« デジャヴ | Main | 【Day 11】晴天下でコブ三昧 »

Jan 13, 2009

煽らないと反対できないの ?

イスラエルは最新兵器投入、ハマスは手製武器でゲリラ作戦 (Yomiuri Online)

ガザ市で活動するノルウェー人医師が地元テレビに語ったところによると、軍は米国開発の新兵器 DIME (高密度不活性金属爆薬) を使った疑いがあるという。DIME は超高濃縮炭素に金属粒を詰めた兵器で、人体の表面をほとんど傷つけずに骨や内臓を高温で焼いてしまう。殺傷力が高く、発がん性も強いとされる。

ちょっと落ち着きましょうよ > 讀賣の人

「炭素に金属粒を詰めた兵器」が「人体の表面をほとんど傷つけずに」内部に浸透して「骨や内臓を高温で焼いてしまう」って、そんなことが物理的に可能なの ?

マイクロ波兵器なら、まだ分からんでもないですよ。あれは、いってみれば電子レンジのお化けみたいなものですから。でも、物理的に弾片が飛び交うのに「表面をほとんど傷つけずに」というところで、おかしいと思わないと。

以前の「白燐弾騒動」の時もそうでしたけれど、どうしてこう、「得体の知れない超兵器」が出てきちゃうんでしょうね。しかも、明白に事実に反するような内容の。

「戦争反対 !」というなら、「貴重な人命が失われるからだめです」でいいはず。なにも、おどろおどろしい超兵器の話を持ち出して煽る必然性なんて、ないはずなんですよ。

それとも、おどろおどろしい超兵器の話が出てこないとインパクトがなくて、アピールしないからだめということ ? それって「自衛隊をイラクから撤収しないと日本が焦土になる」と同レベルじゃないですか。あることないこと騒ぎ立てて、煽らないと耳を傾けてもらえないような反対運動なら、それはもう、運動のあり方を根底から考え直すべきなんじゃないですかねぇ。

こういうのってエロビデオなんかと同じで (←またいってるよ)、いったん強い刺激を与える手法を覚えてしまうと、次には麻痺してしまうから、さらに強い刺激を求めるようになってしまう。そして煽りに煽りを重ねて、どうしようもないデタラメが平然とまかり通るようになったら、それこそ反戦・平和の妨げになると思いますよ ?

|

« デジャヴ | Main | 【Day 11】晴天下でコブ三昧 »

Comments

うーん、うーん、何とか理屈を付けてこの兵器がちゃんと機能するよう考えてみたんですが……。むりだ、ごくごく小さい分子すら浸透しない人体に、高熱の金属粒が侵入してくる原理なんて思いつかないorz。

思うんですけど、これってどう考えても誤報ですよねぇ。もしも意図して事実と異なる報道をしたとあったら、目立ちませんがKYと同レベルの事態のような……。

Posted by: TB&SH | Jan 14, 2009 at 12:00 AM

DIMEについては外部から聞いたものを検証もせずにそのまま書いたって感じですか。

>いったん強い刺激を与える手法を覚えてしまうと

むしろ、文章から煽っている雰囲気を感じると読む気が失せてくる様になってしまった自分がいる・・・。
煽っている文章や過激な言葉を使っている文章はどうも内容の信頼性が劣っている気がするので。

Posted by: alpha | Jan 14, 2009 at 12:06 AM

 魔王様もお怒りのご様子。

人道兵器DIMEを新残虐兵器呼ばわりするデマ報道 : 週刊オブイェクト
http://obiekt.seesaa.net/article/112570585.html

 そのノルウェー人医師って、軍事の専門家なの? DIMEって言葉を知ったのが嬉しくて使ってみたかっただけなんちゃう?

 ・・・でもDIMEと聞くとどうしてもこっちを連想してしまふワタシ。
http://www.digital-dime.com/

Posted by: KWAT | Jan 14, 2009 at 01:14 AM

>原理なんて思いつかない
ひょっとすると「ミクロの決死圏」みたいなのを連想したのかも知れません (マテ)

やっぱりサイエンスの基本を知ることって大事だよなあ、と再認識させられる話ではあります。

>内容の信頼性が劣っている
気のせいじゃないと思います。いかにも人の興味を引きそうな超科学とか陰謀とかいったものでデコレーションしているのは、そうしないと相手にされないという自覚があるから、じゃないでしょうか。

