« Kitaca の使い道 | Main | 海軍がリュック背負って富士登山 »

Aug 11, 2010

MiG-35 脱落 ?

まだ公式発表は出ていないようなので「こんな話もある」レベルですが、インド空軍の MMRCA 候補が Typhoon と Rafale に絞られたらしい、という話。

個人的には、もっとも枯れているということで F/A-18E/F が有力じゃないかとみていたのですが、脱落が確定だとすれば、やはり AN/APG-79 をめぐる、尋常ならざるガードの固さが足を引っ張ったかなと。

装備品国産化を推進するインド政府としては、技術移転やオフセットの条件が良い方が嬉しいわけで、そうなると上記 2 機種が有力なのは確か。マルチロール ファイターとしての熟成度を考えると、どちらかというと Rafale の方が有利かも ?

|

« Kitaca の使い道 | Main | 海軍がリュック背負って富士登山 »

Comments

 こういう時は英仏双方の飛行機を使ってるインドは選択肢が広そうですね。で、逆にあの国はアメリカ製の飛行機はほとんど使ってないわけで、そうなると「空自にタイフーンを!」というと必ず返される、「だって空自の工具とかはインチ規格だからイギリス製兵器だとスパナ一本ドライバー一本からからから」という議論の真逆になるわけですな。

Posted by: KWAT | Aug 11, 2010 at 02:47 PM

インド空軍って、ロシア機・イギリス機・フランス機の交差点ですからね。ただし、シーハリアーの稼働率が低いだとか、MiG-21 の事故率が高いだとか、いろいろ問題もあるようです。

交差点といえば、P&W・GE・RR・Snecma などの交差点と化している IHI 瑞穂工場もなかなか。

Posted by: 井上@Kojii.net | Aug 11, 2010 at 05:52 PM

MiG-29K採用してますから、MiG-35で決まりだと思ってましたからかなり意外ですね。
Rafaleもなかなか売れなくて苦戦してましたが、ようやくリビアやブラジルに続いて商談成立となるでしょうか?
RSK MiGは逆に大変そうですね。MiG-29Kをインド海軍と救済的にロシア海軍が導入しますが、一番大きいのインド空軍の受注取れないと大変そうですね。

Posted by: 井上さん二人分の重さの男 | Aug 11, 2010 at 10:05 PM

つい「インド = ロシア製が強い」と思ってしまいがちですが、最近はイスラエルがかなり食い込んでますし、案外と「欧米シフト」が進んできているように思えます。

戦車や戦闘機の中には、ドンガラがロシア製で電子機器が欧米あるいはイスラエル製、なんて事例もありますし。

Posted by: 井上@Kojii.net | Aug 11, 2010 at 10:48 PM

アメリカに良い条件を出させる一環のような気もしますが、事実なら凄いですね。

Posted by: ブン | Aug 12, 2010 at 06:37 PM

少なくとも、インドは「買い手市場」としての立場をうまく使っていると思いますよ。結論を引っ張りがちなあたり、ブラジルにも共通するものがありますけれど。

Posted by: 井上@Kojii.net | Aug 12, 2010 at 07:03 PM

日本のF-Xは蜂、台風、F-35の三機種でほぼ決定ですかね。
なんでF-15SEとかF-15系が残らなかったのか疑問です。
隣が買うから日本には蜂ってことになったのかな?
正直かなりがっかりな機種だと思ったんですけど、
どうでしょう?

Posted by: ブン | Aug 13, 2010 at 09:57 PM

過去の開発の経緯があるから、つい我々は F/A-18 や F-16 というと「補佐役の二流戦闘機」と思ってしまいますけれど、報道関係者向けに配付している資料なんかを見ていると、どうもボーイングの考えは違うように思えます。機会があれば、その辺の話を記事にしてみたいですね。

F-15SE については、まだデモンストレーターが進空してスラマーを 1 発撃って見せただけの状態なので、開発リスクが読めないことから、個人的にはあまり手を出したくないですねえ。

Posted by: 井上@Kojii.net | Aug 13, 2010 at 10:28 PM

ボーイングにとっては、しばらく米海軍の発注でラインが維持できるライノに比べて、輸出しないとラインを閉じざる得ないF-15E系列を比較すれば、ライセンス生産が基本の日本向けは米国内の製造ライン維持を気にする必要がないライノを推すのが道理。

ついでに言うと、MHIさんは一回造ったF-15系列よりは違うものを造りたいと言う本音もあるようです。

どちらにしろ、来年度予算の概算要求が各府省で確定するまでは、どこの府省でも打ち上げ花火が新聞紙面に踊るので、今の段階では話半分にしておいた方が良いかと思います。

Posted by: 観音旭光の両刀使い@8A | Aug 13, 2010 at 10:36 PM

井上@kojii.net様の書き込みに気がつかなかった。しかもNameが古いままだったりして。orz...

Posted by: 観音旭光の両刀使い | Aug 13, 2010 at 10:40 PM

最近のボーイングを見ていると、F-15 系列に比べて F/A-18 系列に力を入れている感じがしてならないのですよね。特にアンコの部分で。F/A-18 は将来ロードマップを作っているけれども、F-15 ではそういうことはしていませんし。

F-X がらみのネット上での議論で釈然としないのは、たいていの人がスピードとか航続距離とかいった話ばかりしているところ。それらが重要ではないとはいいませんけれど、それら *だけ* でも済まないわけで…

Posted by: 井上@Kojii.net | Aug 14, 2010 at 08:56 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Kitaca の使い道 | Main | 海軍がリュック背負って富士登山 »