« 「←↑→」な信号機 | Main | EOS 60D »

Aug 26, 2010

片翼を失っても大丈夫

個人的に興味深い製品を多く手掛けているメーカー、というと Rockwell Collins なんですが、その Rockwell Collins が YouTube に公式チャンネルを持っていたとは知りませんでした。

で、そこに上がっていた最新ネタ。ASAC (Automatic Supervisory Adaptive Control) の試験に関連するやつです。F/A-18 を模したサブスケール試験機を使い、飛行中に右主翼を破断分離させて、それでもちゃんと飛べます。というデモンストレーション。

ぶつけたり、接触事故を起こしたりして、ほとんど片翼を失った状態で帰還してきた軍用機の話は幾つもありますけれど、それをパイロットの "神業" に頼らずに、機体側でなんとかしようという趣旨。

P.S.
今回のネタはいいですけど、そもそも「アンコ」屋さんの Rockwell Collins の場合、動画サイトの公式チャンネルを開設しても、なかなか "華" のある動画が出てこないんじゃないかなあ。なんて、余計な心配をしてみたり。

|

« 「←↑→」な信号機 | Main | EOS 60D »

Comments

>ロックウェルコリンズ

個人的には、世界初のSSBトランシーバ(KWM-1)を製品化したメーカとして記憶しています。

Posted by: クローム・ツァハル | Aug 28, 2010 at 09:05 PM

もともと、通信機やアビオニクスの会社ですもんね。
確か Athena Technologies という、いかにも頭の良さそうな名前の会社を買収して、UAV の制御系に進出したのだと記憶しています。

Posted by: 井上@Kojii.net | Aug 28, 2010 at 10:57 PM

そういえばコリンズのKWM-1はU-2に搭載されていましたね。欲しいけど、今でも20万以上するんです。

Posted by: クローム・ツァハル | Aug 31, 2010 at 01:45 AM

この時代の製品だから (?) 真空管なんですね。
さすがに私、真空管の機材を動かしたことはあっても、作ったことはないです。トランジスタを使ったアンプなら、市販のキットを組んでみたことがありましたけれど。

Posted by: 井上@Kojii.net | Aug 31, 2010 at 09:41 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「←↑→」な信号機 | Main | EOS 60D »