« 新兵器登場 | Main | 最近の α-sweet Digital »

Oct 24, 2008

快勝電車

東京メトロ (未だにこの名称に馴染めない…) 東西線某駅で、ホームの壁に貼り付けてあった時刻表。

image

もちろん「快勝」が「速・東葉田台行き」だというのは頭では分かっているけれど、どうも勘違いしてしまいますねえ。

といっても、確かこれは業務用の時刻表だから (でなきゃ運行番号なんて書かない)、内輪だけ分かればいいのですけれど。

|

« 新兵器登場 | Main | 最近の α-sweet Digital »

Comments

金曜の夜に密かに架け替えられ、それを見たおじ様達が週末の中山に向かっていたり…なんて秘密のメッセージボードだったら夢膨らむのに(^_^;)

ロゴの雰囲気とかに昭和モダンというか、レトロでメトロみたいな雰囲気を残す努力はなされたように思いますが、もう帝都の名がタクシーにしか残ってないのが残念ですね。駅に入る前に照明が消えちゃう銀座線みたいのが"高速度"ってなー、と当時思っていましたが(笑)

Posted by: AL | Oct 24, 2008 at 06:39 PM

通快、が未だに痛快に見えるときがあります。うーん、別に乗ってて気持ちの良い電車ではないんですけど……

ちなみに、別に「痛いのが快い」訳ではないので悪しからず。

Posted by: TB&SH | Oct 24, 2008 at 10:08 PM

「帝都」「高速度」「交通」「営団」と、子供心には物々しさ満載のネーミングでしたが、なくなってしまうと寂しいです。

「帝都」の名前を消してしまった罪滅ぼし (マテ) に、京王で「快勝・府中競馬正門前行き」というわけには… いかないですよねえ。やっぱり。

>痛快
それなんて OL 通り ? (古)

Posted by: 井上 | Oct 24, 2008 at 10:40 PM

駅の時刻表といえば、行き先に加えて待ち合わせ・通過待ちのパターンを全部アルファベット(+数字)で区別して載せている東急のカオスっぷりもなかなかのものです。

田園都市線中央林間駅: http://www.tokyu.co.jp/railway/jikoku/dt_wk_1_85.shtml
東横線横浜駅: http://www.tokyu.co.jp/railway/jikoku/ty_wk_1_21.shtml

これを「解読」して乗る電車を選択している人なんてそうそういないと思うんですが。


>東京メトロ
昨年まで「鉄」関連の部署で仕事をしていましたが、社内ではみんな「営団さん」でしたね。
お客様向けの資料に「営団」と書いて上司のチェックを食らったのも、今ではいい思い出です。

Posted by: 長月@ReadMe.毒 | Oct 24, 2008 at 11:58 PM

( Д) ゚ ゚ ポカーン

でも、ここまでやるということは、それをさせるだけの需要というか、要望があったってことなんでしょうねえ…

以前は、「国電」のことを「院線」「省線」と呼んでいたら世代がばれる、というのがありましたけれど、そろそろ「国鉄」「電電公社」「専売公社」がそれに該当するかと思います。(「E 電」は黒歴史だから無視)

Posted by: 井上 | Oct 25, 2008 at 12:16 AM

駅時刻表のカオスっぷりではやはり近鉄を推したいですね
種別と行き先で別の枠になっているというの
京都
http://www.kintetsu.co.jp/railway/Dia/pdf/080317/500501.pdf
東寺や西大寺までの人はどうすれば・・・

鶴橋
http://www.kintetsu.co.jp/railway/Dia/pdf/080317/200601.pdf
遠近分離のダイヤなのでそれなりの合理性はあるのですが・・・

Posted by: 憑かれた大学隠棲 | Oct 25, 2008 at 02:08 AM

>営団
実は入植して開拓した所も営団て言ったりするようです。(・ω・)ノ
しかし『独立行政法人』てのになったせいで『国立●●病院』が『独立行政法人●●医療センター』になったりしても『国立病院』て言いますねえ。
まあ、今だに電車だけと汽車て言う年配者も多いですが。

Posted by: 井上さん二人分の重さの男 | Oct 25, 2008 at 02:19 AM

>近鉄
いかにも特急優先の近鉄らしいですけれど、目的が明確になっている乗客にとっては、それなりに合理性があるような。

ただ、慣れない人 (特に途中駅に行きたい人) が見ると時系列順になっていないだけに、面食らいそうですね。

>国立病院
どこの国でも、組織の名称が変わっても旧称で呼ばれ続けるケースはあるようです。米空軍でも、MATS が MAC になったとき、あるいは MAC が AMC になったときなんかに、定着するのに時間がかかったようですし。

なんていっていたら、SAC もどきの核兵器担当 MAJCOM が復活するというニュースが。でも SAC とはいわないそうです。

「汽車」と「電車」の違いは、一説によると「時刻表を見ないと乗れないかどうか」で決まるとか…

Posted by: 井上 | Oct 25, 2008 at 10:36 AM

> 省線
これ書いたら、省線電車限定とばかりにレスされたことあったな~。
どこそこから先は言わないとばかりに鉄分豊富歩苦書かれましたが 鉄道省 の省じゃないの?ってかいのに何故か返事なしでした。

ディーゼルカーでも何でも「電車」と表現するのTV番組含めて多すぎる気が

(一両編制の物でも列車というのに違和感感じるのは鉄分欠乏症でしょうか?)

