でしたっけ。
笑えるのは、トヨタが調子に乗ってサスペンションにまで PEGASUS と命名して大コケしたこと。

Posted by: 井上 | Jun 04, 2006 at 11:47 AM

さすがにHurricane II は付けられんようだなあ(笑)

Posted by: さはらあきら | Jun 18, 2006 at 01:46 AM

そういえば、張拳娘・加藤里奈 という駄洒落もございましたが。

Posted by: 井上 | Jun 18, 2006 at 11:31 AM

6月12日付Air Force Timesに、F-35のニックネーム候補の由来について簡単な説明が記載されていました。以下、拙訳です。

・Black Manba アフリカで最も素早く、最も危険な(deadliest)爬虫類とされている蛇。オランダがこの名前を提案した。
・Cyclone サイクロンは第二次世界大戦期のピストンエンジン(の名前)である。今日では、カナダ軍がCycloneというヘリコプターを購入している。
・Lightning Ⅱ 初代ライトニングは、第二次世界大戦期の双発・双胴の迎撃機、ロッキードP-38である。Lightning Ⅱは海軍と空軍からノミネートされた。
・Piasa 中西部のネイティブアメリカンの伝説に登場する獰猛な鳥。この名前は「pie-uh-saw」と発音される。デンマークが提案した。
・Reaper 「Reaper(死神)」という名前自体は、空軍の歴史ではそれほど多く出てこない。「Grim Reapers」は第二次世界大戦中の第423爆撃飛行隊(423rd bomb Squadron)の名前である。
・Spitfire Ⅱ スピットファイアは第二次世界大戦期の英国製戦闘機だが、陸軍航空隊のパイロット達が英本土や北アフリカの飛行場からこの機体に乗って出撃した。この名は空軍にコアリションのパートナーとして戦うという意識を強めさせるだろう。

Posted by: フィッター | Jun 29, 2006 at 09:36 PM

多国籍共同プロジェクトだけに、関係各国の顔を立てている、という印象がありますね。かつて、コンコルドが名前でもめたのは有名ですが。

でも、これは主力戦闘機のニックネームですから、「華」も必要だと思うのです。個人的には F-22A の Raptor だって微妙に不満です。

Posted by: 井上 | Jul 01, 2006 at 12:36 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« デジカメ遍歴 (後編) | Main | ノロノロ暴走するエスティマ »