« ネットブックをめぐる同床異夢 | Main | 拙宅の光熱費 »

Jul 16, 2009

舌を出した猫

カメラをぶら下げて外出したら、道端の植え込みで猫を発見。すかさずパチパチやってから、後で写真を確認したら…

DSC02861

DSC02859

拡大して見てみると、舌を出してます。
猫に「あかんべえ」をされちゃった (´・ω・)

|

« ネットブックをめぐる同床異夢 | Main | 拙宅の光熱費 »

Comments

にゃ、にゃんと……

大学にいる猫は、やたら人懐っこい子と全然な子とに別れてまして、この間なんか、指先をぺろっと……にゃー。

Posted by: TB&SH | Jul 16, 2009 at 08:42 PM

野良だと仕方ないのかも知れませんけれど、写真の猫は、ちと目つきが悪い感じがしました。

それとも、私が犬派で、猫派じゃないのを見抜かれたとか (屍)

Posted by: 井上@Kojii.net | Jul 16, 2009 at 09:59 PM

成る程、ネコ派に転向しないととって喰っちゃわれるんですね、判ります。 w

Posted by: ぼろねこ2k | Jul 17, 2009 at 12:18 PM

KojiIが拡大するの?

Posted by: BlogPetの⊂⌒~⊃。Д。)⊃ | Jul 17, 2009 at 02:39 PM

私を喰っても、骨と皮ばかりで美味しくないと思います (え

# うわ珍しい、Blogpet が書き込んでる (苦笑)

Posted by: 井上@Kojii.net | Jul 17, 2009 at 02:59 PM

猫は唇をこじ開けるとたいてい前歯の間から舌を出してるもんですが、こんな写真は狙って撮れるもんじゃありません。
これは猫様からの重要なメッセージで、そのうちこの猫を大使としてニャントロ星人がやってきます。

猫は野良と飼い猫で顔が全然違いますからね。
ウチのペルシャも拾ってきた頃とは全然違う顔になってます。

Posted by: ヴィー | Jul 17, 2009 at 03:00 PM

猫のことはよく知らないんですが、珍しい場面を引き当ててしまったのでしょうか。吉兆ならいいですけれど…

>顔が全然違いますからね
やはりそれは、飼い主の愛情が影響するのでしょうか。
そういえば、ウソのような本当の話、ぬいぐるみだって顔が変わることがあります。

Posted by: 井上@Kojii.net | Jul 17, 2009 at 03:04 PM

>やはりそれは、飼い主の愛情が影響するのでしょうか。

少なくとも食う心配とかしなくて済みますから。
来たころは人間の食い物を隙あらば食おうと狙ってて、煮えたぎるカレーにも首を突っ込んでたぐらいです。
野菜の煮物作ってる最中に目を離すと、まず食われてました。
それが今では(健康のため)通常の半分以下の量でも一日三回食わすことだけ守ってれば大人しいもんです。

逆に今まで人間の食い物には目もくれなかった先住の茶虎は多臓器不全による危篤から生還すると、えらく意地汚くなりました。
食料の入った袋を引き裂くし、棚の上に置いておいても叩き落して食ってます。
膵臓が死んだので糖尿病になり、四六時中高血糖のはずがこんな状態なので、人間に限らず大病を患うと性格が変わるようです。

徳島では、両前足首を切断して義足にした猫が、それまで手のつけられない暴れん坊だったのに、手術を機に大人しくなったそうです。
もちろん元気が無くなったとかいう話ではなく、甘えてくる猫になったんだとか。

Posted by: ヴィー | Jul 17, 2009 at 09:07 PM

なんか、壮烈ですね。私は生き物というと小鳥を飼ったことしかありませんけれど、小鳥の場合、そこまで強烈な出来事はなかったです。

もっとも、当の本人が、トラックに追突された事故の後で性格が変わったという説がありますが (爆)

Posted by: 井上@Kojii.net | Jul 17, 2009 at 10:02 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ネットブックをめぐる同床異夢 | Main | 拙宅の光熱費 »