« 【審議中】 | Main | イカリンガーの弁護は正当か ? »

Sep 11, 2007

国家航空警備隊 !?

Blue Coat、米国家航空警備隊に Blue Coat ProxySG アプライアンスを導入 - ITmedia エンタープライズ

Blue Coat Systems (Blue Coat) は 9 月 10 日、アメリカの国家航空警備隊が管轄する 200 カ所以上の基地に、Blue Coat ProxySG アプライアンスを選定したことを発表した。

えーと、「国家航空警備隊」って何だろう… Air National Guard かあー !
念のために元ネタを当たってみたら、これみたいですね。

あのねえ。Air National Guard は「州兵航空隊」と訳すんですよ。これはひどい。

ちなみに、陸軍にも州兵がありますが、こちらは National Guard といいます。州名を頭につけて「○○州兵」とするのが普通です。州兵航空隊だと、めんどくさいんで「○○ ANG」と書くことが多いみたいです。

|

« 【審議中】 | Main | イカリンガーの弁護は正当か ? »

Comments

Air force reserveを「控えの航空隊」と訳した本呼んだ記憶が……
レッドオクトーバー(映画版)ではEmergency Blowを「緊急ベル」と訳してたり音響デコイを「対抗策発射」とか言ってたり壮絶でした

Posted by: なかた | Sep 11, 2007 at 09:36 AM

blow と bell を取り違えるような人は、どこか遠くに blow してしまいましょう (マテ)

私は最初、「国家航空警備隊」という字句を見て「ウルトラ警備隊」みたいなのを想像してしまいましたw

Posted by: 井上 | Sep 11, 2007 at 10:10 AM

あっそうそう。訳語がすごいといえば「トム・クランシーの海兵隊」は壮絶です。Ada を「アダ」と書いてるぐらい。

Posted by: 井上 | Sep 11, 2007 at 10:10 AM

 「ベアが来た」(言うまでもなくベア=Tu-95)というセリフを直訳して「熊が来た」とやったのは、そのレッドオクトーバー(映画版)でしたっけ?

Posted by: KWAT | Sep 11, 2007 at 10:14 AM

(ノ∀`) アチャー
原作の方はまともなのに。

ちなみに、

"国家航空警備隊" に一致する日本語のページ 17 件中 1 - 17 件目 (0.30 秒)

ですって。

Posted by: 井上 | Sep 11, 2007 at 10:17 AM

昔ジェームススチュアートが主演の
「戦略空軍命令」っていう題名の映画があったような
原題は「Strategic Air Command」でしたねぇ
(^_^;

Posted by: B-36 | Sep 11, 2007 at 11:16 AM

Command の訳は難しいです。いろいろなところで、いろいろな使われ方をしていますから。米空軍メジャーコマンドの場合、私も含めて「軍団」と訳す人が多いですけど、異論も多いんですよね。

にしても、「命令」はあんまりです。

Posted by: 井上 | Sep 11, 2007 at 11:57 AM

くっつき爆弾とか・・・

Posted by: にゃんこ | Sep 11, 2007 at 12:16 PM

> トム・クランシーの海兵隊
まる一章分くらい「ワスプ」→「ワプス」とか書いてあってクラクラしたです。
「M20五口径機関銃」って何なんだ、とか。

Posted by: | Sep 11, 2007 at 12:30 PM

>くっつき爆弾
えーと、すみません。それって原語は…

>M20五口径機関銃
.50cal を「50mm」と訳すならともかく、この発想はなかったです。はい。

Posted by: 井上 | Sep 11, 2007 at 01:43 PM

ちなみに、アメリカには CAP (Civil Air Patrol) という制度があって、志願した民間人が軽飛行機に乗って、パトロール飛行するんです。災害対策なんかに役立ってるそうで。

むしろ、こっちの方が「国家航空警備隊」に相応しいんじゃないかなあ、なんて思ってみたり。

Posted by: 井上 | Sep 11, 2007 at 01:53 PM

> くっつき爆弾

Sticky Bombかな? それともLimpet Mine?

Posted by: H@tokara | Sep 11, 2007 at 03:57 PM

>Command の訳は難しいです。
小学生のころ、軍事評論家が書いた小中学生向けの「軍事本」では
SACは戦略空軍
TACは戦術空軍
MACは輸送空軍
と訳されていたような気がします
でずーとそう使っていましたが
高校くらいから
「軍団」派になりました
どれも今ではありませんが...

Posted by: B-36 | Sep 11, 2007 at 06:30 PM

>くっつき爆弾

いわゆる吸着地雷・吸着爆弾ですね。
ヨーロッパ戦線で用いられた磁力吸着の対戦車爆弾だったと思います。

Posted by: にゃんこ | Sep 11, 2007 at 06:33 PM

納得です。
ググってみると原語のドイツ語ばかりなんですけれど、英語だと "attach hollow charge" でいいんですかねぇ。これだと、「付着空白請求書」なんて訳をやらかす人が出そうです。

Posted by: 井上 | Sep 11, 2007 at 06:50 PM

>空軍
そうそう。numbered Air Force との区分がややこしくなるので、「空軍」より「軍団」の方がしっくり来ると思います。でも、陸軍では「軍団 = Corps」ですから、それとの絡みで「軍団」を嫌がる人もいるようです。(しかし米海兵隊は… もおええ !)

そういえば、サンケイの赤本の中には米陸軍航空軍の Fighter Group を「戦闘機聯隊」って訳しているのがあるんですが、ソ聯軍じゃないのに「聯隊」といわれてもピンと来ません。

Posted by: 井上 | Sep 11, 2007 at 06:52 PM

軍事関係に詳しくない私が言うのもアレなんですが、翻訳された字幕でたまに見る「時速○○ノット」って表現ってどうなんですかね。
km/hなのかknotなのかハッキリしていただきたいと思ったり。

Posted by: kamo | Sep 11, 2007 at 10:02 PM

確かに… knot って、ノーティカルマイル/時 っていう意味ですからねえ。Meiji-dori Avenue と同じですね。

Posted by: 井上 | Sep 11, 2007 at 10:09 PM

タイトル失念したけど傭兵ものの洋画で、主人公の経歴で「LRRP」と発音しているのに、字幕が「ラーク」だったことが。タバコかよ!w

Posted by: 奇妙な青 | Sep 11, 2007 at 10:11 PM

楽をしてばかりいると、いい翻訳はできないということですね (殴)

Posted by: 井上 | Sep 11, 2007 at 10:16 PM

ベアが来た、はちょっと自信がありませんが(劇中ベアが魚雷投下するシーンはある)、warship(O.H.ペリー級)を戦艦です、と訳してはいました。まあこれはよくある話ですか。

Posted by: なかた | Sep 11, 2007 at 10:53 PM

きっと、war と battle の区別がつかない人が訳したんでしょうねぇ。って、そういう問題じゃありませんか (汗)

Posted by: 井上 | Sep 11, 2007 at 11:13 PM

軍事映画で翻訳が戸田奈津子だった場合、監修が居ない限り翻訳は絶望的だと思っています

Posted by:   | Sep 20, 2007 at 09:58 AM

それ、十何年も前からいわれ続けているのに改善されないのが、にんともかんとも。本人、気にしてないんですかねぇ。少しは伏見威蕃氏を見習っていただきたいものです。

Posted by: 井上 | Sep 20, 2007 at 10:10 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 【審議中】 | Main | イカリンガーの弁護は正当か ? »