« EOS 7D 短評(V)1 | Main | EOS 7D 短評(V)2 »

Oct 09, 2009

馬と台風

台風が来たから、ってんで Typhoon の動画を探していたら、こんなのに行き当たりました。おかしいなあ、派手なマニューバの動画を見たかったはずなのに、どうしてこうなっちゃったんだろう…

スタートダッシュでは F1 の方が速いようです。路面がドライなら、もっと差が付いていたかも。

ついでに、ジェットつながりで阪神ジェットカーも交えて競争してみましょうか (ばかもん)

|

« EOS 7D 短評(V)1 | Main | EOS 7D 短評(V)2 »

Comments

いつも楽しく読ませていただいています。
まえにTop Gearでも同じようなことをしていたようなことをしていました。
http://www.youtube.com/watch?v=7NZ9X9A2efA
これではTyphoonがVeyronに勝っていますけれど。

Posted by: ああむ | Oct 09, 2009 at 12:51 AM

Top Gear の弾け方は、アレはアレで学ぶべきものがあるんじゃないかと思うことがあります。製造業を大事にしないイギリスはどうかと思いますが、イギリスのカルチャーは侮れませんね。

だからといって、工兵車両でランエボを壊さなくても…

Posted by: 井上@Kojii.net | Oct 09, 2009 at 07:16 AM

というわけで、鉄腕ダッシュを(ry。色々疑惑があるらしいですが、一つの宣伝とすれば、阪神としてもおいしい話だったのかも。

Posted by: TB&SH | Oct 09, 2009 at 10:15 PM

勝ち負けは別として、存在を知って貰うというだけでも意味がありそうですね。勝てば利用が増えるとは限りませんし、21 年間優勝から遠ざかっていても… うわーなにをするきさま (ry

Posted by: 井上@Kojii.net | Oct 10, 2009 at 12:09 AM

此処は是非トヨタのF1と静浜あたりでゼロヨンを。
で、タイフーンを次期F-Xとして導入を。

(F-35まわりの何だかなー、話の多さにいいかげん嫌気が差した戯言w)

Posted by: ぼろねこ2k | Oct 11, 2009 at 05:55 PM

>F-35
あの 10 億円については、私は仕方ないと思ってるんですよ。

他のパートナー諸国が、情報へのアクセス、あるいは仕様への口出しや生産への参画と引き替えに開発費を出しているわけですから、それとのバランスを考えると、日本にだけ情報をタダで出すというわけには行かないでしょう。

確か、オブザーバー扱いのシンガポールやイスラエルですら 5,000 万ドルぐらい出していたと記憶しています。

Posted by: 井上@Kojii.net | Oct 11, 2009 at 08:06 PM

いや、買う価値があるなら、あきらめも付くんですよ。
仮にF-22で同等の金を出せ、と言われたら涙ながらに出費してもしゃーないと思うんですが、

…が、出来上がっても居ない、開発絶賛炎上中で、トドメに周辺国にはステルス性能を劣る機体、とかまで噂されて、トドメにラプたんと遜色ないお値段を付けてくるとかだと、微妙を超えてイラネ、で扱って良いと思います。

いや、ラ国OKでステルス部分については日本でいじって良い、とか破格な条件なら別ですが、それでも一機200億コースでしょうし。

なら120億位で済むんじゃないか、と期待できる台風に傾く方が。


そんな事はどうでも良く(をい)、台風1編隊位来て、派手にデモをやってくれないかな、と。 配備されたら絶対来るであろう千歳で一つ派手にやってくれないか、と。 w

Posted by: ぼろねこ2k | Oct 12, 2009 at 11:19 PM

それは、現時点で F-35 の開発が現在進行中だから、すでに開発過程を過ぎて熟成が進んでいる他の機体と比較して目立つ、という部分もあると思いますよ。

もうみんな忘れちゃってるみたいですけれど、ユーロファイターは技術と関係ない政治的なゴタゴタで計画が空中分解しかけたし、F/A-18E/F は主翼のウィングドロップ問題でゴタゴタしたし、F-22 だってノートラブルじゃなかったし (今だってステルス コーティングの件で文句をいう人がいる)、グリペンは FBW のトラブルで墜ちてるし、古くは F-15 だってエンジンなどのトラブルを解決するのに苦労しているし。

