« May 2010 | Main | July 2010 »

June 2010

Jun 30, 2010

Code One Magazine

Home : Code One Magazine

"Code One" とは Lockheed Martin の社内誌で、元をたどると General Dynamics の時代から続いているもの。昔は紙媒体だけでしたが、今ではオンラインで読めるようになっています。紙媒体の方は、アメリカ・カナダ以外だと年間 $30 で読めるみたい。

これに限らず、Eurofighter も PDF で雑誌っぽい体裁をとった宣伝媒体を出しているし、他社でも探せば何かありそう。さすがに日本語版まで出しているところはないと思いますけれど。

なお、「英語で書いているのは秘密裏にやっているからだ」というツッコミは却下です :-)

# もともと "Code One" とは機体の状態を示す業界用語。"任務に就ける状態"
# を意味しているんだったかな ?

| | Comments (2)

Jun 29, 2010

EF 300mm F4L IS × エクステンダー EF 1.4x II

先に本館の日記に書いてしまいましたけれど、日曜日にフッと空き時間ができたので、クルマを飛ばして城南島海浜公園まで行って、EOS 7D と EF 300mm F4L IS、それと 先日に調達した エクステンダー EF 1.4x II の組み合わせで飛行機を撮ってみました。

ただ、鉄道に比べると飛行機は不慣れな被写体なので、歩留まりはいまひとつ。天候も良くなかったので、JAL や AIR DO みたいにコントラストが低めの塗装だと、どうもパッとしません。

おまけに、R/W 16L の降りを撮るには、35mm 版換算 672mm のレンズは長すぎて持て余し気味。でも、試運転だからいいのだと居直りました。「降り」だと長すぎでも、「上がり」ならちょうど良さそうだし。

Continue reading "EF 300mm F4L IS × エクステンダー EF 1.4x II"

| | Comments (3)

Jun 28, 2010

どんどん引退 ?

「惜別」本が出た 途端に、収録している車両が次々に過去帳入り、あるいは過去帳入りしそうになっていて、冷や汗モノの今日この頃。253 系が 6 月限りなのは承知していたからいいものの、京急 1000 形の減勢は予想より速いし、「カシオペア」の牽引機は先週の金曜日から EF510 に代わってしまったし。

Continue reading "どんどん引退 ?"

| | Comments (5)

Jun 27, 2010

India Oscar Sierra

「Mac OS X」が間もなく消滅!? 名称を「iOS」にリブランディングの噂 (マイコミジャーナル)

「IOS」と聞くと Cisco Systems のルータ関連かと思ってしまう私ですが、これってやっぱり少数派… かなあ…

といいつつ、拙宅のルータはヤマハ RTX1000 ですけれど。相変わらず、PPTP で外部から自宅 LAN に VPN 接続できるようにしています。IPsec 化する手もあるのですが、つい易きに流れて PPTP。

その RTX1000 が DHCP サーバも兼ねているのですが、最近、無線 LAN 接続している VAIO Type S だけ IP アドレスの自動構成がうまくいかないという謎な現象が起きていて、頭を抱えているところ。DHCP サーバじゃなくて、それ以前の無線 LAN 方面がおかしいのかも知れませんけれど。

| | Comments (4)

Jun 26, 2010

恵比寿駅のホームドア

東京新聞:恵比寿 ホームドア部分発進 JR 在来線 初の転落防止柵

この記事でひっかかりを覚えたのが、以下のくだり。

七号車と十号車に六扉車両が混在するため、その停車位置には柵を設置していない。
(中略)
ただ、視覚障害者は、延長約二百二十メートルのホームドアのうち柵のない区間(二カ所、計約四十メートル)が存在することに困惑している。全日本視覚障害者協議会・総務局長の山城完治さんは「ホームドア設置は評価するが、くしの歯が欠けた状態では視覚障害者には天国と地獄が同居しているようなものだ。転落が心配」と訴える。

この文面だと、ホームドアがある部分とない部分が混在している状況は、ホームドアがない状況よりも危険だ、といっているように読めませんか ? それって本当なの ?

