« 【ヒマネタ】クイズをひとつ | Main | メシの量と装備調達 »

Apr 28, 2010

高速道路のガス代

高速道路の SA・PA にあるガススタの価格って、全国共通かと思ったら、違うんですね。周辺地域の価格にスライドしている部分があるみたいで。

「行きがけに、上里 SA で 135JPY/L という表示を見る」
→「うちの近所より安いじゃないか」
→「長野県方面に向かう」
→「高速を降りてガススタの価格を見たら、141JPY/L」
→「高速に上がってから入れた方が安いな」
→「松代 PA のガススタを偵察してみたら、140JPY/L」
→「高速に乗ってから入れれば安いと思ったら、アテが外れた」
→「東部湯の丸 SA も似たり寄ったり」

結局、下り坂が多いのに乗じて上里 SA (上り線) まで引っ張って、135JPY/L で給油した、なんて経験があります。

|

« 【ヒマネタ】クイズをひとつ | Main | メシの量と装備調達 »

Comments

たしか、業者を撤退させないように高めの公定価格になっていたと記憶しております

価格の見直しのタイミングが、市中価格の変動とずれるので揮発油の暫定税率が切れた時に価格差が逆転したりしていましたね

燃料といえば、「環境にやさしい」高濃度アルコール燃料を流通させていた「ガイアックス」(今は違う社名)が倒産しましたね

あの燃料のおかげで、何台の車が逝ったことか…

Posted by: 二枚橋 | Apr 28, 2010 at 09:28 PM

と、価格こむ的なことをすると高速道路のGSがどんどんつぶれていくんですよね。満タンにしても1000円も差が出ないんなら、という考え方もあるかもしれませんw

Posted by: 憑かれた大学隠棲 | Apr 28, 2010 at 11:12 PM

えっ、そんなに逝っちゃってたんですか。なんだかなあ。

以前は月ごとの改訂だったけれど、それだと市中価格の変動に追随しきれないということで、週ごとの改訂に改めたんでしたっけ。

ただ、周辺地域に合わせたとしても地域ごとの価格差は残りますから、私が以前にやったみたいに「月夜野 IC 近くのガススタで入れるよりも赤城高原 SA まで引っ張ってから入れた方が安い」みたいな話は、避けられないですよね。

Posted by: 井上@Kojii.net | Apr 28, 2010 at 11:50 PM

上里SA!おお、ピンポイントで地元の話題だw
この辺は理由は存じませんが、周辺よりガソリン安いですよ。ここから熊谷方面にいっても高崎方面にいってもガソリン代上がりますからね。
今後も上里SAをごひいきに願いますw

ここは米軍機も空自も陸自のヘリも飛んでるので、軍オタには悪くない土地ですw
米軍のC-130なんか、かなり低空で旋回してますね。まあ、周辺に比べると「人口少ない農村地域」だからなw

Posted by: うみ | Apr 29, 2010 at 12:54 AM

 昔は全国統一価格でしたが、現在はある程度の自主性・地域性に依るようです。そのため、無分別に高い価格が許されるわけではありませんが、例えば長野県内が非常に高かったり、地域性がある程度繁栄された上で少々高めの料金設定となっています。
 ただ、高速道路でのガス欠は緊急事態。その命綱だけに有る程度の高価格でも、必要なインフラとして可能な限り価格より24時間営業を望みたいですね。

> 「ガイアックス」
 恨めしやー。アルコール価格が急騰した際に逝ったのでしょうが、私自身もバイクに入れて酷い目にあった経験があります。
 幸い、すぐに不調に気がついたので通常のガソリンで希釈しながら、チョークで空気との混合比を弄って何とかしのぎましたが、そこまではっきり出るとは思いもしませんでした。
 一方、現在の車の場合、電子制御で何とかカバーしてしまうため、おかしいかな?と思った時にはかなり部品が腐食した後の様で。現在の様に有る程度の混入(低混合比の物は正規に流通していますので)が見込まれている車なら別ですが、普通の車には危険だと思った次第です。

Posted by: へぼ担当 | Apr 29, 2010 at 06:44 AM

>周辺よりガソリン安いですよ
面白いですね。個人的には、群馬・長野というとガソリンが高いという印象があるのですが… と思ったら、上里はギリギリで埼玉県なのでした。