飛行機に限らず、軍艦でも AFV でも、みんなそういうものなのです。

Posted by: 井上@Kojii.net | Oct 12, 2009 at 11:34 PM

ユーロファイターも出来上がったからこそまな板の上、ですけど、予定より数年遅れですものね。
それ考えると、今正に絶賛開発(炎上?)中のF-35は、情報提供に開発情報も入ってしまうし、共同の他国への示しを考えると、10億は妥当、なんでしょうね。
(自分の財布の中身だけ見て高い安いをつい言ってしまうのは宜しくないですね)

で、出来上がった(上がる予定の)物についての比較はまた別の話ですものね。

まあ、もし仮にF35の共同開発国に入っていたら、比べ物にならないグダグダな騒ぎの最中なんでしょうけど… 。

Posted by: ぼろねこ2k | Oct 13, 2009 at 05:39 PM

F-35 で最後まで苦労するのは、おそらくはソフトウェアの開発や兵装のインテグレーションではないかと睨んでいます。ハード的な問題、あるいは技術情報へのアクセスや生産分担といった問題の方が、まだしも片付けやすいんじゃないかと。

Posted by: 井上@Kojii.net | Oct 13, 2009 at 10:34 PM

そう考えると、自衛隊のF-Xとして考えるのではなくF-X2として考えるべき(≒F-4代替としては考えない)な気がします。今の調子だとあと10年は日本で使い物にはならない気が…兵装は幾ら互換性があるとはいえ、日本独自が非常に多いですし。

やっぱ、暫定でF-2が一番良いんじゃ? モスボールのF-4でも純減よりはマシですが。

Posted by: ぼろねこ2k | Oct 14, 2009 at 12:09 PM

私もその考えに傾いているところです。F-2 の最大のメリットは「すでに生産体制がある」「すでに使っていて戦力化の手間がかからない」の二点ですから。

F-35 ほどではないにしても、F-2 だって相当にコンピュータ主導の機体ですから、ソフトウェアの改良で能力を伸ばす余地はあると思うんですけれど、どうでしょうか。

Posted by: 井上@Kojii.net | Oct 14, 2009 at 12:46 PM

個人的にはF-2が好きなので、増産という選択肢は非常に嬉しいのですが、LMとしてはどうなんでしょう。生産ラインの維持とかが結構めんどくさそうなんですが……。

……いっそブルーインパルスも機種変を(ry

Posted by: TB&SH | Oct 14, 2009 at 06:36 PM

現行の契約分が終わったところで店じまい、なんていう話もあるようなので、ことと次第によっては日本で全部作っちゃえ、というのもありだと思います。が、そうなると LM が担当していた部分の生産体制立ち上げが面倒かも。

「F-2 の生産継続でおたくの仕事を増やすから、それと相殺する形で F-35 の仕事を回してよ」と要求するとか。

Posted by: 井上@Kojii.net | Oct 14, 2009 at 07:03 PM

LMさえ認めてくれたら全工程を日本でやりたいでしょうね、F-2。ライセンス料がどれくらいになるやら、という気はしますが。生産工程は多少イニシャルでかかるでしょうけど、富士重のアパッチみたいな事にはならないでしょうから、必要経費と割り切れるでしょう。

F-35の仕事…どんな技術をせしめたいでしょうかね、飴参は。

さて、F-2とタイフーンを比べて、敢えてタイフーンを推す理由ってどれくらいありますかね?

Posted by: ぼろねこ2k | Oct 15, 2009 at 06:16 PM

つ 「エンジンが 2 基ある」(え

多分、F-35 の前部胴体を他社に作らせるつもりはないのですが、Northrop Grumman 経由で TAI まで下請けに出ている中央部胴体、あるいは BAE Systems が製造している尾翼まわりなら、日本でも作らせてもらえる可能性はあると思われます。

Posted by: 井上@Kojii.net | Oct 15, 2009 at 10:29 PM

じゃ、っと勝手にF-2の生産を始めてみた((( ;^^)

http://www.mhi.co.jp/aero/introduction/tokusyu/kamihikouki/index.html

こんな可愛いお仕事もするのね>MHI

Posted by: AL | Oct 16, 2009 at 08:33 PM

三菱自動車が昔 (時期が古いので、三菱自動車になる前かも知れない) F2 用のエンジンを手掛けていたことがあったような… なにぶんにもうろ覚えなので、間違ってたらすみません。

