« アメリカ軍 悪行 イラク | Main | プジョー 1007 »

May 11, 2007

マスコミという名の権力

マスコミは権力の監視者と言うけれど」(新・柏原日記)

御説ごもっとも。
政治家は選挙で落とされる可能性があるし、お役人や会社は世間から吊し上げられる可能性があるけれども、唯一、マスコミはそういう歯止めが効いていない。よしんば TBS みたいなことがあっても、総務省あたりが文句をいうと「知る権利がどーのこーの」といって抵抗するばかりで、誰も責任をとらないし、反省もしていない。滅多なことでは首も飛ばない。

そりゃ、報道の内容に政府や役所がいちいち口を出すのはどうかと思うけれど。でも、それをいうなら、権力に口を出させないように自ら律することも必要なんじゃありませんか。自分たちがやりたい放題やっておいて、何かあると「知る権利」だとか「言論の自由」だとかを振りかざすのは、そりゃダブスタというもの。過去に何度も本館で書いてることだけれど。

自分が国税と喧嘩しているストックオプションの件だって、まともに取材しないで当局側の言い分だけ垂れ流し、後から本当の話が出てきても、誰も "誤報" の責任はとらなかった。そんな調子だから「マスゴミ」だなんていわれるわけで。

マスコミが権力足りうるには、それに見合った識見や責任の取り方が求められるんじゃないですかねぇ。


あ、もちろんこれは批判してるんじゃなくて励ましてるんですよ ?

|

« アメリカ軍 悪行 イラク | Main | プジョー 1007 »

Comments

>それに見合った識見や責任の取り方が求められる
 100%同意です。
 しかし、過去・現状を鑑みると、自分の仕事領域でもプライベートでも、自己改革能力は全く持って絶望的。BPOの有様を考えても、結局はマスコミ関係者が関与する限り、期待するだけ無駄でしょう。
 そのため、出来ることなら政治や行政が関与しない、ある種の強制手段を持った監視機関が必要に感じています。本来なら日弁連あたりが行うべきなのでしょうが、彼らも偏向していますので、余り期待できず。
 よって、残念なことですが司法の壁を考えると、何らかの形で政治や行政の介入が不可避のように考えます。

 ゴミに対しては考えることはいくらでもあります。
 仕事面だけならまだしも、ノイローゼの母親に無理心中で殺された私の友人を弟殺しの共犯者に仕立て上げたり。オウムサリン事件等で死刑判決を受けている某幹部の家族を追いかけ回し、その弟であり何の責も追わないはずの友人を退職の上、一家離散に追いやったり等々。
 個人的には、単なるゴミではなく「犯罪者」と呼ぶべきと考える、絶対に許すことが出来ない輩はいくらでもいます。
 表現の自由などを標榜するなど、どの口で言うかと小一時間(略)。いつでもどこでも吊し上げたい、そう考える始末で。

 以前、ある会合でNHKの記者と飲むことがありました。その記者は十分に信頼に足る人物で有ったのは幸いでしたが、先の私の抜きがたい不信感の話をすると、完全沈黙してしまいました。
 もちろんその記者には何の責任もないのですが、
「ちょっとした間違いでも報道対象者を社会的に抹殺するのは容易、かつ現行体制では不可避。自浄能力は皆無。被害者への名誉回復は事実上訴訟手段のみ。」
で有ることは、その記者も認めるところで。まだ、その記者にはその認識があり、常に自戒しているだけ幸いであり、良識が残っていると感じましたが、他のゴミにはそれを期待するだけ無駄であるのは情けない限りで。

 反省だけなら猿でも出来るが、反省すらしないゴミは猿以下、と対応時にはさすがに顔には出しませんが、思い知らされている日常です。
(これでも抑えている方です。本音全開ならどうなる事やら。)

Posted by: へぼ担当 | May 12, 2007 at 09:12 AM

個別の事例を挙げ始めると、きりがないんですよね。
たとえば、自衛官の犯罪だけ大騒ぎするとか、(しつこいですけど) 国税の「申告漏れ」リークを真に受けて垂れ流すとか、その他いろいろ。NEWS 23 のごときは、ニュース番組というよりプロパガンダ番組ですし。

「事実を伝える」ことよりも「最初に決めたベクトルに基づき、それに合うものを選んで伝える」という方向に組織が動いてしまう点が、問題なのかなあと思ったりもします。個人レベルで現状に対する問題意識があっても、組織全体として違う方向に進んでいると、往々にして押し流されてしまうものですし。

Posted by: 井上 | May 12, 2007 at 01:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« アメリカ軍 悪行 イラク | Main | プジョー 1007 »