« May 2006 | Main | July 2006 »

June 2006

Jun 30, 2006

年金生活者の税金

自営業をやっていると、4-6 月はキャッシュフローが辛い季節です。4 月に国民年金、5 月に自動車税、6 月に住民税と国保という具合に、タバになって請求が来るからです。自営業だけじゃなくて、年金生活者も同じです。

といったところで、最近になってメディアを賑わしているのが、「高齢者の税金や国保の保険料が急増して悲鳴を上げている」というニュース。国保の保険料は所得にスライドする (ただし上限あり) から、税金が上がれば自動的に保険料も上がるわけですが、ニュースの報じ方に腑に落ちない部分があります。

それは、「請求書が来て目を疑った」という書き方。
いや、税金や保険料が上がったのが怪しからん、という主張は、まだ分かりますよ。でも、「何の予告もなく突如として上がった」というのは間違いでしょう。それ以前に制度改正があるわけですから、そのことを承知していれば、少なくとも「請求書が来て目を疑った」ということにはならないわけです。制度改正があったことを誰も知らなかったというなら、それはそのことを報じなかったメディアの怠慢です。

第一、年金生活者は確定申告してるはずです。少なくとも、うちの両親はやってます。それであれば、自分の所得がどうなっているのか、控除制度にどんな変更が加わるのか、承知していて然るべきじゃないでしょうか。住民税にしたって、算出の仕方は毎年送られてくる書類に書いてあるんですから、それを基に計算できるんです。

演出としては「請求書が来て目を疑った」と書く方が盛り上がるんでしょう。でも、これは新聞記事であって、映画や舞台じゃありません。演出は不要です。
はっきりいってしまえば、「高齢者の負担増が怪しからん」という視点と「制度改正に関する当局側の周知徹底、ならびに納税者側の情報集めに問題がある」という視点がない交ぜになった、いささか扇情的に過ぎる記事の書き方じゃないでしょうか。

| | Comments (4)

Jun 27, 2006

ヤギさん暴れて降格

英国軍のマスコット「ヤギ少佐」が暴れて降格」(excite)

軍隊というのは案外と、動物をマスコットにする事例の多いところです。三沢の 35FW/13FS "Panther Pack" も、部隊のニックネームに引っかけて、かつて本物の豹を飼っていたとかいなかったとか。でも、そのマスコットに階級まで付けちゃうところが、イギリス式のこだわりとでも申しましょうか。

と思ったら、日本でもこんな話が。

| | Comments (2)

Jun 26, 2006

シンセ博物館

Synthmuseum.com

うぉぉぉぉぉぉぉぉぉ ! 懐かしすぎるっ ! かつての名機がてんこ盛りっ !

なぜかヤマハは載っていないケースが多くて、拙宅にある V50 も 404。
そんな中、GX-1 がしっかり載っているのにはビックリ。見た目はエレクトーンだけれど、中身はアナログシンセの集合体で、お値段 700 万円。さすがに、こいつを触ったことはありません。後で登場した FX-1 (確か、お値段 450 万円) は、妹とつるんで某所でいじり倒したことがありますが。

あと、ヤマハの CS01 とかローランドの JUPITER-4 とか、もう懐かしすぎて涙が出そうです。実は、JUPITER-4 や JUPITER-8 が載ってるローランドの、あるいは同世代のヤマハ製品のカタログ、まだ手元にゴロゴロしているんですが。

とにかくもう、ビンテージもの満載。私ぐらいの年齢より上の人だと、大喜び間違い無しじゃないでしょうか。

| | Comments (0)

Jun 23, 2006

F-35 計画のパートナー一覧

DID で見つけたのでメモ。カッコ内は SDD フェーズへの出資額。

Tier 1 Partners:
The USA (majority commitment), Britain ($2 billion)

Tier 2 Partners:
Italy ($1 billion); The Netherlands ($800 million)

Tier 3 Partners:
Australia ($150M), Canada ($150M), Denmark ($125M), Norway ($125M), Turkey ($175M)

Observer status:
Israel ($35M), Singapore

| | Comments (6)

先制攻撃 ?

