« 観艦式に行ってきました | Main | 観艦式とメシ »

Oct 26, 2009

EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS

EOS 7D と一緒に発表された新レンズですけれど、同時発表の他のレンズの陰に隠れて、全然目立っていないような。実は、海外では EOS 7D のセットレンズになっているらしいのですが。

P1010932

お値段だけ考えれば シグマ 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM キヤノン用 の方がずっと安いのですが、あれは手ブレ補正が動作する時間が長くてバッテリを消耗するという話があるのがマイナス要素。その見地からすると、ボディ内手ブレ補正のペンタやソニーなら、シグマの有用性が上がるかも。

実はそれよりも、RAW 撮りすると DPP (Digital Photo Professional) を使った収差補正が効くという理由から、キヤノン純正品をチョイスした次第。鉄道車輌みたいに直線が多いものを撮ると、特に歪曲収差が気になりますから。

同時発売の EF-S 15-85mm と比べると、エコノミー版という印象。USM ではないので、少し賑やかでフルタイム マニュアルも効きませんが、AF のスピードはまあまあで、精度にも不満はありません。IS も最新型の 4 段 (相当) 補正対応だし。

これを EOS 40D と組み合わせて昨日の観艦式取材に持ち込んだのですが、目の前を通過する艦を撮るような場面で、実に使いやすいレンジでした。普段使いの標準ズームとしても、使いやすいと思います。比較的軽いし。

IMG_8632

これは観艦式の帰りに、私が乗っていた「まきなみ」の横をかすめるように飛んでいった SH-60K ですが、「うわ、ヘリが来た !」といって咄嗟に撮影して、こんな感じです。厳密にいうと、ちょっとブレてるんですけれど。(先に教えてくれればいい画が撮れるのに、と報道陣はブーブー)

些細な利点として、フィルター径がφ67mm で手持ちの EF-S 17-85mm F3.5-5.6 と同じ、そしてフィルターやレンズフードを共用できる点があります。

どうかと思ったのは、ズームリング部の幅が広いせいで、レンズを脱着する際に持てる場所が限られること。ズームリング部を持つと脱着時にズームリングが回ってしまって脱着不可能になるので、根本の部分を持たないといけません。ちょっと面倒。

|

« 観艦式に行ってきました | Main | 観艦式とメシ »

Comments

18ミリはかなり魅力ですね。

今日、広角35×1.6で苦しみました。うー・・・

Posted by: にゃんこ | Oct 26, 2009 at 08:26 PM

18-135mm は 35mm 換算だと 28-200mm 程度。ほどよく高倍率なので、あまり重たくありませんし、自重でレンズが伸びてしまうこともありません。

四隅は画が流れやすい傾向がありますが、F8 ぐらいまで絞ってやると改善されるようです。風景写真を撮るわけではないので、四隅の流れは問題にならない場合が多いですし、センターは (ちゃんと撮れていれば) シャープですし。

比較的安上がりに、そこそこの高倍率便利ズームが欲しくて、かつ純正品のメリットと安心感が欲しい人にいいと思います。画質にこだわる人には L 玉を買ってもらいましょうw

Posted by: 井上@Kojii.net | Oct 26, 2009 at 09:56 PM

7のセットレンズということは、動画撮影用にズーミングやピント合わせ時に音が出ないとかそういう工夫ってないでしょうか?

動画撮影能力、SONYが真っ先に積みそうな気がしていたのですが、録音なんて想像もしていないαレンズは操作音でまくりですから、ムービー可能な一眼を作ったら、レンズもそれ用がいるかもしれません。

Posted by: KU | Oct 26, 2009 at 11:29 PM

ズームは静かですけれど、AF はちょっと音がしますね。DC モーターですし。でも、α200 と組み合わせて使っていたシグマの 18-200mm DC よりは静かです。

多分、廉価なレンズキットを作るためのレンズなんですよ、これは。センターの解像度は 7D に見合った能力を持たせつつ、コストダウンしたものという位置付けでしょう。

Posted by: 井上@Kojii.net | Oct 26, 2009 at 11:49 PM

ここのところの観音様は、EF-S 18-55mm等のローコストレンズからUSMを抜くことが多いです。日光さんのAF-S 18-200mmが、超音波モーター入りで、画質もそこそこ優秀な出来だったこともあって、後出しの筈のEF-S 18-200mm登場時のガッカリ感は近年中々無い物でした。

> 画質にこだわる人には L 玉を
実はつい最近、EF 24-85mmやEF 28-135mmのような銀塩時代の中クラスズームが軒並みディスコンになってしまったので、そう言う意味でも、画質にこだわるといきなりL玉になってしまうと言う困った話が・・・。

>SONYと動画撮影能力
ソニー、オリ、ペンタの3社は撮像素子を浮かしているので、撮像素子からの廃熱が厳しくて、動画は中々辛いと言う話が昔有りました。パナが撮像素子を動かさず、手振れ補正機構を搭載したレンズを出したのも、発熱の厳しい動画を優先したという話がありまして。

撮像素子が小さいオリはともかく、ペンタが動画撮影をSONY素子でも実現してしまいましたので、追って出すような気がしますが、何か他の出せない事情があるのかも。

Posted by: 観音旭光の両刀使い | Oct 27, 2009 at 06:53 AM

画質の話もそうなんですが、先日の観艦式で雨に降られたことから「防塵・防滴が要るとなると L ズームかよー (;´Д`)」なんて問題もありますね。ううむ。

(私の手持ちのレンズで防塵・防滴対応が謳われているのは、EF 70-200mm F4L IS だけ)

