« Windows Vista の妙な挙動 | Main | 荷物軽量化の切札・(゚∀゚)ラヴィ!! (前編) »

Apr 04, 2008

富士山を動かす方法

「富士山を動かすにはどうしますか ?」via 大石英司の代替空港

 

なんでも、私の古巣の入社試験で出た問題だそうです。そこで私なりの回答。

 

「宇宙から見れば、地球の自転と公転によって富士山は常に動いています。
よって、時間が経過するのを待ちます」

 

…ダメ ?

 

実はこの回答には下敷きがあって、帝国海軍の海軍大学校か何かの面接試験で

「君の満年齢、正確には何年何ヶ月かね」

と訊かれて

「はいっ、こればかりは時々刻々変わっておりますので、お答えできません」

と答えて合格した人がいたとかいう話。

|

« Windows Vista の妙な挙動 | Main | 荷物軽量化の切札・(゚∀゚)ラヴィ!! (前編) »

Comments

相対性理論で良いじゃん と思ったら既に例に挙がってる。

例)車を運転していたら電柱がぶつかってきた。
   (なお、全宇宙が複雑な軌跡で超光速で瞬間移動する必要が有るのは無視)

もう少しわかりやすい例だと私の拳が奴の顎で殴られた。(==;)

いえ、本当は古典的解答があります。

予言者と山
(人が動くのと山が動くのとは同じです)

Posted by: bugaisha | Apr 04, 2008 at 06:38 PM

それは所謂「マホメットと山の話」ですね♪

ガス・パゴニス中将の回答も聞いてみたいなーと思いました (謎)

そういえば、うちの母親が乗っていたホンダ N360 を譲り受けた人が、しばらくしたら土手っ腹に傷を付けていて「電柱が寄って来ちゃった」と言い訳していたことがありましたっけ。

Posted by: 井上 | Apr 04, 2008 at 06:49 PM

番組の解説者的存在として出演していた糸井さんが否定していたのが印象に残っていまして、ウオークマンを造り上げた技術集団が、iPodに出逢ってしまった世界の縮図を、「おいしい生活」の意味した「おいしさ」が変貌し続けている事に対して、糸井さんの舌が味を守るべく頑なに否定している様で興味深かった番組でした。

Posted by: やのちゃん | Apr 04, 2008 at 07:02 PM

そりゃ、あの山は永久凍土で形態を保っているんですから、暖めればいいんです。酒匂川のほとりで木を植えた、二宮尊徳の苦労を味わえます。ドロドロになって土石流になって流れてきますから。その災害の傷跡の一つが富士の麓の演習場です。木も生えない。地球温暖化のすすむ近未来に冬もミゾレになれば50年連れ添った妻の化粧のように崩れます。
http://hydrangeaceae.cocolog-nifty.com/hydrangea/2007/07/post_e556.html

Posted by: sionoiri | Apr 04, 2008 at 08:42 PM

 富士山~の話について、以前読んだ本があったので、大石先生のところのコメント欄に書いておきました。

 MSの狙いは、ザ・プロフィットに出てきた話と同じような事何ですかねぇ・・・新入社員にそこまで求めるのはちと酷な気もしますが・・・面白い答えが出ればそれでよかったのかなぁ・・・。

Posted by: | Apr 04, 2008 at 11:50 PM

あ、名前書き忘れた。
上のプロフィットの奴は私です。

Posted by: ぽてとぱい(にろ) | Apr 04, 2008 at 11:51 PM

もう150年近く前に既に動いてたじゃないですか、富士山。
あれ? 大昔の軍艦じゃなくて?

Posted by: kamo | Apr 05, 2008 at 12:06 AM

え?そりゃぁ、少しづつ崩していって、わたしの代で駄目なら、わたしの息子が、それで駄目なら、わたしの孫が、それで駄目なら、わたしの曾孫が・・・

駄目・・・?

愚公移山w

Posted by: | Apr 05, 2008 at 12:15 PM

観光客がみな、富士の土を持って帰ればそのうち無くなります。

元ネタ分かる人は間違いなく中年・・・
あっちは富士山ではなく月でしたが(笑)

Posted by: 通りすがり | Apr 05, 2008 at 01:54 PM

こういう出題って、どでかい単位のモノをパッと数値化する能力を見ようとしたのか、あるいは発想力を見ようとしたのか、はたまた反応を見るのが目的なのか…

少しずつ崩せば、いつか無くなりそうですけれど、その間に富士山が大噴火して元の木阿弥、なんてオチまでは考えなくてもいいですよね (苦笑)

米海軍で、リッコーヴァー提督に面接された某士官、「俺を怒らせてみろ」といわれたので机上にあるものを手でバーッと払い落として見せたら、合格したそうです。うーむ。

Posted by: 井上 | Apr 05, 2008 at 04:51 PM

江戸時代、女子供も富士山の霊験にあやかりたいと各所にミニチュアの富士山が作られたそうです。こういうのを富士塚っていうらしいんですが、公園の遊具ぐらいの大きさのものだったので、うまく土が崩れないようにしてやれば曳家よろしくそのまま移動できそうですね。トラックのる大きさに分割しても桶
別にどの富士山という指定はないわけで、富士塚の移動でも問題ないわけですが。w

Posted by: 憑かれた大学隠棲 | Apr 15, 2008 at 01:13 AM

うーん、さすがにそれはどうかと…

Posted by: 井上 | Apr 15, 2008 at 11:29 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Windows Vista の妙な挙動 | Main | 荷物軽量化の切札・(゚∀゚)ラヴィ!! (前編) »