>ペリー元国防長官が、北朝鮮がミサイルを発射する前に
>先制攻撃の意思を明確にすべきと提言した

「これは、アメリカが先制攻撃したという既成事実を作ってアメリカを悪者にすることで、ブッシュ政権の足を引っ張ろうとする陰謀なんだよ !」
「な、なんだってー (AA 略)」

本当にその通りなのかどうかはともかく、政治的駆け引きの観点からすると、ギリギリまで挑発しても何しても、とにかく北朝鮮に "先に撃たせる" ことが重要なんじゃないですかねぇ。こういう神経戦では、先に手を出した方が悪者にされてしまって、少なくとも政治的には負けです。

| | Comments (12)

Jun 21, 2006

兵器市場のグローバル化

別エントリのコメント欄で、テポドンが日本に着弾したら

「テポドンの残骸から英語が刻印されたパーツが見つかった。実はこれはアメリカの自作自演だ」

と騒ぐ人が出るんじゃないか、と書きました。景気が悪いのも路駐の取り締まりが厳しくなったのも郵便ポストが赤いのも、みんなアメリカが悪いと思ってる某方面の人なら、本当にこれぐらいのことはいいそうです。

実は、これの下敷きになるような出来事が OIF (Operation Iraqi Freedom) で発生しています。

米軍が 2003/3/22 にイラクに向けて航空攻撃を仕掛けた際に、ADM-141 ITALD (Improved Tactical Air-Launched Decoy) なるものを使いました。これはプログラムされた通りに飛行しながら敵の対空捜索レーダーに探知されると応答、自分を本物の航空機であるかのように見せかけます。つまり、これを撃ち込むことで「米軍機の大群が押し寄せている」と思わせるダマカシをやったのですね。全長 2.34m、翼幅 1.55m、重量 280kg。

ところが。後で発見された ITALD の破片に「イスラエル製」の刻印だかなんだかが書かれていたので、さあ大変。イラク側は「イスラエルが密かに参戦している」と騒ぎ立てました。実は、ITALD はイスラエルの IMI 社 Advanced Systems Division が開発・製造している製品で、それを米軍が購入して使ったもんですから、こういうことになっちゃったんですが。

これ以外にも、米軍が他所の国から導入した製品はいろいろあります。パッとリストアップするには多すぎるぐらい。この業界もいろいろとグローバル化しておるのです。

参考 :
IMI 社の製品紹介
fas.org の記事

| | Comments (4)

軍事英語入門 IV (米空軍の部隊名)

久々にこのネタを。

米空軍の場合、地域別・任務別に Command (軍団、あるいはコマンドと書きます) があり、その下は以下のような構成になっています。


  • 航空軍 : Air Force
  • 航空団 : Wing
  • 航空群 : Group
  • 飛行隊 : Squadron
  • 飛行班 : Flight
  • 2機編隊 : Element

このうち Flight については、4機編隊を意味する場合もあります。第二次世界大戦以来、戦闘機の編隊は 4 機がひとつのまとまった単位になっているのと関連するのでしょう。

通常、ひとつの航空団の指揮下に、作戦群 (OG : Operations Group)、兵站群 (LG : Logistics Group)、支援群 (SG : Support Group)、医療群 (MG : Medical Group) があり、そのうち OG の指揮下に飛行隊が 2-4 個ぐらい入ります。その飛行隊がさらに、飛行班以下に枝分かれするわけです。

「群」の下にさまざまな「隊」が入る構成は、兵站群・支援群・医療群についても同じです。このように、機体を飛ばすだけでなく、その機体に対する後方支援や給養・医療・事務・従軍牧師まで、必要なものは全部ワンセットになっているわけです。

航空軍以下の部隊名称は通常、数字を使います。だから、「1st Fighter Wing」なら「第 1 戦闘航空団」と訳します。
これがイギリス、あるいはイギリス連邦諸国になると、地名だのロイヤルほげほげだのクイーンズほげほげだのと、いろいろとややこしい名称が出てきて覚えるのが大変です。でも、部隊名というのは過去からの「伝統」を継承する大事なものなので、簡単にコロッと変えることはしません。

| | Comments (0)

