« July 2006 | Main | September 2006 »

August 2006

Aug 31, 2006

ビラまきよりも問題なのは

共産党のビラまきに無罪判決が出て、当事者は「言論の自由が認められた」と大ハシャギだそうですが。

いろいろとグレーゾーンが多いビラまきの件もさることながら、どこから入手したのか分からない個人情報を使って、選挙の頃になると勝手に宣伝ハガキを送ってくることの方が気持ち悪いですね。ハガキを送ること自体は違法ではないにしても、そのために必要な宛先の情報をどこから入手したのか、そこが問題。

でも、入手ルートについて問い質したら、きっと「個人情報保護のために答えられません」なんていいそうですw

| | Comments (9)

Aug 29, 2006

あの CM をもう一度

マイクロソフトの恒例イベント「Tech Ed」で、MSKK のヒューストン社長が「3K 職場扱いされている IT プロの仕事を楽しいものにしたい」という趣旨の発言をしたんだとか。

書籍や雑誌の仕事をしていると、以前は個人ユーザー向けのネタも多かったのが、ここ数年は企業ユーザーばかり意識したネタが多くなったなあと感じます。確かにそっちの方が安定した商売ができそうに見えますし、月刊アスキーが看板を架け替えて「ビジネス誌」の方向に舵を切った背景も同じこと、なのかもしれません。

でも、個人で好き勝手できるのが PC のいいところなんで、「楽しい」とか「面白い」とかいうことも忘れたくないなあと思うわけです。あまり忙しくないときに、今まで手を付けていなかった「楽しい」や「面白い」を探してみるのもいいかも。

ちょうど Windows Vista の発売を控えているわけですが、いっそのこと、こんなコピーを掲げてみては。








笑って、お仕事。アゲイン。








ちょっと元ネタが古すぎ ?

「笑って、お仕事」というと Windows 3.1 発売時だから、1993 年 5 月ですね。そのころ、某誌が社員を取材した記事で、「マイクロソフトの人は、本当に笑ってお仕事してるんですか ?」という質問がありましたっけ。

| | Comments (5)

Aug 28, 2006

ICBM の見分け方

「対テロで ICBM 改造と米国防長官 = ロシア側は懸念示す」(時事)

「ミサイルが飛んできたら、それが核弾頭装備か通常弾頭装備か分からない」と思いがちなんですが、実はちゃんと逃げ道があります。

赤道上に陣取っている米軍の DSP、あるいはその後継となる SBIRS 衛星はいずれも、赤外線センサーを使ってミサイル発射を探知します。そこで、ICBM を通常弾頭装備に改修する際にはロケット・モーターに手を加えて、核弾頭装備型とは異なる赤外線放射特性を意図的に持たせることで、核弾頭型と通常弾頭型を区別できるようにしよう、という手法があるのですね。ただし、どういう赤外線放射特性を持っているのか、という情報を事前に周知徹底しておく必要がありますが。

ちなみに、ミサイルの排気炎を検知するセンサーには、赤外線だけでなく紫外線を使うモノもあります。主として航空機搭載用のミサイル接近警報装置が用いる方法で、確か AN/AAR-47 なんかが該当します。

| | Comments (0)

Aug 27, 2006

続・これはひどい

これはひどい」の続編。

例の「トム・クランシーの海兵隊」、一応は読了しました。もう、いちいち例を挙げ始めるとキリがないので書きませんが、誤字・誤訳・typo・勘違い・表記の不統一が掃いて捨てるほどあります。本来、この Guided Tour シリーズは予備知識がない方のための解説書ですが、この「海兵隊」日本語訳に限っては、まともな予備知識がないと読めません。

問題箇所の数が少なければ御注進に及ぶところですけれど、「これはまずい」というヶ所に付箋を付けてたら、本が付箋だらけになってしまいそうな勢いなのです。さて、どうしたものか…

| | Comments (0)

Aug 25, 2006

これはひどい

東洋書林の新刊「トム・クランシーの海兵隊」を買ってきて、仕事の合間に読んでいます。んが。
訳語がムチャクチャです。例を挙げ始めるとキリがないのですが、とりあえず、サイコーにのけぞった奴を。

