« May 2007 | Main | July 2007 »

June 2007

Jun 29, 2007

ジェットエンジン萌え

「工場萌え」なんて写真集が出るぐらいだから、「ジェットエンジン萌え」な人がいるかと思ってググってみました。残念ながら、そのものズバリのタイトルを付けたサイトは、ひとつも出てきませんでした。

性能と重量軽減、そして安全性や信頼性・保守性を両立させるために、設計者がさまざまな知恵を絞ったジェットエンジンには「突き詰めた機能美」を感じるのですが、そういう人ってあまりいないものなんでしょうか。

有名なところでは芸術品扱いされている GE90 のファンブレードがありますけれど、ブレード全般、ブレードをディスクに固定する部分の緻密な構造 (しかもメーカーごとに個性がある) などなど、メカ好きの琴線を刺激する要素満載だと思うんですけれどねぇ。

あと、F100 のアフターバーナー部で使っているケーシングの構造も、個人的には面白くて好きです。

Img_0112

飛行機でメカ好きを刺激するパーツといえば、エンジンと降着装置が双璧でしょう、うん。

| | Comments (10)

Jun 28, 2007

富士通リベルタッチ

富士通、キータッチをカスタマイズできるキーボード」(PC Watch)

↑の記事だと「6 月末発売」って書いてあるけれど、私、これを 22 日に新宿のヨドバシで買ってきたんですけど… ちなみにお値段は 17,800JPY。私がこれまでに買ったキーボードの中では、ダントツの最高値です。

Fujitsu

RealForce とこれと、どっちにしようかと悩んだのですが、Windows キーがついているという理由で富士通に決定。ただ、騒々しいお店だと気にならなかった打鍵音が、自宅だと意外と気になるのは誤算でありました。

撃ち心地 打ち心地はなかなかいいですね。ノート PC のキーボードに慣れてしまったので、ストロークが長いと押し込みが足りなくなるかも ? と心配していたのですが、そんな問題は全くなかったです。

不思議でならないのは、交換用ラバーの数。重いのと軽いのと 15 個ずつ添付してあるんですが、これだと一部のキーしか交換できません。最初から、総取っ替えすることは想定していないのでしょうか。ちょっと謎。

| | Comments (4)

Jun 25, 2007

クルマ遍歴 (II)

一部ではちょっと有名な (それって有名っていうのか ?) 1 台。

Dsc00004_1
アルテッツァ AS200 Z Edition (GF-GXE10-AEPVK)
'98/12-'00/9

AE111 で「クルマを運転する楽しみ」に目覚めてしまったところに、98 年の夏頃からこのクルマに関する情報がチラチラと出始めて、興味津々。発売になったときには、もうすっかり頭の中に情報が入っていて、試乗・即・契約といってもいい早さでした。だから、車台番号は 3800 と、相当な若番。ちょうど会社を辞めて独立する直前で、一種の「気合入れ」というか「御褒美」でもあったのですが。

RS200 の 5 速 AT にも惹かれたんですけれど、スムーズさに期待して直 6 の 1G-FE を積んだ AS200 にしたのは大正解。タイヤ (ミシュランの Pilot Sports) がちょっと騒々しかったものの、安定感のあるまったりツアラーという点では良い選択だったと思います。ただ、排気量が増えて重くなったせいもあり、高速を走ってもリッター 13km がいいところ。AE111 のときよりペースが上がったし。

ナビは純正のポップアップ式を付けました。購入してからしばらくして、画面表示が乱れるトラブルが出て配線を直してもらいましたけれど、それ以外はノートラブル。後で VICS ユニットを追加したのが唯一の改造点でしたか。

前回とはうって変わって、東にはあまり行かなかった一方で、西は九州まで 2 度も足を伸ばしました。中国道と山陽道を完全制覇、明石海峡大橋も渡りました。もっとも、九州行きのうち 1 回目は帰りに大阪までフェリーで帰ってきたので、2 往復というには語弊があるかも。それに、2 度目の帰りに例の事故に遭ったので、とうとう自宅には帰り着けず。山梨県韮崎あたりの解体屋でスクラップになってしまったはずです。

Dsc00022_1

この残骸写真をネッツ店の人に見せたら「下さい」というので、印刷して進呈しました。それを使って営業したとか、社内報に載ったとかいう噂がチラホラと聞こえてきましたが、真相やいかに ?