>DIMEって言葉を知ったのが嬉しくて
たぶん、これに限らず「聞いたこともない新兵器」の名前が出てくると脊髄反射するのかも知れませんね。


「DIME は、人体を傷つけずに内心の物欲を刺激して、財布の中身だけをどんどん軽くする残虐兵器ですっ」とかw

Posted by: 井上@Kojii.net | Jan 14, 2009 at 08:47 AM

>人体の表面をほとんど傷つけずに骨や内臓を高温で焼いてしまう
電波兵器と考えても2GHz帯の周波数をかなりのレベルで放射・・・わかった!
バッテリーと電子レンジと電磁ホーンをくっつけた兵器を落としたんですね!?
え?カーボンファイバーとタングステン?何を馬鹿な?www

Posted by: BELL | Jan 14, 2009 at 12:38 PM

どこのテクノバーンかと・・・

Posted by: にゃんこ | Jan 14, 2009 at 01:01 PM

>バッテリーと電子レンジと電磁ホーンをくっつけた兵器
ということは、2.4GHz 帯の無線 LAN アクセスポイントが集中しているエリアを歩くと、内部から焼かれてしまうのですね !
(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル

>テクノバーン
これはもう誤訳ってレベルじゃありませんから、テクノバーンをも超越しているでしょう。


ふと思ったんですけれど、「アメリカやイスラエルがやらかす戦争にだけ反対していて、ダブスタだ」という非難をかわすための方便として、おどろおどろしい謎の超兵器を持ち出してくるのかもしれませんね。

でも、残虐兵器ってことなら、シエラレオネあたりで、人の腕をナタで切り落としていたのは残虐兵器じゃないのかと小一時間 (ry

Posted by: 井上 | Jan 14, 2009 at 01:28 PM

>>そうしないと相手にされないという自覚があるから、じゃないでしょうか。
むしろいつもそんな感じで記事を書いているから判らなくなっちゃっているのでは、と。

(ボソッ)
言葉が薄っぺらいから煽ったりシンボリックなものを立てて正当化しようとしているのかねぇ、と。
まぁ「終わってる人たち」だな、っと。

Posted by: 杭打ち機 | Jan 14, 2009 at 03:50 PM

新聞でもテレビでも、淡々と事実を伝えるだけでは部数や視聴率を獲れない、という考えがあって、それもまあ分からんではないのですが。

でも、刺激ばかり求めて歯止めがきかなくなっている現状、その一方でマスコミによる情報独占が崩れて別のルートから突っ込みが入ってしまう現状を考えると、なにがしかの軌道修正は必至だと思うのです。そうでないと本当にマスコミが役立たずになっちゃうし、それはそれで社会的損失になります。

にんともかんとも。

Posted by: 井上 | Jan 14, 2009 at 07:16 PM

>超高濃縮炭素
http://www.nirs.go.jp/report/nirs_news/200811/hik07p.htm
肉や骨を焼き切る炭素ならこちらです。
http://heavy-ion.showa.gunma-u.ac.jp/jp/glossary.html
ソースカツ丼の名産地で観られます。
日本では筒ですが、
http://www.nirs.go.jp/news/press/2003/03_23.shtml
流石イスラエルの技術は世界一っ〜、粒ですか〜(嘘)

Posted by: sionoiri | Jan 14, 2009 at 07:41 PM

考えたらDIMEと重粒子線治療て考え方似てますよね?
重粒子線癌治療は通常の放射線治療だと効果出す為の量照射すると周りの健康な部分までダメージ与える事になりますが、重粒子線だと少ない量でピンポイントの照射で効果出せるてのが似てますね。

Posted by: 井上さん二人分の重さの男 | Jan 14, 2009 at 09:26 PM

逆に考えれば、イスラエルとアメリカは揚げ足をとられない戦争のやり方をやっているなあ、という感じが。一応人道には配慮しているわけですし、民族浄化を狙っているわけでもなさそうなので。
あとガザ侵攻が純粋にイスラエルの内政問題とパレスチナの内ゲバに起因しているので、こういうイミフなことぐらいしかいえないのかもしれませんね

Posted by: 憑かれた大学隠棲 | Jan 15, 2009 at 12:10 AM

ちなみに JDW の最新号を見ると、イスラエル軍はパレスチナ自治政府から Hamas に関する情報をもらって攻撃を仕掛けたとか、Hamas はイスラエル軍の攻撃で連絡網をズタズタにされているとか、生々しい話がいろいろ出てきています。