Posted by: 井上@Kojii.net | Oct 16, 2009 at 09:50 PM

F2用ではなくてF2000用ですね。三菱のエンジンは量産型ベースではなかったので、量産型ベースであることを定めていたF2規定からはずれていたためです。

エンジンだけじゃなくて、F2000用シャシーも作ってましたよ。さすがに三菱のWEBサイトにはきっちりと写真もあります。

http://www.mitsubishi-motors.co.jp/motorsports/history_j/70s_j/colt_f2000.htm

Posted by: 砂兎 | Oct 16, 2009 at 10:26 PM

おお、これです。ありがとうございます。
調べてみたら、BMW の F2 エンジン・M12/7 は量産エンジンのブロックを使っていたようですね。納得。

# そういえば、ヤマハ OX66 なんてものもあったなあ…

Posted by: 井上@Kojii.net | Oct 16, 2009 at 10:38 PM

そのM12にターボを付けたのがF1用のM12/13ですね。

ヤマハはF2~F3000時代の主力エンジンの一つでしたね。F1にもエンジンを供給して、最後には優勝目前までいきましたし。

Posted by: 砂兎 | Oct 17, 2009 at 08:40 AM

そして最後は横倒しエンジンにされてしまいました。最近は、ああいう変態レーシングカーが少なくなったような気がします。

5 バルブが主流になると面白かったんですけれど、やはりメカ的な面白さとウェポンとしての強さは別の問題みたいで…

Posted by: 井上@Kojii.net | Oct 17, 2009 at 11:40 AM

>5 バルブ
あれはロングストロークエンジンに良いらしいですね。
最近はYZF-R1にも使われて無いですね。
TOYOTA車にも使われていた頃が懐かしい…

Posted by: 井上さん二人分の重さの男 | Oct 17, 2009 at 01:52 PM

トヨタの 5 バルブ ヘッドというと、最後は 4A-G のスポーツツインカムでしょうか。バルブ面積は稼げますけれど、燃焼室形状を最適化するにはどうだろう、と思ったのですが、さて実態やいかに。

Posted by: 井上@Kojii.net | Oct 17, 2009 at 08:56 PM

>5バルブエンジンの燃焼室

現在主流の4バルブエンジンの燃焼室はペントルーフ(屋根型)ですが、
5バルブでは円錐型に近くなるので、理論上は点火プラグからの燃焼距離が等間隔に近くなり理想的ということらしいです。

ただ、実際のところ2,3バルブを4バルブ化するのに比べて、4の5の言うほど差はないということで、
バルブ数の数によるコストアップ、および動弁系の設計・製造がややこしくなることのデメリットの方が大きいということだそうです。

Posted by: とおりすがり | Oct 17, 2009 at 10:17 PM

まさに "4の5の" ですね。一見したところでは、真ん中の吸気バルブだけ突出しそうですが、そうならないのは意外です。

もっとも、真ん中の吸気バルブだけ向きが微妙に違うように見えるので、カムシャフトを作るのはめんどくさそうです。

Posted by: 井上@Kojii.net | Oct 17, 2009 at 11:11 PM

まぁ、バルブ多数化大好きなヤマハはバイクでは7バルブまで試していたようで。
写真でそれを見たときは大変驚愕しました。
一体何処にプラグが付くんだ?と。w

といいつつ、軽の4気筒に5バルブで20バルブとかやっていた頃の軽ターボ(これはミニカダンガン、他にアルトワークスとかTR-XXとか、今でも欲しいw)、無駄に元気な車が多かったですね、あの頃は。

Posted by: ぼろねこ2k | Oct 18, 2009 at 11:24 PM

そういう無駄な元気さがなくなったのは、やはり経済的な意味でも、気分的な意味でも、余裕がなくなったということなのでしょうねえ。他の業界にもいえることですけれど、なんだか残念です。

Posted by: 井上@Kojii.net | Oct 19, 2009 at 07:24 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« EOS 7D 短評(V)1 | Main | EOS 7D 短評(V)2 »