« レッド・オクトーバーを追え | Main | 【ネタ】イー・アクセスの景気 »

May 15, 2009

Lexar 変換アダプタの怪

microSD を買うとたいてい、miniSD 用の変換アダプタと SD 用の変換アダプタがセットになっています。後者はともかく前者は多くの人が余らせそうですけれど、同梱するアダプタを変えて別々のパッケージを作るよりは合理的なのでしょう。

ところが、携帯電話で使うときには変換アダプタは不要ですから、結局、両方とも余っちゃうことがあります。私の所もそうで、miniSD 用の変換アダプタと SD 用の変換アダプタが 2 個ずつ余ってます。SanDisk のやつと Lexar のやつと。

それで、余ったアダプタを有効活用しようと思い、Lexar の microSD (2GB) を単品で買ってきました (最近は単品売りのがあるので)。それを Lexar の SD 変換アダプタと組み合わせて、SD カード相当品をでっち上げようという算段で。

ところが、それを DMC-FT1 に突っ込んでみたら、エラーを起こして認識しないのであります。別の microSD カードを、同じ Lexar の SD 変換アダプタを介して突っ込んでみても、結果は同じ。

買ってきた Lexar の 2GB microSD を、SanDisk の SD 変換アダプタを介して DMC-FT1 に突っ込むと、問題なく動作します。だから、DMC-FT1 が「アダプタ付き」を受け付けないわけではなさそうです。

そこからさらに SD-CF 変換アダプタをかまして α200 に突っ込んでみても、結果は同じ。Lexar の SD 変換アダプタだと駄目、SanDisk の SD 変換アダプタだと OK。(実のところ、アダプタの二段重ね - マトリョーシカ状態 - は規格外なんですけど)

P1010302
(問題の、Lexar の変換アダプタ)

ともあれ、Lexar の SD 変換アダプタが駄目という結論に。やはり SanDisk が鉄板か…
「相性問題」なんてことをいいますけれど、同じメーカーだと駄目、他のメーカーだと OK な相性問題っていうのも、どうかと。

そういえば、以前に意気揚々と導入したら、ある日突然ぶっ壊れて使えなくなった USB フラッシュメモリも Lexar でしたっけ。この会社と私、相性が悪いのかしらん。

|

« レッド・オクトーバーを追え | Main | 【ネタ】イー・アクセスの景気 »

Comments

レキサーは前に最中が割れるという被害続出でした。

中身が見えたので具を確認したら寒村の名前が見えた・・・

三度使って二度最中が割れ、一度は原因不明のディスク破損・・・
今はサンかハギワラ使ってます・・・

レキサーはとことん相性が悪かったです。(ry

Posted by: にゃんこ | May 15, 2009 at 12:44 PM

(ノ∀`) アチャー
なんとも気の毒な話であります。私の場合、相性が悪いとかいっても、せいぜい上で書いた程度で、物理的な破壊には至っていませんし。

やはり浮気しないで SandDisk を買うべき、ということみたいです。でも、SanDisk に microSD の単品売りってあったかしらん。

Posted by: 井上@Kojii.net | May 15, 2009 at 12:58 PM

> SanDisk に microSD の単品売り
 例えば
http://www.amazon.co.jp/dp/B001B0I0BY/
という形であるようですね。秋葉原に行けばさくっと見つかるように思います。
 ちなみに私の方の常用系はハギワラシスコムからSanDisk Extreme IIIに置き換え完了です。SDなら2GB品でも泣けるほど安価になっていますし、Extreme IIIの高速性と信頼性は一度使うと戻れないと感じているところです。

Posted by: へぼ担当 | May 15, 2009 at 08:05 PM

あー、あったんですか… orz
ヨドバカで探してみたら、USB 用リーダーとのセット売りしかなかったんです。それで単品売りしていたエレコムと Lexar を天秤にかけたわけでして。

もっとも今回の場合、問題になっているのは microSD じゃなくて、以前から持っているアダプタの方だったのですが。それにしても、Lexar 製品が手元に増えてしまったという事実は残ります。とほほ。

Posted by: 井上@Kojii.net | May 15, 2009 at 08:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« レッド・オクトーバーを追え | Main | 【ネタ】イー・アクセスの景気 »