« 【Day 26】超白鳥的凸凹苦闘譚 | Main | 衝突した潜水艦 »

Mar 23, 2009

覆面パトカー発見 !

ブランシュたかやまに行ってきました。天気はまあまあでしたが、バーン状態はというと「腐れ雪 + 氷 + 水たまり」の三連コンボで、もうムチャクチャ。

その帰り、中央道をちんたら走っていたら、大月 JCT にさしかかったところで、左手の加速車線に駐まっていた白のクラウンが、やおら走り始めました。しかも、黒のスチールホイールなんていう、どうにもクラウンに似つかわしくないアイテム付き。

「こりゃ覆面パトに違いない」と思い、追い越しながら見てみたら、青い制服のおっさんが 2 名。ビンゴ !

こちらは八王子料金所を 1700 過ぎに通過して通勤割引を効かせるつもりだったので、別に急ぐ理由はありません。なので、とっとと左端の走行車線に移ってペースを落としたら、件の覆面パトが右を追い越していきました。

そのとき、助手席にいた警察の人が、こちらを一瞥していたような… 私のクルマ、そんなにかっ飛ばしそうに見えます ?

その後、しばらくちんたら走っていたら、前方に突如として赤い回転灯が出現。黒のスカイライン (だったと思う) がパクられて、しばらくパトカーの後ろを走らされた後で、非常駐車帯があるところで止められていたようです。

白いクラウンというだけなら珍しくないけれど、黒のスチールホイールって時点で変だと思わなくっちゃ…

 

そういえば、往路でも覆面パトにパクられていた人がいたような。山梨県警、大ハッスル中なり。

|

« 【Day 26】超白鳥的凸凹苦闘譚 | Main | 衝突した潜水艦 »

Comments

レンタカーでクラウンが出てきて東名を爆走していたら、まわりの車が逃げること逃げることw
男二人で乗っていたわけですからそりゃ(ry

セダン不人気の昨今を考えると、大型国産セダンはみんな覆面とみてもいいんじゃないでしょうか。いやほんと

Posted by: 憑かれた大学隠棲 | Mar 24, 2009 at 05:33 AM

おいらは、昔、磐越西線を走る「DD53」の追っかけをして磐越道を会津若松方面へ走っていたら、黒いクラウンの覆面パトカーにパクられたことがあります。インター入って1車線対向車線になる前に、なるべく前に出ようとしたら見事にやられたと。

ちなみに、その後、色んな車に煽られつつ、制限速度ピッタシでちんたら走っていたら、おいらを捕まえた覆面パト、対向車線でスカイラインGT-Rを追っかけておりました。

それ以降、白と黒のクラウンは鬼門になりましたが、セドグロ、今だとフーガのパトカーは覆面以外でも最近余り見ないような。(警視庁・福岡県警限定ですが)

Posted by: 観音旭光の両刀使い | Mar 24, 2009 at 08:16 AM

>クラウンが出てきて東名を爆走
それ、いたずらとして面白いかも。赤い回転灯を回したりしなければ違法にはならないし。ついでに明るい青色の服を着て、白いメットをかぶって (マテ)

>鬼門
私がパクられたことがあるのは、シルバーのセドリックと、あと 1 台は何だったかなあ… 中央道でトラックに追突されたときにやってきたのは、シルバーの R34 でしたが。

Posted by: 井上@Kojii.net | Mar 24, 2009 at 09:17 AM

以前、圏央道で。
追い越し車線を走行中、黒塗りの怪しい車(違う意味で。)に後にビッタリついてあおられ、先に行かせたいんだけど走行車線は隙間が無くて車線変更できず。仕方がないので、前方にある走行車線の隙間を目指して加速したら・・・ウ~~~!・・・その黒塗りは覆面でした・・・。

きったねーぞー(>_<)

Posted by: Suematsu | Mar 24, 2009 at 09:33 AM

そ れ は ひ ど い !

飛ばしそうなクルマを見つけるとカモにする、なんてこともあるのかなあ…

Posted by: 井上@Kojii.net | Mar 24, 2009 at 09:39 AM

Suematsuさまと同じような経験を、後輩が外環道でしていました

決して煽ってはこないのですが(当たり前)、車間距離の取り方が挑発的だったと語っていました
車種はR33だったか、R34だったか。

Posted by: 二枚橋 | Mar 24, 2009 at 07:47 PM

そこまでされるぐらいなら、某うそニュースサイトにあった「E-8 J-STARS でスピード違反取り締まり」の方が公平なんじゃないかと…

ただし、費用がかかりすぎるのが難点ですが。Sentinel R.1 を使えば少しは安上がり ? (ばかもん)

Posted by: 井上@Kojii.net | Mar 24, 2009 at 08:51 PM

当局がどう説明しても、取り締まりに捕まるかどうかって「運次第」ってところがありますからねえ…

Posted by: 井上@Kojii.net | Mar 26, 2009 at 02:20 PM

>従って、制限速度内で走行している車両を後方からあおり、速度を上げさせて検挙するようなことは行っていません。
むーん。
少なくとも、「安全な車間距離」ではないところまで接近されましたよwww。

