« 地図大好き | Main | Word フル活用 »

Feb 06, 2007

ぴっぷく

今では、PC の自作をする人でもなければ信じられない話ですが、昔は PC を買っても OS もアプリケーションソフトも入っていなくて、ユーザーが全部別々に買って、自分でセットアップしていました。

それが変わるきっかけになったのが 1993 年 5 月発売の Windows 3.1。このときに「Ready-to-Run」プログラムがスタートしました。つまり、OS をセットアップした状態の PC を売り出すことで Windows の普及を図ろうじゃないか、ということになった次第です。

以後、メーカー各社が「お得感」やら「差別化」やらのために、さまざまなソフトウェアをてんこ盛りにする状況が続いています。それが嫌なユーザーのために、通販モデルではソフトウェアの数を減らしたオーダーをできるようにしているところもあるわけですが (例 : NEC Direct)。

この、OS やアプリケーションソフトをプレインストールした状態で売り出す PC のことを、内輪では「プレインストール PC」、略して「PIPC」と呼んでいました。私はアルファベットそのままに「ぴーあいぴーしー」と読むのだと思っていたのですが、ある同僚がこれを「ぴっぷく」と呼んでいたので、目を点にした記憶があります。

でも、なんだかお茶目な雰囲気があってイイかも < ぴっぷく

# Papa India Papa Charlie… はないな、さすがに :-)

|

« 地図大好き | Main | Word フル活用 »

Comments

Mac SEを買った時はSet Upしてあった。
VM2は…HDDなかったからSetUpしようがなかったか?

Posted by: sionoiri | Feb 06, 2007 at 09:20 PM

MS-DOSの時代は、BIOSが起動した後、System Discを求められて、インストールする感じでしたっけ。昔、学校のPCが一台、いかれて先生に黙ってMS-DOSを再インストールした記憶あるけど。確か、複数のフロッピーに分割されていたような。プリインストールというのを良く聞きますが、昔の習慣が染み付いているのか、逆にプリインストールされている方が抵抗感があって、俺にやらせろよという気持ちでいます。昔は、Autoexec.batいじって手動でスピーカやCDを認識してもらえるように頭をかきながらコマンドを入力してました。プリインストールやら、Autoexec.batの手動コマンド入力やら、やることがなくなって、昔の知識を忘れていく自分が悲しいのですが。

Posted by: 通行人 | Feb 06, 2007 at 10:40 PM

>Mac SE
そういえば、Mac は当時でも漢字 Talk 6.0.x が付いてきていましたね。私が初めて使ったのは IIcx で、電源の切り方が分からなくてアタフタした記憶があります。

>MS-DOS
私も config の鬼でしたが、すっかり記憶の彼方に去ってしまいました。いま「人間 MEMMAKER」をやれといわれても、多分無理です。昔は日常的に、IRQ だの I/O ポートアドレスだのを手作業で調整してたもんですが…

98 がらみの話題だと、
「How Many Files ? (1-15)」
なんて書いたら、さらにオッサン扱いされそうです (オッサンだけど)。

Posted by: 井上 | Feb 06, 2007 at 11:49 PM

ディスクがないまま放っておくと98はROM BASICが立ち上がりましたね。TERM コマンドでパソ通してましたよ…orz MS-DOSを最初に見たのは一太郎のディスクに入ってた2.11でしたっけ。
当時はconfig.sys書き直しながら「おぉ、64バイト増えたよ!」とか言ってたのに、今や「ふつ~2GBは入れんだろ」に成り下がり。

Posted by: AL | Feb 07, 2007 at 11:09 AM

>2.11
私も同じです。
BASIC といえば、N88-BASIC には ROM 版とDOS 版がありましたね。言語仕様は共通だけれど、ファイルシステムに互換性がないという…

私は config.sys は書かなくなりましたが、不要なサービスを停めてメモリを稼ぐのは恒例です。画面表示効果も、よく生贄になります。

Posted by: 井上 | Feb 07, 2007 at 09:14 PM

>config.sys
 懐かしすぎますね。学生時代、特にLaTex関係で色々苦労したのが走馬燈のように(長い目)。
 いまだにSimple is best.がモットーで、XPばかり使うようになって2年以上経過しますが、未だにセットアップ時以外にLunaのインターフェイスを使ったことがありません。
 まあ、これはデスクトップに残る2Kとの連続性を保つためですが、不要なサービスを停めまくり、画面表示効果もほとんど停止していますから、私がプリインストール以外でvistaに移行するのは何時の日でしょうか?

Posted by: へぼ担当 | Feb 10, 2007 at 01:01 AM

うちには未だに、アスキーの LaTex 本があります。思い起こせば、大昔にテキストエディタで LaTex と格闘したことが、後に HTML・XML・XSLT の手書きにつながったといえるでしょう (謎)

実は Windows Vista でも Classic 表示は健在です。私はそれだと仕事にならないので Vista ベーシックで使っていますが、Aero Glass が使えるノートが欲しいなあ、と思ってみたりもします。

>Simple is best
私は Single is best (←平松愛理かよっ) がモットーで売れ残ってます (うそ)

Posted by: 井上 | Feb 10, 2007 at 10:12 AM

> アスキーの LaTeX 本
 もう使うことは絶対あるまい、と考えていますが、私も未だに手放せません。数式が数百もあり、添え字だらけの250ページの修士論文などは、これ無しには書けなかった訳で頭が上がりません。
 ただ、井上さんと違うのは、私の方はLaTeX でお腹いっぱいになってしまい、HTMLはもうご勘弁をになったところなのですが。

> Windows Vista でも Classic 表示は健在
 おお、それは朗報。これで必要に迫られても大丈夫<マテ。
 本当はせっかくのテクノロジーですので活用したいところですが、会社がやっと今頃になってXP SP2を入れたばかりなので、後10年ぐらいはおつきあいです。
 しかし、Lunaには余り魅力を感じませんでしたが、マシンパワーに余裕があれば、Aero Glass を使ってみたいですね。残念ながら現有機ではいずれも実用的ではありませんが。
<その前にFSX(次期支援戦闘機にあらず)がさくさく動くデスクトップに換装したいところで

>私は Single is bestがモットー
 ぐはあっ。<痛恨の一撃を受けたらしい。
 わ、私はモットーとしていませんが、売れ残り...orz
 うえーん(大泣)

Posted by: へぼ担当 | Feb 10, 2007 at 03:32 PM

うちの実験機で Aero Glass を使えるようにしようと思ったら、ビデオカードがちゃんと動作してくれなくて頭を抱えているところです。いっそマザボごと代えちゃおうかと... (マテ)

>うえーん
わ、私だって本当は、本当はっ (以下略)

Posted by: 井上 | Feb 11, 2007 at 12:34 AM

プリインストールといえば、JWord入りのメーカPCとか正気を疑うシロモノがありましたが、まだやってるんですかね…

私の会社でも一時期蔓延したので、こっちも意地になりまして、hostsファイルを片っ端から書き換えて対応したことがあります。

Posted by: Shaul | Feb 12, 2007 at 12:38 PM

>JWord
どこかのプロバイダの「ツールバー」に、これが標準で入っているという説があるのですが、はてさて。

JWord プラグインは、アンインストールしようとするといろいろ抵抗する "邪悪な子" みたいですから、私も hosts ファイルで抵抗するのが確実だと考えます。疚しいところがなければ、普通にアンインストールさせればいいじゃん、と思うのですけれど。

Posted by: 井上 | Feb 12, 2007 at 04:18 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 地図大好き | Main | Word フル活用 »