DC モーターでもスピードは上がってきているので、リング USM の決定的な利点というとフルタイムマニュアルということになるのでしょうが。

>動画
ビデオカメラ担当部門との相克かなあと思うのですが、真相が表に出てくることもないでしょうし、にんともかんとも。

Posted by: 井上@Kojii.net | Oct 27, 2009 at 07:37 AM

最近のEFSレンズはイマイチな感じが・・・

まあ値段が手頃は55-250は助かってますが、ISとUSMが欲しいと白い大砲買わないといけないのが辛いです。
レンズ沼が目の前に・・・

Posted by: にゃんこ | Oct 27, 2009 at 09:52 AM

そういう、見ようによってはちょっとあざとい (といわれかねない) 商品企画をするところが、キヤノンとトヨタって似てるなあと思うことがあります。

でも、「企業の儲け主義」を糾弾するのは簡単ですけれど、利益を出さないと会社がつぶれるわけで、何でもかんでも利益を度外視しろと主張するのは無理難題。要は、どこでバランスをとるかという話なのでしょうけれど。

Posted by: 井上@Kojii.net | Oct 27, 2009 at 10:16 AM

こういう使い潰すレンズはこれはこれで便利なんですけどね。万が一壊したら同等レンズメーカー製で代替出来ますし。
、今のややこしい機能がてんこもりのデジ1だと若干微妙ですが…


で、も、鉄道は男の単焦点、これですよ。(w
銀塩だと50mm一本勝負なんですが、APS-Cサイズだと30~35mmって所でしょうかね?

Posted by: ぼろねこ2k | Oct 27, 2009 at 12:39 PM

軽量で機動力があって、お値段そこそこ、という点で、普段使いの便利ズームとしてはいいところを突いている製品だと思います。でも、細かい質にこだわり始めるとアラが出てくるのは仕方ないですけれど。

>APS-Cサイズだと30~35mmって所
ですね。EF 28mm F2.8 は持っているのですが、ちょっとパースが出すぎる気配があります。鉄道車輌を間近で撮るのでなければ、使いやすいレンズなのですが。

Posted by: 井上@Kojii.net | Oct 27, 2009 at 01:34 PM

> 最近のEFSレンズはイマイチな感じが・・・
観音様は高倍率ズームが苦手なだけで、普通の倍率のズームであれば、18-55ISや55-250IS等はコストパフォーマンスが高いですし、新型の15-85ISも周辺光量落ちが激しいらしいですが中央の解像力は中々のものを持っているようですし。

> 防塵防滴
防塵防滴なんて飾りです。偉い人にはそれが判らんのです。

・・・と言うと怒られますが、操作する機会の多いボディ側が、ある程度、防塵防滴を達成していれば、ズーミング以外あまり操作しないレンズ側は、タオルやビニール袋を巻いておけばいいと言う話もありまして。

> APS-Cサイズだと30~35mmって所
EF 35mm F2が中々良いと言う噂はありますが、EOS登場時からの古株なレンズなので、あちこちから「USM化してくれ!」の大合唱だったりします。

ちなみに、シグマの30mmはクセ玉なので、鉄用途に使うのは中々大変だと思います。まあ、腕の見せ所でもあるのですが。

追伸
EOS 7Dに不具合発覚のようで・・・。orz...
http://cweb.canon.jp/e-support/products/eos-d/eos7d-firmware.html

Posted by: 観音旭光の両刀使い | Oct 27, 2009 at 05:54 PM

40D の防塵防滴はそれこそ飾りだし、7D はそれより進化しているみたいだけれど、K-7 あたりと比較してどうなんだろう… と。防塵防滴のことを考えなければ、私は今の布陣で何も問題ないんですけれど。

>不具合
ソフト的な問題でしょうから、ファーム更新で直せるんじゃないでしょうか。ハードをいじらなければならないよりマシ。と思うことにします。

私の所では出てないんですけれどねぇ、このトラブル。

Posted by: 井上@Kojii.net | Oct 27, 2009 at 06:05 PM

EOS 7D にこのレンズを付けて sRAW で撮影してみたら、なんか解像感に欠けてる…

RAW/mRAW/sRAW の別やレンズとの組み合わせによっていろいろ違ってきそうなので、しばらく、いろいろ組み合わせて試してみないと。

Posted by: 井上@Kojii.net | Oct 29, 2009 at 07:09 PM

確か、ノイズリダクションはISO感度に関係なく効くので、ISO100でも、ちょっとピンぼけ・手振れでぼけるとノイズリダクションの餌食になるそうです。

もし何でしたら、ノイズリダクションを切ってみるのも良いテストになるかも。

Posted by: 観音旭光の両刀使い | Oct 29, 2009 at 08:31 PM

どちらかというと、レンズよりもノイズリダクションの影響っぽいです。もちろん、元の画の段階で、レンズ自体の性能が影響してくるでしょうけれど。

ノイズリダクションの設定が同じでも、3 種類の RAW で撮影して DPP で設定を見てみると、サイズによって処理の度合が違っていて、サイズが大きいほどノイズリダクションを強くかけているようです。

ということは、サイズが小さいときにはノイズリダクションの影響で画が崩れて、解像感を無くす感じかなあと。だから、高感度撮影では mRAW 以上で撮る方がいいみたいです。

Posted by: 井上@Kojii.net | Oct 29, 2009 at 09:01 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 観艦式に行ってきました | Main | 観艦式とメシ »