« June 2008 | Main | August 2008 »

July 2008

Jul 30, 2008

LCS、公試を始める

LCS (Littoral Combat Ship) の 1 番艦、Freedom (LCS-1) が、試験航海を開始しました。写真を見ると、センサー類もひととおり搭載済みのようですが、塗装はまだ不完全みたいですね。

image
(Photo : U.S.NAVY)

本来なら「初めて海に乗り出した」と書くところなのでしょうが、建造所の Marinette Marine は海なし州のウィスコンシンにあります。でもって、試験航海はミシガン湖でやっているので、「に出た」とは書けないのであります。

しかしこれ、後が続くかどうかが問題だよなあ… FMS でイスラエルに輸出する話が実現するかもしれませんが、その際には「積み替え式ミッション パッケージ」は止めることになるようです。

| | Comments (14)

Jul 29, 2008

よく訓練された軍ヲタは

  • 阪急今津線の「仁川」を「インチョン」と読んでしまい、つい上陸したくなる
  • 「蛇の目」といえばミシンではなくイギリス空軍機だ
  • 「ジャガー」と「ジャギュア」と「ジャグワー」の使い分けができる。否、しなければならないと思っている
  • できるものなら、戦闘機やミサイルや戦車や軍艦のアフィリエイトをやりたいと思っている
  • クルマを買うなら三菱かスバルかサーブ
  • MacOS X のコードネームはドイツ戦車由来だと信じているので、次が "Snow Leopard" と聞いて脱力した
  • レガシィ ランカスターに対して「その前はエンジン不調のマンチェスターだったのか」と突っ込んだことがある

注 : マジレス禁止

| | Comments (22)

Jul 28, 2008

カードリーダー「BSCRA35U2」

先日、バッファローのカードリーダー「BSCRA35U2」を査収しました。

microSD、SD/miniSD、メモステ/メモステ Duo、CF (Type I/II)、xD と、手持ちのメモリカードすべてがアダプタなしで使えて、手持ちでないメモリカードは対応外という絶妙な内容。しかも、ケーブルは収納式でブラブラしません。携帯用としては良い買い物です。

自宅では、自作 PC にカードリーダーを内蔵させてあるので、アダプタをかまさないと使えない microSD 以外は直接読み取れるのですが、出先ではカードリーダーが欲しいところ。なにしろ、LaVie J は唯一の SD カード スロットをバックアップ用 SD に占拠されていますから。

そこで、余っていたコンパクトデジカメ用のキャリングケース (なぜか FinePix と書いてある) に、これと CF×4 枚入りのケースと予備バッテリをまとめてみました。これで持ち歩きも簡単です。

ちなみに、下のリンクは私が買った「ピンク」(というより赤) ですが、他にもネイビーホワイトアクアブルーがあります。お手持ちの PC の色に合わせてドゾー。

| | Comments (0)

Jul 26, 2008

腕時計の悩み

手首が細い男子専用腕時計 (頭ん中)

2ch の某スレで「体型が異常。スリムってレベルじゃねーぞ」と書かれた私にとって、これは他人事じゃないんですよね。実際、ヘタすると文字盤が腕からはみ出しかねないのであります (え

だから、間違っても、G-Shock みたいにゴツい腕時計は使えません。手元には腕時計が 3 個ありますが、いちばんぴったり来るサイズなのが、シチズン「xC」のクロノグラフ。あとの 2 個はでかすぎ。

なぜかクロノグラフが好きで、3 個のうち 2 個がクロノグラフです。そういえば、前に乗ってたクルマも「クロノグラフメーター」で有名なアルテッツァでしたっけ (謎)

ちなみに私、右利きなのに腕時計を右腕にしているのが特徴。高校生の頃、左右で腕の太さが微妙に違っていて、左腕だと時計のバンドが合わなくて右腕だとちょうど良かったので、以来そのままです。

| | Comments (16)