レバノン方面が平穏なのは、Hizbullah が人員徴募・訓練で立て直しの最中だとか、レバノンの選挙で勝って立場を強化することを優先しているからだとかいう話も。

Posted by: 井上@Kojii.net | Jan 15, 2009 at 12:21 AM

読売新聞は最新兵器の一つとしてDIMEを紹介しているだけで「得体の知れない超兵器」なんて言ってませんね。
煽っているのは井上さんではないのですか。

Posted by: | Jan 15, 2009 at 02:15 AM

Jan 15, 2009 at 02:15 AMの無記名コメントに対して

あのですね、この読売の三井美奈記者によるDIMEの説明は間違ってるんですよ。おそらく、白りん弾の効果とごっちゃにしているんでしょう。三井記者は「超高濃縮炭素に金属粒を詰めた兵器で、人体の表面をほとんど傷つけずに骨や内臓を高温で焼いてしまう」と書いてますけど、そんなの物理的にありえないってちょっと考えたら分かるでしょう(これは白りんを飲み込んだときの症状でしょう)。そのことを指して、井上さんは「得体の知れない超兵器」と揶揄しているのでしょうが。三井記者によるDIMEの説明が間違いではなくて真実だとしたら、誰だって「得体の知れない超兵器」だと思うと思いますけど。体の表面をすり抜けて内部だけを焼いてしまう爆発物って?

KWATさんへ

私が読んだ限りでは、このノルウェー人のギルバート医師はDIMEに関して「人体の表面をほとんど傷つけずに骨や内臓を高温で焼いてしまう」などとは証言してないですね。むしろ、被害半径の内側にあるものはずたずたに引き裂かれる、切断された人体をたくさん見た、と言ってますね。たとえばこういうの
http://www.timesonline.co.uk/tol/news/world/middle_east/article5470047.ece

この記事なんかはずっと白りん弾の話をしていた最後に、一段落だけさらっとDIMEに言及していて、こういうのを見た三井記者が超訳しちゃったんじゃないですかね。

Posted by: バグってハニー | Jan 15, 2009 at 03:06 AM

この手の、怪力乱神を語って
時代の寵児になろうとする人って、
昔からいましたよね。

Posted by: | Jan 15, 2009 at 07:23 AM

>DIMEを紹介しているだけで
だから、「誰それがこういう話をしていた」というときに、その内容をそのまま疑いもせずに (かどうかは知らないけど) 右から左に記事にしちゃってるところが問題なんですよ。それについて「落ち着きましょうよ」と書きました。

つまりは、新聞記者のチェック能力のなさが、結果的に煽り行為に加担している、っていうことなんですよ。主語を明確にしないで書いちゃったから紛らわしかったのは落ち度ですけれど。

ちなみに、米欄でマスコミの煽りが云々と書いたのは、これは一般論として、のつもり。

Posted by: 井上@Kojii.net | Jan 15, 2009 at 07:53 AM

人はよく解らないもの、新しいものへ接したとき強い恐れを感じます。
それがDIME、白リン弾の問題の根底にあるもののひとつではないでしょうか。
それに軍事に暗い人にとっては耳慣れない兵器ですから、誰かが解説をすると、たとえそれが誤った内容であれ、その情報が独り歩きしてしまいます。
で、結局噂の伝言ゲームになり最後には本当に訳の解らない兵器に化けてしまうと・・・。

必要なのは結局、軍による広報ですか・・。


Posted by: alpha | Jan 15, 2009 at 01:16 PM

この手の人達って、軍が広報すると「都合のいいことだけ公表して、真実は隠されている !」って逆ギレしそうな悪寒。

だからといって、広報しなくていいということはないんですけれど。とどのつまり、広報して直ちに結果を出そうとするのではなくて、粘り強い広報活動が重要なのではないかと愚考いたします。

Posted by: 井上@Kojii.net | Jan 15, 2009 at 05:00 PM

>いったん強い刺激を与える手法を覚えてしまうと、次には麻痺してしまうから、
>さらに強い刺激を求めるようになってしまう。そして煽りに煽りを重ねて、
>どうしようもないデタラメが平然とまかり通るようになったら、
>それこそ反戦・平和の妨げになると思いますよ ?

この記述を見て、マスコミ報道の謎はとけました。(金田一風)
今までなんで、あんな報道ばかり繰り返しているのか、いまいち良く理解が出来なかったんですけど、視聴率や部数ほしさに刺激に刺激を求め、振り上げた拳をおろせなくなった結果ってことですか。

そりゃ「本当は犯罪は減っています」とか「本当は非正規労働者はパートタイマーが中心で、派遣社員や嘱託や契約社員を全部合わせてもは全労働者の1割も居ません」(全部事実)とかは今更言えません罠。

Posted by: あかさたな | Jan 15, 2009 at 05:03 PM

「体表は無傷のまま内臓を破壊され、おまけに発ガン性も」。
ようするに「原爆みたいなものを使っている」という日本人への殺し文句を、少し遠回しに書いているんでしょうね。