Jun 19, 2006

トップ交代劇

アメリカの防衛関連大手、L-3 Communications 社 CEO の Frank C. Lanza 氏が先日、74 歳で亡くなったそうです。
同氏は積極的な M&A を仕掛けて業容を拡大、L-3 社を防衛関連のメジャー・プレーヤーに育てたのですが、その CEO が突然いなくなってしまいました。その結果、これまでとは逆に、L-3 社がどこかに買収されちゃうんじゃないの ? なんて話が取り沙汰されているようです。トップが一人いなくなっただけでこんなことをいわれるのですから、L-3 は Lanza 氏の個人商店みたいなもの、という見方が、以前からあったのかも知れません。

そういえば、日本にも何やら似たようないわれ方をされている会社があったような…

比べちゃいけないのかも知れませんが、Bill Gates CSA が引退を発表した Microsoft の場合、それが原因で「Microsoft がどこかに買収されるんじゃないか」とか「これで急激に弱体化するんじゃないか」とかいういわれ方はしません。そもそも、あの会社は BillG 一人で全部動いているわけではありませんし、トップでも下っ端でも、プレーヤーが一人交代しただけで弱体化するような組織ではいかんのです。

そういう観点からすると、L-3 社は急激な成長に組織面が追いついていなかったのかな ? なんて勘繰ってしまいました。同社が関わっている大型プロジェクトはいろいろあるだけに、ヘンなところで影響が出ないといいんですが。

| | Comments (0)

Jun 16, 2006

悪魔の提案

ふと思いついたのですが。

日本政府は中国とロシアに対して、親善目的で最新の水上戦闘艦と原潜の日本入港を要請してみたらどうでしょう。それも、軍港より民間の港がいいですね。「親善目的」ですから。

で、なぜこれが「悪魔の提案」なのか。

・派遣を拒否する
→親善する気がないのかゴルァ

・派遣してきて誰も入港に反対しない
→軍艦の入港反対は、実は反米運動に過ぎないのだとばれる

・派遣してきて、労働組合なんかによる入港反対のデモが起きる
→それはそれで御機嫌を損ねる人がいろいろ出てきそう (笑)

普段、米軍の軍艦が入港すると騒ぐ人達に踏み絵を踏ませることができて、なーんか面白そうなんですが。

| | Comments (12)

Jun 15, 2006

兵器メーカー@ヨドバシ

昨日、秋葉原のヨドバシで布団乾燥機を買ってきました。普段、家電のフロアはあまり行かないのですが、こういうときは例外です。
家電のフロアですから、掃除機も置いてあります。そこでデモっていたのが、iRobot という会社のお掃除ロボット・ルンバ。はて、iRobot ? なんか聞き覚えが。

そう。MTRS (Man Transportable Robotic Systems) という計画名称で、小型の爆弾処理用ロボット PackBot を米軍に納入している会社です (Web サイトはこちら)。ヨドバシカメラで売っているお掃除ロボットにも、軍用ロボット開発で得られたテクノロジーが活用されているのでしょう。いや、逆だったりして。

高い方の製品だと、こんな機能があるそうです。yodobashi.com から引用。

>カンタンなリモコン操作で、曜日ごとのスケジュール設定が
>可能。15分刻みで1日1回設定できます。決められた時間
>になると専用充電用ホームベースから出てきてお掃除をス
>タート。終了すると充電用ホームベースに自動で戻り、次の
>掃除のために充電して待機しています。

すげー。

ところで。これ、なんてロボット兵器 ? (←しつこい)

| | Comments (2)

Jun 13, 2006

Intel のバイブ ? ちーがーうー !

higuchi.com さんからの話題。

Intel が、ホーム・エンターテインメント用 PC の規格として「Viiv」というのを提唱しています。これをなんと読むのかというお話。日本では「ヴィーヴ」と読むのですが、外国に行くと「ヴァイヴ」と読む人がいるらしいです。

でも、日本でこの読みを使うと、%タイトル% みたいな勘違いをする人が 100 万人ぐらい出てきそうだし、「プレイボーイ」や「ゲンダイ」あたりが大喜びしてネタにしちゃいそうだから、マズいでしょう、やっぱり。
それに、「バイブ発言」でますます名を売った国壊議員 (←後で修正した) もいますし (これって裏取れてるよね。コピペじゃないよね)。