実質的に 2 年も手元にいなかったので、これに乗ったことがある人はラッキーです (って何が ?)

| | Comments (6)

Jun 24, 2007

クルマ遍歴 (I)

ちょうど現役復帰して 10 年になるし、新しいクルマが来たところだし。
というわけで、過去を振り返ってみました。

R0200012
カローラ・レビン 1600XZ (E-AE111-ACPGK)
'97/6~'98/12

ペーパードライバーから現役復帰して、初めて乗ったクルマがこれ。比較的小柄で、最小回転半径は 4.8m と小さく、さらにコーナーセンサーまで付けてしまったので、備えは完璧。おかげでボディはぶつけなかったけれど、川崎 IC の料金所で寄せすぎて、縁石でアルミホイールをひっかいてしまったという罠。アルミホイールにコーナーセンサーはないですからねぇ (凹)

何が凄いって、燃費の良さ。高速を 100km/h ペースで流していると、リッター 17km は当たり前、一度、追い風参考記録ながらリッター 20km も走ったことがあったので、ビックリ仰天しました、はい。

それに、サイズが手頃で取り回しは楽ちんだし、身軽だから山道でもそれなりによく走るし。というわけで、現役復帰した最初の相棒としては、なかなかいい選択だったなあと思います。確か、西は京都、北は旭川まで行きました。ただ、長距離ドライブの友としてはシートがちょっとヘボくて、腰が痛くなりやすい傾向はあったかも。

当初はナビなしでしたが、後からソニーのコロンブス (GPX-V5) をヨドバシで買ってきて、DIY で追加しました。ただし、ケチって車速センサーをつけなかったので、トンネルに入ると動きが止まってしまったのは秘密です (爆)

| | Comments (4)

Jun 23, 2007

ThinkPad T42 のキーボード

商売柄、キーボードとマウスにはこだわるのですが、トシを取ったせいか、以前と比べるとタッチが軽いキーボードを好む傾向が強まってきたようです。

となると、いささか立場が悪いのが、ThinkPad T42。ただ、Windows Vista の常用機だし、まだ買ってから 2 年半しか経ってないし、画面解像度はうちで最大だし、等々の理由から、簡単に放逐するわけにも行かず。

買った当初は X3* と比べるとキータッチが軽く感じたのですが、なぜだかここしばらく、重たく感じるようになってしまいました。ただ、使い方によっても感じ方が違ってくるのが面白いところです。

どういうことかというと、身体とキーボードの相対位置の違いが影響するようです。相対的にキーボードの位置が高くなると、重く感じて叩きにくくなります。だから、テーブルに載せた状態よりも膝の上に載せた状態の方が叩きやすいし、キーの重さを感じません。
(ただし、膝の上に載せて長時間使用していると、熱で辛くなる問題もありますけど)

あと、これはキーボードの構造に関連する問題だと思うのですが、奥の方をチルトさせて斜めにすると、キーを押し込むときの感触が悪くなります。傾斜角が増えると感触が悪くなり、傾斜角が少なめの方が素直にスコッと抜けてくれます。ただ、夏になるとファン付き冷却台を使いたいところなので、これはちょっと頭痛がするところです。

まあ、キーが重いなんていっちゃうと、今は昼寝している s30 なんか T42 以上に重たい感じですけれど。

| | Comments (0)

Jun 22, 2007

飛虎隊 ? 飛行隊 !

Japan to Replace RF-4EJs with F-15Js + SAR Pods (DID)

The JASDF 501 Hikotai at Hyakuri AB flies the Japanese contingent of 27 RF-4EJs. Some were originally RF-4E reconnaissance planes, while others are converted F-4EJ fighters. They are scheduled to be decommissioned soon, and to replace them...
ちょ、"Hikotai" って (汗)

ローマ字で "Hikotai" なんて書かれたら、「飛虎隊」(Flying Tigers) かと思ってしまいます (爆) 素直に 501st Squadron、あるいは 501st Reconnaissance Squadron って書けばいいのに…