Posted by: 73式編 | Jan 15, 2009 at 06:46 PM

>振り上げた拳
多分、内閣叩きや国会解散の話も同じなんじゃないでしょうか。いったん「解散すべき」と拳を振り上げてしまったもんだから、降ろすに降ろせなくなってると。

>殺し文句
たとえ白燐弾でも、表面は無傷で中身だけ焼く、なんて器用なことは物理的に不可能なのですが、その辺について、この記事を真に受けている人に「どう考えとんねん」と訊いてみたい気分です。

Posted by: 井上@Kojii.net | Jan 15, 2009 at 07:45 PM

つらつらと考えていて、ふと思いつきました。つまり、仲に込められている粒子が全部、超小型の電子レンジだったんだよ!!な、なんd(ry

そんなのを爆弾に使う技術力あったら、今頃世界のコンピューターは全部イスラエル製ですな。

Posted by: TB&SH | Jan 15, 2009 at 09:25 PM

そういえば、イスラエルに拠点があるから Intel の製品に対して不買運動を、と呼びかけてる人がいるそうですが、そんなこといったら世界のノート PC 市場は壊滅する悪寒。

当然、運動を呼びかけている本人も Intel 製 CPU なんて使ってないよね… となると、AMD 製 CPU のデスクトップか、はたまた VIA C7 か、それとも PowerPC 装備の Mac か…

いや、PowerPC は M1 戦車で使ってたからダメです (ぉ

Posted by: 井上 | Jan 15, 2009 at 11:51 PM

>右から左に記事にしちゃってるところが問題なんですよ。

専門性の高い分野での報道ではあることですね。
「超兵器」はマスコミ批判を煽る為の
井上さんご本人の歪曲です。
ご自身がネット上に見られる
過剰な反マスコミの風潮に踊らされているのですか?

Posted by: Posted by: | Jan 15, 2009 at 02:15 AM | Jan 16, 2009 at 12:23 AM

「あることないこと騒ぎ立てて、煽らないと耳を傾けてもらえないような *反対運動* なら」と書いているところを見落とされているようですね。

前段の部分は讀賣がらみですけれど、「以前の~」以降は、火元になっている反戦運動に宛てているということは、御理解いただけたのだと思いましたが。

それに、人体の表面を傷つけずに内部だけ燃やせるかどうかなんていうのは、専門的以前の問題です。そこで「ちょっと待てよ ?」と思えない時点で、新聞記者としてはどうでしょうね。しかも、バグってハニーさんが書かれているように、元ネタとの整合性もとれていないわけですし。

Posted by: 井上@Kojii.net | Jan 16, 2009 at 12:42 AM

新聞記者に限らず...

・文章を書いたら読み直しましょう
・読んで意味が通らないところ、変なところがあれば直しましょう
・意味をよく知らない、不慣れな単語が含まれる場合、辞書でその意味を調べましょう。グーグルやWikipediaを使うのもよいでしょう

せめてこの程度の最低限の努力さえ払っていれば、こんなミスがまかり通ることはなかったはずです。新聞記者といえばプロの物書き、読売は日本を代表する新聞社であって、なおかつ今次のガザ攻撃は世間の耳目を集めている事件です。万全の正確性を期して記事にするのが当たり前です。この記事を素通りさせた編集も問題ありですね。

我々の期待をここまで裏切ったのだから、辛辣な言葉で批判されても仕方ないです。特に井上さんは同じ物書きなので、同業者としてなおさら批判的になるのでしょう。

Posted by: バグってハニー | Jan 16, 2009 at 03:19 AM

> 専門性の高い分野での報道ではあることですね。

井上さんは
「報道機関がそれじゃダメでしょ。それにこの記事の場合、専門性云々以前の問題ですよ。」
と言っているのだと解釈しますけど、常識的に考えて。

> 「超兵器」はマスコミ批判を煽る為の井上さんご本人の歪曲です。

「記事中に『超兵器』という単語がなくたって、まんま『トンでも超兵器解説』になっちゃってますよ」 というのが趣旨じゃないんですか、常識的に考えて。

何か、この読売の記事におけるDIMEの説明が滅茶苦茶であることを理解されてないのではないかという不安があるのですが、大丈夫ですか?

> 過剰な反マスコミの風潮に踊らされているのですか?

井上さんはずっと以前からマスコミに批判的な文章を多く書かれてましたし、その立場は一貫しています。
「別に踊らされていない」が正解でしょう。

Posted by: H@tokara | Jan 16, 2009 at 01:40 PM

私も僭越ながら一言

>過剰な反マスコミの風潮に踊らされているのですか?