液体冷却ターボ充電ディーゼルエンジン

あのねー。
別のページでは、ちゃんと「ターボ過給機ディーゼルエンジン」って書いてあるのに…

それに次ぐのが「アダ・コード三〇万~五〇万ライン」。ええ、Ada のことですとも。

「仕事で疲れたから、ちょいと読書でも」なんていってると、そっちの方がよほど疲れてしまうという罠。とほほ。

東洋書林さん。私を、このシリーズの下訳チェックに雇ってくれませんか。こんな調子の翻訳が世に出続けたら、とんだ恥さらしになってしまいますよ。

| | Comments (4)

Aug 23, 2006

PS といえば

mixi ニュースに「世界初「PS3」実機を試遊出展」という見出し。


すみません。「PS3」と聞いて

「いつの間に、新型の対潜飛行艇が開発されたんだろう」

と勘違いしてしまいました。「PostScript 3 ジャマイカ」という突っ込みもあるかも知れませんが。

似たような、「立場によって意味が全然違ってくる」acronym で、「ATM」がありますね。現金自動預払機か、非同期転送モードか、対戦車ミサイルか。もっとも、イージス・システムのベースライン 7.1 は ATM (非同期転送モード) ネットワークで動いてるそうですから、クロスオーバーしつつある部分もあるのですが。

| | Comments (7)

Aug 22, 2006

新語登場

新しい言葉を考え出してしまいました。「アジリテーター」。

これは、「アジテーション」と「ファシリテーター」を組み合わせた造語です。
ちなみに、後者は在イラク米軍がよく使っている言葉で、「外国人テロリストのファシリテーター」みたいな言い方をします。辞書的な意味だと「促進するやつ」となるようですが、「後押しする人」「支援者」みたいな意味だと受け取ってもいいかもしれません。つまり、アジリテーターとは「アジテーション行為を後押しして盛り上げようとする人」のことです。

え、具体的には誰のことかって ? それは御想像にお任せします :-)

| | Comments (5)

Aug 20, 2006

ググる → ゴゴる ?

Google「ググるって言うな」(つーちゃんねるブログ)
より。

>70名前: 番組の途中ですが名無しです 投稿日: 2006/08/17(木) 11:44:32 ID:f9TlgIkb0
>>>61
>>ゴゴる
>狙撃されそうw

トム・クランシーの「大戦勃発」か !
だとすると、ネタが難しすぎです。

| | Comments (3)

Aug 19, 2006

北韓終わっちゃうよ ?

なんか、北朝鮮が地下核実験をやるとかいう話が聞こえてきていますが。
ミサイル発射で四面楚歌になったのに、そんなことやったら「北韓は終わり」というのが常識的な見方。でも、実は北朝鮮が無くなっても、中国もロシアも韓国も日本もアメリカも嬉しくない。

となると、中国が北朝鮮に傀儡政権を建てて、形の上では北朝鮮という国家が存続した状態を維持しつつ、実質的に支配下に入れてしまう… という話が、それなりに現実味を帯びてきているんじゃないでしょうか。武力制圧するかどうかは議論が分かれるところですが、建前として「平和的進駐」ということにしてしまうというのはアリでしょう。その方が、国際的な非難の声も出にくいですし。

| | Comments (10)

Aug 18, 2006

三割三分三厘

「テポドン祭り」が勃発したときに、mixi の軍事板常見問題コミュニティで「これから、どんな珍説が予想されますか ?」に対して、こんなネタを挙げました。


  1. 日本の北朝鮮敵視政策が招いた自業自得だ
  2. テポドンの残骸から英語が刻印されたパーツが見つかった.実はこれはアメリカの自作自演だ
  3. 大金を投じてミサイル防衛システムを開発するといっていたのに,肝心なときに役立たずじゃないか
  4. これは共謀罪を正当化させるための陰謀だ
  5. 私の街は無防備宣言を呼びかけていたので,テポドンが落ちてきませんでした
  6. テレビ朝日に問い合わせたら,テポドンを発射したという映像はないそうです