そりゃもちろん、一気に全部のホームドアを整備できるに越したことはありませんよ。でも、それをやるには 6 扉車の ワキ E230 サハ E230 を取り替える必要があって、その対象車両ときたら 100 両以上。一夜にして取り替えられる分量じゃないんです。

11 両のうちの 2 両分、全体の 18% が「柵なし」で残る状態でも、残る 82% の部分が改善されるのは間違いないわけで。それをわざわざ、稼働開始前より危ないといわんばかりの記事を書くのは、all or nothing 思考にドップリ浸かった不見識ってものでしょう。

ホームドアの設置だけでなく、関連して車両の取り替えまでやろうという決断に対して、重箱の隅をつついて「何か叩けるネタはないか」とやった記事に見えて仕方ないんですけれどねえ…

もちろん、こういう記事を載せるからには、東京新聞は何か改良を要する点があったときに、部分的・漸進的にやるんじゃなくて、一気に全部を解決してるんですよね ?

追記 :
このホームドア導入に合わせて、E231 系の運転台では、モニター装置のディスプレイ増設用に確保してあった空きスペースに TASC 用の表示灯類を増設してます。これで、モニター装置のディスプレイを増設する可能性は消滅 ?

| | Comments (8)

最近読んだ本 : 世界の駄っ作機 (蛇の目の花園 2)

岡部さんの新刊。

あれ、「蛇の目の花園」なのに、なんかイギリス製じゃない飛行機が混じってますよ…
といっても、蛇の目を付けて飛んでいた (飛ぶ予定だった) のは事実なので、間違いということはございません。

それに、「あとがき」にもありますけれど、蛇の目のシリーズはダメ飛行機を取り上げるシリーズではないので、スピットの最多量産モデルだって出てきます。

つくづく思うのですけれど、駄作でも何でも、こうやって話題にしてもらえるイギリス機は、まだ恵まれてるよなあと。どことはいいませんけれど、第二次世界大戦の戦勝国であっても、好き者の話題からすっぽり抜け落ちてしまう国だってあるわけですから。

| | Comments (0)

Jun 25, 2010

艦艇公開に行くときの身支度

今年も、横須賀サマーフェスタ の季節が近付いてまいりました。もちろん、闇の陰謀団は出動するつもりです。

大昔に NIFTY-Serve で似たようなことを書いたような気がするのですが、改めて %タイトル% の話について書いてみようと思った次第。過去記事を検索してみたら、blog では書いたことがないみたいだし。

Continue reading "艦艇公開に行くときの身支度"

| | Comments (11)

Jun 24, 2010

教育とか訓練って

あくまで一般論として読んで欲しいんですけれど。

人に何かを教えるとか、何かのやり方について訓練するとかいう場面で、いきなり最高難度の本番環境に放り込むことはしないですよね ?
普通、基本的なところから話を始めて、段階的に理解を深めていったり、スキルを上げていったりして、最終的に最高難度の本番に臨むもの。

特に訓練では、本番が危険であればあるほど、ドジっても怪我人や死人が出ない状態から始めることが重要ですよね。だから、危険な作業について訓練するのに、いきなり本番と同じ環境で始めるのは愚の骨頂。まずは安全な環境を用意して、そこから順を追ってレベルを上げていかないと。

極端な話、いきなり新人パイロットを F-15E に乗せて、Red Flag 演習に送り込むような馬鹿な空軍は存在しないわけでして。それだからこそ、初等練習機とか高等練習機とか、あるいは LIFT (Lead-In Fighter Trainer) といったものがあるわけです。

物事を教えるときでも同じ。まずシンプルで分かりやすいところから話を始めて、段階的に難易度を上げつつ理解を深めていきますよね ? これ、私が書籍や雑誌の記事を書くときに必ず意識していることです。

その「段階」をどう踏むかというところが、私の原稿書きにおける中核のノウハウといえるかも。

| | Comments (6)

Jun 23, 2010

上野駅で

IMG_2956
Canon EOS 40D,  P モード (1/400, F10), 評価測光, ISO 400, EF-S 18-135mm F3.5-5.6IS (@テレ端), WB オート, AI FOCUS AF, ノイズ低減なし, 高輝度側階調優先 ON

 

露出の加減が、なかなかイイ感じだと思いました (当社比)

JR 東日本のステンレス車体は表面のギラギラ感が強いので、直射日光が強いと、こんな感じの画を作りやすいかも知れません。もっとも、日車標準車体の方が、もっとギラギラしてますけれど。

ただ、E231 系の近郊タイプや 211 系、特に小山や高崎の車両って、なんか薄汚れているのが多くないですかね ?

| | Comments (2)

Jun 22, 2010

残された時間 ?