米海軍式だと RECONRON 501 なんてことになりそうですが、空自は米空軍規格ですから、先のように書く方が正解でしょう。

ちなみに昔、Jane's Weapon Systems が陸自の 81 式短距離地対空誘導弾 (いわゆる短SAM) のことを "Tan-SAM" と書いていたほか、Jane's Fignting Ships にはこんな項目がありました。

Maritime Safety Agency "KAIJO HOANCHO"

| | Comments (7)

Jun 21, 2007

矢部っちといえば

「矢部っち破局」というニュースを聞いて、当事者のことよりも先に「矢部っちが彼女に懇願して、自宅に置かせてもらっていた (と噂される) メガうめ、どうなっちゃうんだろう…」と心配した人が、少なくとも若干名は存在していた模様です。

★★★ うめ吉、大好き ★★★
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/doll/1012417607/643-644

643 :もしもし、わたし名無しよ:2007/06/20(水) 22:30:28
矢部っち破局したけど、 うめ吉はひとみちゃんが引きとるのかな…?

644 :もしもし、わたし名無しよ:2007/06/20(水) 23:11:51
あっ、同じ心配をしている人がいた

だからというわけではありませんが、久々の「メガうめ + 囲碁中継」。
Pict1192


| | Comments (0)

Jun 20, 2007

CA といえば

電車の吊り広告で、コミックチャージの「ぶっちぎり CA」という漫画のタイトルを見て思いついたネタ。
SAM といえば」が予想外に盛り上がったので、二匹目のドジョウを狙って。

CA といえば :

・普通の人 : Cabin Attendant
・IT 業界の人 : Computer Associates
・特にセキュリティ関連の人 : 認証局 (Certificate Authority)
・軍ヲタ : 重巡洋艦の艦種記号
・アメリカ在住経験のある人 : カリフォルニア州の略号

| | Comments (4)

Jun 19, 2007

レガシィが来た (II)

E 型レガシィで新登場したアイテムのひとつに、「スポーツリフレックスメーター」があります。

実は、D 型までは B-SPORT にも専用デザインのエレクトロルミネセントメーター、つまり自発光式の格好いい奴がついていたのですが、E 型の 2.0i B-SPORT と 2.0R Spec.B はスポーツリフレックスメーターに変わっています。なんか、グレードダウンしたみたいで気になっていたのですが、いざ現物を見てみたら。

明るいところでは、普通のメーターに見えます。つまり、エレクトロルミネセントメーターみたいに光って見えたりしません。これだけ見るとグレードダウンしたように見えるのですが、んが。

屋根付きの駐車場みたいに、ちょっと暗いところに入ると、実はちゃんと照明しているのが分かります。ヘッドライトのスイッチはオンにしていないのに、こんな状態になります。
P6170433

ちなみに、こちらは明るいところでの状態。(2007/7/12 に追加)
P7120472


つまり、昼間でも間接照明 (とカタログに書いてある) は点いていて、周囲が暗くなるとそれが分かる、ということみたいです。暗いところだとエレクトロルミネセントメーターに近い気分が味わえるという、なんだか不思議なメーターです。しかも、エレクトロルミネセントメーターと同様に、照度調整ダイヤルも付いています。

面白いことをするなあ (笑)

| | Comments (0)

Jun 18, 2007

レガシィが来た (I)

事故でスクラップになった先代も含めると、8 年半もアルテッツァ AS200 に乗っていた勘定になります。
直列 6 気筒の 1G-FE エンジンは、スムーズで繊細なフィーリングがよいです。あと、シフトがカチカチと決まる 6 速 MT は絶品。まったりツアラーとしてはよくできたクルマです。

ただ、スキーの足として考えると、センタートランクスルーの宿命で板を 1 台しか積めないとか、「レギュラーガスで走れる MT 車が欲しい」なるワガママに適応できるクルマが絶滅保護種に近いとかいう状況がありまして。それで 1 年ほど前から、乗り換えようか、どうしようかと思案していたのですが、やっちゃいました。


