« 【Day 28】コブが固いのが玉に瑕 | Main | 【Day 29】圧雪したての整地で狂喜乱舞 »

Mar 31, 2009

株式買収のトバッチリ

先週、Saab の Gripen NG で使用する AESA レーダーについて、Selex Galileo が協力することになったという発表がありました。もともと、Gripen Demo を発表した時点では、AESA レーダーについては Thales が協力することになっていたのですが、突発的な大逆転。

実はこれ、Dassault Aviation が Thales 株の買い増しに乗り出した件のトバッチリ。Alcatel-Lucent が保有している Thales 株を Dassault Aviation が買い取る話が進行中ですが、その Dassault Aviation は Rafale をあちこちに売り込んでいて、Gripen NG を擁する Saab とはコンペティターの関係にあります。

となれば当然ながら、その Dassault Aviation の支配力が強まる Thales が、競合する Gripen NG のレーダーを手掛けるなんて無理な相談。そこで Selex Galileo にパートナーを切り替えた次第なのでした。

|

« 【Day 28】コブが固いのが玉に瑕 | Main | 【Day 29】圧雪したての整地で狂喜乱舞 »

Comments

これでぶらじるの艦載機きょうそうはまけられなくなったわけだ、ダッソー。(棒

いや、ラファールもグリもどうなんでしょうね?と言う気はしますが。
(スパホ?そんな堅いところ賭けてもw)

Posted by: ぼろねこ2k | Apr 02, 2009 at 09:24 PM

ブラジルの場合、すでに中古の Mirage 2000 が入っているから、Rafale に勝ち目はあると思うんですけれど、どうでしょうか。

Posted by: 井上@Kojii.net | Apr 03, 2009 at 12:26 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 【Day 28】コブが固いのが玉に瑕 | Main | 【Day 29】圧雪したての整地で狂喜乱舞 »