« 屋上の教習所 | Main | 上越新幹線のトンネル間シェルター »

Apr 23, 2009

【Day 32】新兵器と連写三昧

P1010044

  • 日付 : 2009/4/19
  • 場所 : 白馬五竜
  • 天気 : ドピーカン
  • 板 : AMC776

2 年ほど酷使した μ770SW を売り飛ばして、Panasonic の DMC-FT1 をゲッツ。他のことはともかく、広角側が 35mm から 28mm になって、手ブレ補正が付いただけでも嬉しい。ということで、その新兵器の試運転を兼ねて白馬五竜に出動。

前の週末にあれやこれやで出動しそびれて、その次の水曜日は「雨」の予報にやられて土壇場で中止。その結果、なんと 2 週間も間が空いてしまった。1 月に風邪で沈没したときだって、こんなに間があかなかったのに。

前回の教訓を受けて、少し出発時刻を繰り下げたけれど、結局は 0715 に現着してしまった。所要時間 3 時間 25 分なり。前回と違い、実にいい天気。

P1010012

0815 のゴンドラ運転開始に合わせて、白馬五竜側のゴンドラ乗り場で、師匠、それと EN 写真工房の中村さんと合流。まずは圧雪したてのチャンピオングランプリコースで、連続写真を撮りまくった。この時期の腐れ雪でも、さすがに圧雪した直後だとそれなりに滑りやすい。ただし、いきなりハッスルしたおかげで、どっと疲れた。

チャンピオングランプリが荒れてきたところで、パノラマコース、Hakuba 47 のルート 8、ルート 2 と場を移しながら連続写真を撮りまくって、キリのいいところで中村さんは撤収。こちらは師匠と二人であれこれと練習しながら、ルート 1 を下に降りる。日曜で人が多い上に晴天だから、1000 過ぎにはもうバーンが荒れてきていた。

P1010016
(朝一番のチャンピオングランプリコース・その 1)

P1010017
(朝一番のチャンピオングランプリコース・その 2)

P1010018
(師匠、ただいま撮影中。手前は中村さん)

師匠はもっぱら大回りの練習、こちらは不整地小回りを意識した練習をこなして大汗をかいたところで、47 のベースに降りてアイスクリームを食う。だって暑いんだもの。

そこに中村さん登場。撮影した写真の整理には時間がかかるというので、1100 過ぎに師匠と二人でゴンドラに乗り、またルート 1 やルート 2 で何本か回しつつ、練習三昧。そして 1210 に 47 のベースに戻り、きつねうどんの昼飯。なぜか生卵入り。

P1010042

師匠はこの後、宿の車に迎えに来てもらうというので、五竜側にクルマを置いている自分は、そこで分離することになった。しばらく休憩して 1320 頃にゴンドラ → Line C → Line E とつないでトップに上がる。

そして、エキスパートコースの片隅にできていた控えめなコブと、その下のチャンピオンダイナミックコース脇にできているコブに突撃。最初のコブはちゃんと降りられたけれど、後は途中で板が刺さって大転倒したり、発射したりと散々。重い雪を相手に小回りしすぎたせいか、思った以上に疲れていたみたい。

P1010027
(確か、3 本あるうち真ん中のラインで発射した)

そこで、無理はしないことにして、ペアリフトで上がってゴンドラで降りて、撤収。その後は 2 週間前と同様、関越の渋滞に巻き込まれつつ帰宅。

P1010025
(モーグルの試合をやっていた。スノボの部があるという変わった大会)

本日の教訓 :
ルート 1 で重たい腐れ雪を相手に小回りしていたら、いきなり板が外れて転倒した。解放値 5kg じゃ足りないかなあ ? ということで、6kg に上げてみた。これでもコブで転倒したときにはちゃんと外れたから、問題なさそう。

|

« 屋上の教習所 | Main | 上越新幹線のトンネル間シェルター »

Comments

北条家の家紋がw

Posted by: 憑かれた大学隠棲 | Apr 23, 2009 at 02:15 PM

フィッシャーのロゴ、普通は「明治屋」とか「ミツウロコ」とかいわれてるのに、「北条家」と来るところがシブい…

ちなみに、冒頭写真の左手奥には、有名な五龍岳の「武田菱」が映ってたりします。というか、それを狙ってフレーミングしたんですけど。

Posted by: 井上@Kojii.net | Apr 23, 2009 at 03:25 PM

>トライフォース
( ゚Д゚)ポカーン
に、似てる…

よくよく考えると、「北条家」と「武田菱」を同じフレームに同居させるのって、見ようによってはヤバいかもしれませんね。

Posted by: 井上@Kojii.net | Apr 23, 2009 at 04:49 PM

Posted by: sionoiri | Apr 23, 2009 at 07:23 PM

(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル

武田菱は見るものであって、滑るものだなんて考えもしませんでした。はい。

Posted by: 井上@Kojii.net | Apr 24, 2009 at 12:14 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 屋上の教習所 | Main | 上越新幹線のトンネル間シェルター »