Jul 25, 2008

ソースカツ重@登利平 [高崎]

先日、高崎の「登利平」で、ソースカツ重をいただいてきました (840JPY)。本来は鶏料理で有名なお店らしいのに、そこでソースカツ重を註文するんだから外道です (爆)

本来なら桐生か前橋でソースカツ丼を、と思ったのですが、列車の運転本数が少ない状況下で乗り継ぎの都合を優先させてしまったのと、入手したマップに載っているお店が軒並み、駅から遠かったのとで、こういうことになってしまいました。

ともあれ、出てきたソースカツ重はキャベツ抜き・比較的薄めのカツ・さっぱり系のソースという内容でした。お肉がちょっと堅めだったのが惜しまれるところです。ピークを外した、変な時間に行ったのがいけなかったかも。

IMG_1766

IMG_1767

ちなみにここ、お弁当として「ソースカツ弁当」も作っています。そっちにしてもよかったかな~

| | Comments (4)

Jul 23, 2008

PowerX PerfectDisk 2008

「@IT」で、「ファイル・サーバのデフラグメントについて考える」が公開になりました。

この記事の中で、PerfectDisk のサーバ版について取り上げましたが、PerfectDisk にはクライアント PC 向けの製品「PowerX PerfectDisk 2008 Pro」もあります。ただし、私が買ったのは 2 ライセンスパック の方です。

Windows Vista のデフラグ ツールで怪しからんと思うのは、断片化の状況を表示する画面をやめてしまったこと。その点、PerfectDisk は状況表示が詳細です。あと、通常は最適化しようとしてもアクセスが拒否されてしまうシステム ファイルを、オフライン デフラグできるのも気に入っています。

それ以外のところでは、スケジュール機能が充実しているとか、特定のファイルだけ最適化できるとか、いろいろと「痒いところに手が届く」機能があります。

ちなみに、この製品を販売しているネットジャパンさんのノベルティは、「ぬこ」のオンパレードです。なんか可愛い (・∀・)

PICT1246(クリックすると拡大)

| | Comments (2)

Jul 21, 2008

千代田区で圏外

昨日、ここ のドトールコーヒーで MacBook を使って原稿を書いていたのですが、一段落ついたところで「mixi にでもつなごうか」と思い、W05K で発信を試み… たところ、つながりません。

「え ?」と思い、W61K で通信状況を確認してみたら、なんと「圏外」という表示。窓際なら問題ないのでしょうけれど、お店の奥の方だと、ポッと圏外のエリアができてしまうようです。よそでもひょっとすると、似たような話ってあるかも。

これがド田舎ならともかく、東京都千代田区の、それも地上で「圏外」表示を見るとは思わなかったので、ちょっとビックリ。

でも、この先に携帯電話の世代が上がったり、WiMAX が普及してきたりすると、ますます周波数帯が上がるはず。となると電波の直進性が強まってくるので、似たような話が増えるかも知れませんね。うーむ。

| | Comments (11)

Jul 20, 2008

SD/SDHC-CF 変換アダプタ「SDHC-CFAD」

先日、「変換アダプタ」を「変態アダプタ」と読み間違えました (屍)

 

閑話休題。
しばらく前に、JOBO の「SDHC-CFAD」なる変換アダプタを買いました。「手元に SD が余ってるから、これを CF 対応のデジカメで使えるようにしよう」という理由で。手元に CF 対応のデジカメが 3 台もあると、こんなことを考えてしまいます。いや、これを買ったときはまだ 2 台でしたか。

 PICT0079

この手のアダプタで SDHC に対応しているものは少ないので、貴重な存在といえます。

実はこれ、SD カードを単独で使用するときと比較すると、速度が落ちるペナルティがあります。といっても、ハイスピードの連写を立て続けにやるとか、RAW をガンガン使うとかいうのでなければ問題ないレベル。EOS 40D で連写してみましたが、JPEG で短時間の連写を行う程度なら、特に不満はありません。