というわけでやってきたのは、月並みではありますが、レガシィ ツーリングワゴン 2.0i B-SPORT (CBA-BP5E)。もちろん MT 車です。

はなから装備てんこ盛りの超お買い得品で、寒冷地用のクリアビューパック、HID、パワーシート、オーディオリモコン付きの MOMO ステアリングなど、何でもあり。なので、オプションで追加したのはパイオニアの DVD 楽ナビ (AVIC-DRV55。キャンペーン中で安かった) ぐらいのもんです。ETC 車載器は、前のアルテッツァに付けていたやつを載せ替えてもらいました。
本当は STi のアルミペダルパッドもつける予定だったんですけど、E 型になったら形が合わなくなっちゃったとかで、あえなくボツ。対応製品が出たら付けたいところです。

まだ届いたばかりで慣熟運転中なので、詳しい話はおいおい。

| | Comments (15)

Jun 17, 2007

あるわけない、わけがない

CAR 検博士への道 (第 2 回) (WebCG)

スキーの業界もそうだけれど、何でもむやみに「検定」するんじゃないよっ。
という話はともかく。

コージ: では早速、これがテスト問題なんですけど……。
由美 : ふーん、試験は 4 択問題なんだ ? 正解を選ぶだけでいいのね。これならできそう……って何よこれ ! 知らないよー、星型エンジンなんて~。こんなエンジンあるわけないじゃない。

自動車用の星形エンジンというと、M4 シャーマン戦車ぐらいかな ? あとは昔の飛行機。となると、吉田由美サンに「知ってろ」といっても無理ぽ。

一度、かかみがはら航空宇宙博物館に行ってらっしゃい♪ あそこに行けば、星形エンジンのカットモデルが置いてあるから。(しかし私はというと、その隣に置いてあるアリソン V-1710 の写真ばかり撮りまくっていたのは秘密)

星形エンジンですら「あるわけない」っていっちゃう人に、4 重空冷星形 36 気筒の R-4360 なんてエンジンの話をしたら、卒倒モノだろうな~

| | Comments (4)

Jun 16, 2007

SAM といえば

SAM と聞いて真っ先に思い浮かべるのは :

・普通の人 : ダンサー
・普通の軍ヲタ : 地対空ミサイル
・濃い軍ヲタ : 海自で使っている無人掃海具
・MSKK 関係者 : 古川さん

ついでにググってみたら、「ソフトウェア資産管理」の SAM なんてのもあるそうで…

| | Comments (11)

Jun 15, 2007

SAM のダンスを見においで

%タイトル% を見て元ネタが分かる方、何人いらっしゃるでしょうか。

P6150429

最近、 ↑この広告↑ を電車の中や駅でよく見かけるんですが、SAM のダンスって凄いですね。といっても、モノによって内容に差がありそうですし、RIM-162 ESSM なんか最新型で機動性が高そうだから、凄いダンスを見せてくれそうですよね。

あと、射場の制約の関係で仕方なくやっていたとはいえ、WSRM (White Sands Missile Range) で THAAD を撃った直後のコークスクリュー機動。あれもなかなか。

…え、SAM って地対空ミサイルの話じゃないの ?

| | Comments (8)

Jun 14, 2007

軍事英語入門 VII (支出と予算)

SIPRI (ストックホルム国際平和研究所) が、毎年恒例、各国の国防支出などに関するレポートを発表しました。「中国の国防支出が日本を超えた」ってんで、mixi ニュースあたりでは日記の嵐になっているみたいですが、ドル建てに換算して比較しているので、為替変動の影響を受ける可能性がある点については留意しておいた方がいいと思います。

それはさておき。
国防支出とは、英語で military expenditure (または military spending) と書きます。SIPRI でも、この言葉を使っています。つまり、実際に支出した金額ということで、平素から必要になる人件糧食費・装備調達費・O&M (Operation & Maintenance) 費・研究開発費などだけでなく、戦時下の国なら進行中の軍事作戦に関連する支出も含むと考えてよいと思います。

一方、予算の方は defence budget といいますが、予定は未定にしてしばしば変更される ((C) 帝国海軍) ものですから、budget よりも expenditure の方が実情に近いといえるでしょう。

なお、今のアメリカが典型例ですが、平時の国防予算 (defence budget) と GWOT (Global War on Terror) 関連の戦費支出は別枠になっていて、後者は毎年、補正予算 (emergency fund) を組んで処理しています。「アメリカの国防支出が世界全体の 46%」というぶっ飛んだ数字になっている一因は、この辺にもあります。これは当然といえば当然の話で、戦時でもないのに戦時経費を予算化するのは筋が通りませんし、逆に、戦時なのに通常と同じ予算で切り回すのは無理です。