もっとも、最後の 1 個はギャグで付け加えたのですが w

先日、別件でググっていたらたまたま行き着いたこちらの blog のコメ欄で、この件について「井上さん大当たり」と書かれてました。どうやら、上の 2 つが当たりだったようです。6 つのうち 2 つが当たりだったので、打率は三割三分三厘ですね。これが野球だったら凄いんですが (自爆)

ちなみに SAJ バッジテストの打率はというと、1 回目の受検で合格しているので 100% です。でも、1 級に手を出したら、そうはいかないでしょう (苦笑)。

| | Comments (2)

Aug 16, 2006

エラー報告もしてみるもんだ

mixiCat で、mixi の記事中からリンクされている某 blog に飛んだら、エラーを起こしてクラッシュ。「へ、別の PC だと平気なのに」と不審に思いつつ、「まあ、ついでだからやっとくか」とMicrosoft 宛のエラー報告をやってみたら、こんな画面が。

Image2_1

へー。エラー報告もやってみるもんですね。
いわれたとおりに Flash Player をアップデートしてみたら、エラーは発生しなくなりました。ほっほー。

| | Comments (0)

Aug 14, 2006

「第二目標」が要る理由

障害報告@webry」さんからのネタ。
1944 年 11 月に中島飛行機武蔵工場を爆撃した 73rd BW の B-29 に対して、「第二目標」として東京の下町が指定されていたというニュースがあった由。

長いこと、爆撃機や攻撃機は爆装したままで母基地に帰るということをしませんでした。それは、最大着陸重量の制約であるとか、安全性の問題であるとか、そういう事情があるからです。たいていの飛行機は最大離陸重量よりも最大着陸重量の方がずっと小さいので、燃料や兵装を消費しないと降りられないのですね。

ただし、だからといっていつも具合よく洋上投下できるとは限らないし、洋上投下したら貴重な弾薬が無駄になってしまいます。そこで「第二目標」が出てくるわけです。第一目標に投下できないような事情があったときには、そこに落として帰れと。洋上に投下するよりは無駄にならないという考え方でしょう。

そのせいで、とんだトバッチリを受けたのが浜松市。マリアナから北上してきた B-29 が、第一目標に爆弾を投下できなかったときには「とりあえず浜松に落として帰れ」という指令が出ていたようで、中小都市にしては爆撃を受けた回数が多くなっています。太平洋岸で本州の真ん中辺、というロケーション故でしょうか。

最近では、bring back payload という言葉があります。つまり、捨てて帰るのではなく、使わなかった兵装はちゃんと持って帰れと。高価な精密誘導兵器ばかり使うようになったのと、政治的な理由でお気楽にポンポン爆弾を落とせなくなったせいで、「使わなかったから適当に落として帰る」というわけにはいかなくなってしまったのですね。まあ、ちゃんと持ち帰る方が余計なトバッチリを受ける人は減るし、納税者の負担も減るのですが。

| | Comments (0)

Aug 13, 2006

やっぱり Intel、の理由

秋葉原で、Intel と AMD がベンチマークの場外乱闘をやっているそうです。が、個人的にはほとんど興味が湧きません。最近では自作する気が失せてしまったし、次期主力戦闘機は NEC の水冷 Valuestar で決まり、と思ってるし。

文字列の置換が、ライバルより何秒か早く終わったから何なのさ、なんていうと怒られちゃいますかね。

こういう仕事をしていると、多少のスピードよりも「まだ売ってない OS でもちゃんと動くか」「チップセットや LAN アダプタのドライバ・サポートはしっかりしているか」ということの方が大事です。過去にサードパーティー製のチップセットで何回か手こずった経験があって、それでうちでは「Intel で固める」という方針になってしまいました。実際、この方針で推し進めるようになってからは、なにかと楽です。

そういえば、Lindows (死語) のβが出たときには、マザボが最新鋭だと動かないという困ったチャンでした。うちではちょっと古かったので問題なかったのですが、他のライターさんで困った方がいらっしゃったようです。こういうのも珍しいですね。まあ、Lindows だし。

Windows Vista は Pentium4/1.6GHz (北森) ぐらいでもそれなりに動いてくれるので、とりあえず実験機のグレードアップはあまり要らないようです。RAM は 1-2GHzGB のラインまで増強済みだし。ビデオカードだけはなんとかしたいけれど、そろそろ AGP 対応のビデオカードが減ってきているので、手を打つなら早めにしないといけません。