誠 Biz.ID:結果を出して定時に帰る時短仕事術:残された時間を価値あるものに

基本的な考え方には同意できるんですけれど、ひとつだけ「?」と思ったのが、平均寿命を尺度にしてしまったところ。平均は、あくまで平均。誰もがその年齢まで生きられると保障するものじゃないのです。

つまり、残された時間がどれだけあるかは誰にも分からないし、突如としてお出迎えが来てしまうかもしれない。だから、残された時間をカウントダウンするというよりも、「今を後悔のないように」という方が、個人的にはしっくり来るなあと思いました。

そういう意味では、「永遠の生命」って、実は案外と有り難くない一面があるのかもしれないなあ、と思ってみたり。

| | Comments (6)

Jun 21, 2010

王子駅南口で迫力写真

都内における東北本線のお立ち台というと、東十条あたりが定番ですが、王子駅南口から飛鳥山公園に向かう陸橋の階段も捨てがたいものがあります。

Continue reading "王子駅南口で迫力写真"

| | Comments (0)

Jun 19, 2010

Men at work

ちょいと必要になって、PowerPoint 2010 で「仕事中」とキーワードを指定して Office クリップアートを検索したら。

Continue reading "Men at work"

| | Comments (7)

Jun 18, 2010

テレコン投入

先日の木更津での経験と、以前から「飛行機撮りにサンヨンでは物足りないなあ」と思っていたのを受けて、これを発注してみました。

さきほど手元に届いて、とりあえず 2 本の白レンズと組み合わせて試運転してみたところです。

さっそくどこかに試し撮りに行きたいところですが、書かないといけない原稿がいくつかスタックしているし、ここのところ天気が良くないし、ということで、しばらくは家の中でいろいろ試す程度になってしまうかも orz

なので、実際に使ってみた結果については、またそのうち…

| | Comments (19)

Jun 17, 2010

熊本市交 0800 系の挙動

先日、熊本で 0800 系に乗ったときに初めて気付いたこと。
カーブを曲がるときに、先頭部がいったんカーブの内側にグッと入り込んでから、カーブを抜けるところで少し外側に振れ戻るんですね。

1500537962_107

よくよく考えてみれば、台車中心点がかなり後方にある一点支持だから、曲がるときには後ろの車両との兼ね合いもあり、先頭部が通常のボギー車以上に内側に入り込むのですね。連接部がカーブの外側に振られる影響で。

そして、カーブを抜けるところでは逆の挙動になるので、先頭部が振れ戻ることになると。

万葉線でも富山ライトレールでも同系列の車両に乗っているのに、熊本で 0800 系に乗るまで気付かなかったという鈍感ぶり。まさに三度目の正直。うーむ。

| | Comments (2)

Jun 15, 2010

動画には不向き ?

せっかく F-35B (BF-2) が超音速飛行を達成したというのに、YouTube にある Lockheed Martin の公式チャンネルには、関連する動画はなし。

垂直離着陸試験と違い、映像でストレートに速度差が伝わってくるわけではないから、動画を撮って上げるほどのもんでもない、と思ってしまいましたかねぇ。

| | Comments (5)

あと何ページ

『一本の茎の上に』茨木のり子 (☆威蕃秘笈☆――本と音楽と翻訳)

で、本題と外れたところで「へエー」と思ったのが、以下のくだり。

翻訳をしているとき、あと何ページ、と考えたことはない。だいたい分数で考える

翻訳と書き起こしを同列に論じてはいけないと思いますが、私の場合、最初に原稿を書き始めるまでが辛いです。いったん書き始めてノッてくると、どんどんペースが上がります。

で、とにかくザーッと (荒っぽくていいから) ひととおり全体を仕上げたところで、取ったり付けたり構成を組み替えたり、と細かく煮詰めていって完成版を仕上げるのが常。そんなプロセスを取るため、Word のアウトラインモードがないと原稿を書けません。

あと、先に構成だけ固めてから本文を書く場合、未了のセクションは Word のマーカー機能で黄色に染めておいて、書き上がったところからマーカーを消していきます。だから、文書から「黄色いパート」が消えたらひととおりの完成、そこから煮詰めということになります。

人によって、仕事の進め方っていろいろだなあと。

| | Comments (2)

Jun 14, 2010

オーストラリアからも発表が

Australian Government, Department of Defence - The Hon. Dr Mike Kelly AM MP Media Release (Australian DoD)

「はやぶさ」のカプセルを回収した WPA (Woomera Prohibited Area) はオーストラリア国防省の施設ですが、さっそく「うちも貢献したよーん」とアピール中。

もちろん、自国向けに施設が役立っていると宣伝する狙いも含むのでしょうけれど、なんにしても、パッとリリースを出してアピールするのはよいことです。

確か WPA って、以前にも何か JAXA がらみで使ったことがありましたよね ?