よくよく考えると、これの値段って 2GB の CF よりちょっと安いぐらいで、絶対的には決して安いモンじゃありません。SD と CF を比べると SD の方が安いのですが、それでも、SD カードを何枚か買わないと元が取れないぐらいの値段はします。

それを考慮すると、コンパクトデジカメからデジ一眼にステップアップして、手元に SD カードを何枚も抱えている人に向く商品だと思います。デジ一眼のために CF を買い直さなくても済むわけですから。

| | Comments (11)

Jul 19, 2008

Windows Vista の互換性対策

Windows Vista の導入に躊躇する理由として「互換性」を挙げる人は少なくないようです。
もっとも、一言で「互換性」といってもいろいろありますが、場合によってはちょっとした工夫 (ダマカシともいう) で解決できるものもあるよ、という話をひとつ。

Windows Vista では、「Program Files」フォルダや「Windows」フォルダ以下へのアクセス権設定が厳しくなっていて、書き込みを行おうとすると、いちいち UAC を発動します。

現実問題として、プログラムと同じフォルダに設定ファイルなどを置いて書き込みをかけるソフトウェアって少なくないわけですが、そういうソフトウェアを従来と同じつもりで「Program Files」以下にセットアップすると、この制限の関係で動作に支障をきたすことになります。
具体例としては、各種の 2ch 専用ブラウザなんかが挙げられますね。あと、FFFTP も .ini ファイルに設定を保存するオフションを有効にすると同じことになります。

ショートカットのプロパティ設定を変更して、あるいはいちいち右クリック メニューで [管理者として実行] を指示すれば解決できますが、すると今度は起動するたびに UAC を発動することになるので、これはこれで面倒。それに、データファイルをドラッグ & ドロップできなくなったりしますし。

そこでダマカシ的解決策として、この手のソフトウェアを「Program Files」以下にセットアップするのをやめました。もともと、細々したツール類を置くために、C: ドライブのルート直下に「Tools」というフォルダを作る習慣がありましたが、プログラムと同じフォルダに書き込みをかけるソフトウェアについては、この下にセットアップします。

先に挙げた FFFTP とか、Vista では動かないことになっている旧い PhotoShop Elements も、この方法でだまくらかして動作させています。
もちろん、該当するソフトウェアのフォルダだけ NTFS アクセス権を変更する手も考えられますが、それはそれで面倒になりますし、リスクも増えます。それなら、別のフォルダに置く方がマシじゃないかと思っています。

というわけで、素性が分かっているものであれば、セットアップ先を変える方法で逃げられます。ただしもちろん自己責任で。

| | Comments (16)

Jul 18, 2008

Camino の憂鬱

Firefox 3 が Safari のブックマークをインポートできずに取りこぼす 騒動を起こしてくれたので、これは頭に来て放逐。結局、MacBook では Camino を使うようになったのですが、Hotmail を使おうとすると、こんなエラー画面が。

CaminoErr (クリックすると拡大)

ブラウザの種類を限定するとはなんだ、といいたいところですが、実際にはとりあえず使えます。

しかし、接続時に警告が出ない [ホーム] の方には、Camino や Safari だとつながらないので頭を抱えてしまいました。Live Spaces へのコメント状況や Hotmail の新着メールなど、関連する情報をまとめて確認できる [ホーム] は重宝するんですが、それにアクセスできないのはこまりもの。結局、Windows 版 IE がないと駄目やんけ。

ただ、サービスの多機能化やユーザビリティ追求と、Web ブラウザの多様化やバージョンアップが続く現状を考えると、こうやってブラウザの種類を絞るか、さもなくば User-Agent を調べて分岐しまくるかという、頭痛のする状況にならざるを得ないのも事実。