東京から関越に乗ると、ちょうど最初の休憩地点としていい場所にあるので、特に下り線はよく利用しています。

>地域性
仕入のことを考えると、その方が合理的ですよね。私はリスク低減のためにも、なるべく「高速に上がる前に満タンにする」人ですが、高速で入れた方が安いと分かっていると、例外が発生します。

ガイアックスに限らず、普通のガソリンでも異様に安いと、「大丈夫なのかこれ」と思ってしまうことがあります。

Posted by: 井上@Kojii.net | Apr 29, 2010 at 07:45 AM

>ガイアックス
バイクの炎上とキャブ車が軒並みおかしくなったのとで、自工会が「使わないで」とキャンペーンを張っていました。

また、ガソリン税がかかっていないがための「低価格」だったところへ、通産省が「自動車用燃料には課税するよ」と言ってガソリン並みに課税したのでした。
その結果、ガソリンよりも高くなってしまい、あぼーん…。

あの頃、エンジン不調や加速不良で入庫したクルマは、まず給油口を開けて臭いを嗅いでいましたね。

今はエネオスがガソリンにアルコールを混ぜていますね。
現在は自動車メーカーも、アルコール添加に対応した部品を使っているので安心して使えます。
まあ、旧車に入れた場合にキャブがどんな反応をするかは…。

Posted by: 二枚橋@通勤中 | Apr 29, 2010 at 08:54 AM

>価格こむ的なことをすると
うう確かに。とどのつまり、トータルの価格差と、どれくらいせっぱ詰まっているかというところの相克なのでしょうけれど。

安い方がありがたいけれども、あまり安さばかり追求すると回り回ってツケを払わされるし、どこでバランスをとるかは難しいですねえ…

>アルコール
その昔、航空機エンジンでは水メタノール噴射なんていうのがありましたけれど、あれはそのつもりでエンジンを作っていたから問題なかったのかな、と思いました。

Posted by: 井上@Kojii.net | Apr 29, 2010 at 09:08 AM

> 水メタノール噴射

あれは低オクタン価のガソリンでブーストを稼ぐための物で、エンジン寿命と引換だったのではなかったでしょうか。

Posted by: H@tokara | Apr 29, 2010 at 09:58 AM

パーツの補給に滞っているような国がそれをやったのでは、自分で自分の首を絞めるだけのような… アメリカみたいにプレンティーな国ならともかく。

Posted by: 井上@Kojii.net | Apr 29, 2010 at 11:44 AM

ハイオクガソリンも量の確保で大苦労だったようですからねぇ。>旧軍

Posted by: H@tokara | Apr 29, 2010 at 08:42 PM

松の根っこをかき集めて廃屋ガソリンだったのですね、わかります (マテ)

Posted by: 井上@Kojii.net | Apr 29, 2010 at 08:46 PM

↑ 廃木主義者だな、さては。
http://www.pref.osaka.jp/chikyukankyo/e10/summary.html

Posted by: sionoiri | Apr 30, 2010 at 05:47 AM

E10 とはまた、あちこちたらい回しにされそうな名前ですねえ… (え

Posted by: 井上@Kojii.net | Apr 30, 2010 at 10:44 AM

私は美唄に姉妹機が居る4110が好き。(出遅れてこの物言いもどうかと思いますがw)

ガイアックスは極端としても、当の通産省もとい経産省がアルコール入り燃料を旗振り、また逃げ出すであろうバイオアルコールに肩入れ、とか、暫く疑心暗鬼が続きそうです。

北海道は茂○石油という全国区の価格プレーヤーが居るので平均安いのですが(特に軽油、灯油は内地に勝てそうもないですが)、で、灯油混入事件をやらかし(ばれて?)現在お値段が高止まり中です。

Posted by: ぼろねこ2k | May 06, 2010 at 12:53 AM

ブラジルみたいにアルコール慣れしているならともかく、急に旗を振られても困っちゃいますよね。

といっても、代替燃料は価格や供給力の面で課題がありますし、できるだけクルマの利用やガスの消費を抑えるのが現実的なのかも。

Posted by: 井上@Kojii.net | May 06, 2010 at 10:01 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 【ヒマネタ】クイズをひとつ | Main | メシの量と装備調達 »