ただ、この補正予算については「議会のコントロールが効きにくいんじゃないか」ということで、通常予算枠に繰り入れてしまえという議論もあります。実際、何が戦時経費で何が通常予算かという使い分けは曖昧で、どうとでも理由がつけられる一面もあります。ドサクサに紛れて、本来なら通常の予算で処理すべき物件を戦時補正予算に潜り込ませて、議会で「なんだこれは」と突っ込まれた事例もあるみたいですし。

| | Comments (2)

Jun 13, 2007

13 インチと聞いて思いだした話

http://ascii.jp/elem/000/000/041/41669/ より。

Image2_6

"ワッパー" は、直径 13 インチ、重量113gmの直火焼バーガーを採用した、バーガーキングのスタンダードモデル。

えーと。13 インチ = 330.2mm。そんな巨大なハンバーガーはあり得ませんから !

なんて揚げ足取りはこれぐらいにして。「cm」と「mm」の間違いなんていうのは、スキー雑誌がよくやってます。「センター幅 76cm」って、スノボだってそんな太くありません。

13 インチというと思い出すのは、第一次世界大戦のときにグランド・フリートの旗艦を務めていた、英海軍の戦艦・HMS Iron Duke。確か、こいつの主砲が 13 インチ砲じゃなかったかなと。と思って確認してみたら、正確には 343mm、13.5 インチでした。
http://en.wikipedia.org/wiki/HMS_Iron_Duke_(1912)

ちなみにこの艦、第二次世界大戦に突入してからも練習戦艦として残留していましたが、1939 年にスカパ・フロー在泊中のところを爆撃されて、浸水・着低してしまいました。

実はこの件について、爆撃の被害だけじゃなくて、その直前にスカパに侵入していた U47 の魚雷が当たってたんじゃないか、という説を唱えている人がいます。
ドイツ側の言い分では、U47 は HMS Royak Oak を沈めたほか、HMS Repulse にも魚雷を当てたとしています (英海軍はこれを否定、水上機母艦 HMS Pegasus だと主張)。それに対して、実は Repulse でも Pegasus でもなく、魚雷が当たったのは Iron Duke だったんじゃないの、という主張なのですが、はてさて。今となっては、真相は闇の中です。

そういえば、この Iron Duke 級の退役艦から外した主砲を第二次世界大戦が始まってから引っ張り出して、ドーバー海峡に海岸砲として据え付けた、なんてことがあったような…

| | Comments (17)

Jun 12, 2007

コリア・トロフィー

今年のコリア・トロフィー Collier Trophy が、F-22A の開発に携わった Lockheed Martin 社などに決まったそうです。

http://www.af.mil/news/story.asp?storyID=123056668 (AFNews)
http://www.naa.aero/html/awards/index.cfm?cmsid=62 (NAA)

コリア・トロフィーは、アメリカの航空界で優れた業績を挙げた企業や個人に授与されるもので、1911 年スタートという、航空機そのものに匹敵する歴史があります。上にリンクした NAA のサイトに過去の受賞者一覧が載っていますが、ある意味、アメリカ航空史の縮図といえるかもしれませんね。そうそうたるメンツです。

| | Comments (6)

Jun 09, 2007

Word 2007 の泣き所

「マニュアル車が欲しい」に匹敵するニッチな話なんで、ここでぼやいてどうする、ってレベルの話ではありますが。

目下、Windows XP + Office 2003 の環境と、Windows Vista + Office 2007 の環境を平行して使っています。Excel 2007 や PowerPoint 2007 については特に問題はないのですが、Word 2007 については、どちらかというと不満が多いのが実情。ただ、その「不満」の内容が相当にニッチな話で、アウトラインモードを駆使して長文を書きまくる人でないと、問題にならないような話ばかり。



◎アウトラインモードの挙動
従来の Word は、アウトラインモードで保存した文書を次に開くと、またアウトラインモードのままで表示してくれました。章節項ごとの展開状態も記憶していたので、すぐに作業を再開できてよかったんですが、んが。