そういえば、オンライン版の RSS リーダーを使っていた知人が、サービスが終了してしまったために頭を抱えていた、なんてこともありましたっけ。手元で動作するソフトウェアなら、サポートが打ち切られても使い続けることはできますが、オンライン サービスだとサービス終了・即・使えないという状況につながります。

こんな調子だから、「Web ブラウザでオンライン サービスだけ利用できれば OK、ローカルの PC で動作するアプリケーションは不要」なんて論には乗れないな、というのが個人的な考えだったりします。

もっとも、ローカル PC で動作するソフトウェアにしても、OS がバージョンアップすればアプリケーションの互換性問題が出ます。最近だと Windows Vista がらみでいろいろありますが、ダマカシ的解決策の一例については、またそのうち。

| | Comments (6)

Jul 16, 2008

SM-3 の責任者は日系人

JDW で SM-3 関連の記事を読んでいたら、そこに登場した Raytheon Missile Systems の中の人の名前が "Ed Miyashiro" とあったので、「へえー」と思って検索してみました。そしたら、Raytheon のサイトに紹介記事が載っていました (PDF)。

もともと General Dynamics の Pomona Division 出身で、SM-1、SM-2、SM-3、SM-6、Phalanx CIWS、RAM、Sea Sparrow などの艦載ウェポン システムを担当。GD Pomona が Raytheon に買収されたために、Raytheon に移ったということのようです。そして現在は Missile Systems 部門の副社長。

日系だからどうした、といっちゃえばそれまでですけれど、たまたま日本に縁がある製品を多く手掛けているところが印象的、という話です。はい。

| | Comments (9)

Jul 15, 2008

突き詰め始めると際限がなくなるという話

先週、立て続けにデジカメの液晶保護フィルムを張り替えたんですが、特に μ770SW は保護フィルムが傷だらけでした。それだけ「仕事をしている」という意味になるのですが、人によっては保護フィルムの傷が気になるかも。

そうなると「保護フィルムの保護フィルム」が必要になって、さらに「保護フィルムの保護フィルムの保護フィルム」が必要になって… なんてやっているうちに、本体より保護フィルムの方が重たくなっちゃったりして。

なんていう馬鹿馬鹿しいことにならないように、保護フィルム 1 枚で手を打って、傷がついたら張り替える。それが普通の対応でしょう。保護フィルムなんて所詮は消耗品だから。

 

それで何をいいたかったのかといえば、突き詰め始めるとキリがなくなって収拾がつかなくなるので、ホドホドのところで手を打たざるを得ないことなんて、いっぱいあるんじゃないの、ということ。

例の、公務員の出張旅行のマイレージ、あるいは通勤定期の話なんて典型例で、ウダウダと取り締まり始めたらきりがなくなるのと違いますか。役得がありすぎるのもどうかと思うけれど、役得に目くじら立てすぎるのもどうかと。

そのうち、カメラ量販店のポイントなんかに目くじらつける人が出てくるのも、時間の問題なのと違いますか。でも、それを取り締まるための手間やコストは、もっと有意義なことに使えるだろうに、とも思うし。

要は程度問題で、多少の役得は黙認するのが現実的な対応じゃないのかなあと。閾値をどこらへんに設定するかという話で。これ、私みたいな自由業における「必要経費」の問題だって同じでしょう。

 

国防だってそう。たとえば、自国の周辺に緩衝地帯を確保したくても、現実的な限度ってものがあります。
緩衝地帯が欲しいからといってドンドンぶんまわしを拡げていくと、最後は世界すべてを征服しないと納まらない。否、世界征服しても地球外生命体からの攻撃に備えないといけない、冥王星から遊星爆弾が降ってくるかも知れないし。 とかいってぶんまわしを拡げているうちに太陽系を飛び出して、しまいには銀河系も飛び出して、あれ、宇宙の果てとかその外側って、どんなことになってるんだっけ… (爆死)

| | Comments (17)

