« 個性は尾部に出る ? | Main | 駅のデザインと美観 »

Jul 12, 2007

一方、ロシアは抜け穴を作った

2006/8/6 に、アメリカが露 Rosoboronexport に対する制裁措置を発表しました。シリアとイランに対する取引が、2005 Iran and Syria Non-proliferation Act にひっかかった、という理由なんですが、詳しい制裁措置の内容は不明です。

そうしたら、当の Rosoboronexport が、「Rosoboronexport を、"Russian Technology" という新しい企業体の傘下に入れる」なんて話を持ち出してきました。これは、アメリカによる制裁措置の対象が「Rosoboronexport の後釜、あるいは子会社 (successors, sub-units or subsidiary) となっている点の抜け穴を突くのが狙いとのこと。つまり、Rosoboronexport が別の会社の傘下に入ってしまえば、親会社名義で取引することで、先の対象から外れる、ということみたいです。

この "コロンブスの卵" 的な記事を読んで、思わず「一方、ロシアは鉛筆を使った」のコピペを思い出してしまいました。

ref : Jane's Defence Weekly (2007/7/4) "Rosoboronexport moves to bypass US-imposed sanctions"

|

« 個性は尾部に出る ? | Main | 駅のデザインと美観 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 個性は尾部に出る ? | Main | 駅のデザインと美観 »