| | Comments (8)

Jun 13, 2010

クイックシューを買ってみました

私は「(よほどまわりに人がいないのでもなければ) 駅のホームでは三脚を立てるな」という主義の人ですが、だからといって三脚を必要とする状況がまったくないとはいいきれないので、三脚は一応持ってます。ただし、そうそう陳腐化するものではないので、α-8700i と同じ時期に買った 20 年モノのベルボン Z-5000 が、未だに現役 。

その Z-5000 に、同じベルボンのクイックシュー・QRA-635L を付けてみました。当然ですが、ベースのみ、あるいはスペアシューだけを買うこともできます。

Continue reading "クイックシューを買ってみました"

| | Comments (11)

Jun 12, 2010

残念、かぶった !

IMG_2714
Canon EOS 40D,  Tv モード (1/800, F4), 評価測光, ISO 500, EF70-200mm F4L IS USM (@165mm), WB オート, AI FOCUS, 輝度ノイズ緩和レベル 2 (DPP 使用)

で、電柱が… orz

これに限らず、離合の写真をいいタイミングで撮れるかどうかは、ほんと「運次第」のところがありますけれど。同じ列車の組み合わせでも、毎日、微妙にずれますし。

P.S.
逆襲の「3 本かぶり」。

Img_4352
Canon EOS 7D,  Tv モード (1/640, F5.0), 評価測光, ISO 1000, EF18-135mm F3.5-5.6 IS (@45mm), WB オート, AI FOCUS + 一点 AF, ノイズ低減 弱め, ALO なし

| | Comments (2)

Jun 11, 2010

旭光七号 (その 4)

今まで書いていなかった分野の話をまとめて、とりあえず締めくくりにしようかと。

暗いところだと AF がちょっと頼りない感じがあるとか、こちらで指摘されているように AF-C に設定して連写するとドラがばらつくとかいうあたりが、気になるポイント。

もっとも、基準が高すぎる傾向はあると思います。それに、EOS と同じものを K-7 に要求してもキャラが被るだけ。動きモノをバリバリ撮るなら EOS 7D が鉄板ですから、それとは方向性が違ってる方が面白いし。

露出やホワイトバランスについては、オートでも滅多に外さないと思いました。ついでに CTE を夜明けの風景で試してみたら、鮮やかさが過剰に強調されて「こういうのもアリか」と (笑)。
EOS 7D と同様、ボタンひとつで RAW に変更できるので、必要なときだけ RAW を使うのが容易。だから、迷ったらその手で後処理すればよいですし。

JPEG のサイズ・圧縮率についてはいろいろ試行錯誤しましたが、通常は [14M] + [★] でも十分かなという感じです。圧縮で画質が落ちるのが嫌なときは、そこだけ RAW で撮っておくのが現実的かも。せっかくカメラ内 RAW 現像があるわけですし。

FA35mm F2AL は、「一本勝負」のレンズとしてはおおむね良いチョイスですが、食い物を撮るときには、被写体が小さいと、「いまひとつ寄れないなあ」と思うこともあります。でも、それはトリミングで解決すれば OK。カメラ内編集機能でトリミングできますし (え

このレンズ、限度ギリギリまで寄って撮ると、ちょっと樽型の歪曲収差が出てない ? と感じることがありますが、まだ検証中。

| | Comments (4)

Jun 10, 2010

蟹玉ビーフン@ビーフン東 [新橋]

先日、新橋で晩飯を食べることになったのですが、「あまりお腹が空いてないなぁ」と口走ったらオファーされたのが、「ビーフン東」。これが当たりでした。

私が註文したのは「蟹玉ビーフン」(焼)、お値段 800JPY。ビーフンはどれも「焼」と「汁」を選べますが、私の中でビーフンといえば「焼」に決まっております。

Continue reading "蟹玉ビーフン@ビーフン東 [新橋]"

| | Comments (4)

Jun 09, 2010

ボーイングが足尾で植樹

ボーイング、足尾の山へ植樹~ 社会貢献活動の一環、フリースクール生徒ら総勢80名が参加~

先日、ボーイング・ジャパンの報道向けブリーフィングに行ってきたのですが、そのときに出たのが上記の話題。corporate citizenship を気にするのは、特に外資系ではよくある話ですけれど。

確かに、わたらせ渓谷鐵道に乗って終点まで行くと、過去に亜硫酸ガスでやられて禿山になった痕跡が残っているので、植林活動は重要そうです。植えたり種を撒いたりしたものがすべて順調に育つのかどうかは分かりませんが、何もしないよりずっとイイと思います。