Jul 14, 2008

男の厄年

さて。明日で 0x2A 歳 42 歳になるわけですが、もしもまかり間違って結婚して 42 歳のうちに子供ができた暁には、「他人」と名付けたいと思います。

 

… と書いたところで気付いたけれど、「男の厄年」って、ひょっとして数え年じゃないの ? (自爆)

というわけで、結婚の予定もなにもあったもんじゃなくて、すでに数え年の 42 歳は通過済みなのでした。おかげで「他人」という名前の子供は出現せずにすみます (そういう問題かよっ)

| | Comments (6)

Jul 13, 2008

ミノルタさんごめんなさい

α-8700i を買って以来、20 年近くミノルタの一眼と付き合ってきましたが、とうとう宗旨替えしてしまいました。

PICT0004

というわけで、EOS 40D です。セットレンズの EF-S 17-85mm F4.0-5.6 IS USM に加えて、EF 70-200mm F4L IS USM を投入して、現時点ではレンズ二本体制です。さしあたり、これでたいていの範囲はカバーできるので、次は単焦点レンズで中望遠を 1 本 (EF 85mm F1.8 USM が最有力)、その後は未定です。

キヤノンの一眼は初めてですが、コンパクトデジカメなら何台か使ったことがあるので、操作性で迷うことはほとんどありませんでした。他の機種も店頭でいろいろといじくり倒してみたのですが、α700 はゴツくて手に馴染まなかったし、Nikon は操作性が何となく馴染めなくて (←悪いという意味じゃなくて、慣れの問題という意味です。為念)。

すでにいろいろな被写体で試してみましたが、気に入ったポイントはというと、連写機能 (秒間 6.5 駒)と、9 点あるフォーカスポイントの選択機能でしょうか。特に連写機能は、ここぞという場面で役立ちそうです。

当面、α-sweet Digital は手元に残すつもりです。入門機というポジショニングの割には、画質がなかなか良い部類だと思いますし。見てくれは価格相応にチープだけど。

 

| | Comments (7)

Jul 12, 2008

最近買った本

「新幹線テクノロジー」は、関連する技術的な情報について、頭の中を整理しようと思って買ったものです。刊行時期が微妙に前の本なので N700 系の話は抜けていますが、あまり問題はないと思われます。

「鉄道構造物探見」は、トンネルとか橋梁とか高架橋とか、その手の構造物についてまとめた本。しばらく前から「鉄道ジャーナル」で橋梁の連載をやっていますが、出てくる専門用語がよく分からなくて歯痒い思いをしていたので、勢いで買ってしまいました。

あと、amazon では取り扱っていないようなのですが、「私のヒコーキ博物館」(幸尾治朗著)。著者は航空宇宙技術研究所 (NAL) 出身で、元・東海大学工学部教授。現在は 羽田航空宇宙科学館推進会議 の会長。JAL 123 便墜落事故の調査がらみでも、名前が出てきていたような…

| | Comments (2)

Jul 10, 2008

【速報】KC-X 仕切り直し決定

Pentagon Reopens Bidding on Tanker Contract

Robert M.Gates 米国防長官は、KC-X 計画の機種選定をやり直すと発表しました。「産業界、議会、そして国民は、選定プロセスに対して信頼を持たなければならない」として、仕切り直しの選定プロセスによって「納税者にとって最善の機体を選定する」と説明しています。

よって、Northrop Grumman に対しては作業の中断を指示、改訂版の RfP をリリースすることになります。

# またテクノバーンが 午砲 誤報した…

| | Comments (18)

Jul 09, 2008

数字を出せ、数字を

豪快な号外 (Wikipedia)

内容

表紙を含め全8ページ。 冒頭に TEAM GOGO が予測した 10 年後の環境汚染された未来において、地球がいかに危機的状況にあるかを、4 ページにわたって山田玲司の漫画で説明されている。

また、漫画以外の部分では以下のような記述が存在している。

  • NPOバンク、市民バンクの奨励
  • (中略)
  • 銀行や郵貯に預けられた資金がアメリカ国債を買う為に使われ、結果的にアメリカの軍事行動を支えているとの主張。

