« テクノバーン大誤報 | Main | スキーと振子電車 »

Apr 10, 2007

コブ斜面に向いた板

下手なのを、マテリアルのせいにしちゃいけないんですけど (笑)

とはいえ、特にコブ斜面では板の向き・不向きがあるように感じます。私が経験した範囲のことをまとめると、こんなです。

  • 164cm の AMC600 より 155cm の DEMO 9 3V の方が、溝の中で回しやすい
  • ただし、DEMO 9 3V はトップやテールの張り出しが強すぎてひっかかることがある
  • また、サイドカーブがきつすぎて、コブの腹を削りにくいことも
  • 借り物の Verse 10 Pilot (150cm) が、いちばん扱いやすかった

上手い人やモーグル選手みたいに、縦方向にどんどん突っ込んでいけるのであれば、よくいわれるように長めで柔らかめの板がイイと思うのです。板が短いとコブに刺さっちゃいますから。
でも、私みたいなコブ初心者だと話が違っていて、164cm の AMC600 だと溝の中にはまりこんで身動きが取れなくなることがよくあります。となると、上手い人とは条件が違うのかなと思いました。つまり、こういうこと。

  • 長さはやや短め。150cm 台の方が動かしやすくてよい
  • 柔らかめ、かつサイドカーブも緩いやつ
  • 重くない方が扱いやすくて良さそう
  • トップやテールがあまり張り出していない、角張っていない

特に私の場合、体重が軽いので、張りのある板だと反発に負けて吹っ飛んでしまいます。だから、柔らかめの板が欲しくなります。

なんのこたあない、初心者、初級者の頃に使っていた板がいちばんいい、というオチでした (苦笑)。

だから、初心者・初級者の頃に使っていた板が上記の条件に当てはまるようなら、とりあえず手元に残しておいて、コブに入るようになったら復活させるといいかもしれません。

|

« テクノバーン大誤報 | Main | スキーと振子電車 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« テクノバーン大誤報 | Main | スキーと振子電車 »