IMG_7889

この写真は間藤駅の前から道を隔てた反対側の山を撮影したたものですが、木が育っているというよりも、なんとか木々がへばりついている、という感じ。"森林" といえる状況を取り戻すには、まだ時間がかかるのかも知れません。

| | Comments (11)

Jun 08, 2010

F-35C (CF-1) 初飛行

U.S. Navy Version of Lockheed Martin F-35 Makes First Flight (Lockheed Martin)

マイナートラブルが出て遅れていましたが、無事に飛びました。

それはいいんですが、記念すべき初飛行なのに、このパッチワークみたいな外見はちょっと…

一瞬ですが、着艦拘束フックを下ろす場面も出てきますね。

| | Comments (6)

Jun 07, 2010

若鶏唐揚げ朝定食@ガスト木更津中央店 [木更津]

昨日の話の続き。

 

当初は 9 時ぐらいに木更津に着けばいいやと思ってました。ところが妙に早く目が覚めてしまったので、「それなら、早めに木更津に行って、あっちで朝飯を食えばいいんじゃね ?」と思い立ち、その通りに実行。

 

で、7:18 に木更津着。駅のコンビニで食い物と飲み物を確保してから、海岸沿いにあるガストまでトコトコ歩いていって、「若鶏唐揚げ朝定食」を注文してみました。

 

IMG_2186

 

お値段 628JPY。あまり期待していなかったのですが、予想外に良い内容でありました。特に唐揚が出来たてのアツアツで、味も良好。といっても、やはり「登利平の唐揚弁当が最高」という信念 (?) に変わりはありませんけれど。

 

P.S.   
駅からガストまで、ガストから駐屯地まで、いずれも徒歩で十数分程度。ちょっと気合を入れれば駅から歩いて行けるし、ゲートから駐機場までの距離も近いので、木更津は行きやすくてよいです。

| | Comments (3)

Jun 06, 2010

ヘリコの写真

木更津まで、陸自の基地祭を観に行ってきました。主な狙いは「ヘリコの写真を撮る練習」だったりします。

皆様ご存じの通り、ヘリコの写真を撮るのにシャッタースピードを早くしすぎると、ローターが完全に止まってしまって不格好です。今日の経験からいっても、1/100~1/200 ぐらいが上限のようです。

となると、いくら手ブレ補正付きのレンズを使っていても、ちょっと気を抜くと手ブレします。まして、CH-47 が目の前で盛大にダウンウォッシュを引き起こしてくれれば。

芝生と舗装路面でもこれですから、砂漠で CH-47 が離着陸するときにダウンウォッシュで引き起こされるブロウンアウトは、それはすさまじいものになることでしょう。そのダウンウォッシュを経験できただけでも、行ってよかったと思います。

閑話休題。そんなこんなで、普段の私からすると呆れるぐらい打率が低く、ボツカットだらけになってしまったのですが、それもまた経験。

Continue reading "ヘリコの写真"

| | Comments (14)

Jun 05, 2010

メットを註文

ICI カスタムフェアに行ってきました。といっても、板は十分に揃っているし、ブーツは昨年に更新したばかり。今回はメットです。

というのも、以前から使っているトレードマークの赤ヘル (SWANS HSF-90) はイヤーパッド部分が外れかかってブラブラになってしまい、「こりゃいかん」と思っていたところだったので。

フリーライド用のメットだとイヤーパッドが別体なのですが、それでブラブラになって具合が悪いのだから、一体になっているレース用のメットなら問題ないはず。という単純思考により、SWANS の HSR-61 をオーダーしてきました。色は、これまでとは気分を変えてブルーメタリック。

ゴーグルも SWANS なので、同じメーカーで揃えればフィッティングは問題ないだろうと。それに、頭の形の関係で SWANS がもっとも「しっくり」くるのです。

と、ここまで書いたところでふと気になったんですけれど、軍隊でヘルメットや鉄兜の形が合わない、なんて問題、起きないんですかねぇ。もちろん、ある程度は調整できるようになっているんでしょうけれど。

| | Comments (0)

Jun 04, 2010

第三の疑惑原潜ハワイ号 (笑)

第三の疑惑原潜ハワイ号が登場、その稚拙な陰謀論の内容 : 週刊オブイェクト

そもそもこれって、「足し算」の問題のような。

浦項級の吃水は 2.9m。Virginia 級の船殼直径は 10.4m、セイルの高さを写真から推定すると 5m かそこらはありそう。これらを足し算すると、それだけで 20m 近く。