以前から、この「アメリカ国債を~」という主張をする人はいますが、それならそれで、論拠となる具体的な数字を出すべきだと思うんですよ。

アメリカの国家予算はこれこれ。そのうち国防支出が占める比率はこれこれ。そしてアメリカの国家予算における国債依存度はこれこれ。そのうち日本の金融機関が買い支えている国債の比率はこれこれ。その金額が日本の金融資産全体に占める比率はこれこれ。したがって、皆さんの預貯金のうち××パーセントがアメリカの国防予算に化けています、って。

これらの数字で非公開になっているモノって、ほとんどないんじゃないかと思うんですけれど。それだったら計算して論拠を出せるはずだし、その方がよほど説得力を増すのと違いますか。これは、「軍事経済に依存しているアメリカ」という言説なんかにもいえることですけれど。

逆に、数字が出ないのに主張だけを一人歩きさせているのだとすれば、それは自ら信頼性を毀損しているわけで、「どうぞお好きなように」ということになっちゃいますね。

ところで、いま「地球と一緒に頭も冷やせ !」という本を読んでいるんですが、この本は数字をビシバシ出してくるところに好感が持てます。数字以外の部分で、「え ?」と思いたくなる主張もないわけではありませんが…

| | Comments (11)

Jul 07, 2008

犬:最小システム要件

犬:最小システム要件 (Microsoft サポート オンライン)

こら ! だから「自社製品の名前ぐらい辞書に入れとけ」と…
「宇宙天啓データベース」といい勝負かも。

 

やはり、わんこの最小システム要件は「ワンと鳴く」でしょうか。

PICT1193

 

まじめな話、大文字で始まる単語は訳さないようにするだけで、この手のポカは減りそうです。excite 翻訳なんかは、そんな動作をすることが多いようです。試しに WWII の英空軍爆撃隊に関する英文を突っ込んでみましたけれど、「蚊がドイツの都市上空で探検隊を務めた」なんていう珍訳は出てきませんでしたし。

| | Comments (9)

Jul 06, 2008

東武鉄道

わざわざ本職のイラストレーターにデザインさせた、いわゆる「萌えキャラ」を登場させて話題を攫っているのが東武鉄道なら…

001
(東武鉄道のプレスリリースからキャプチャ)

角張った書体の漢字を斜体にしてスピード感を強調する、1960 年代のテイストが漂っている看板が未だに現役を務めているのも東武鉄道。

002
(東武東上線池袋駅で)

しかも過去には、特急電車に「サロンルーム」を作ってジュークボックス (死語) を設置する、なんてこともやっていた会社です。

なんか、この辺の対比が面白いなあと思いました。それだけです。

| | Comments (8)

Jul 05, 2008

U-4 の理由

北京五輪の開会式に出席する福田首相、"環境問題と経費削減への取り組みを表すために" 航空自衛隊の U-4 で行くことになるようです。

でも、ワシントンからならいざ知らず、東京と北京の距離を考えると、もちろん燃料消費が少なくなるにしても、わざわざ大騒ぎするほどの差になりますかどうか。象徴的な意味合いがあるのは間違いないにしても。

そこで、ちょっと裏読みしてみました。

  • 政府専用機を使わないことで、公式訪問とは扱いが違うのだという言外のメッセージを送っている
    → これはあり得るかも
  • 政府専用機で行くと、マスコミ関係者が一緒に乗ることになるのでうるさい
    → 完全に否定しきれないのが、にんともかんとも
  • 日の丸が描かれた政府専用機で行くのは、中国を刺激するので好ましくない
    → 過去に政府専用機で行ったことがあるので、これは考えられない
  • 航空自衛隊の機体だから着陸を断られた
    → いや、U-4 だって航空自衛隊だし
  • ボーイングの機体だから着陸を断られた
    → いや、VC-25A だってボーイングだし
  • 駐機場が混むのでデカい機体はダメ、と断られた
    → 国の威信がかかってるのに、中国がそんなことをいうとは思えないし…
  • 開会式に出席するのは影武者である
    → ぶわっかもん ( ・_・)ノ☆(*_ _)