Word 2007 の場合、アウトラインモードで保存したものを次に開くと、強制的にページレイアウト表示に戻しやがるのです。アウトラインモードで長文をいじる立場からすると、ものすごく不便です。しかも、そこでアウトラインモードに変更すると、すべてのレベルを展開した状態になるので、さらに表示レベルを変更する手間がかかるという (まあ、これはキー一発でできるんですけれど)。

オプション設定で、下書きモードのままで開くようには設定できますが、これも保存時に下書きモードにしておかないとチャラ。うっかりしてアウトラインモードで保存してしまうと、次回にページレイアウト表示に強制変更しやがるので、イライラ。


◎[Shift]+[F5] の挙動
Word には、カーソルを移動した後で [Shift]+[F5] キーを押すと、移動前の場所に一発で戻る機能があります。ショートカットキーやブックマークを使ってジャンプした後に、元の場所にパッと戻れて便利です。
Word 2003 以前だと、文書を開いた直後にこのキーを使うことで、保存時のカーソル位置に戻れたんですが、Word 2007 だと、この操作が効きません。数百ページ (過去の最大記録だと 1,500 ページ) の文書をいじっていて、途中まで作業したところで保存して作業中断、次に再開、なんてときに激しく不便です。

まあ、逃げ道がない訳じゃなくて、保存の際に「ここまで」とかなんとか適当な名前をつけたブックマークを突っ込んでおけば、多少はマシになるのですが。それでも、キー一発で済む Word 2003 以前と比べると面倒で、こまりものです。



どちらも、とんでもなく長い文書を日常的にいじっているという、物書きならではのニッチな需要に関連するものなので、これがマジョリティかというと疑問はあるのですが。とはいえ、なにも、こういうところで仕様を変えなくたっていいじゃないか、とぼやいている今日この頃。そのせいで、巨大な書籍原稿は Word 2003、雑誌記事みたいにコンパクトなやつは Word 2007、という棲み分けができつつある昨今なのでした。

それにしても、この仕様変更を決めたのって誰だよ (ボソッ)

| | Comments (11)

Jun 08, 2007

なにをいまさら

「米軍死者、3500 人超える = 増派の効果判断に影響も - イラク」(時事)

米民間ウェブサイト「イラク駐留多国籍軍の死傷者」によると、2003 年 3 月の対イラク開戦以来の米軍の死者数は 7 日までに 3504 人に達した。米メディアも独自集計として、死者が 3500 人を超えたと伝えた。

この記事だけ見ると、どこにも公表していない情報をすっぱ抜いたように見えるけれど。
実は、随時更新されている DoD の Casualty Report を見れば、米軍の死傷者に関する数字はいつでも入手できるというのが真相。仮に、「DoD の公表データが信用ならなくて、別のソースからデータを集めている」というのであれば、どういう情報源を使っているのか、おおいに興味があるところですねぇ。

| | Comments (6)

Jun 07, 2007

早口言葉

あまり怪しい写真ばかり載せていると、自衛隊にある私のファイルがますます分厚くなってしまうので (すでに何某かの記録はあるはず。多分「体力虚弱」とかなんとか書かれているに違いない :-)、話題を変えて。


子供の頃にだいぶ練習したせいで、早口言葉はちょっぴり得意だったりします。でも、初見でいきなりスラスラいうのは無理で、やはり幾らかは練習しないと無理ですね (←なんだそれ)。
そこで、パッと思いついたやつをいくつか。


◎入門編 :
ブスバスガイドバスガス爆発

◎中級編 :
書写山の社僧正

◎上級編 :
京の生鱈奈良生真魚鰹
信州出身新人シャンソン歌手新春シャンソンショー


最後のを、ちゃんと一発変換した ATOK2005 は立派。これで「愛撫先」の失点を取り返した ?

| | Comments (4)

Jun 06, 2007

電測ヲタク

横須賀ネタの続き。

「あたご」と「きりしま」ではマストの形状が変わっていますが、電測兵装の面でも細かい違いがあります。
まず、ヘリコプター用のデータリンクがマストの上寄り、前面に付いているのは両艦とも同じですが、「あたご」ではその両側に、電子戦関連と思われる機材が増えています。

また、FCS-2 が消えている一方で、艦橋より 1 層上、AN/SPG-62 ミサイル誘導レーダーが載っている構造物の前面に、タイル状の謎の物体が付いています (下の写真だと、ちょっと分かりにくいけど)。これは、ヒマができたら調べてみた方がいいかも。