そういえば、「Java」をローマ字表記して、決してカタカナで表記しないのも、やっぱり「風呂釜洗い」と混同されたくないからですよね、きっと。

| | Comments (4)

Jun 12, 2006

マッチポンプ国家

China: Secretive Arms Exports Stoking Conflict and Repression
(Amnesty International のプレスリリース)

一方でスーダンに軍用トラックなどをバンバカ輸出しておいて、他方ではスーダンに平和維持部隊とやらを派遣する。その内容は、中国側が「保安、あるいは護衛部隊であって、戦闘部隊ではない」と説明しているもので、済南 Jinan 軍管区から 435 名を派出。主要任務はインフラ再建と武器の破壊処分とされており、内訳は工兵隊 275 名、輸送隊 100 名、医療要員 60 名、小隊規模の護衛部隊など (JDW, 2006/4/19)。

これが中国共産党クオリティ。

| | Comments (6)

そうだったノカー !

久しぶりにスキーネタ。

8 日に、ICI 石井スポーツのニューモデル発表予約会を偵察に行ってきました。結局、何も注文しなかったのですが、こういうイベントは好き者が集まるだけに、熱気があふれてていいですね。REXXAM のブースで忙しそうに動き回りながらお客のブーツ合わせをやっていた、中澤美樹サンが印象的でした。

で。HEAD の中の人に「かくかくしかじかな人にお薦めの板は ?」と訊いたんです。次に板を買うなら、HEAD のインテリジェンス・テクノロジーな板がいいなあと思って。そのときに板の長さの話になって、「163cm がいいでしょうね」とのこと。理由を訊いたら「板が短すぎると、却ってたわまないんですよ」。確かに、フレックスが同じなら、短い方がたわみにくそうですけど… 今まで、全然気付かなかったです orz

ひょっとして、DEMO 9 3V がバーン状況によっては妙に扱いにくくなるのって、155cm という長さのせいもあるんですかねぇ。あり得るかも。

ちなみに、本館の日記でも書きましたが、HEAD の人に薦められたのは i.XRC1200。
あのー、雑誌の試乗レポートを読むと、すんごく固くて強くて手強そうなんですけど (大汗) 「スキージャーナル」の「編集部イッキ乗り」では「戦うスキー板」なんて書かれてるんですけど (大汗) しかも自分は体重がないだけに、体重が重たい人が書いたレポートはあまりアテにならないような気がするし。

まあ、とりあえず今の陣容で様子を見るつもりです。1 級いけるかも、と思えるようになったら考えようっと。その頃には、AMC600 なんか今よりもっとボロボロになってるだろうし。

| | Comments (2)

Jun 08, 2006

ザルカウィ死亡

「ザルカウィが仲間と会合を開く」という情報が入ったので爆撃作戦を発動、爆撃実施後にまず警察、つづいて米軍部隊が到着して遺体の指紋を確認した結果、本人と確認したんだそうです。どうして指紋の情報を持っていたのかと、そっちの方がビックリ。

ところで。3 年ちょっと前に B-1B で似たようなことをやって、ターゲットを取り逃がしてませんでしたっけ。

それはそれとして。
この手のテロリストを殺してしまうと「大義に殉じた英雄」といって、ますます祭り上げられてしまいそうな気もする訳です。でも、まさか「生け捕りにして檻に入れて晒し者にする」のでは、人権的見地から無理がありすぎますし (動物園の猛獣じゃないんだから)。

テロリスト一人殺したからといって、事態が劇的に改善されるとは思わないですけど、だからといって巷の "平和主義的な" 皆さんがいうように「アメリカのやり方が悪い」と叩くだけでも、何の解決にもならんと思うのですね。テロリスト相手に太陽政策 ? 冗談じゃない。

| | Comments (7)

馬鹿発見

仕事でテンパってて blog のネタにも事欠いていたら、燃料を投下してくれる馬鹿出現。

お忙しいところ申し訳有りませんが、<隣の芝生>の地域異性紹介を担当している山下 友子と申しますが、あなた様の地域から逆援助希望の女性の指名情報が入りましたので、ご連絡させて頂きました。