真相がどうなのかは分かりません。でも、ことに外交の世界で、こういう "普通でないこと" が起きると「何かのシグナルを送っている」という意味になるのは、ありそうな話です。

| | Comments (24)

Jul 04, 2008

サポート技術情報の日本語化

元麻布春男の週刊PCホットライン 新体制となったMicrosoftへの期待

「企業向け製品の会社とコンシューマー向け製品の会社に分割すると、競争促進になる」という理屈は、個人的には理解しづらいものがあります。ただ、サポート技術情報の日本語をまともに、という主張は首肯できます。

もっとも、出た当初に翻訳の凄さで話題になった機械翻訳も、「とりあえず、日本語で概要が掴めるようにする」という点では意味があると思います。とはいっても、機械翻訳の質を上げる工夫は続けてもらいたいですし、そのまま放置しないで優先度が高そうなものから順次、人力翻訳のまともな日本語にしていって欲しいところ。

それに、サポート技術情報をダシにして質の高い機械翻訳のエンジンができると、いろいろなところで応用できるんじゃないかと思うんですよね。

なんといっても、「英語で書いてるってことは、秘密裏にやっているっていうこと」じゃないですかあ (轟爆)

| | Comments (5)

Jul 03, 2008

恋するタイマー

富士フイルムのデジカメ「FinePix Z200fd」には、「恋するタイマー」なるメカが付いているという話。

なんじゃそりゃ、と思ったら、顔認識技術を応用したもので、2 つの顔が設定した条件に見合った距離まで接近するとシャッターが落ちる、とのこと。条件は 3 段階で、お友達 → 仲良し → ラブ の順に、シャッターが落ちるために求められる接近距離が短くなるんだとか。

 

うーん。

「ラブ」に設定したのにシャッターが落ちなかったのは、愛が足りないからだ、とかいって別れるカップルが出たらどおすんの。なんて思っちゃったのは、私の取り越し苦労 ?
(逆に、これを利用して口説くやつも出るかもしれんなあ)

なんか、ここまで来るとテクノロジーの暴走という感が否めず。

| | Comments (10)

Jul 01, 2008

銀塩一眼

椰子教祖・plummet 氏のエントリを見て、銀箱の中で昼寝していた α-8700i を引っ張り出してみました。バッテリを入れて空撃ちしてみると、問題なく動きます。連写モードに設定してみても、問題なくバシバシ切れます。動作に問題はなさそうです。

ただ、カレンダーを動作させる CR2025 電池が寿命になっちゃってます。よくよく考えると、20 年近く前にこいつを買って以来、一度もボタン電池を替えた記憶がありません (木亥火暴)

同じ一眼レフで違いはないはずなのですが、なぜか銀塩一眼レフの方が「シュート」という言葉が似合うように思えます。銀塩の方が「失敗しちゃいかん」というプレッシャーが強くて、しっかり気を静めて準備して、ここぞというところで狙い澄ましてシャッターを落とす、という傾向が強いせいでしょうか (根拠なし)。

もちろん、パッパと気軽に撮ってみて、結果はその場で確認できて、デキの悪いのは消しちゃえば OK というデジカメにも良さはあります。でも、シャッターを押すときの心地よい緊張感とか、現像を頼んでいたスライド (私はリバーサルを多用していたので、こうなる) を受け取りに行くときのドキドキは、銀塩じゃないと味わえません。

たまには銀塩もいいかも。なにせ拙宅には、α-8700i に加えて α-707Si まであるんですから…

| | Comments (10)

« June 2008 | Main | August 2008 »