でもって、陰謀論者は「潜望鏡だけぶつけた」(現にセイルは無事なわけで) と主張しているわけだから、セイルの頂部と艦艇の間に幾ばくかの間隔をとる必要があるでしょう。

しかも、海底が真っ平らとは限らないから、海底ギリギリに寄せるのは無理がありすぎ。車輪付きの NR-1 じゃあるまいし

つまり、座礁したらシャレにならないから、艦艇と海底の間にも余裕をとる必要がある。前回と違って、艦は帰港したと主張しているんだから、誰かさんみたいな「海底に横たわっている」は成立しないわけです。

おまけに、細い潜望鏡で船殼を切り裂いて沈没させられるぐらいの運動エネルギーを発揮しないといけないんだから、(仮に潜望鏡が折れないということにしても) 相応に速度を出す必要があるはず。

でもって、そんな針の穴を通すようなアクロバティックな操艦を、水深 30m か 40m ぐらいのところでやれと ? (大笑)

USS Hartford (SSN-768) がやらかしたみたいに、セイルそのものをぶつけたというならともかく。でも、このケースにしても、相手の USS New Orleans (LPD-18) は外板に穴が開いてタンク類がいくつか壊された程度。

もっと「大物」だと、プリンツ・オイゲンがライプチヒに突っ込んだときだって、せいぜい船体の途中で止まっていて、完全に切り裂いてなんかいません。スリガオ海峡で那智と足柄がぶつかったときだってしかり。

こういう前例があるのに、「潜望鏡で船体を切り裂いた」とは大笑いにもほどがあるってものです。

| | Comments (12)

Jun 03, 2010

取材用カメラ

普段、仕事でカメラを持って取材に行くときには EF-S 18-135mm をつけた EOS 40D を持って行くのですが、ちょっと困るのは、記者会見の席でスライドを撮影するとき。後で確認できるように、スライドはみんな撮影しておくことにしているのですが、静かなところだと 40D のシャッター音は意外と目立ってしまいます。

そういう意味では K-7 の方が有利そうですが、いまひとつ高感度に強くないのと、手持ちのレンズが 35mm 単焦点だけというのが辛いところ。離れたところからスライドを撮るだけなら、望遠ズームが 1 本あれば済みそうですが。

ここで高倍率標準ズームに流れると、そのまま安易に付けっぱなしになってしまいそうで、それで「どうしようか」と思案中だったりします。気にしないで 40D を使い続けるのがベスト ?

| | Comments (6)

Jun 02, 2010

志布志のバス停

備忘録代わりに書いておきます。

鹿児島空港から志布志に行くバスがあるというので、「これは日南線に乗るのに好都合」といって乗ることにしたのですが、問題は志布志のバス停。どこにも「志布志駅」とは書いていないわけです。ちょいと検索してみると、駅前にバスが着くわけではない模様。

で、鹿児島空港の案内所で訊いたら「運転手に確認してみてくれ」といわれる始末で、いったいどこが案内所なのかと (苦笑)

結論から書くと、バスが着くのは駅前ではなくて、駅より東、徒歩で数分程度のところでした。下の地図でプッシュピンを刺してあるところがそれで、そこから R220 か、線路脇に出る裏道を通ることで駅に出られます。

地図画像

私が行ったときには、空港を 10:50 に出たバスが 12:37 に志布志に着いてから、志布志駅を列車が出るまで 1 時間以上の余裕があったので、気分的に楽でした。そもそも、バスと列車の接続は、あまり考えられていないような感じではありますが。

| | Comments (25)

Jun 01, 2010

カメラバッグ

28-31 日にかけて九州をウロウロしてきたのですが、その際に荷物を入れていったのが、ハクバ写真産業のカメラ用デイパック「ゴッドウィン ZERO デイパック M」。色は「シャイニーブルー 」「クラシックレッド 」「オリーブドラブ 」「ブラック」と 4 種類あり、私が買ったのはクラシックレッド。

これで国内線の機内持ち込み荷物の許容範囲に収まっているので、飛行機で移動する際にも身軽です (ただし、厚みがギリギリ)。できるだけ、機内持ち込み荷物だけで済ませて身軽になりたいのです。乗り鉄のときに荷物が多いのも嫌ですし。

P1030201

Continue reading "カメラバッグ"

| | Comments (7)

« May 2010 | Main | July 2010 »