« 加害者責任の範囲 | Main | 横須賀に行ってきました »

Jun 02, 2007

伊太利亜軍

アメリカ軍 悪行 イラク」に続く、Google 先生のイタズラ・第二弾。

「イタリア軍」でググったら、真っ先に出てきたのがこれですか… イタリア大使館に文句つけられても、しーらないっと。

# 前回の教訓に鑑み、タイトルをわざと漢字にしてみました

|

« 加害者責任の範囲 | Main | 横須賀に行ってきました »

Comments

ある意味お隣さんにも通じるヘタレっぷりに激笑。w

Posted by: にゃんこ | Jun 02, 2007 at 10:17 AM

基本的には負けたネタだけ集めてあるとはいえ、イタリア軍のそれは突出しているかもしれません。
でも、個人単位だと武勇を発揮するあたりからすると、単に組織戦闘向きではない、という話だったりして ?

Posted by: 井上 | Jun 02, 2007 at 12:27 PM

イタリア軍といえば、
ジェラート好きで軍がジェラート製造機を持ってること。
これには笑ったけど、
最後のネタでイギリス軍捕虜に与えられた食事が
豪華だったのは本当?
イタリア軍がナチスドイツ軍に水の補給を頼み、
ドイツ軍が駆けつけてみたらイタリア軍が
水がなくてパスター料理ができないでいたと
ドイツ軍にうちあげるという
秘話が嘘ネタというのは知ってるけど。
後、ネットで各国のレーション比較画像(ネタ)が出回っていて
イタリア軍の豪華なレーションが皿の上に乗っているのもあったね。

Posted by: 通行人 | Jun 02, 2007 at 03:18 PM

その「捕虜の食事」の話も、なんだかネタ臭いと思うんですけれど。でも、それを聞いた人がみんな「イタリア軍ならありそうだ」と思ってしまうところが、イタリア軍・クオリティですね :-)

レーション比較画像って、「韓国軍」のところに仔犬の写真が載ってるやつでしたっけ。

Posted by: 井上 | Jun 02, 2007 at 03:30 PM

>仔犬の写真が載ってるやつでしたっけ。
それもありましたね(笑)
中国軍のがペットフードに見えるのは自分だけでしょうか?

Posted by: 通行人 | Jun 02, 2007 at 03:44 PM

確かに…
では、対抗して、我が国からはクサヤ、スウェーデンからシュールストレミングを (殴)

タイトルを漢字表記にしてみたら、「伊太利屋ポルシェ 962C」を思い出してしまったのは秘密です (←これだからオジサンは)

Posted by: 井上 | Jun 02, 2007 at 06:25 PM

出来心で、他についても調べてみたら。
「アメリカ軍」「日本軍」「イギリス軍」「ドイツ軍」「フランス軍」「ソ連軍」はいずれも、Wikipedia の記事がトップ。それなのに、それなのに、「イタリア軍」だと…

Posted by: 井上 | Jun 03, 2007 at 12:05 AM

Wikiもイタ公抜(ry

Posted by: 通行人 | Jun 03, 2007 at 02:05 PM

でも、イタリア軍抜きにすると、世界の戦闘糧食の水準に関する平均値が下がってしまいます (ぉ

Posted by: 井上 | Jun 03, 2007 at 07:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 加害者責任の範囲 | Main | 横須賀に行ってきました »