追記 (2007/6/28)
「世界の艦船」(2007/8) 号によると、この謎の物体は電波吸収材とのこと。でも、どうしてこの場所にだけ電波吸収材をつけているのか。かなり深い事情があるように思えます。
あと、マスト両脇に加わったアンテナが電子戦装置という推測は正解でした。


「あたご」のマスト
「あたご」のマスト

「きりしま」のマスト
「きりしま」のマスト

| | Comments (0)

Jun 04, 2007

横須賀に行ってきました (写真編)

それでは、まともな写真がひとつもない写真レポートの、始まり、始まり~。

Pict1217
某艦は、某立入禁止区画で「セコムしてました」。

Pict1218
「あたご」の艦橋。「あたご」や「なみ」クラスは速力指示のメカが押しボタン式みたい。

Pict1218b
「きりしま」だと、操舵員の左側に速力指示用のレバーが 2 本ニョキッ。でも、こっちの方がフネっぽい。

Pict1222
AN/UYQ-70(V)2 汎用コンソール。Lockheed Martin 社製だけど、DRS Technologies 製の機器も混ざってました。

Pict1229
「あたご」の艦橋、左右に 2 面ずつ設置してある、DRS Technologies 社製の液晶ディスプレイ。「きりしま」は同じ位置に CRT。

Pict1254
  _  ∩
( ゚∀゚)彡 パソコン兵器 ! パソコン兵器 ! (参考)
 ⊂彡

Pict1261
某艦の艦内で見かけた船舶電話。

Pict1263
3 コマ目が、どうみても「先行者の中華キャノン」な件について。

Pict1276
護衛艦「あたご」公用車 1 号。メーカーは Panasonic。

Pict1287
「むらさめ」の海図台にて。鉛筆を喰う人がいる !?

| | Comments (18)

横須賀に行ってきました

海上自衛隊と米軍の両方で一般公開があったのですが、海自だけで時間切れになってしまいました。同時公開ということで、フネを使って海自と米軍の公開エリアを結んでいたのが画期的でした。

Pict1207
隣のフネが小さく見えまーす (ぉ

左から順に、「あたご」「はたかぜ」「きりしま」「おおなみ」。

| | Comments (5)

Jun 02, 2007

伊太利亜軍

アメリカ軍 悪行 イラク」に続く、Google 先生のイタズラ・第二弾。

「イタリア軍」でググったら、真っ先に出てきたのがこれですか… イタリア大使館に文句つけられても、しーらないっと。

# 前回の教訓に鑑み、タイトルをわざと漢字にしてみました

| | Comments (9)

Jun 01, 2007

加害者責任の範囲

T-72 神殿で掲載している、「平良夏芽牧師による迷演説『沖縄の飛行場は原爆投下に不可欠の存在だった』 ???」の関連エントリ。

上の記事によると、こんな珍説を説いている人がいるそうです。

広島、長崎に原爆を落とした B29 は、沖縄で給油しているんです。沖縄の米軍基地がなかったら、原爆投下はなかったんです。 (平良夏芽 - 『魂花時報』第 88 号)
いや、それ間違ってますから。

まず、広島の原爆投下に沖縄は関わっていません。長崎にしても、B-29 "Bockscar" が発進したのはテニアン島であって、沖縄ではありません。そして、燃料系統の故障と作戦上のゴタゴタが原因で燃料が足りなくなり、仕方なく沖縄に降りています。といっても、本来なら沖縄までたどり着けるほどの燃料も残っていなくて、それを無理やり食い延ばして、ギリギリカツカツで沖縄にたどり着いたというのが真相です。

平良牧師の主張は、原爆投下と沖縄の基地を紐付けることで「沖縄にも加害者責任がある」というものです。おそらく、その先は「加害者責任の原因となる在沖米軍は出ていけ」と続くんだと思いますが、その加害者責任とやらを主張するにしても、モノにはやり方ってものがあります。

世の中には、この珍説を真に受けて「緊急の補給地としての沖縄があったればこそ原爆投下作戦も可能だったという考え方もできます」と強弁する人もいます。でも、そう主張する割には根拠がどこにも示されていなくて、「私はそう思う」に終始しているのが、なんだかなあ、という感じではありますが。それはそれとして。

