« スキー場に GPS -CS3K を持ち込んでみたら | Main | 旭光七号 (その 2) »

May 11, 2010

【Day 17】なんと 1 ヶ月ぶり

  • 日付 : 2010/5/9
  • 場所 : 白馬五竜
  • 天気 : 晴後薄曇
  • 板 : AMC776

仕事がスタックしまくっていたとか、傷めた足首が気になるとかいう理由により、なんと 1 ヶ月も間が空いてしまった。「このままシーズン終了にはできない」ということで、スタックしていた仕事を片付ける目処が立ったところで強引に出動決定。

P1030171

前夜、寝付きが悪くて寝不足気味だったものの、「まあ、そんなに長時間は滑らないだろうし、我慢できなくなったら、帰りにどこかの SA で仮眠すればよろし」と開き直って出動。

自宅を 0330 に出発、関越入口手前のガススタで満タンにして、0400 に練馬 IC、0513 に横川 SA、0612 に長野 IC、0655 に現着。居眠り運転が心配だったので、横川 SA で眠眠打破したら、これがよく効くこと。

以前の失敗に鑑み、今回はエスカルプラザ脇ではなくて、上のゴンドラ山麓駅脇にある駐車場に駐めた。エスカルプラザ脇の駐車場だと、ゴンドラ山麓駅まで坂を登らないといけない。時間に余裕があったので、少し休憩してから着替えて準備完了。

P1030135
ゴンドラ営業開始は 0815。これは 0802 に自分の後方を撮影

P1030136
その続きで、時刻は 0809

なにせ 1 ヶ月ぶりなので、身体がちゃんと動くかどうか心配。そこで、最初は緩斜面のパノラマコースに行って、軽く 1 本。思っていたよりもちゃんと動いたので (当社比)、チャンピオングランプリコースに移動して、EN 写真工房の中村さんに連続写真を撮ってもらった。

P1030142
朝一番のパノラマコースは、きれいに圧雪されていて滑りやすい

P1030153
でも、1 時間もすればこの有様。板を縦に走らせると突破しやすく、ターン弧を深くとるとひっかかる

465Z4870
比較的、まともな一枚。走り去る私 (え

チャンピオングランプリで 2 本、パノラマで 1 本、写真を撮りつつ回した後、レストラン「ALPS360」で休憩。軽く何か食べたいと思ったけれど、営業最終日ということでメニューを絞っていて、重たいメニューばかり。そこで、「リンゴとリコッタのチーズケーキ」を食べつつ休憩。

P1030156 
何枚か撮ってみたけれど、これが最良の写り

その後は、チャンピオングランプリとパノラマで、基本的な動きの復習。例の骨盤の使い方と、上体のローテーション阻止、それと足裏の荷重点移動を意識しつつ滑る。 「今日は久しぶりだし、練習メインだからコブ斜面は止めておこう」と思ったのに、目の前にコブがあると、つい突撃して撃沈される。ひょっとしてマゾ ?

で、久しぶり + 寝不足 + 重い雪ということでヘロヘロになったところで、撤収。ゴンドラで下山して、連続写真の DVD を受け取る。その後、昼過ぎに現地を離脱して、「渋滞してるだろうなあ」と不安に思いつつ、長野 IC から高速に上がって、上信越道を走る。

途中、横川 SA で道路交通情報を確認したら、なんと関越は渋滞ゼロ。「これは素晴らしい。混む前にとっとと帰ろう」ということで、ガソリンを満タンにした後は、通常より少し速めのペースで突っ走った。

ところが、嵐山 PA の手前で前方のクルマが急停止。こちらも慌てて急停止。オカマは掘らずに済んだけれど、渋滞なしのところで急に渋滞が発生するのは変だ。と思ったら、その前方で  3 台が絡む追突事故が発生していた。

それを抜けても、まだ流れが悪い。と思ったら、その先でさらに 3 台が絡む追突事故が発生していた。

それを抜けても、まだ流れが悪い。と思ったら、その先でさらに 2 台が絡む追突事故が発生していた。

つまり、「最初に 2 台が追突事故」→「それが原因で渋滞発生」→「止まりきれずに第二の追突事故発生」→「さらに、第三の追突事故発生」ということらしい。「渋滞の中や後ろでは追突事故が発生しやすいので…」を地で行っている。3 件の事故で合計 8 台のクルマが壊された計算。

幸い、事故発生直後で渋滞が育つ前に抜けられたので、その後は順調。高坂 SA でクルマに水浴びをさせて、練馬 IC から先は倹約して下道で帰宅。

P1030169
チャンピオングランプリ。この時期にブッシュが出ていないのはすごい。コース脇やコース間がコブだらけなのは、この時期のお約束

P1030170
アルプス第 3 ペアリフトの乗り場で

P.S.
傑作だったのが、「ALPS360」で流していた BGM。とにかく懐メロ大会で、「Hold On Me」(小比類巻かほる)、「My Revolution」(渡辺美里)、「Tomorrow」(岡本真夜) といったあたりから、しまいには「赤いスイートピー」(松田聖子) まで登場。誰が選曲したんだ (笑)

|

« スキー場に GPS -CS3K を持ち込んでみたら | Main | 旭光七号 (その 2) »

Comments

スキー場の曲と逝ったら(誤字ママ)、熱き心に(小林旭)と冬のリビエラ(森進一)のヘビーローテーション@25年くらい前を未だに思い出すワタシ。w
でも10~15年前の曲が良くかかっている気はします。それこそ冬の(ryなんて今でもかかりますし。

今年はGWまでは旭岳が普通に営業していたらしいんですが、(外見たら山に普通に雪が残っています)ワタシは営業終了です。w

Posted by: ぼろねこ2k | May 12, 2010 at 01:41 PM

スキー場によって BGM のポリシーが違うようで、NASPA や安比は洋楽が多いような気がします。

ただし安比では、週末恒例・日中圧雪のときに限り「サンダーバードのテーマ」が鳴り響くのがお約束です。実は、私が持っている CD と同じものを使っているようです (笑)

Posted by: 井上@Kojii.net | May 12, 2010 at 10:03 PM

10-11は冷え込むというのは吉報か?
http://www.wmo.int/pages/mediacentre/press_releases/pr_900_en.html
The subsurface waters of the central and eastern equatorial Pacific also strongly reflect La Niña conditions, with temperatures being 2 to 6 degrees Celsius below average. This large volume of anomalously cold water will likely maintain or strengthen the cold waters already at the ocean surface.

Posted by: Sionoiri | Oct 12, 2010 at 07:43 PM

うーん、お天気は実際になってみないと分からない部分が多いですから、事前の予報を基にして一喜一憂はしたくないのです。冷え込んで雪が降ってくれれば喜ぶ、そうならなければ仕方ないので別のことをする、というスタンスで。

Posted by: 井上@Kojii.net | Oct 12, 2010 at 10:36 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« スキー場に GPS -CS3K を持ち込んでみたら | Main | 旭光七号 (その 2) »