« 取材用カメラ | Main | メットを註文 »

Jun 04, 2010

第三の疑惑原潜ハワイ号 (笑)

第三の疑惑原潜ハワイ号が登場、その稚拙な陰謀論の内容 : 週刊オブイェクト

そもそもこれって、「足し算」の問題のような。

浦項級の吃水は 2.9m。Virginia 級の船殼直径は 10.4m、セイルの高さを写真から推定すると 5m かそこらはありそう。これらを足し算すると、それだけで 20m 近く。

でもって、陰謀論者は「潜望鏡だけぶつけた」(現にセイルは無事なわけで) と主張しているわけだから、セイルの頂部と艦艇の間に幾ばくかの間隔をとる必要があるでしょう。

しかも、海底が真っ平らとは限らないから、海底ギリギリに寄せるのは無理がありすぎ。車輪付きの NR-1 じゃあるまいし

つまり、座礁したらシャレにならないから、艦艇と海底の間にも余裕をとる必要がある。前回と違って、艦は帰港したと主張しているんだから、誰かさんみたいな「海底に横たわっている」は成立しないわけです。

おまけに、細い潜望鏡で船殼を切り裂いて沈没させられるぐらいの運動エネルギーを発揮しないといけないんだから、(仮に潜望鏡が折れないということにしても) 相応に速度を出す必要があるはず。

でもって、そんな針の穴を通すようなアクロバティックな操艦を、水深 30m か 40m ぐらいのところでやれと ? (大笑)

USS Hartford (SSN-768) がやらかしたみたいに、セイルそのものをぶつけたというならともかく。でも、このケースにしても、相手の USS New Orleans (LPD-18) は外板に穴が開いてタンク類がいくつか壊された程度。

もっと「大物」だと、プリンツ・オイゲンがライプチヒに突っ込んだときだって、せいぜい船体の途中で止まっていて、完全に切り裂いてなんかいません。スリガオ海峡で那智と足柄がぶつかったときだってしかり。

こういう前例があるのに、「潜望鏡で船体を切り裂いた」とは大笑いにもほどがあるってものです。

|

« 取材用カメラ | Main | メットを註文 »

Comments

くらまだって、盛大に船首を潰しましたしねぇ。相手だって真っ二つにはなってませんし。

Posted by: Iloha | Jun 04, 2010 at 01:18 PM

北朝鮮の潜水艦には、斬○剣が…
あ、誰か来…

Posted by: にゃんこ | Jun 04, 2010 at 03:30 PM

きっと潜望鏡の前面に成型炸薬が・・・!!!1!!
でも、外舷の甲板一枚抜いて終わりでしょうね。

Posted by: BELL | Jun 04, 2010 at 04:04 PM

海上自衛隊の新型潜水艦は艦首にラムを追加して、艦名は「衝角」もとい「翔鶴」というダジャレ企画で :-)

Posted by: 井上@Kojii.net | Jun 04, 2010 at 05:46 PM

実は坑道中隊のシールドマシンが事故で浮上したんです。38°線を越えようとして、事故なんです。真上に船が居るなんて判らなかったんです。ガリガリガリ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9D%91%E9%81%93%E6%88%A6

Posted by: sionoiri | Jun 04, 2010 at 07:04 PM

>実は坑道中隊のシールドマシンが事故で浮上したんです。
シールドマシン+潜水艦で轟天号が頭に浮かんで・・・w

Posted by: 人狩 | Jun 04, 2010 at 08:26 PM

そもそも潜望鏡だと当たり負けするような…

Posted by: クローム・ツァハル | Jun 04, 2010 at 08:34 PM

いやいや、きれいな水爆を仕込んだ潜望鏡だったのかも知れませんよ ? (マテ)

Posted by: 井上@Kojii.net | Jun 04, 2010 at 09:59 PM

誰かと思えば、「1960年代の技術でロケットを月まで飛ばすことは出来なかったはず」だとおっしゃっていた副島大先生ではありませんか。

「1960年に月にロケットを飛ばすだけの科学技術を本当にアメリカが持っていたのなら、水深50mの海で原潜を航行させ、哨戒艦ごときを撃沈できる潜望鏡くらい持っているはずだ」と高笑いされている姿が目に浮かびますなぁ。

Posted by: 砂兎 | Jun 04, 2010 at 10:04 PM

おにょれ、アメリカ海軍はいつの間に轟天号を(ry

まじめな話、こうコロコロと主張を変えて、それで信じろと本気で……言ってるんでしょうねすいません。

Posted by: TB&SH | Jun 04, 2010 at 10:30 PM

なにせ、陰謀論者が次々に湧いて出るのは、本物の陰謀から世間の眼を逸らすための、闇の陰謀勢力による陰謀ですから (こらこら)

Posted by: 井上@Kojii.net | Jun 04, 2010 at 10:36 PM

>きれいな水爆
羅老の2回目は来週打ち上げです。その時のお楽しみですな。
http://slashdot.jp/articles/10/05/13/087244.shtml

Posted by: sionoiri | Jun 05, 2010 at 05:34 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 取材用カメラ | Main | メットを註文 »