« 井上孝司 + 右翼 | Main | W61K のカメラ »

May 05, 2008

【Day 39】向く・突く・回すぅ

日付 : 2008/5/2
場所 : GALA 湯沢 
天候 : 薄曇
板 : AMC776

今日の足は P12+P19 編成の 4311C。当日の朝に状況を見て、突発的に「日帰りきっぷ」を買って出動。

まず、いつものようにエンターテイメントとジジで何本か回しながら足慣らし。4/21 に来た時みたいに、前日に歩きすぎてヘロヘロになってはいないので、特に問題はない様子。

P5021967
(だいぶ "黒い" 部分がでてきたエンターテイメント。とにかく雪が重くて滑りにくい)

昼飯を食べた後で、グルノーブルに突撃。相変わらず、全面がコブだらけ。だから自重 (ry

P5021979
(曇りがちだったせいか、この写真ではコブの形がよく分からん)

普通にコブの腹を削りながら降りるのであれば、先週の熊ノ湯がそうだったように、それなりにできるようになってきた。ところが現実には、削るべき腹が存在しない、深くえぐれたコブに遭遇することの方が多い。そして、モーグルの人みたいに縦に突っ切っていくなんて論外のそのまた外だから、残された手はひとつ。バンクを滑るしかない。

そこで、「スキージャーナル」4 月号の付録 DVD「岩渕隆二のコブスペ」の登場。「今まで、コブの滑り方といって習ってきたことは、ひとまず忘れてください」で始まるこのビデオには、キモとなる呪文「向く・突く・回す」がある。それを試してみようと思っていた。

まず、出だしの緩斜面で「向く・突く・回すぅ」とブツブツいいながら滑り始めた。最初は 1 コブごとに止まるつもりだったけれど、やってみたら「なんか行けそうじゃね ?」と思えてきたので、止まらずに続行。以前ほど脚がばらけることもなく (当社比)、斜面が落ち込む手前まで、破綻もせずにノンストップで行ってしまった。

その先の、斜度が急になったところも同じ調子で、「向く・突く・回すぅ」とブツブツいいながら、なんとなく滑りきってしまった。これでノリノリになってしまい、グルノーブルを何本も回す。もちろん、これで 1 級を受けて 70 点が出るかといえば疑問だけれど、以前みたいにコントロールが効かなくなって飛び出すことは少なくなったから、ちょっとは進歩したかな ?

ポイントは「回す」の部分。このとき、凸の部分からバンクに向けて、板を横に滑らせながら回せばスピードを抑えられる。単に深回りさせるだけだと、自分程度の脚前ではスピードを抑えきれないから、結局は飛び出してしまう。最初は、整地で板を深く回し込む練習をしてみるといいんじゃないかと。

P5021980
(途中、2 ヶ所ほどこうやって阻止線が張られていたので、一気に降りるのは無理)

なんてやっていたら疲れたので、休憩。場所はなんと、ペアリフト「コーチ」の降り場の下。なんか橋の下で暮らしてるみたいな感じ。ただ、やはりこれだけでは疲れが抜けなかったようで、結局、後でチアーズに降りて、アイスクリームを食べつつ休憩し直し。

P5021987
(板の持ち主は、リフト降り場の下で休憩中)

その後、板を調整台に載せて、バインディングの位置を「-15mm」にセットし直してみた。春の腐れ雪だと、荷重ポジションを後ろ寄りにしないとつんのめってしまい、まともに滑れない。それなら最初からセンター位置を後ろ寄りにしちゃえ、という Railflex ならではのイカサマ

その後、ジジで何本か回してみたら、このイカサマが当たったようで、滑りやすくなった。トップもスッと内側に入ってくる。シーズンを通じてこのままにしてもいいかも。とホクホクしたところで、最後にエンターテイメントを上から下までミドルターンでぶっ飛ばして終了。1500 のシャトルバスで越後湯沢駅に移動して、P52 編成の 330C で帰京。

P5021965
(上に向かうゴンドラ。春だなあ)

P5021990
(グルノーブルからエーデルワイスを見下ろす。コースだけ強引に雪を残しているから、コースがどこを通っているか分かりやすい)

余談 :
硫安をカタキみたいに撒いているのはこの時期の通例だけれど、エンターテイメントよりもジジの方がバーンが固かったから、こちらの方が硫安を多く撒いていたんじゃなかろうか。実際、エンターテイメントの方が早く終了しちゃったし。

|

« 井上孝司 + 右翼 | Main | W61K のカメラ »

Comments

>「向く・突く・回すぅ」
はい、3末にかぐら行ったとき同じ事やってました(笑)
あれ、斜度によって微妙に出来たり出来なかったりしませんでしたか?

Posted by: その他 | May 06, 2008 at 09:12 PM

個人的には、斜度よりもコブの形に影響された感じでした。極端に縦を向いてたり横を向いてたりすると、難しくなるなあと。

左ターンと右ターンで非対称になっていて、一方が妙に横向き、他方が妙に縦向き、そんなコブって見かけませんか ?

Posted by: 井上 | May 06, 2008 at 11:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 井上孝司 + 右翼 | Main | W61K のカメラ »