« キハ E120 の仕業票立て | Main | 「エアワールド」12 月号 »

Oct 17, 2009

EOS 7D の AF-ON ボタンをカスタマイズ

コメントにしようかとも思ったのですが、自分のところに話をまとめておきたいとも思ったので、エントリを立ててトラバを送る形で。

EOS 7D初使用(長文注意) (ぽんちゃんの買ってし魔王な日々)

バックに何もない飛行機や鳥の時には、測距点の自動選択はかなり有効そうですが、飛行機の離発着や鉄道、特に後追いの時は測距点をある程度固定していた方が良さそうです。問題は、航空祭の場合、そこまで頻繁にAFを選択できるかと言うところですが・・・。

実は、うちの EOS 7D では、これと関連がありそうなカスタマイズをひとつ付け加えたのです。

EOS 7D には「測距点の登録」という機能がありますが、これを使って「領域拡大 AF (任意選択)」で、ド真ん中の測距点を登録しました。(19 点オートかゾーン AF 以外なら、どのモードでも可能)

次に、ボタンのカスタマイズ機能を使って、AF-ON ボタンに「測光・AF 開始」を割り当てるのですが、そこで [Info] ボタンを押して AF 開始位置の指定を行い、登録測距点を使うように設定するのがミソ。(ちなみに、AF 開始位置の指定ができるのは AF-ON ボタンだけで、シャッターボタンでは不可)

こうすると、シャッターボタンを押したときには任意の測距点を選択した状態になっていても、AF-ON ボタンで "親指 AF" したときには、必ずド真ん中の測距点で測距できるというわけ。また、19 点オートかゾーン AF 以外のモードなら、測距モードを切り替えても登録測距点の設定は有効みたい。

これを、横に構えたときと縦に構えたときのそれぞれについて登録しておきました。こうすれば、咄嗟のときにパッと中央の測距点で撮れるだろうと目論んだ次第。

もっとも、19 点オートやゾーン AF を使っているときには効きませんし、本番の撮影現場で迷わず AF-ON ボタンに指が伸びるかどうかも、実際にやってみないと分かりませんけれど (こら)

|

« キハ E120 の仕業票立て | Main | 「エアワールド」12 月号 »

Comments

自分はまだまだAF-ONボタンにすんなり指が行くほどテクニシャンじゃないみたいです。(ry

ですが、ボタンのカスタマイズ機能は色々と使いやすく出来そうですね。

Posted by: にゃんこ | Oct 17, 2009 at 11:29 AM

もう、いろいろカスタマイズできすぎて大変です。特に、私のように縦横で測距点の設定を使い分ける設定にしていると、もう混乱しまくりです (´・ω・`)

ニコンだと、さらに設定可能な項目が多そうですけれど、みんなどうしてるんだろう…

Posted by: 井上@Kojii.net | Oct 17, 2009 at 11:42 AM

いや~、先にこちらの記事を見つけて、びっくりしました(苦笑)。

実は、AF中央復帰ボタンの機能がどこかに無いかと思っていたところなので、大変参考になります。

正直、今までとおり、マニュアル読まなくても使い物になるだろうとEOS 7Dを舐めてましたが、ここまで色々出来るとなると、キチンとマニュアルを読み込まないとダメですね。反省反省。

それと、何故かCar WatchにEOS 7Dのレビューが出ていたのですが、その中にAF設定に参考になる文献があったので、こちらにもご注進。
↓EOS-1D Mark III AIサーボAF カスタム機能解説書
http://cweb.canon.jp/e-support/guide/pdf/e1dm3-cfg2.pdf

この解説書、EOS-1D Mark III用ですが、EOS 7Dでも十分参考になります。

日光さんも設定が大変そうですが、手軽に聞ける最新日光使いがいないので何とも・・・。ただ、気の利いた機種別ムックだと、「この設定項目でこれが出来る」と書いていることは多いです。

Posted by: 観音旭光の両刀使い | Oct 17, 2009 at 04:00 PM

私は、マイコミジャーナルに載っていたレビュー記事で「ボタンを押している間だけ別の測距モードが作動する登録機能」とあったのを見て、マニュアルを調べたり実機をいじったりして、この設定にたどり着いたのでした。
http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/10/14/eos7d/001.html

明日、天気が悪くなければ羽田のターミナル屋上で 7D を使ってみるかもしれません。

Posted by: 井上@Kojii.net | Oct 17, 2009 at 08:52 PM

よくよく考えれば、40D と同様、マルチコントローラのセンター押しで中央に復帰させることができますね。

でも、中央以外の測距点を使っていて、一時的に中央で撮りたいという場面も考えられるので、このカスタマイズが無駄ということはないと思います。

Posted by: 井上@Kojii.net | Oct 19, 2009 at 01:38 PM

マルチコントローラーのセンター押しは、とっさの時に辛いところがあるので、AF-ONのセンター一時復帰も便利でした。

実は、K-7にAFセンサーの中央復帰が無く(K10Dはあった)、AF中央1点測距モードへAF選択ダイヤルを動かすことで代用しているので、AF-ONのセンター一時復帰の方が操作系が似通って有り難いという裏事情があります。

Posted by: 観音旭光の両刀使い | Oct 20, 2009 at 08:20 AM

そうなんですよね。真ん中を押そうとして、つい変な方向に力が入って測距点があらぬ方向に (凹)

とはいえ、このマルチコントローラとサブ電子ダイヤルのおかげで、設定をパッパと変えつつテンポよく撮れるところは、とても気に入ってます。

Posted by: 井上@Kojii.net | Oct 20, 2009 at 09:31 AM

↓旭光使いだったはずの某鉄道雑誌編集長もEOS 7Dを手に入れられたようです。
http://rail.hobidas.com/blog/natori/archives/2009/10/post_1120.html

EF70-200mm F4L ISの作例もあるようでしたので参考にどうぞ。

Posted by: 観音旭光の両刀使い | Oct 21, 2009 at 12:28 PM

これ、連写がいまひとつ連写に見えないのは、被写体の速度が遅いせいですよね (苦笑)
EOS 7D の AE が前照灯に騙されないのは、どうやらガチみたいですね。

余談ですが、SL みなかみ号が後続の普通列車に、途中駅で抜かれるダイヤになっていたのは秘密です。

Posted by: 井上@Kojii.net | Oct 21, 2009 at 12:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« キハ E120 の仕業票立て | Main | 「エアワールド」12 月号 »