爆撃を実施した機体や部隊、あるいはそれを命じた最高司令官 (アメリカなら大統領) に責任がある、というなら、まだ分かります。でも、その機体や部隊が展開していた土地にまで加害者責任がある、というのは暴論もいいところです。
上のリンク先でも、「Bockscar が長崎に原爆を投下した帰りに沖縄に降りた → 沖縄は原爆投下に不可欠だった → 沖縄に加害者責任がある」という三段論法を展開しているんですが、爆撃任務の帰路に予定外の着陸を行った場所にまで加害者責任がある、ということになるとですよ。

ノルウェーに展開したドイツ軍に爆撃を行った英空軍爆撃機の中には、戦闘で損傷してイギリスまで帰り着けないと判断して、そのまま東進してスウェーデンに降りている機体が少なからずあります。敵地に降りるぐらいならスウェーデンに降りて抑留される方が、という考えによるものですが、そうなると、スウェーデンはイギリス空軍によるドイツ軍への爆撃に加担した「加害者責任」がある、ということになってしまいます。
ちなみにそのスウェーデン、第二次世界大戦が勃発した後もドイツに対する鉄鉱石の輸出を続けていましたから、間接的にドイツの兵器生産、ひいては聯合軍兵士の犠牲者を増やすことに加担していた「加害者責任」がある、とこじつけることが可能になってしまいます。双方の陣営に対して「加害者責任」があるスウェーデンって、なんて血塗られた永世中立国なんでしょうか (真に受けないように)。

あと、イラクやアフガニスタンを爆撃した米空軍の爆撃機は、オマーンやカタールを拠点にしていますし、ディエゴ・ガルシアから離発着している機体もあります。するてぇと、オマーンやカタール、そしてディエゴ・ガルシアの住民は、イラクやアフガニスタンに対する「加害者責任」があるってことになるんでしょうか。
おっと、ディエゴ・ガルシアに民間の住人はいませんね (ぉ

日本本土を爆撃した B-29 の中には、帰路に硫黄島に不時着している機体が少なからずありますから、平良牧師の発言を敷衍するならば、硫黄島は日本本土の住人に対する「加害者責任」があることになってしまいます。そんなアホな。

直接の加害者だけでなく、そこに関わった土地にまで加害者責任があるというのなら、私が居眠り運転のトラックに蹴飛ばされて昇天し損なった件については、居眠り運転の運転手だけでなく、そのトラックの会社がある某県某市の住人も加害者責任を感じないといけないんでしょうか。そんなアホな。

平良牧師の珍発言には、こんなくだりもあります。

「ベトナムの人にとって沖縄というのは、癒しの島、海の綺麗な島ではない。ベトナムの人に聞いたことがあります。『沖縄と聞いただけで背筋が凍るほどの、恐怖の名前でしかなかった』と。」
「私たちが銃声鳴り響くファルージャの街に命からがら医薬品を届けに行ったとき、ドクターたちは、『ありがとう』という風には言って下さらなかった。『この子どもの体を吹き飛ばしたのは、あなたの島から来た米兵たちだよ。あなたの島の人たちはそのことをどう思っているのか?』と。」

ということは、北九州を爆撃した 58th BW の B-29 は中国の成都から発進していますから、北九州の住民や八幡製鉄所の関係者は、中国の加害者責任を追及していいことになってしまいます。実際、成都の飛行場建設には現地の中国人労働者が大量動員されていますしね。

と、こんな具合に、間接的な「加害者責任」をでっち上げれば収拾がつかなくなります。それに、そもそも地政学的な条件やプラットフォームの性能に合わせて基地の配置を決めた話について、地元の人間が「基地があることによる加害者責任」を云々するのは、つまりは基地の存在を否定するための詭弁でしかなく、牽強付会もいいところです。

加害者責任を云々するなら、直接手を下した当人 (と、軍事作戦の場合にはその上の指揮系統) にとどめるべきでしょう。それより広い範囲に話を広げても、収拾がつかなくなるだけです。

Web_040806f9999r002
B-29-35-MO "Bockscar" S/N 44-27297 (Photo by USAF)

| | Comments (0)

« May 2007 | Main | July 2007 »