« ココログの仕様変更 ? | Main | チキンカレー@JYOTI [飯田橋] »

Mar 31, 2010

お年を召したビッグ E

Contracts for March 30, 2010

Northrop Grumman Shipbuilding, Inc., Newport News, Va., is being awarded a $13,200,000 modification for planned and growth supplemental work under a previously awarded contract (N00024-08-C-2100) for the accomplishment of the fiscal 2008 Extended Drydocking Selected Restricted Availability (EDSRA) of USS Enterprise (CVN 65). As a result of this contract modification, the total estimated amount of this contract will be $654,854,987.  This contract modification is in accordance with the overall program plan for the CVN 65 EDSRA. EDSRAs are similar to overhauls in that they restore the ship, including all subsystems that affect combat capability and safety, to established performance standards. Additionally, an EDSRA provides an opportunity to perform hull inspections, recoating, and other maintenance related evolutions below the waterline that cannot be accomplished while the ship is waterborne. The EDSRA provides sufficient time to perform more extensive repairs and testing than are possible during an extended selected restricted availability. Work that results from subsystem open and inspects is added to the contract as it is identified. Work will be performed in Newport News, Va., and is expected to be completed in April 2010. Contract funds in the amount of $13,200,000 will expire at the end of the current fiscal year. The Naval Sea Systems Command, Washington Navy Yard, D.C., is the contracting activity.

USS Enterprise の入渠整備が予定外に手間取っているようで、またもや契約の修正と作業の追加が発生。さすがに、米海軍でいちばんの古参艦ともなると、いろいろと不具合が出てきて大変なのかも。だいたい、原子炉が 8 基も載っているってだけで「炉心交換が面倒そう」って思ってしまいます。

|

« ココログの仕様変更 ? | Main | チキンカレー@JYOTI [飯田橋] »

Comments

なにげに50才の熟女。
はるなは41歳の春で退役。
敦賀第一だって40歳。
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/fukui/feature/fukui1260972598482_02/news/20091220-OYT8T00808.htm
目指せ、コンスティトゥーション(藁)
http://www.kinenkan-mikasa.or.jp/siryou/constitution.html

Posted by: sionoiri | Mar 31, 2010 at 12:46 PM

帆船なら却っていいと思いますよ。ボイラーの水管が腐ったりしないし。

おカネのない発展途上国だと、お下がりの古い軍艦を延々と使ってますけれど、あれのメンテなんかはもっと大変だろうなと思いました。

Posted by: 井上@Kojii.net | Mar 31, 2010 at 03:03 PM

いや、木造船も大変です。
この子とか
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%8A%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%82%B7
塗料(毒入り)塗ったり、銅板はったり(だっけ?これも)。

夜中に沖合でガリガリ音がするんで慌てて帰ってきたという話も(藁)

劣化して木の中がスカスカになっていたり
(ナポレオン戦争中にフランスのフリゲートと戦って撃破捕獲したイギリスフリゲート(これも元フランス艦)とか:題材にした小説より)

でもなにげにギリシャ海軍装甲巡洋艦(記念艦:春日級などの改良型)より現役期間が長い。

Posted by: bugaisha | Mar 31, 2010 at 04:11 PM

ロシアにはコムーナて双胴船の御歳95歳の老婆が(・ω・)ノ
阿蘭陀生れのこの方ロシア帝国、ソビエト連邦、ロシア連邦とまさに歴史の生き証人にしてまだまだ現役です。

Posted by: 井上さん二人分の重さの男 | Mar 31, 2010 at 11:29 PM

米海軍のアベンジャー級は木製ですけれど、船体の表面を FRP でコーティングしていたような。これなら虫も食わずに済むのかな ?

金属製でも、腐食や疲労でバラバラになる可能性はあるから、油断禁物ですけれど。

Posted by: 井上@Kojii.net | Mar 31, 2010 at 11:56 PM

てか入渠中に次の新型空母が出てきちゃいそうですね。2015年だそうですけど、メンテの順番見直すことで一時的な減数に踏み込まないのかなあ、と。あと5年待て、というのなら治すでしょうけどあと2年とかなると・・・
てか、ドンガラ以外元の部品が残っているのかと(ry
ある意味で大型艦に関しては空母しか残ってないし、その進歩のスピードもライバル不在で遅いからこういうことになるんでしょうけど。

にしても、空母の維持って大変ですね。しかも複数持っていないとメンテもできないわけで。気に入らない国に空母を持たせて財政破綻や海軍の組織の疲弊に追い込むという(ry

Posted by: 憑かれた大学隠棲 | Apr 01, 2010 at 02:09 PM

こういう調子だから、ビッグ E の早期退役説がくすぶっているんですけれど、でも。

直近の EDSRA で 6 億 5,000 万ドルもつぎ込んだ途端に退役か YO! といって、GAO の怖いおじさんに叱られそうでもあります。

>疲弊に追い込む
ええ、だから中国の空母については私、「もっとやれぇぇ」と思ってます。やってみて、初めて分かる空母戦闘群維持のスパイラル~って。

Posted by: 井上@Kojii.net | Apr 01, 2010 at 02:59 PM

怒られるは一時の恥、惰性は将来の恥。
(一生、でもいかったかも。船ですし)

原子炉8っつも永久保存(管理保管でしょうね)する手間あるんですし、退く方が良い、ってGAOも言ってあげればいいのに。

フォード級空母、1年くらい建造を巻けないものでしょうかねー?(出来れば苦労しませんが)

Posted by: ぼろねこ2k | Apr 01, 2010 at 05:40 PM

CVN-78 は、EMALS と DBR が足を引っ張っている気配なので、繰り上げなんていったら担当メーカーの人が悲鳴を上げるかも知れません。

そういえば、JFK も末期にはいろいろ面倒が発生していたような。こちらは、艦長の指導力問題でもあったと記憶していますが。

Posted by: 井上@Kojii.net | Apr 01, 2010 at 10:40 PM

 うーん、原子力従事者の立場から見ればビッグ E を何処まで現役で引っ張るつもりなのか(一説には2012年までというお話しがありますが、それほど短期間なのでしょうか。ご教授いただければ幸いです)、と言うところに興味がわくところですね。
 原子炉周りという観点から見れば、退役後も解体撤去までそれなりのメンテナンスが必要です。そのために、現役続行に重きを置くのか、それとも退役後のメンテナンス、解体撤去に重きを置くのかによって、お金のかけ方・手入れの重点項目も当然異なってきますし。
 専門従事者の偏った見方なのかも知れませんが、どうしてもそのようなことが気になりますね。
<ちなみに陸上の原子力発電所では、現在の所、最大で60年運転までが視野に入っている状況です。もちろん、技術的可能性だけで経済的な面や電力供給などの様々な要素が絡み合って、廃炉時期が決定されることとなりますが、現在の流れは技術的に解決困難な問題が発生しない限り、経済的に見合うところまでとことん使い倒すというものです。>

Posted by: へぼ担当 | Apr 03, 2010 at 03:09 PM

CVN-78 が出てくるまで、というのが本来の予定で、それに併せて今回の EDSRA のスケジュールを組んだのだと思います。

ところが、予算的な問題やらなんやらで CVN-65 の退役を繰り上げざるを得ないかも知れない、という話になり、FY2012 限りとか FY2013 限りとかいう話が出てきたわけです。

いろいろと「計算違い」が積み重なって、こんなことになっちゃったのかも。

Posted by: 井上@Kojii.net | Apr 03, 2010 at 08:52 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ココログの仕様変更 ? | Main | チキンカレー@JYOTI [飯田橋] »