« 2,000 万行 | Main | 恋するタイマー »

Jul 01, 2008

銀塩一眼

椰子教祖・plummet 氏のエントリを見て、銀箱の中で昼寝していた α-8700i を引っ張り出してみました。バッテリを入れて空撃ちしてみると、問題なく動きます。連写モードに設定してみても、問題なくバシバシ切れます。動作に問題はなさそうです。

ただ、カレンダーを動作させる CR2025 電池が寿命になっちゃってます。よくよく考えると、20 年近く前にこいつを買って以来、一度もボタン電池を替えた記憶がありません (木亥火暴)

同じ一眼レフで違いはないはずなのですが、なぜか銀塩一眼レフの方が「シュート」という言葉が似合うように思えます。銀塩の方が「失敗しちゃいかん」というプレッシャーが強くて、しっかり気を静めて準備して、ここぞというところで狙い澄ましてシャッターを落とす、という傾向が強いせいでしょうか (根拠なし)。

もちろん、パッパと気軽に撮ってみて、結果はその場で確認できて、デキの悪いのは消しちゃえば OK というデジカメにも良さはあります。でも、シャッターを押すときの心地よい緊張感とか、現像を頼んでいたスライド (私はリバーサルを多用していたので、こうなる) を受け取りに行くときのドキドキは、銀塩じゃないと味わえません。

たまには銀塩もいいかも。なにせ拙宅には、α-8700i に加えて α-707Si まであるんですから…

|

« 2,000 万行 | Main | 恋するタイマー »

Comments

当家にはEOS620があります。
が、バッテリーが高価(2CR5、1300JPYくらい?)なのと、現像代がバカにならないのとで、コンパクトデジカメを経由して現在の本務機はEOS Kissとなっております。

銀塩の緊張感、再び味わう日が来るかしら…。

子供の運動会ではやはり、メモリ残量だけ気にしていればよいデジカメが適していますね。
…適材適所

Posted by: 二枚橋 | Jul 01, 2008 at 08:30 PM

はじめまして。ちょっと前からROMしてました。

カメラの世界はデジタルから入ったんですけど、気がついたら銀塩にはまってしまいまして…いまでは
α-7,9が防湿庫の中で出番待ちです(出番なしかよ)

今年度中にソニーがフラッグシップ一眼を出しますけど、う~ん、デザインがちょっと微妙(私は好きですけど)

Posted by: 名無しのN | Jul 01, 2008 at 10:15 PM

一時期父から譲り受けたCanon ftbを使っておりました。30年以上前の代物ですがちゃんと動きます。
ちょっと前に銀塩一眼の販売数の統計取るのが止めになったというニュースに時代の流れを感じていたらコメ欄に「トライXで万全ネタももう通じなくなる日が来るのか」とあって笑。

Posted by: flanker | Jul 01, 2008 at 10:25 PM

>適材適所
まったくです。blog に載せるスナップ的な写真を撮るのに、わざわざ銀塩で撮って現像してイメージスキャナでスキャンして… というのもナンセンスですし。

ただ、銀塩は 1 台あればいいかなあ、というのが偽らざる心境です。でも、いまさら α-8700i を欲しがる人がいるとも思えませんし。

>α-7,9が防湿庫の中で出番待ち
おお、気合が入っていますね。私は防湿庫までは手を出せなくて、銀箱の中に乾燥剤を突っ込んでお茶を濁しているヘタレです。

>時代の流れ
うちの両親はつい最近まで、旅行の写真は銀塩で撮っていました。が、ついにデジカメを使い始めたようです。
気合の入った印刷物を作るとかいう用途が、銀塩が最後まで残る分野なのかも知れません。
プリントを配る用途については、最近はカメラ屋の店頭にある印刷機で用が足りてしまいそうです。

Posted by: 井上 | Jul 01, 2008 at 10:40 PM

オイラは未だ殆どの場合が銀塩ですね。時代に逆行しとる(笑)

それにも訳がありまして、祖父から貰った古いフォクトレンダーとかアグファのカメラの使い心地が良いからではあるのだけど。その中でもよく使うのがアグファのカメラ(Agfa Flex III&Agfa Flex IV)。コイツはペンタプリズムがなく、上からフォーカススクリーンを覗くことでピント、露出(こっちは感覚で)を決定するのですが、このプロセスが楽しい。祖父が高いメンテ費用を出してまで使い続けていただけはあります。問題は重さだな。手持ちでずっと撮り続けるには激しく辛いのが難w

ところで、、、デジカメって撮ってPCに読み込ませた後、あ。。。前ピンじゃん、これ?とか、うあ白飛びしとるー、、なんて事良くありません?オイラは何故か異常に良くあります。完全自動じゃ撮影できない人だからかもしれないけど(泣。だから、どーでも良い写真だけデジカメという感じが多いですね。

Posted by: あっさむ。 | Jul 05, 2008 at 11:43 AM

白飛びは、春の晴れたスキー場で頻繁に遭遇しますね。デジカメの、ラティテュードの狭さがモロ出しです。

ピントについては、被写体にもよるのかも知れません。猫なんか、予想のつかない動きをしそうで難しいのでは、と思うのですが、私は猫は撮らないので分からないのです。ぬいぐるみなら、じっとしているので問題ないのですが (爆)

年を食ってきて、重たいカメラはどうも辛くなってきたので、私はデジ一眼のフルサイズ機には手出ししない可能性が高そうです。値段はともかく、重たいのはちょっと…

Posted by: 井上 | Jul 05, 2008 at 12:50 PM

Z-1使ってますが、シャッター周りの具合がよろしくないですね。無駄にフィルムを巻いてしまいます。
中古で二束三文なので、買い直すって方法もあるんですが。

ペンタのカメラ事業の先行き不安でデジ乗り換えの決断もつかず……。

Posted by: いーの | Jul 07, 2008 at 02:48 PM

交換レンズ、何本も抱えちゃってるんですか ?

Posted by: 井上 | Jul 07, 2008 at 02:50 PM

交換レンズ、6本ぐらいあります。
焦点距離がかぶってる、ズームレンズが1本ありますが。

みんな、NかCに乗り換えろって。
所帯持ちに酷なことを。

Posted by: いーの | Jul 11, 2008 at 01:56 PM

私は鞍替えを開始したくちですけれど、独身で、しかも商売道具でもあるから好きなようにできるのは、紛れもない事実なんですよねぇ (´・ω・)

レンズが何本もあるのでなければ、うちのα-707Si を使いませんか、ってオファーするところですが。

Posted by: 井上 | Jul 11, 2008 at 03:17 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 2,000 万行 | Main | 恋するタイマー »