ネットの出現で情報ソースの幅が広がったと言っても、多くの人々は情報源に新聞・テレビ等の大手マスコミを使ってますからねえ。その大手マスコミが無軌道に煽り記事ばかり書いていると、情報の真偽自体怪しくなり、結果、情報源としての信用を失う可能性が大きいと思うのです。

井上さんがマスコミを俎上に上げてしばしば批判する目的は、単純に「マスコミ叩き」がしたいんじゃなくて、「情報を提供する側としての基本姿勢」を正すことじゃないかと推察しますが。

Posted by: kamo | Jan 16, 2009 at 05:52 PM

それについては、以下のようなエントリを過去に書いたことがありますので、これらがいちばん分かりやすいと思います。

http://kojii.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post_b5a4.html

http://kojii.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-9dd2.html

Posted by: 井上@Kojii.net | Jan 16, 2009 at 07:00 PM

 色々指摘されておられる様ですが

>専門性の高い分野での報道ではあることですね。

 兵器の情報に関することが専門性の高い分野であると言われれば確かにそうかも知れません、ある程度興味もなければそう言う事柄に関する知識もないわけですから、新聞社お抱えの専門家が間違った知識でお墨付きを出したら記者はソレを信じてしまうのも仕方のないこととは言えます。

 しかし、新聞記者はその専門知識を間違いがないかきちんとチェックし、わかりやすくかみ砕いて大衆に伝えるのが商売です、速報性を重視する余りいい加減なことを伝えるようではマスコミの存在意義がないと言えます、それこそデマばっかり流すデマスコミですよ。

>「超兵器」はマスコミ批判を煽る為の井上さんご本人の歪曲です。

 その超兵器は誰が生み出したのでしょう。
 井上さんは「この記述はおかしいんじゃないの?これじゃ、超兵器ジャン」と指摘しただけの話なのは、既に幾人も指摘しておられますよね。

>ご自身がネット上に見られる
>過剰な反マスコミの風潮に踊らされているのですか?

 何か、そう言う指摘の仕方は

 反マスコミの風潮を示すネット界に異論を唱えるオレ様正義の味方カッコイイ!

 と、意地悪な見方をするとそう捉えられてもおかしくないような感じなんですが。

 さて、レスはこのぐらいにしておいて、雑感。

 速報性を重視するあまりにマスコミを突っつき回したのはある意味消費者側である受け手にも責任はあると思いますが、ある意味ソレは虚構だったかも知れず、その虚構を真に受けてもっと速報性を、もっとより刺激的な内容を、とマスコミの側が踊らされ、いつしかソレが一人歩きしていったような感じを受けます、戦後社会だの自由民主主義だのの歪みだとか何だとか言われることもありますが、マスコミもそう言う歪みが蓄積して、ソレが今だんだん表に出てきつつあるのかなあ、と言う気がします。

Posted by: ooi | Jan 17, 2009 at 09:00 AM

確かに、「刺激的にすると数字が出るから」といって突っ走った部分もあるわけで、受け手の側にも責任の一端を負わせるのは妥当な考え方でしょうねえ。

政治と同じで、報道のレベルも国民のレベルに比例する (部分 *も* ある) のかも知れません。

Posted by: 井上@Kojii.net | Jan 17, 2009 at 11:42 AM

 ま、そうなると悩ましいのがマスコミに対して意見を効果的に届ける手段であるとか、ソレを妥当であるとどう判断するのか、とか、果たしてソレは利用しやすい手段であったのか、とか色々しちめんどくさい所になるわけですが。

 ただ、マスコミは自分の社会的な影響力を自覚している訳で、それ故社会の木鐸とも自称する訳ですから、その辺りの自覚とやっている事のバランスをもうちょっと取って行動しないと自らメディアのとしての寿命を縮め、首を括る羽目になるように思うんですよ、あさま山荘や山岳ベース事件での取材活動辺りなんかかなりやばいなあ、と思ったことがありますが、最近でも、ヨルダンでのクラスター子弾持ち込み事件だとか海外向けニュースのデマ報道だとか。

Posted by: ooi | Jan 17, 2009 at 02:03 PM

"Comment is free, but facts are sacred."

っていう、ガーディアンのモットーを思い出した。
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2002/nov/29/1

Posted by: バグってハニー | Jan 21, 2009 at 05:39 AM

要は、「俺は何でも知っている」「俺は正義だ」「俺が世論を作る」といった類の思い上がりを捨てれば済む話なんでしょうが、過去の経緯を考えると、なかなか実現は難しいかも。

Posted by: 井上@Kojii.net | Jan 21, 2009 at 11:16 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« デジャヴ | Main | 【Day 11】晴天下でコブ三昧 »