« USB2-PCADPK 査収 | Main | なぜ DoJ が BAE Systems 社の幹部を ? »

May 20, 2008

【Day 41】最終日 (多分)

日付 : 2008/5/16
場所 : かぐら 
天候 : 曇ときどき晴
板 : Powdergirl PG-BW ('06, 160cm)

滑り納め (多分) のために、早起きしてかぐらに出動。今日は一緒に行く連れがいたので、まず目的地とは違う方向にピックアップしに行った後、とって返して関越に上がる。ちゃんと 6 時前に新座料金所を通過して、「駒寄ターン」も忘れずに。

EN 写真工房 の中村さんとは現地で合流して、3 人で 0845 のロープウェイに。先週の時点で「そろそろダメじゃないか ?」と思っていた「命の道」は、今日も根性で維持していた (ちなみに、バス連絡になったのは 20 日から)。クワッドで上がってゴンドラに乗り継ぎ、0920 頃にかぐらメインゲレンデに到着。さっそく滑り出す。

今日は、「板の取り替えっこ」をやった。一緒に行った連れが、自分の AMC600 を試しに履いてみたいというので、逆リクエストして Powdergirl を借り受けた次第。乗り味はどちらもよく似ているけれど、AMC600 の方が微妙にしっかりしている感じ。

気温が上がってザブザブになってしまったバーン状況のせいで、エッジを食い込ませて滑るのは難しくて、ターン中に外脚が一度ならずスッポ抜けて焦った。でも、Powdergirl はとにかく軽快で、自分で振り回すのは楽ちん。慣れればコブにもよさそう。

P5162030
(Powdergirl PG-BW / '06, 160cm)

滑っているところを写真に撮ってもらいつつ、小一時間ほど滑る。途中からコブ斜面にも突撃してみたけれど、出だしのラインは潰されてるし、その他のコース脇のラインも浅いものが多い。それでは、ということでテクニカルコースに突撃してみたら、至るところで土は出ているわコブは不規則だわで、撃沈。(17 日からクローズになったそうな)

465Z8514
(かぐらメインゲレンデの出だしにあったぷちコブで)

465Z8796
(その少し下のコブで。これは比較的マトモに写っている方)

P5162036
(テクニカルコースの中腹。いったい、どこを滑れと…)

その後、ゴンドラ山頂駅前のオープンテラスで休憩。晴れていると汗ばむぐらいだけれど、曇がかかると肌寒くなる。これならジャケットを持参した方が良かったかも。

P5162043

その後でまた何本か滑ったり、パークのキッカーで飛んでいるスノーボーダーを見物したり。

かぐらメインゲレンデの終盤にあるコブに突撃してみたら、途中までイイ調子だったけれど、最後にドジ踏んで大転倒。左膝をぶつけて、少し腫れてしまった。やっぱり、ちょっと気を抜いたり条件が厳しくなったりすると、まだまだコブの滑りもダメだよなあ…

でも、その次の 1 本では同じコブをちゃんと完走して、少し気を取り直した。やはり、いいイメージを持った状態でシーズンを終わりたいところ。

465Z9122
(雪のザブザブ加減が分かる ?)

ザブザブの腐れ雪で疲れが増幅したのと、バーンの凸凹が急速に増殖してきたのとで、「あと 1 本、そこがスキーの止めどころ」と名目を掲げて撤収。ゴンドラで下山してペアリフトで上がり、ファミリーゲレンデの「命の道」を滑り降りて、1215 のロープウェイで下山。板を洗って終了。

P5162029
(ゴンドラ山麓駅に下るところは、根性と気迫で維持している ?)

P5162028
(ファミリーゲレンデは、もうギリギリ)

片付けた後、先週と同様に三国峠を越えて月夜野 IC から関越に上がり、赤城高原 SA でソースカツ丼を食べる。その後、ちょっと眠気を催したので寄居 PA に立ち寄ってコーヒーをぶち込み、以後はノンストップで東京に。外環から C1-C2-5 とつないで一ツ橋で降りて、連れを神保町で下ろしてから帰宅。

P5162046
(なるべく定員まで載せる、というなら分かるけれど、わざと乗車人数を絞るのは、なんで ?)

|

« USB2-PCADPK 査収 | Main | なぜ DoJ が BAE Systems 社の幹部を ? »

Comments

しかし、まだ滑走可能なんですねえ(・ω・)ノ
うちらの県のスキー場は先月辺りでほとんど営業終了していたかなあ?(一応雪国の筈の地域住んでいますが、スキー苦手なもので^^;)
この辺は冬場の雪の量と春先の天気気温次第ですが。
そう言えば、前にスキー場にRCサーキット造って世界戦開催したて話しましたが、そこは前年プレ世界戦兼ねて全日本戦7月開催する予定だったのが大雪に見舞われて、コース整備(RCの方)が遅れて9月に開催時期が延びたて事有りました。

Posted by: 井上さん二人分の重さの男 | May 20, 2008 at 09:55 PM

2 シーズン前、バカみたいに大量に雪が降ったときは、かぐら、あるいは在りし日の ARAI みたいに営業期間が長いところはウハウハだったと思います。真冬の間に貯め込んだ分を食い延ばして営業するわけですね。

>7月開催する予定だったのが大雪に見舞われて
7 月まで雪が残ってたということですか ( ゚Д゚)!?

Posted by: 井上 | May 20, 2008 at 11:25 PM

流石に7月まで雪は残って無いかと。
で一里野の今シーズン終了は3月30日でした。
この辺は早いなあ。(・ω・)ノ

Posted by: 井上さん二人分の重さの男 | May 21, 2008 at 01:03 AM

中央道の白樺湖・蓼科方面もクローズが早いです。もちろん、長くやってもペイするかどうかというのは別問題ですし、あの辺は人工雪が多いから、気温が上がると維持が難しいのかも知れませんけれど。

Posted by: 井上 | May 21, 2008 at 08:55 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« USB2-PCADPK 査収 | Main | なぜ DoJ が BAE Systems 社の幹部を ? »