実験機の陣容に手を入れるとしたら、64bit OS が必要になった時でしょう。でも、NEC の ValueOne か DELL の Dimention あたりで済ませてしまうかも。

| | Comments (12)

Aug 11, 2006

江沢民・前国家主席に捧ぐ

江沢民氏「歴史問題は永遠に」


中国の江沢民前国家主席が 1998 年 8 月、在外大使ら外交当局者を集めて開いた会議の席上、対日政策について「歴史問題を終始強調し、永遠に言い続けなければならない」と指示していたことが、10 日に出版された「江沢民文選」から明らかになった。(2006/8/10 時事)

元歌 : 「ラブ・ストーリーは突然に」(小田和正)

何が許す条件なのか 教えないまま時は流れて
浮かんでは 消えてゆく ありふれた罵詈雑言
君が経済大国だから ただ素直にくれと言えなくて
多分もうすぐ ガスを掘って 資源もらう

あの日あの時靖国で 君が参拝しなくても
僕らはいつまでも 「謝罪と賠償」をいうまま

美国が強く誘う安保に もうコミットしたりしないで
悪いけれど そんなことで 中国は変えられない
明日になれば活動家達が 今よりもっと叫ぶようになる
そのすべては 僕の中では 「愛国無罪」

君は我が属国になる 君を脅し続ける
軍事力で君を包む 竹のカーテンになる
あの日あの時靖国で 君が参拝しなくても
僕らはいつまでも 歴史問題をいうまま

今 君の心が動いた 憲法変えて 美国に寄って
僕は許さないそんなことを 君を誰にも渡さない

君は我が属国になる 君を脅し続ける
軍事力で君を包む 竹のカーテンになる
あの日あの時靖国で 君が参拝しなくても
僕らはいつまでも 歴史問題をいうまま

美国が強く誘う安保に コミットしたりしないで
軍事力で君を包む 竹のカーテンになる
あの日あの時靖国で 君が参拝しなくても
僕らはいつまでも 「謝罪と賠償」をいうまま

| | Comments (0)

Aug 10, 2006

続・ジャパソ

ジャパソ」を投稿してしばらく経ちます。昨今、「ジャパソ」をキーワードに指定してググると、このエントリが二番目に出てくるんですね。2ch のスレッドが大量に出てくるかと思ったら、それより上位に来ています。

その検索結果を見ていたら、T-Square 関連のページがチョコチョコとひっかかってくるんですね。なんとはなしに見てみたら、どうも「Japanese Soul Brothers」のことを略して「ジャパソ」といっているようで。うーん ( ´-`)

確か、うちには「IMPRESSIVE」までしかないので、その後のことは分からないのですが、どれか好きな曲を 1 曲挙げろといわれたら「Omens of Love」ですかねぇ。次点は「Dance Sa Chambre」「Prime」「宝島」あたりかしらん。

| | Comments (0)

Aug 07, 2006

Daytona の思い出

Daytona といっても 24 時間レースではなくて、Windows NT 3.5 のこと。

Windows NT 3.1 が出た途端に、会社で使っていた仕事用 PC (COMPAQ DESKPRO 66M) の OS を Windows NT に切り替えて、16bit アプリケーションに対して個別メモリ空間割り当てをやって使っていました。
安定性は Windows 3.1 と比べると桁違いでしたが、重さも桁違い。Windows 3.1 ならサクサク動く DESKPRO 66M なのに、Windows NT だとモッサリしてしまいました。それでも安定性の方が大事といってやせ我慢、さらには英語版の Excel 5.0 (32 ビット版) なんてもんまで使い始める始末。

そんな中で Daytona のβが出てきたので使い始めたら、ずいぶんと軽快感が増していたので、ホント感激しましたね。確か COMPAQ の DESKPRO XE か何かで、Pentium/60MHz、RAM が 24MB だったかな ?
Windows 史上、バージョンアップで劇的に軽くなったのは、Daytona が最初、かつ最後じゃないでしょうか。もっとも、軽くなったからといってユーザーにガマンを強いるのでは本末転倒なんで、重くなっても CPU パワーで押し切る方が、往々にして幸せになれるのですが。