【指名者】
中野 美香 様 ID:129764
【プロフィール】
30 代後半・158cm 47kg・年収 500 万・未婚
【コメント】
「こちらのプロダクションに再登録したんですけど、もうこれで最後にしようと思います。
先日までこちらを通じてお付き合いしていた方が思ったより冷たい方でしたので、今度は気持ちのやさしい方を探そうと思い再登録しました。
基本的には尽くす方ですが、見返りも求める方かもしれません (笑)
些細な事ですけど、歩く時は手をつないで欲しかったり、何か愛情を注いでくれる姿とかを見たいんです。でもやっぱり尽くしたいので、デート費用とかは私に払わせてくださいね♪
素敵な時間を一緒に過ごせたらと思いご連絡しました。
私、人見知りしないんで、気軽にお返事くださいね。」

http://lliy.com/?700point

※プライバシー保護の為、紹介女性のアドレスと写メなどの個人情
報を確認するには簡単な無料登録が必須となっております。

■無料登録■ 

管理者から:
女性のみで構成される当番組は男性様に一切のご負担なく高級女性との大人関係を仲介致しております。ご紹介された貴方は全て無料でご登録できる他、簡単な℡認証を行うだけで、なんと 7,000 円 Pt を完全無料で利用できます。只今同地域女性の直アドを会員様へ配信中ですので、是非一度無料ポイントで利用してみて下さい。

〔7,000 円 Pt GET〕⇒ 無料登録入口

>158cm 47kg
>158cm 47kg
>158cm 47kg

悪いけど、身長が 10cm 以上違うのに体重が同じだなんて。自分より先に、まず相手がショック受けるから却下ですわ (笑) どうせなら、身長 165cm 以上希望 (爆)
おまけに、文面も「とか」の使い方が間違ってるし。30 代後半にもなって、こんな文章を書くような奴は要らないっす。

あーあ、出会い系の馬鹿メールにマジレスしちゃった。疲れてますね。寝ます。

| | Comments (1)

Jun 04, 2006

ノロノロ暴走するエスティマ

まだ、AE111 レビンに乗っていた頃の話です。

新潟県中部、六日町から直江津方面に抜ける国道を早朝に走っていたら (どうして、そんな時間帯にそんな場所にいたのか、という突っ込みは無しね)、信号待ちで止まっていたときに、後ろからものすごい爆音が聞こえてきました。バックミラーをみたら、ダッシュボードの上に白いムートンを敷き詰めて、ステアリングにピンクのカバーを巻いたエスティマです。どうやら、爆音マフラーを付けているようです。よくよく観察すると、車高も下げているようです。もちろん、外装はエアロパーツでゴテゴテです。

ところが、いざ山道を走り出してみると、運転歴が 1 年かそこらのドライバーが乗って、どノーマルの 1,600cc NA エンジン (4A-G じゃなくて 4A-FE の方) を積んだ AT 仕様で、どノーマルの足回りを装備する私の AE111 は、このエスティマを余裕でブッちぎってしまいました。

しばらくして、確か儀明峠トンネルの手前かどこかで、片側交互通行になっているところで待たされてしまいました。そうこうしているうちに件のエスティマが追いついてきて、また後ろで爆音を響かせています。でも、走り出すと再びブッちぎり。

あまりにも見た目と走りっぷりが乖離しているのは、いささか格好悪いものですね。

ちなみに、富士宮から河口湖に抜ける県道、通称「オウムの道」というのがあるんですが、その制限 40km/h の道を、私はいつも平均 60km/h で走破しているのは秘密です。

| | Comments (7)

Jun 03, 2006

F-35 のニックネーム

Choice of Names for JSF Narrows (DefenseNews.com)

F-35 のニックネーム候補が、以下の 6 種類に絞り込まれたそうです。

  • Black Mamba
  • Cyclone
  • Lightning II
  • Piasa
  • Reaper
  • Spitfire II.

