« 誤変換された総理 | Main | きっかけと継続 »

Sep 13, 2007

テロ特措法延長反対 !

実は私、テロ特措法の延長には反対なんです。

…だって、何かある度にいちいち特別措置法案を作って、それを国会に出して審議にかけて、なんていう迂遠なことをやっていて、「本来任務」もなにもないでしょうに。そろそろ、恒久的に海外派遣を前提にした法律の枠組みを整備するべきなんですよ。ROE のことなんかも含めて、どんな任務にも共通する土台は作っておかないと。

もちろん、派遣するかどうかを決めるときに国会で審議することは必要でしょうけれど。
あと、任務によって状況が異なる部分は当然ながら出てくるだろうから、それにどう対応するかも恒久法としてきちんと決める必要があると思うわけです。

|

« 誤変換された総理 | Main | きっかけと継続 »

Comments

「テロ対策基本法」とか「国家安全保障基本法」みたいなのを制定するって事ですか?

確かに泥縄ですもんね、現状。 もっとも、改憲とセットになりそうで敷居は高そうですね。

Posted by: H@tokara | Sep 13, 2007 at 10:07 PM

多分、PKO から災害派遣から何からひっくるめて、海外派遣を包括的にカバーする法律が必要じゃないかと思うのです。自国を外敵の侵攻から防衛する、というのとは異質の任務ですし。

Posted by: 井上 | Sep 13, 2007 at 10:50 PM

 純粋に軍事面でもROEなど課題は山積のように思います。少なくとも事に対して、一線の指揮官・自衛官に超法規的処置を強いることは合ってはならないと考えますが、政治(ひいては私たちの責任ですが)の怠慢によって、それも放置しているところ。
 物議を醸したひげの佐藤隊長の発言も、それをふまえての苦渋の物であったし、それを持って憲法違反だのナンダのと言うのは、片腹痛いところで。本来なら自衛官が発言すべきなのでしょうが、自衛官には政治的な発言は禁止されていますから、ただひたすら放置され、矛盾を押しつけられてきたわけで。
 個人的には恒久法だろうが、特措法だろうがどちらでも良いのですが、一線の指揮官・自衛官にこれまでの政治の怠慢におる矛盾を押しつけるのだけは、早急に改善すべき所と考えます。

Posted by: へぼ担当 | Sep 14, 2007 at 01:05 AM

結果が同じなら特措法でも恒久法でも… というのも一理あるんですけれど、恒久法を作る方が commitment を対外的に明確に示す効果がある、と思うのです。これ、すごく重要じゃないでしょうか。

Posted by: 井上 | Sep 14, 2007 at 01:13 AM

唐突ですいませんが、アパッチやめてOH-1の魔改造でしょうか?

Posted by: 金珍宝 | Sep 14, 2007 at 03:21 AM

>>PKO から災害派遣から何からひっくるめて、海外派遣を包括的にカバーする法律

 これこそ小沢氏が求めているものではないかと思いますがねぇ。これがあれば、国連から要請があった時にアフガンに陸自を派遣するのだってスムーズですお(棒読み)

Posted by: KWAT | Sep 14, 2007 at 10:16 AM

>OH-1
それは能力的に差がありすぎです。
むしろ、今の AH-1S をアップグレード改修してしのぐ方がマシかも。

>小沢氏
そもそも、湾岸戦争の後で「自衛隊を出せ」って海部首相を突き上げたのは、いったいどこの誰だったのかと小一時間 (ry

Posted by: 井上 | Sep 14, 2007 at 10:26 AM

>>そもそも、湾岸戦争の後で「自衛隊を出せ」って海部首相を突き上げたのは、いったいどこの誰だったのかと小一時間 (ry

激しく同意

Posted by: 金珍宝 | Sep 14, 2007 at 01:14 PM

湾岸戦争というと 16 年前ですよね。今の高校生や大学生は、産まれて間もないか産まれる前。そんな前の話になると、もう忘れ去られているのか、それとも意図的に忘却しているのか…


誰か、このエントリのタイトルに釣られる人が出ないかと思ったけれど、誰も釣れません (ノ∀`)

Posted by: 井上 | Sep 14, 2007 at 05:58 PM

>誰も釣れません (ノ∀`)
ちょ、流石に内容がおき軍事に書いてありそうなことでは

Posted by: 遊び人 | Sep 14, 2007 at 06:57 PM

タイトルで釣って、中身はごくごく常識的、というのがキモですから…

Posted by: 井上 | Sep 14, 2007 at 07:27 PM

釣られかけた人ならここに一人・・・ 
ちなみに先日のタイフーンにも釣られかけました。

湾岸戦争の時は小学校2年生でしたけど、なんとなく覚えてますね。

Posted by: ベムパ@ | Sep 14, 2007 at 09:29 PM

RSS リーダーに登録していると、いきなり全文が見えちゃうから、釣り効果が薄いんですよね。トップページからアクセスすると「続きを読む」になるから釣られやすいと思ったんですけれど (をひ)。

>湾岸戦争の時は小学校2年生
お若いんですねえ。私はもう社会人でしたよ。

Posted by: 井上 | Sep 14, 2007 at 10:08 PM

釣られかけたけど、どうにも腑に落ちなくて確認しにきた子がここに。
あぁ、そういうことねと納得したですよ。

湾岸戦争の頃っていえば、私も小学生でしたねぇ。なんとなくも覚えておらず、ここ数年知ったことばかりですけど。
そりゃジェネレーションギャップがあるのも仕方ないですかw

Posted by: ちっち | Sep 15, 2007 at 02:44 AM

湾岸はライブで中継やら何やら見てました・・・おかげで専門学校で単位かなり落として卒業出来ませんでした。(;^_^A

自分が印象に残っているのはMLRSの射撃かな。ロケット弾が白い軌跡を残して砂漠の彼方に飛んでいくのが強く記憶に残ってます。あとはおなじみのバグダッド市街の逆雨霰かな・・・

Posted by: にゃんこ | Sep 15, 2007 at 07:58 AM

>ジェネレーションギャップ
トシが二倍近く違うわけですからねぇ (それをいうな)。

>単位
単位は落としませんでしたが、スペースシャトル・チャレンジャー爆発事故のニュースにかじりついていたら、翌日の大学の試験が散々でした (爆)

湾岸戦争の前と後でもっとも変わったのは、「精密誘導兵器とは、けっこう能書き通りに当たるものである」という常識ができたことだと思います。

Posted by: 井上 | Sep 15, 2007 at 09:21 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 誤変換された総理 | Main | きっかけと継続 »