Windows NT Workstation 3.5 (Daytona) を見て、発作的に書いてしまったエントリ。

| | Comments (0)

シンドいなあ、のガイドライン

夢を ! テレビで !!
ガラス張りの部屋から
報道局長 金平茂紀
http://www.tbs.co.jp/job/w_news/message/

より引用。

それから、メディアに対する批判能力は大切だと思いますが、やたらメディア批判ばかり聞きかじって、「報道被害」だの「人権」だのというのも、個人的にはシンドいなあ、と思います。「人権」や「報道の加害」は、本当に報道に関わって自らの痛みとして知るべきことがらだからと思うのです。 これからのテレビ報道をまともなものにしていくのは、業界の訳知りどもの慣行に従う人々ではなく、あなた方を含めたテレビ報道への青臭い青臭い情熱・夢を語れる人々だと思います。僕らと一緒に夢を実現しましょう !

ええっと、つまり。「人権」や「報道被害」に言及できるのは、報道に関わっている業界関係者に限る、といいたいわけですか、金平報道局長は。そうだとすると、どんな業界でも同じことがいえますな。たとえばこんな感じ。


それから、アメリカの外交政策に対する批判能力は大切だと思いますが、やたらアメリカへの批判ばかり聞きかじって、「ネオコン」だの「軍産複合体」だのというのも、個人的にはシンドいなあ、と思います。「ネオコン」や「軍産複合体」は、本当に政治や国防に関わって、自らの経験として知るべきことがらだからと思うのです。
これからのアメリカ外交をまともなものにしていくのは、マスコミや映画監督の訳知りどもの慣行に従う人々ではなく、あなた方を含めた世界の自由と正義への青臭い青臭い情熱・夢を語れる人々だと思います。僕らと一緒に夢を実現しましょう ! (by ブッシュ政権の中の人)

それから、ミサイル防衛システムに対する批判能力は大切だと思いますが、やたらアメリカの軍備への批判ばかり聞きかじって、「カネの無駄」だの「成功するはずがない」だのというのも、個人的にはシンドいなあ、と思います。「ミサイル防衛の費用対効果」や「ミサイル防衛の可能性」は、本当に開発や運用に関わって、自らの経験として知るべきことがらだからと思うのです。 これからのミサイル防衛をまともなものにしていくのは、自称平和団体や、弾道ミサイルで恫喝する "ならず者国家" どもの慣行に従う人々ではなく、あなた方を含めた世界の平和への青臭い青臭い情熱・夢を語れる人々だと思います。僕らと一緒に夢を実現しましょう ! (by MDA の中の人)

| | Comments (0)

Aug 06, 2006

実は無くなると困る

「イスラエルを滅ぼしてやる !」と気勢を上げている国家指導者がいるけれど、きっと、イスラエルが本当に消滅してしまうと「仮想敵」がなくなって困っちゃうんだろうなあ。

「日本に米軍の基地はいりません」と主張している政党があるけれど、本当に在日米軍がいなくなったらサンドバッグ役がいなくなった格好になるから、何をすればいいのか分からなくなってしまわないのかなあ。

それ以外でも (以下自主規制)

相手が絶対に無くならないと分かっているからこそ、「滅ぼしてやる」とか「不要だ」とか、安心して主張していられる。なまじ本当に消滅してしまうと、自らの存在理由が怪しくなってしまう。そういう事例が意外と多いんじゃないかと思ってしまった。そんな夏の日。

| | Comments (2)

Aug 05, 2006

F-22A の配備先

8/4 付の DefenseNews によると、太平洋航空軍 (PACAF) 司令官の Paul Hester 大将が

「F-22A の実戦飛行隊は 7 個、そのうち 3 個を太平洋地域に配備する」

と言明した由。

配備先の基地は、すでに Langley AFB (VA)、Elmendorf AFB (AK)、Holloman AFB (NM)、Hickam AFB (HI) と決まっていますが、総数が 7 個と発表されたことで、かなり状況が見えてきた感じです。
このうち Hickam AFB については 2 個飛行隊の名前が挙がっていますが、そのうち 1 個 (531st FS) は提携部隊なので除外。となると、こんな感じでしょうか。