Posted by: 部外者 | Oct 25, 2008 at 06:50 PM

「省線電車」とか「省電」といえば、後の「国電」と同義だと思いますが、それ以外のところって、なんて呼んでいたんでしょうかねぇ。明治時代なら「官鉄」(なぜ変換しない > 阿波徳島) という言葉がありましたけれど。

ところで、電気モーターを組み合わせて走るハイブリッド気動車は、電車でしょうか、ディーゼルカーでしょうか。

Posted by: 井上 | Oct 25, 2008 at 07:41 PM

>ところで、電気モーターを組み合わせて走るハイブリッド気動車は、電車でしょうか、ディーゼルカーでしょうか。
区別するポイントは形式記号などいろいろあると思いますが、もっとも確実なのは、それを動かしている運転士の持っている免許が何かということだと思います。
「電気車運転免許」であれば電車、「内燃車運転免許」であれば気動車です。

Posted by: 長月@ReadMe.毒 | Oct 25, 2008 at 08:44 PM

おお確かに !
電気自動車だって、乗用車に対応した免許証で運転しますもんね。

運転よりも整備の方が大変かも。気動車なのに電車のノウハウも要りそうだから。

Posted by: 井上 | Oct 25, 2008 at 09:15 PM

>ハイブリッド気動車
「気動車」・・・

内燃機関から動力源を取り出しているので、気動車かと。

DF50やDF200を「電気機関車」とは呼びませんよね。

Posted by: 二枚橋@仕事帰りin西武30000系 | Oct 25, 2008 at 10:06 PM

うーん、なんだか突っ込まれまくってますが、身から出た錆ということで…

西武 30000 は外から見ただけで、まだ乗ったことがないのです。あの方面にはあまり行かないし。

そのうち、カニ 22 みたいにパンタをつけたディーゼル機関車ができる、なんてことはないと思いますが、できたらメカ好きの血が騒ぎます (マテ)

Posted by: 井上 | Oct 25, 2008 at 10:14 PM

考えたら、電気で蒸気作る蒸気機関車て計画された事有るのですねえ。かなり変態な機関車ですなあ(・ω・)ノ
核動力蒸気機関車の方が普通に見えます。(そうか?)

Posted by: 井上さん二人分の重さの男 | Oct 25, 2008 at 10:27 PM

そういう変態企画、思いつくだけでも尊敬できます (え

どこの国でしたか、ピストンと主連棒ではなくてタービンと減速ギアで走る蒸気機関車、なんて話もあったような気が。ピストンと減速ギア、なら阿里山などのシェイがありましたけれど。

Posted by: 井上 | Oct 26, 2008 at 12:20 AM

> 変態企画
石炭炊きガスタービン機関車なんてのも含まれるんでしょうか?

なお、ディーゼルエンジンの場合、発明者自身の特許申請書類の時点で記載されておりますので、たとえ実現しても変態ではありません。

Posted by: 部外者 | Oct 26, 2008 at 01:10 AM

「石炭焚きガスタービン」でググったら、こんなのが出てきてしまいました。
http://www.j-tokkyo.com/2003/C10J/JP2003-027072.shtml

へえー…

Posted by: 井上 | Oct 26, 2008 at 01:18 AM

ふふふ、どちらかといえユニオンパシフィックの微粉炭炊きガスタービン機関車を念頭に置きました(爆)

ディーゼル本人の特許状のほうも微粉炭です。

どんなことが起こるかは御想像王どおり(核爆)

Posted by: 部外者 | Oct 26, 2008 at 09:04 AM

(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル

そういえば、「竜巻砲」で燃料に使っていたのも微粉炭だったような…

って、当初の話題から外れまくってますけれど、気にしないことにします。

Posted by: 井上 | Oct 26, 2008 at 09:46 AM

因みに今電気で蒸気機関車ならヒートポンプ方式(エ*キュート式w)になるのかな?でもヒートポンプで蒸気作れるのか?と考えていたら、ヒートポンプで蒸気は作れるみたいらしい。(・ω・)ノ
実際造ったらかなり変態機関車ですがW(素直に電気でモーター回した方が効率良いと思う)

Posted by: 井上さん二人分の重さの男 | Oct 26, 2008 at 02:48 PM

そこで突発的に思い出しましたが、昨今の鉄道業界における死語のひとつに「SG」がありますね。といっても「蒸気発生器」のことですが。

ただしあいにくと、電気ではなくて灯油だか重油だかを熱源にしていたはずです。電気機関車なのに燃料油の補給が要った時代。うーむ。

Posted by: 井上 | Oct 26, 2008 at 06:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 新兵器登場 | Main | 最近の α-sweet Digital »