んー、どれもパッとしないような。"Lightning II" は YF-22A でも取り沙汰されていたニックネームだし、Black Mamba なんて…
そういえば、1990 年代初頭に TR-3A Black Manta なるステルス偵察機の存在が噂されましたけれど、あれって何だったんでしょうね。

個人的には "Cyclone" かな。でも、これはこれで三菱自動車のエンジンみたいだし (いつの話だよ)

| | Comments (6)

Jun 02, 2006

デジカメ遍歴 (後編)

デジカメ遍歴 (前編)」の続き。

5 台目 : Canon IXY Digital 200a
PowerShot G2 は、常に持ち歩くにはちょっと大きくて重かったので、携帯性の高さに期待して買い足した 1 台。スキーにデジカメを携えて行くようになったきっかけでもある。実際、匡体はいたってタフ。
画素数とレンズの関係もあり、画質はそれなり。バッテリが小型で、持続時間があまり長くなかったのが泣き所。これをきっかけに「主力機」と「携帯機」の 2 台体制になった。

6 台目 : MINOLTA DiMAGE A2
α-7 Digital の話が聞こえてきていたものの、重いから、という理由でデジタル一眼は遠慮して、PowerShot G2 と入れ替わりに投入。ズームリングが手動式、しかも光学ズームが 7 倍もあるのはとても良い。
バリアングル液晶ではないものの、電子式ファインダーと液晶ディスプレイが上向きにチルトするのは、ローアングルで撮影するときなんかに便利。機能ごとに独立したボタンを用意しているので、ボタンやスイッチだらけ。でも、パッと設定を変えるには、この方が助かる。
どうも画質がパッとしないなあと思ったのは、発色が派手な PowerShot から乗り換えたせい。いろいろ試した結果、ホワイトバランスをこまめに合わせてやることで、かなり改善された。ただ、晴天だと雪面が白飛びしやすいので、スキー場に持って行くには不向き。

7 台目 : Canon PowerShot S50
IXY Digital 200a と入れ替わりに、画質改善を目指して 2004 年春にリプレース。ガタイは大きくなったものの、これもタフだし、バッテリ寿命は延びたし、画質もなかなか。操作系が大きめなので扱いやすく、スキーの友として酷使中。筐体の表面が濡れるような目に何度も遭っているのに、ビクともしないのは立派。

8 台目 : KonicaMinolta α-Sweet Digital
コニミノがカメラ事業から撤退するというので、手持ちのαレンズを活用するべく慌てて購入。これからガシガシと使い込む予定。
手持ちのαレンズはすべて使えるし、しかも手ぶれ補正がバッチリ効く。しかも、バッテリが DiMAGE A2 と共通なのも助かる。レンズがいいおかげなのか、それとも CCD サイズのせいか、全体に画がシャキッとした感じなのはよい。オートホワイトバランスも DiMAGE A2 より改善されている感じ。

| | Comments (4)

Jun 01, 2006

デジカメ遍歴 (前編)

デジカメの記事を書いたり、あるいはイベントなんかの取材記事を書いたり、というわけではなくても、デジカメは必要です。たとえば、書籍に載せる製品写真なんかでも、ちょっとしたものなら自分で撮影してしまいます。
そんな私のデジカメ遍歴。

1 台目 : RICOH DC-3
メモリが内蔵式だったので容量が限られる点、それを RS-232C で吸い出さなければならない点、それと乾電池駆動なのがボトルネック。もっとも、デジカメとはどういうものかを知る役には立った。でも、それ以上の役には立たなかったような。

2 台目 : SONY Cyber-shot DSC-S50
メモリカード式になり、充電式になり、画素数も増えて、しかもバリアングル液晶付き。DC-3 で不満だった点を全部解消して、なかなか重宝した 1 台。2000 年 9 月の事故でクルマやノート PC ともども粉砕されてしまい、マンガでよくあるような「レンズが飛び出した姿」で現場から発見された。

3 台目 : SONY Cyber-shot DSC-S50
そこで、同じものを買い直し。こちらは 2000 年 11 月の米国取材旅行でも活躍してくれた。PowerShot G2 と入れ替わりに引退して、今は義弟のところで使われている。

4 台目 : Canon PowerShot G2
画素数が倍増して 400 万画素級に、さらに初めて CF 対応になった。ピント合わせが微妙に難しかったのと、電動式ズームのレスポンスが悪いのが難点。でも、DSC-S50 に続いてバリアングル液晶を装備していたのは便利。DiMAGE A2 購入時に売却。

続きは次回。

| | Comments (0)

« May 2006 | Main | July 2006 »