  • Langley AFB (1st FW) : 27th FS, 94th FS
  • Elmendorf AFB (3rd WG) : 12th FS, 19th FS?
  • Holloman AFB (49th FW) : 8th FS, 9th FS?
  • Hickam AFB (ANG 154th WG) : 199th FS

1st FW/71st FS については、F-15C/D のままでビッグスコードロン化するという話もあるので、上のリストからは除外しています。ちなみに、この話を Wikipedia の F-22 の項に書いたのは私。
また、3rd WG についても F-15E が Mountain Home AFB に移駐するとかいう話があるみたいなので、残る F-15C/D 飛行隊をリストに入れてみました。

さて、どうなるでしょうか。

| | Comments (2)

Aug 04, 2006

カメムシが (ry

Image2


さっきキャプチャした mixi 天気予報。
これを見て「トップページに日の丸を想起させる画像を 2 つも並べて表示するなんて怪しからん」とイチャモン付ける人がいるのかなー、などとお馬鹿なことを考えてしまった。そんな夏の日。

| | Comments (6)

Aug 03, 2006

根本的な間違い

『mixiは閉鎖的』-3年後に1000万ユーザーを目指すSNSが登場」(IT Pro)

>招待されないと参加できない mixi は閉鎖的

ちょっと待った。SNS って、もともとそういうものなのでは。
誰でも自由に参加できるのはオンライン・コミュニティというべきであって、本来の意味での SNS とはいえないと思いますぞ。もっとも、2ch あたりでメアドを晒して mixi に招待してもらう人がいる状況もあるので、mixi のシステムだって怪しくなってきている感はあるわけですけれど。

どうせだったら、社民党あたりが「営利企業が運営している mixi は反社会主義的」とかいって、Social Networking Service (社会主義的ネットワーキング・サービス) をこしらえる方が話題性があるかも。ところで、社会主義的なネットワークって、なんだそれ (爆)

| | Comments (5)

Aug 02, 2006

ちょっと蒸し返してみようか

みなさーん、「ホワイトバンド」って覚えてますかー ?

去年、本館

多分、キャンペーンが終わって 2006 年に入り、売上の使途が決まって実行、その後に会計報告が出てくる (はずの) 頃には、こんなキャンペーンがあったことは大半の人が忘れているのではないか。そして、家の片隅から白いイカリングが出てきて「はて、これって何だっけ ?」なんてことになりはしないか。

って書きましたが、実際、その通りになってしまったようです。

一応、活動は継続していますし、Web サイトも更新されているのですが、去年の今頃に関係者や支持者 (所謂イカリンガー) が声高に主張していた「大きなムーブメント」は、どこに行っちゃったんでしょうか。あの「ムーブメント」とやらは、何だったんでしょうか。何をもたらしたんでしょうか。


ちなみに、Yahoo! ブログに開設されている「公式 blog」は、もう 10 ヶ月ぐらい放置プレイでエロサイトからのトラバがあふれて、ペンペン草が生えてます。黒歴史を隠蔽するためにも、閉鎖しちゃった方がいいのでは… (誰も気づきやしないから)

| | Comments (0)

Aug 01, 2006

世界のミリメシを実食する

ワールドフォトプレスの信管新刊。

「戦闘糧食の三ツ星をさがせ !」は、同じベクトルからさまざまな国のレーションを食べ比べた、資料的価値が大きい本。それに対してこちらは、軍隊の食い物事情に関する入門、という印象。対象国の範囲が日米に偏っている分だけ、妙に掘り下げ方が深いので、これはこれで面白いですよ。

特に、陸自の戦闘糧食をメニュー別に紹介しているところと、野外炊具 1 号が実際に使われている様子を取り上げているところがお勧め。「三つ星」に出てきていない、韓国軍やスイス軍の糧食を取り上げているのもよいですね。

ところで。「ロシア宇宙軍の糧食」ってのが出てくるんですけど、どんなシチュエーションで使うんでしょうね。宇宙軍専用じゃなくて、他と共用というなら分かるんですが。

| | Comments (2)

« July 2006 | Main | September 2006 »