Posted by: Suematsu | Mar 26, 2009 at 10:56 PM

きっと「安全に (= 確実に) パクれる」車間距離という意味なんですよ、あれはw

Posted by: 井上@Kojii.net | Mar 27, 2009 at 12:43 AM

昔の覆面パトカーだと

・ フェンダーミラーが付いてる。
・ 8ナンバー
・ ヘルメットかぶった二人乗り

とかで、判断ついたんですけどねぇ。

Posted by: H@tokara | Mar 27, 2009 at 10:03 AM

わざと識別しやすくして抑止効果を発揮させれば、みんなゆっくり走るからスピードを出させないという目的は達成できますが、罰金収入が減ってしまうのは痛し痒しかも。

そういう意味では今回の件、なんだってまた黒のスチールホイールなんていう見え見えなアイテムがついていたのか、気になります。スタッドレスに履き替えたときに、適当なホイールがなかったとか。

Posted by: 井上@Kojii.net | Mar 27, 2009 at 11:48 AM

山梨県警は、無意味に中央道の制限速度を80km/hにしている所からして、色々とやる気はありますよね。
ドライバーにしてみれば迷惑千万ですが。

Posted by: 五月原清隆 | Mar 28, 2009 at 01:02 AM

うーん、八王子から一宮御坂までと須玉の先だけは 80km/h でもいいと思うんですけれど、全区間っていうのはやり過ぎかも。

そういえば、韮崎から諏訪南にかけて、ずーっとコンクリート舗装でノイズが酷かったところで、最近、舗装直しが進んでますね。

Posted by: 井上@Kojii.net | Mar 28, 2009 at 11:00 AM

> DD53
 あのときは遠征組で沿線大騒ぎでしたからね。高速道路で飛ばすならまだしも、一般道で高速並みに飛ばしたり、あおったりする人間が続出しましたので。
 「通報しますた!!」と言うのは当然で、以降各所で厳重な取り締まりが続いていたのは秘密です。
<地元民としては火を見るより明らかな展開(要はSLの時からの日常)でしたので、何をやっているのかな、という感覚しかありませんでしたが、捕まった方にはご愁傷様でしたとしか言いようがないところで。

> 80km/h
 対向二車線ならまだ分かりますが、普通のところだときついですね。私自身の身近なところでは、常磐道の日立市付近に延々規制がかかっており、事情を知らない遠来からの車がよく捕まっていますが...。
 もっともこの区間はトンネル+連続した勾配ばかりで、かつ開通当初に速度超過で事故が続出したために、厳しい箍がはめられそのままとなっているのですが(大汗)。
<というわけで、規制にはそれなりの理由(過去含む)があったということにて。

Posted by: へぼ担当 | Mar 28, 2009 at 09:57 PM

函館本線の C62 でも、クルマで延々と追走した猛者がいたそうですが、ようやるわと思いました (いつの話だよ)。

冷静に考えると、なにも中央道でなくても、地方の高速って 80km/h 制限が当たり前のような気もします。
中央道の場合、下には下があって、実は笹子トンネルの上下線と上り線・須玉手前の急カーブは 70km/h 制限だったり。

Posted by: 井上@Kojii.net | Mar 28, 2009 at 10:59 PM

> クルマで延々と追走した猛者
SLのスピードはそれ程速くないので、理屈上は追いかけは可能ですが、信号などの交通法規の方が問題と思います。
磐越西線のSLの場合は、更に磐越西線が喜多方へ迂回するのに磐越道が一直線なので、普通に運転しても会津若松近傍で再度撮影可能なダイヤになっていたりします。

> 厳重な取り締まり
誠にその通りです。
車が車なので信用されないことが多いのですが、私自身は、(スピードは出すけど)煽るような運転はせずに、出来る限り駐車場へ停めるか、駐車違反にならず、地域住民の迷惑にならないところに停めるようにしています。しかし、撮影に出かけるたびに周囲の鉄っちゃんのマナーの悪さにげんなりとしているのも事実です。
なお、私が捕まったのは、追越車線の自車の前に1台もいなかったのと、排気タービン付4G63の補機類(苦笑)に注目されたのが原因だと考えております。

Posted by: 観音旭光の両刀使い | Mar 29, 2009 at 05:42 PM

場所が函館本線の山線だったので、信号機は少なかったと思われますが、それでも延々と追走するとなると、どうかと…

「鉄」だからというだけで取り締まられたらたまりませんが、違反している分には、バンバン取り締まって当然かと思われます。はい。

Posted by: 井上@Kojii.net | Mar 29, 2009 at 06:42 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 【Day 26】超白鳥的凸凹苦闘譚 | Main | 衝突した潜水艦 »