« あっちで発射、こっちでも発射 | Main | 【Day 31】ガス後晴天、プライズテスト見物 »

Apr 06, 2009

【Day 30】実質 3 時間未満の駆け足スキー

P4033276

  • 日付 : 2009/4/3
  • 場所 : GALA 湯沢
  • 天気 : 晴
  • 板 : DEMO 9 3V

本日の足は P13 編成の 4403C。車内で GALA 湯沢の気温と天候について放送していたけれど、以前にこんな経験ってなかったような… 列車によって、放送したりしなかったりするのかな ?

夕方には東京にいないといけなかったので、「早く出て、早く帰る」作戦に決定。それなら GALA 湯沢がいちばん便利 (そこまでして滑りに行くか、というツッコミは禁止 :-)。

4 月に入ってから降雪があったというので、「そういえば、ワックスをかけて、いつでも出動できるようにしたまま放置してるな」ということで DEMO 3V を持ち出すことにしたら、天気予報は「晴」。こりゃ失敗したかな ?

駅に降り立ってみたら、案外とひんやりしている。天候は曇と晴が交互に出てくる状況。確かに粉雪ではなくて湿雪だけれど、全然汚れていないし、案外と滑りやすい。これなら DEMO 9 3V でもなんとかなりそう。

P4033265

中央エリアのクワッドで何本か回した後、出来心でグルノーブルに行ってみたら、半分だけコブ斜面になっていた。まだ移転してきたばかりなので、出だしの緩斜面にあるコブはあまり深くない。そこで、ラインが 3 本並んでいるうち、右端にある浅いラインで練習。その下のコブはピッチが細かすぎて、途中で発射してしまって撃沈。

P4033267

P4033268

それでしばらく、出だしの緩斜面でコブを滑り、その先の急斜面では板の動かし方を復習、という調子で回した後、程々のところで休憩。その後、コースに戻って同様のパターン。

ただ、お昼頃になってすっかり晴れてしまい、気温も上がってきたので、一気に雪が腐り始めた模様。コブはほどほどのところで切り上げて、後は整地で基礎練習に徹していたけれど、雪が腐ってくると疲れも倍加。

そんなこんなで、予定よりちょっと早めに撤収。実質的に 2 時間 40 分ぐらいしか滑っていないような。ちょっともったいない感じもするけれど、春スキーってこんなもんかも知れない。

帰りの新幹線は越後湯沢発 1410 の 414C (P5 編成)。ところが、これに間に合うシャトルバスは GALA 発 1330 しかないので、駅でずいぶんと時間を余らせてしまった。しかもこの 414C、上り列車だけれど下りホームから出るという食わせもの。自著に書いたネタを地で行ってしまった。

P4033273
(ジジでは、コースをセパレートして撮影をやっていた。スクールの先生が出るビデオらしい)

P4033277
(グルノーブルの出だしにある、謎の物体。カメラを載せて記念写真を撮るための台 ?)

 P4033270
(チアーズに熊が出た ! ただし、ぬいぐるみ)

余談 :
越後湯沢界隈って、どういうわけか飛行機が飛んでいることが多い。以前、NASPA に行ったときに頭上を EA-6B が飛んでいったことがある。
今日も頭上に飛行機雲が 1 本。そしたらグルノーブルでコースの端に立っていた女の子が「あ、テポドンだー」。一日早いわい ! ていうか、冗談だとしてもどうかと。

|

« あっちで発射、こっちでも発射 | Main | 【Day 31】ガス後晴天、プライズテスト見物 »

Comments

グルノーブルて聞くと、昔(86年)第1回の8分の1エンジンオフロードの世界戦開催したなあと思ってしまいます。(RCから離れろW)
因みにその大会で当時15歳の若さで既にヨーロッパチャンピオンで優勝しそうだったけど、エンストで準優勝になったのが、現在F1 McLarenのテストドライバーのペドロ・デラロサだったりします(・ω・)ノ
後8分の1オフロードは一番日本人が車のRCチャンピオン獲得している人数が多いカテゴリーだったりします(・ω・)ノ(真田幸治、峠国士、金井祐一、原篤志の4人)

Posted by: 井上さん二人分の重さの男 | Apr 06, 2009 at 10:05 PM

まあ、マスコミの影響もありますし、その女の子が
「テポドンだー」とか言う分には可愛いんじゃないんでしょうか?

これが、自称軍事評論家とか自称コメンテータが
言うのなら可愛も何も無いどころの話じゃありませんけど。

Posted by: kamo | Apr 07, 2009 at 01:35 AM

http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryivfeb0902427/
キャニオンアプローチの訓練ですね

Posted by: sionoiri | Apr 07, 2009 at 06:11 AM

>グルノーブル
冬季五輪のことも思い出してあげてください。
ちなみに、岩手高原のコース名はみんな、冬季五輪をやった場所の地名です。

>自称軍事評論家とか自称コメンテータ
はっ、それは私も該当しますね。気をつけないと (汗)

>キャニオンアプローチ
それですね。リフトやゴンドラのケーブルをちょん切らないように気をつけてもらいたいものです。

Posted by: 井上@Kojii.net | Apr 07, 2009 at 11:43 AM

http://www.niigata-nippo.co.jp/pref/index.asp?cateNo=1&newsNo=158404
もう一声かけてと新潟県が囁いています。

Posted by: sionoiri | Apr 16, 2009 at 09:30 PM

岩原は標高が低い南斜面だから、圧倒的に不利ですね。湯沢エリアの場合、年末までまともに雪が積もらなかったのが痛かったですねえ…

Posted by: 井上@Kojii.net | Apr 16, 2009 at 11:00 PM

http://square.umin.ac.jp/pb165/hidenka/index.html
黒煙もないしスムースだし音も弱いし、本当に内燃動力?奥只見丸山山頂ペアリフト

Posted by: sionoiri | Apr 19, 2009 at 08:50 PM

ま、まさかヴァンケル・ロータリーエンジンじゃないですよね ?

Posted by: 井上@Kojii.net | Apr 20, 2009 at 12:37 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« あっちで発射、こっちでも発射 | Main | 【Day 31】ガス後晴天、プライズテスト見物 »